【決定版】おすすめアニメ120選

【マクロスΔ】フレイア死亡の理由は老化(結晶化)と寿命 |子供の正体や謎を劇場版の内容から考察

マクロスシリーズ

『マクロスΔ』はシリーズ最新作として、TV版が2016年に放送されていた人気アニメ作品です。
放送終了後も、2018年にはTVシリーズを編集した劇場版『激情のワルキューレ』が、そして2021年10月には続編および完結編となる『絶対LIVE!!!!!!』が公開されました。

本記事では、メインヒロインの1人として登場したフレイアのキャラクター性を紹介すると共に、劇場版で死亡した理由を老化(結晶化)と寿命を含めながら紹介します。
さらに、劇場版ラストで登場したフレイアそっくりな子供の正体や謎にも迫ります。

 

マクロスΔの完結編となる劇場版「絶対LIVE!!!!!!」 の結末までのネタバレも含んだストーリー紹介や感想は「劇場版マクロスΔ絶対LIVEのネタバレ感想 | 各キャラの変化やレディMの正体・謎も考察」の記事を参照ください。

劇場版マクロスΔ絶対LIVEのネタバレ感想 | 各キャラの変化やレディMの正体・謎も考察
...

 

アニメ「マクロスΔ」と劇場版「激情のワルキューレ」はU-NEXTで好評配信中(見放題です

\無料トライアルで今すぐ見る/

U-NEXTで無料視聴する

※ 31日以内に解約すれば料金は一切発生しません

 


さらに無料トライアルで貰えるポイントを使えばマクロスΔのラノベ or マンガも無料で読む事ができます。

\無料トライアル登録でポイントを受け取れます/
マクロスΔを無料で読む※ ポイントを使って無料&お得に漫画が読めます

 

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

フレイア・ヴィオンとは

ウィンダミアで生まれたフレイア・ヴィオンは、歌とリンゴが大好きで、台詞の中からもよく出てくる“方言”も可愛い元気いっぱいな女の子です。
しかし歌を知ったキッカケとなったのは、まだ幼い頃に出会ったライト・インメルマン(ハヤテの父)から譲り受けたメモリオーディオだったのです。

フレイアのプロフィール

誕生日 11月3日
星座 蠍座
年齢 14歳→15歳
人種 ウィンダミア人

ウィンダミア人であるフレイアの基本的な外見は、地球人と比べても大きな違いはありません。
しかし髪についている「ルン」が大きな違いとなっており、これが尽きることは己の生命の終わりを意味します。

ちなみに、フレイアを始めとした女性たちのルンは“ハート”の形で、空中騎士団を始めとした男性たちの方は”星やダイヤ”の形をしており、男女によって形が違っている点も1つの大きな特徴となっています。

 

ハヤテと出会えたのは、実は”婚約者”のおかげだった

【マクロスΔ】フレイア死亡の理由は老化(結晶化)と寿命 | 劇場版で登場した、子供の正体や謎も考察

(マクロスΔ-銀河を導く歌姫-第1巻 満月シオン/REXコミックス)

フレイアがハヤテと出会えた末に結ばれたのは、実は故郷に残り続けた幼馴染の関係でもある“婚約者”のおかげでもありました。

ウィンダミア人の寿命は30年と短いため、フレイアのような10代半ばの年齢でも”晩婚”の扱いとされてしまいます。
そのため、村長さんから結婚を急かされながら逃げ回っていたことは、アニメ版の方でもフレイア自身の台詞から明かされていましたが、実はその相手すらも無理やり決められてしまっていたのです。

アニメの方では既に密航している状態からのスタートでしたが、本放送中の時期に連載されていたコミカライズ作品「銀河を導く歌姫」では、フレイアが故郷を去るまでの過程もしっかり描かれた中で、彼女の婚約者である男性キャラも登場していました。

そんな彼の本名までは明かされなかっものの「川っぺりの次男くん」という愛称で呼ばれており、リンゴ畑で働いている少年です。
故郷の村で顔を合わせては、フレイアの夢を馬鹿にしてばかりで口喧嘩が絶えなかったものの、ワルキューレ加入のオーディション開催を知って、家族や村人たちに内緒で出ていこうとした時には力を貸してくれたのです。

次男くん「短い人生の中で、やりたいことがあるんやろ?」

この次男くんは、別れ際になってフレイアの夢をやっと理解してくれたと同時に、自身が囮となる形で彼女の密航を手伝ってくれました。

フレイア「あんがと、次男くん…がんばるかんね!」

そうして向かった先でハヤテと出会えた上に、ワルキューレ加入まで果たせたのですから…
フレイアの夢や恋が叶ったのは、すべて婚約者のおかげだったようにすら思えます。

しかし、この次男くんがアニメの方ではTV版でも劇場版でも一切登場できずに終わってしまった点は少し不憫でしたね…。

この婚約者(次男くん)とのやり取りや、フレイアが出発できるまでの過程はコミカライズ第1話で見られます。

created by Rinker
¥594 (2021/11/28 22:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

フレイアの声優は鈴木みのりさん

フレイアの声を担当している声優さんは、彼女の役を決める「歌姫オーディション」で優勝を果たされた、鈴木みのりさん(通称は”みのりんご”)です。
そのため、鈴木さんにとってフレイア役がデビュー作であると同時に、現在でも代表作となります。

ここで、フレイア以降の主な代表作(キャラクター)の一部を紹介します。

  1. 「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」藤原肇役
  2. 「カードキャプターさくら クリアカード編」詩之本秋穂役
  3. 「かおちゃんの通学路」篠塚桃役
  4. 「であいもん」掘河美弦役

 

フレイアが死亡した理由は老化(結晶化)で寿命が縮まったため

ここからは劇場版「絶対LIVE」ラストで死亡という結末を迎えてしまった理由を紹介していきます。

 

歌により老化(結晶化)が進行していた

ウィンダミア人は加齢による老化で“結晶化”が起こり始めるのが基本ですが、子供や若者でも何かの感情が高ぶった時ルン激しく消耗してしまうこともあります。

フレイアの場合は主に劇中で、自身やハヤテたちの危機を目の当たりにして感情が高ぶった時に“ルンピカ”を起こしながら命がけで歌うことが多かったのですが、こうした「命がけの歌」を歌い続けることにより、自身の老化(結晶化)を進行させてしまっていたわけですね。

 

 

命がけの歌が寿命を急速に縮めた原因に

TV版や「激ワル」でも命懸けの歌で老化(結晶化)を起こしていたものの、この時はあくまでもプロトカルチャーシステムとの共鳴によるものが大きかったです。
そしてシステムが停止したと同時に、それ以上は進行することもありませんでした。
それは激ワルから続く物語として描かれた「絶対LIVE」前半でウィンダミアにて開催された停戦記念LIVEで皆と一緒に楽しく歌っていた時には、老化(結晶化)を起こすことはありませんでした。

しかしハヤテや仲間たちの危機に直面して命懸けで歌う時には、フレイア自身も無意識のうちにルンを激しく消耗させてしまうのです。
特に「絶対LIVE」中盤でYami-Q-ray(ヤミキューレ)操るゴースト(無人機)たちに追い詰められる中で、これまで以上にルンを消耗する形で命がけの歌(風は予告なく吹く)を歌います。
このような時に莫大なフォールド波を放つことでハヤテを覚醒させた結果、ゴースト(無人機)たちを退けるのとには成功しますが、フレイア自身にかかった負担もあまりにも大きすぎたため、意識を失うだけでなく、これまでとは比べものにならない程に激しい老化(結晶化)を起こしてしまったのです。
(TV版や前作では右手や顎あたりだけで止まっていたのに対し、今作では顔面の約半分にまで及んだ上に、両膝にも大きな結晶化を起こしてしまいました)

ここまで激しい老化(結晶化)こそが「フレイアの寿命大きく縮めてしまったこと」になります。

これはフレイアより先に死を迎えたヨハンが分かりやすく教えてくれておりルンの激しい消耗寿命を縮めるとされています。
(彼の場合は歌でなく、村人たちを守るための結界でルンを激しく消耗させていました)

そして、レイナからの話では大きな老化(結晶化)を起こしてしまった時点で、フレイアの体内の細胞が大きく損壊していることも明かされています。

ここまで挙げた末に出た結果として…
命懸けの行動(歌や結界など)によりルンを激しく消耗させたことで体内の細胞が損壊を起こすことにより大きな”老化(結晶化)”を起こしてしまう」という結論に至りました。

TV版や前作までの損傷なら、ある程度は治す(戻す)ことは可能です。
しかし「絶対LIVE」中盤のように広範囲にまで及んでしまった場合には、細胞の損壊を治しきることもできなくなってしまい、この時点でフレイア自身が完全に歌うことを辞めたとしても戻すことは不可能と断定されてしまいます。
即ち、中盤の時点でフレイアの老化(結晶化)や寿命の縮小そのものが完全に“手遅れ”の状態にまで進行していたわけですね。

 

ハヤテとの共鳴も寿命を縮めた大きな原因に…

フレイアの老化(結晶化)においては“ハヤテとの共鳴もまた、大きな原因となってしまっている点も深刻な問題です。
確かにフレイアの命がけの歌によってハヤテを覚醒させることができていなかったとしたら、TV版(第13話)での白騎士戦で勝つことも、劇場版で無人機(ゴースト)たちを退けることもできずに、自分たちが全滅させられていたことでしょう。

しかし、ハヤテを覚醒させて強くするには「フレイアの命や寿命代償に払わなければならない」ということにつながります。
そのため、ハヤテの覚醒も決して無敵の技などではなく、むしろ“諸刃の剣”と判断すべきですね。

そのことに関してはフレイアの方も覚悟はできているものの、ハヤテにも自分のせいであることを自覚させると同時に大いに悩ませてしまうことになります。

 

映画ラストにて命がけの歌で寿命が尽きてしまう

激しい老化(結晶化)を起こした時点で、フレイアの身体は歩くどころか、1人では満足に立つことすらできない状態にまで追い込まれてしまいます。
それでも残り少ない命を振り絞って、最終戦ラストの中でウィンダミアに伝わる伝説の歌「ALIVE〜伝説の歌〜」を歌い始めます。

これより少し前にも同じメンバーたちと一緒に「ワルキューレはあきらめない」などをメドレー形式で歌い続けてきた上、伝説の歌を歌い始めた時には“ルンの花”を咲かせていたため、おそらくはこの場面が最もルンを激しく消耗させていた瞬間と思われます。

これほどまで命がけで歌い続けた末に寿命が尽きた形でを迎えてしまったわけですが、こうなることはフレイア自身も瀕死の状態でステージに向かっている時に分かっていたと同時に「自分の死」すら覚悟の上だったのでしょう。

TV版(第16話)でも劇場版(激ワル)でも、劇中で15歳の誕生日を迎えたため、そう考えるとフレイアは「絶対LIVE」の中で、残り15年分もの命を燃やして最後まで歌い続けたことになりますね。

フレイアが迎える結末を観る前に、前作(激ワル)を先に観ておくことをお勧めします。

created by Rinker
¥6,006 (2021/11/28 23:19:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

劇場版ラストで登場したフレイアそっくりの子供の正体・謎を考察

画像はTV版23話のものです。

ここでは劇場版ラストで登場した“フレイアそっくりな子供”正体に迫ります。

最終的にシドニーから盗まれた”星の歌い手”の細胞が入っているポッドをハヤテが奪い返してきたわけですが、そのポッドから出てきた赤ちゃんが”フレイアそっくり”な容姿をしていたのです。

しかし、この赤ちゃんの正体がフレイアから生まれた実の子供というわけではありません。
端的に考察した結果、美雲が星の歌い手のクローンであることと同様に、この子供は「フレイアから生まれたクローンと考えるべきと思われます。

 

フレイアと容姿がそっくりな理由

ポッドに入っていた赤ちゃんが、なぜフレイアとそっくりなのか?
映画を見終わってから、その辺に大きな疑問を抱いたファンや視聴者も多かったはずです。

この赤ちゃんは元々はシドニーによって盗み出されていた星の歌い手細胞でした。
しかも彼の用意していた特別性なポッドに入れられていたため、冒頭から登場していた闇雲と同じく早い学習能力も持ち合わせていたはずです。

こうして“細胞”と”早い学習能力”というキーワードの中に、フレイアと歌、さらに闇フレイアの要素も加えられてきます。
ここまで多くのキーワードが出てきた中、それらを重ねて合わせての順序や結論を紹介していきます。

  1. フレイアと闇フレイアが歌う”伝説の歌”に、近くでポッド内にいた細胞が反応した。
  2. フレイアの歌に反応した細胞が、持ち前の”早い学習能力”により、彼女の容姿や歌声を学び始めていた。
  3. フレイアの歌に反応しながら学習していた結果、それに共鳴する形で細胞そのものが「フレイアと同じ容姿」に変わっていった。

ポッド内に入っていた細胞もまた、自分の近くで歌っていたフレイアと闇フレイアの歌声に反応して微笑んでいた口元がドアップで映された場面もありましたからね。
これらの順序によって反応および学習したことを考えると、フレイアそっくりの容姿に変わっていたことは、むしろ必然と言えるでしょう。

もしも、伝説の歌を歌っていたのが他のメンバー…例えばマキナと闇マキナだったとしたら、ポッド内にいた細胞はマキナそっくりの赤ちゃんとして生まれていたでしょうからね。

 

ハヤテによりフレイアと同じ名前をつけられた

フレイアが死を迎えた後に美雲が出だしを歌いながらエンディングテーマに入りましたが、この後に用意されていた本当の結末の中で、フレイアそっくりの赤ちゃんが早くも4〜5歳ほどの年齢にまで成長していました。

成長したフレイアそっくりな子供はハヤテの肩に乗る形で、フレイアが残してくれたリンゴ畑にいました。
おそらくは少し成長したハヤテが父親代わりとなって育てているものと思われます。
(クローンとして生まれたため、実の両親などいませんでしたからね…)

ここで、この子供が何という名前をつけられたのかまでは明かされませんでしたが…
私の中ではハヤテが親代わりとなって育てている以上は「フレイア」以外には考えられないと思います。
フレイア本人が死なずに、この時期にも生き続けているなら話は別ですが、ハヤテにとってフレイアは死んだ後でも忘れることのできない最愛の女性です。
少し成長したことで更にフレイアそっくりな容姿になっていることもあるため、ハヤテにとっても彼女以外の名前など思い浮かばないはずです。

そのため、ハヤテによってフレイアと同じ名前をつけられたことで自分とフレイアと思いながら育て始めたものと思われます。

 

数年後にはワルキューレと共に歌う可能性も高い

この子供もまた、フレイアと同じように歌うことが大好きな女の子に成長した兆しも見られます。

それは、この子供もフレイアと同じようにハヤテと声をかけ合っている場面から想像できます。

子供「ハヤテは飛ぶ」
ハヤテ「フレイアは歌う」
子供「私も歌う

劇場版ラストでのフレイアの死はワルキューレのメンバーたちも見届けていた中、涙を流しながらも「自分達は5人で1つ」と言っていました。
ハヤテだけでなく、メンバー達の心の中でもフレイアは永遠に生き続けており、数年後にはカナメたちが子供を“フレイア”として迎え入れる形で「新生ワルキューレ」として皆と一緒に戦場やステージで歌い始めるのではないでしょうか。

もしも実際にそうなるとしたら、劇場版ラストの時代から10年後あたりと言いたいところですが…
“星の歌い手の細胞”となると、美雲のケースもあるため、本人の成長スピードが普通の人間やウィンダミア人より早い可能性もあり得ます。

マクロスΔの物語は「絶対LIVE」で本当の完結を迎えたわけですが、今後に制作されるであろう全く別のシリーズ作品などで、このフレイアそっくりな子供を新メンバーとして迎え入れた新生ワルキューレが、歌う場面を少しでも出してもらえることに期待したいですね。

過去作品とも繋がりも多いマクロスシリーズ、時系列を忘れてしまった、どの順番で見たら良いか分からない人は「マクロスシリーズの見る順番 | 時系列や各作品のあらすじ・見どころを解説」も合わせて読んでみて下さい。

マクロスシリーズの見る順番 | 時系列や各作品のあらすじ・見どころを解説
マクロスシリーズの見る順番を解説! 時系列の順番や、各作品のあらすじ・見どころも解説していきます。

 

まとめ

今回はメインヒロインとして登場したフレイアのキャラクター性(ハヤテと出会えた理由も含めて)から始まり、老化(結晶化)と寿命を軸にしながら、彼女が死亡した理由を紹介しました。

そして劇場版ラストで登場した、フレイアそっくりな子供の正体や謎に迫りながら、ハヤテに育てながら迎える未来についても予想してみました。

TV版で初めて見た時には、これまでのシリーズ作品に登場してきた歌姫たち以上に、性格が幼い印象が強かったものの、最終的には命懸けの歌でハヤテや仲間たちを救ってくれる程の大きな存在にまで成長しましたよね。

短命な種族として生まれ、老化(結晶化)による寿命の短縮に怯えながらも、最後まで歌うことを諦めなかったフレイアの覚悟や心意気、その末に迎えた”死”に対して涙を流したファンや視聴者も多かったのではないでしょうか…。

 

 

 

アニメ「マクロスΔ」と劇場版「激情のワルキューレ」はU-NEXTで好評配信中(見放題です

\無料トライアルで今すぐ見る/

U-NEXTで無料視聴する

※ 31日以内に解約すれば料金は一切発生しません

 


さらに無料トライアルで貰えるポイントを使えばマクロスΔのラノベ or マンガも無料で読む事ができます。

\無料トライアル登録でポイントを受け取れます/
マクロスΔを無料で読む※ ポイントを使って無料&お得に漫画が読めます

 

関連記事

劇場版マクロスΔ絶対LIVEのネタバレ感想 | 各キャラの変化やレディMの正体・謎も考察
...
マクロスシリーズの見る順番 | 時系列や各作品のあらすじ・見どころを解説
マクロスシリーズの見る順番を解説! 時系列の順番や、各作品のあらすじ・見どころも解説していきます。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
マクロスシリーズ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. より:

    どうもありがとうございます。

    長らくマクロスから離れていた事もあって映画で見るのは実に初代の愛おぼ以来。

    最後に登場したちびフレには驚きと感動でした。

    彼女の名として自分としては「超時空エンジェル。フレイヤ・インメルマン」を期待してしまいます。

    • 小吾郎 より:

      陣 様

      コメントいただき、こちらこそありがとうございます。

      私の場合、世代的に初代マクロスはリアルタイムで堪能できず、初めて触れたシリーズ作品は「マクロス7」でした。

      確かのフレイア死後にハヤテが育てているなら「インメルマン」の苗字になっているのが普通ですし、天使のような笑顔のちびフレが「超時空エンジェル」の異名を持つことになっても、おかしくはないですよね。

      この記事とは別に書いた「絶対LIVEネタバレ感想記事」では、初代や7以来の再登場を果たしたマックスのことにも触れているため、よろしければ、そちらも見ていただけると幸いです。

      劇場版マクロスΔ絶対LIVEのネタバレ感想 | 各キャラの変化やレディMの正体・謎も考察
      ...

      今後とも、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました