【決定版】おすすめアニメ120選

<script>” title=”<script>


<script>

【86-エイティシックス-】シンの強さと異能・過去と死亡フラグ | レーナやアネットとの関係性

86-エイティシックス-

『86-エイティシックス-』は、2021年春の新作アニメとして4月から6月にかけて、第1期が放送されていた人気テレビアニメ作品です。同年10月からは、第2期が放送されました。

本記事では主人公・シンの強さや異能、レーナやアネットなどとの関係性を紹介。さらに、シンの異名やパーソナルネームの由来、原作やアニメ本編で見せている行動の理由を、過去から辿る形で迫ります。

本作品の人物相関図は「【86-エイティシックス-】人物相関図!アニメ版の登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

86-エイティシックス-人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【エイティシックス】
...
スポンサーリンク

シンエイ・ノウゼンとは

シンエイ・ノウゼン、スピアヘッド戦隊の戦隊長で、第一小隊の隊長とを務めています。

「死神」という異名や「アンダーテイカー(葬儀屋)」というパーソナルネームを持ち、戦闘後にも他隊員たちとは違う行動を起こしますが、これらはシン自身が入隊時から出会った人達が強く影響しています。

アメリア
アメリア

シンの過去や、異名などの由来はまた後に詳しく説明しているよ!

シンのプロフィール

本名 シンエイ・ノウゼン
愛称 シン
異名 死神
パーソナルネーム アンダーテイカー(葬儀屋)
人種 黒系種(オニクス)と赤系種(パイロープ)の混血
階級 大尉・隊長
誕生日 5月19日
年齢 11歳(入隊時)→16歳(第1巻)
身長 175cm
出身地 サンマグノリア共和国の首都
(リベルテ・エト・エガリテ)

シンの容姿は、兄(レイ)とは正反対で“黒髪”“赤い瞳”が特徴的な少年です。

シンの性格

生まれた頃から優しい兄(レイ)や両親から可愛がられて育ったため、幼少期は優しく甘えたがりな性格でした。

しかし自分たち家族が第86区に送られたことで事態が急変してからは次第に心を閉ざすようになり、仲間達とも必要以上の会話をしなくなってしまいます。

シンの声は声優「千葉翔也さん」が担当

シンの声を担当している声優さんは、「シグマ・セブン」に所属している千葉翔也さんです。

2004年に放送された、ショートアニメ作品「カレーの国のコバ〜ル」で主演デビュー(コバール役)を飾りました。

千葉翔也さんの代表作(キャラクター)は、以下の通りです。

  • 『ようこそ実力主義の教室へ』:綾小路清隆 役
  • 『どろろ』:多宝丸 役
  • 『地縛少年花子くん』:源光 役
  • 『TRIBE NINE』:青山カズキ 役
スポンサーリンク

シンの過去 | 首の傷についても

生まれてから共和国の首都で家族揃って幸せに暮らしてきたシンですが、その幸せも長くは続きませんでした。

ここでは、悲しく絶望してしまうシンの過去について迫ります。

家族揃って収容所に送られてしまう

共和国に”レギオンの襲撃”が起きたことに加えて、シンたち家族が“有色種(エイティシックス)”であるという理由だけで、祖国から銃を向けられながら、トラックや貨物列車に詰め込まれる形で、収容所に送られてしまいます。

首の傷は兄(レイ)につけられた

シンの“首の傷”は、兄(レイ)から首を強く絞められたためにつけられたものです。

弟にはいつも優しいレイでしたが、先に出兵させられた”母親の死”で苦悩する中、シンからもその理由を聞かれたことがトリガーとなって豹変した結果に起きた事件でした。

シンの兄(レイ)に関する詳細は「【86-エイティシックス-】レイ(ショーレイ・ノウゼン)の過去と現在・シンやレーナとの関係も紹介」の記事をご覧ください。

【86】ショーレイ・ノウゼンの過去や死亡経緯 | シンやレーナとの関係性も紹介【エイティシックス】
...

首のスカーフは最初の上官(アリス)から譲り受けた物

【86-エイティシックス-】シンの強さと異能・過去と死亡フラグ | レーナやアネットとの関係性

(86-フラグメンタルネオテニー-第1巻 安里アサト・シンジョウタクヤ/MFコミックス)

本編ではストーリー開始の時点から首に“空色のスカーフ”を巻いていますが、これはシンが最初に配属された部隊(ハルバート戦隊)の戦隊長・アリスから譲り受けた物です。

アリス「これなら要らぬ詮索もされないだろう」

そう言いながら、自分の愛用しているスカーフをシンに巻いてくれました。

ちなみに、出兵させられたばかりの頃(11歳)は、消えない首の傷に包帯を巻く形で隠していましたが、アリスからは「包帯では痛々しい」とまで言われてしまいます。

後の相棒となるファイド(スカベンジャー)との出会い

所属していたアリスやイスカの部隊が全滅させられた後もシンだけが生き残って戦い続けます。レギオンからの攻撃や無茶な操縦ぶりで自分の機体(ジャガーノート)を壊してしまうこともありました。

これにより基地へ帰ることすら困難となってしまった状況の中、後に相棒となるファイド(スカベンジャー)と出会います。

出会ったばかりの時はファイドも大きく損傷していたものの、ジャガーノート程ではなかったため、この時はシンの機体もひっくるめて一緒に連れて行ってもらう形で帰還を果たせました。

帰還後は、所属していた部隊の整備班長・トウカにファイドも一緒に修理してもらい、万全に動けるようになります。修理後、シンへ“別部隊への移動命令”が来ますが、この時からファイドも一緒についてくるようになりました。

本編では当たり前のようにシン達と一緒にいるファイドですが、こうした出会いから関係性が始まったわけですね。

アメリア
アメリア

シンが戦闘の度に機体を壊す習慣は、出兵したばかりの頃からあったのね…。

最終的には兄(レイ)や両親と死別した

修理してもらえたファイドも連れる形で転属した部隊では、シンは早くも“副隊長”となっていました。しかし、地位や階級が上がったからと言って、これまでの無残な戦況を覆すことはできず、またもや自分だけが生き残ってしまいます。

1人きりでも帰還しようとする中、吹雪が強く雪が降り積もった場所で、兄(レイ)が搭乗していた機体を発見します。

コクピット内では、首なしの腐った死体が座っていましたが、機体の側面に描かれたパーソナルマーク(剣を持つ首なし騎士)により、これが自分の兄(レイ)であることをすぐに理解します。

この時点で両親に続き、兄とも死別したことを実感したシンですが、最終的に家族たちと死別させられたことになります。

アメリア
アメリア

この悲しいシーンは、アニメ版だと第6話冒頭の場面で見れるよ。

created by Rinker
¥6,664 (2022/01/20 14:58:27時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

シンの強さ・異能

シンの飛び抜けた強さは、入隊したばかりの頃から発揮されてきました。

わずか11歳の初陣の中でも、自分のジャガーノートよりも遥かに強い戦車型(レーヴェ)をも、たった1人で瞬時に倒してしまえる程だったのです。

しかし、操縦技術以上に特出すべきは、シンに備わっている異能になります。

死者の声が聞こえる異能を持っている

シンの異能は、「死者の声聞くことができる能力」です。

シンの母親の出身であるマイカの一族は精神感応の異能を持つ血筋であるため、シンのように特殊な能力をもつ子供が生まれてくるそうです。

そうした血を受け継いで生まれてきたため、シンには元々“人の心を読める能力”をもっていました。

そして、あることがキッカケで死者の声を聞けるようになったのです。

死者の声が聞こえる異能はいつ開花した?

生まれつき”人の心を読める能力”を持っていたシン。
その能力が開花したのは、本人が10歳ほどにまで成長した頃に遭わされた事件がキッカケでした。

その事件とは、先の項目でも紹介した「兄(レイ)から首を絞められて殺されかけたこと」です。

この時は2人を引き取った教会の神父がレイを止めてくれたおかげでシンも一命を取り留めますが、この時に味合わされた強い恐怖感が引き金となって開花したものと思われます。

異能のメリット・デメリット

シンの異能は、レギオンとの戦闘において多くのメリットを発揮しています。

死者の声が聞こえることによって、レギオン達の居場所移動方向を把握できます。上手く利用することで、戦況を自分たちの優勢に持っていけるわけです。

さらに第5話では戦死してレギオンと化してしまったカイエの声に気づくこともできました。

しかし、異能には「シン自身でも制御できない」というデメリットもあります。例えば、戦闘中以外でも常に死者たちの声が聞こえてきます。

シンが読書を趣味にしている理由は、自身の異能によって聞こえてくる”死者たちの声”から意識を逸らすためなのです。

カイエの詳細は「【86-エイティシックス-】カイエの強さと能力・戦死後の変化や展開も紹介」の記事をご覧ください。

【86】カイエの強さと能力|戦死後の変化や展開も紹介【エイティシックス】
...
スポンサーリンク

シンが持つ異名とパーソナルネームの由来

シンの異名やパーソナルネーム、さらにそれらの由来となった行動には、実に多くの人達との出会いと別れを経たことで形成されました。

異名「死神」の由来

「死神」という異名の由来は、シンの異能と深く関係しています。

シンが戦闘中に共和国軍のハンドラー(指揮管制官)と知覚同調(パラレイド)で通信する際、シンに聞こえる羊飼い(死者の脳を取り込まれたレギオン)の声や叫びが、ハンドラーにも聞こえてきます。

レギオンに取り込まれている人間の脳は、いつも死ぬ直前の状態のため「死にたくない!」「助けて!」という声ばかりが亡霊が叫ぶ断末魔のように響き続けており、それを聞かされ続けるハンドラーの方が精神的に耐え切れなくなってしまうのです。

本編ではレーナが良い例として描かれ、初めて聞こえた時には倒れ込んでしまうこともありましたが、これはまだ良い方です。以前までにシンと知覚同調していたハンドラー達の中には、正気を失った末に自殺者まで出ていました。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料 呪術廻戦 漫画 全巻無料
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
86-エイティシックス-
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました