【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【隠しダンジョン】虎丸の正体と弱点・原作とアニメ版の違いも紹介

俺だけ入れる隠しダンジョン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「俺だけ入れる隠しダンジョン」テレビアニメも、いよいよ後半に突入ですね!

本記事では、第6話で初登場した虎丸の正体や弱点を紹介。
さらに記事の後半では「友人バシェルとの関係」について、原作ラノベ版とアニメ版の”違い”にも迫ります。

 

 

スポンサーリンク

虎丸とは?

まずは虎丸のキャラクター性から紹介していきます。

 

全身が黒い巨大なライオン

虎丸は隠しダンジョンの5層に潜入したノルの前に現れる形で登場しました。

ノル「真っ黒なライオン?それにデカ過ぎる!普通じゃない・・・」

確かに出会った時は黒い影に覆われて禍々しい雰囲気を醸し出していましたが、ノルが放つ”閃光”スキルを放って姿が露わに出たと同時に“人間の言葉”で話しかけてきます。

虎丸「警戒を解いてくれ、人間。我は怪しい者ではない

ノルに対して「怪しい者ではないこと」を説明しますが、頭のチューリップによってイマイチ説得力に欠けていますね・・・。

 

友人バシェルを300年以上も待ち続けていた!

“人間の言葉”で話しながら自己紹介を簡単に済ませた虎丸は、ノルに対して「1つの頼み事」をしてきます。
その頼み事とは、「1人で6層に入ったきり戻らない、エルフの友人(バシェル)を捜索して連れ戻してきてほしい」というものでした。

虎丸は友人バシェルと一緒に隠しダンジョンに潜入して、この5層まで到着したものの、次の6層には多くの罠が仕掛けられていることを聞かされます。
そのため、まずはバシェル1人だけで入り「多くの罠を解除して戻ってくるまで待っててほしい」と告げられました。

ここまではまだ理解できますが、虎丸の場合は実に300年間以上にわたって待ち続けていたのです!
これはオリヴィアが2層で拘束されている期間(200年間)をも遥かに上回る期間です・・・。

オリヴィアの詳細は以下の記事をご覧ください。

【隠しダンジョン】オリヴィアがノルに譲る能力(スキル)・悲しき過去も紹介
...

あまりにも長すぎた待ち期間なため、ノルからは”律儀”と好評価を受けながら「自身も6層に行く気はなかったのか?」と聞かれます。
しかし虎丸がバシェルから言われたことは「5層で待て!」の一言であり、友との約束“絶対”であると堂々と言い切ります。

ノル「いい奴だなぁ・・・」

確かに友達として欲しいぐらいに”いい奴”ではありますが・・・300年以上も同じ場所で待ち続けるのは少し考えものでもありますよね。

 

友人バシェルとの再会と別れ

バシェルとの約束もあり、6層へはノル1人で入ります。
そこでシックスゾンビに噛まれて感染したことによって自身も”ゾンビ化”して彷徨い続けていたバシェルを救い、連れ戻すことに成功します。

虎丸「無事だったか、我が友よ・・・」

ノルのおかげで300年ぶりの再会を果たした虎丸ですが、バシェルから「もうダンジョン攻略を辞めること」や「故郷に戻ること」を聞かされます。

虎丸「そうか、それも良いだろう」

しかし感動の再会を果たせたのも束の間・・・この直後にバシェルの方から“正式なお別れ”を告げられてしまいます。

バシェルが隠しダンジョンへの潜入を試みた理由は「そこのお宝を入手して、故郷の恋人に贈るため」だったのです。
本来は2人一緒に戻れるのが最も理想的な形ですが、バシェルの故郷である”エルフの里”では「他種族の入国は厳禁」とされており、虎丸の方は入れないのです。

バシェルから涙を流しながら謝罪された虎丸は、彼からの言い分を全く咎めることなく、優しく受け止めます。

虎丸「気にするな、我は好きで待っていた。待ち続けていた、あの日々にも意味があるのだ・・・」

“愛する者のいる場所に帰りたい”
虎丸の方もまた、そうした想いは誰にも止められないことを理解して、ノルと一緒にバシェルを見送ってくれたのです。

本作品の「人物相関図」に関しては以下の記事をご覧ください。

【俺だけ入れる隠しダンジョン】人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

友人バシェルとの再会と別れを経た後の展開

ここからは300年以上ぶりの再会を果たせたバシェルとの”お別れ”を経た後の展開に迫ります。

 

友人との再会と別れの後はノルの家族に

バシェルとの再会も空しく、再び”孤独”となってしまう虎丸は隠しダンジョンの中に戻っては別れの悲しみによる涙を流していました。

そんな状況を見ていたノルに対して、自分の本心を話し始めます。

虎丸「いつか別れることは覚悟していた・・・なのに、いざ現実を受け入れるとなると・・・我は弱いな」
ノル「そんなことない!」

自分の弱さを主張した虎丸ですが、ノルにもその辛い気持ちは充分に伝わりました。
そんな彼から、虎丸はこんな言葉を告げられたのです。

ノル「なろうよ、“友達”に!」
虎丸「友達・・・我とか?」
ノル「本気だよ!」

そう言いながら手を差し伸べてくれるノルの姿に、かつて同じように言ってくれたバシェルの姿を重ねます。

更にノルからは「一緒に住もう」とまで言ってくれます。

虎丸「感謝する・・・お言葉に甘えるとしよう。“番犬”ぐらいの役には立つはずだ」
ノル「決まりだね!」

お互いに意見が一致したことで虎丸がノルを再び乗せて、スタルジア家に向かおうとしますが、この時にも彼から“決定的な一言”を告げられます。

虎丸「では、乗るといい・・・行こう、ノルの家へ!」
ノル「違うよ、虎丸!」

ノルから指摘されたのは”行こう”でなく「帰ろう」という意味でした。
そう言われた虎丸も1つの結論に辿り着きます。

虎丸「分かったぞ、バシェルよ!今日出会えたのだ、“99万分の2人目”に・・・

そうしたやり取りを経てから、ノルを乗せながら帰った虎丸も晴れて「スタルジア家の新しい家族となったのです。

 

今後はノルの”従魔”や”乗り物”として活躍!

アリスや両親からもスンナリと受け入れられた虎丸は、母親からは「虎ちゃん」という愛称で呼ばれます。
家族以外の者たちには“従魔”という形で通してますが、エマからもすっかり馴染まれて、朝の挨拶までしてくれるようになります。

エマの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【隠しダンジョン】エマの能力とスキル・ノルと進展する展開も紹介
...

さらに第7話では「ドラゴン討伐」のクエストに向かうノルとエマ、そしてルナを乗せて颯爽と走ります!

 

ただ、今後はノル達の行動範囲が大きく広がる関係もあって、やがてオープンする自分たちの素材屋「レアショップ・スタルジア」での“番犬”という立ち位置に落ち着きます。

聖女ルナの詳細は以下の記事をご覧ください。

【隠しダンジョン】ルナの回復能力とスキル・解呪に消極的な理由
...

 

スポンサーリンク

虎丸の正体(名前の由来)や弱点とは?

ここからは虎丸の正体(名前の由来)や、意外な弱点に迫りたいと思います。

 

“虎丸”という名前の由来は?

隠しダンジョンの第5層で出会ったノルへ頼みごとをして、彼を乗せて走りながら自己紹介してきます。

虎丸「敬語はいらん。そして、我が名は“虎丸”だ!」
ノル「ライオンなのに”虎丸”・・・突っ込んだ方が良いのかな?」

確かに、ライオンなのに”虎丸”という名はかなり違和感があり、ノルだけでなく視聴者も突っ込み入れたくなった人も多かったのではないでしょうか?

ちなみにこの名付け主こそが、虎丸にとって大切な友人である“バシェル”です。
しかし、この名前に特に深い意味はなく、あくまでも「適当に名付けてしまった名前」でしかありません。

しかし本人にとっては大切な友人が名付けてくれた名前であり、“誇り”でもあります。

 

頭のチューリップが弱点かつ生命線

ノルに話しかけた時点で「怪しい者ではない」と自重しますが、ライオンなのに“頭にチューリップが付いている”という時点で、怪しさ全開でしたよね・・・。

しかし本人にとっては極めて重要なものであることが判明します。
頭のチューリップは虎丸自身の”健康状態”を示していますが、これを握られたり切られたりされた場合の変化について、簡単にまとめてみましょう。

  1. 握られたり、水をかけられると”可愛らしい声”で喘ぐようになる。
  2. 切られると”弱体化”するが、一定時間が経過すると新たに生えてくる。

再会できたバシェルと別れた後は、ノルの家で暮らし始めるますが、アニメ版ではアリス(ノルの妹)から思い切りチューリップを引っ張られたことで、狼狽えながら可愛らしい声で喘ぐ場面も追加されました。

 

能力は隠蔽スキルにより不明のまま

虎丸に対して、その正体や弱点だけでなく、能力や所持スキルが強く気になった人も多いのではないでしょうか。

ノルも出会った瞬間、自身の”鑑定眼”スキルで解析しようとしますが、これまでのキャラクターとは違い、全くもって“不明”なのです!

これにより、虎丸が“隠蔽スキル”を所持していることだけは判明しましたが、それ以外の”種族名”や”能力”においては現時点では明かされていません。

 

スポンサーリンク

虎丸の原作ラノベ版とアニメ版の違いとは?

ここからは「友人バシェルとの関係」を主軸として、原作ラノベ版とアニメ版の“違い”に迫りたいと思います。

 

虎丸が流した”涙の理由”が変わった

ノルのおかけで友人バシェルとの再会を果たせた虎丸ですが、この2人の友情関係が原作ラノベ版とアニメ版で微妙に異なっています。
その影響により、虎丸が再会後に流した「涙の理由」大きく違っているのです!

まずは、その違いを簡単に比較してみましょう。

原作ラノベ版 350年間にわたって、無意味にバシェルの帰りを待ち続けていた自身への”空しさ”や”無力感”のため、涙を流した。
TVアニメ版 自分にとって初めてできた友達(バシェル)との別れに対する”辛さ”で泣いていた。

どちらも共感できる理由ですが、個人的にはアニメ版の理由の方がシンプルで分かり易かったように感じます。

ちなみに、本作品のもう1つの媒体であるコミック版では「2人の関係」も「涙の理由」もアニメ版と同じになります。
しかし、発表された順番はコミック版の方が先ですから・・・
正確には「アニメ化に際して、コミック版の方が選ばれて再現された」ということになりますね。

この部分の違いを実際に本編で比べたいという人は、原作ラノベ版とコミック版を両方とも読んでみることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
俺だけ入れる隠しダンジョン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク