【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

井藤春名のサッカースキルや性格 ・声優 | 人間関係についても紹介

さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女子サッカー日本一の久乃木学園で1年生ながらにして、エースナンバーである背番号10番を背負う井藤ですが、中学時代はまったく無名の選手でした。

天才と呼ばれるほどの存在である彼女がなぜ中学時代では無名の選手になってしまったのか、またそんな天才である井藤はどんな性格なのか、について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

井藤 春名とは

井藤 春名とは

出典:「さよなら私のクラマー」公式HP

本名 井藤春名
学校名 久乃木学園高校
学年 1年
ポジション ミッドフィルダー
背番号 10

親友である佃がきっかけで久乃木学園に入学します。
今までは無名の選手でしたが、久乃木学園でその才能を評価され、一気にレギュラー登用される存在
他の先輩からも、井藤は天才だと言わせるくらい、プレーはいろんな人を魅了するようなテクニックや鮮やかさがあります。

ふだんは天然でふわふわとしているところがある彼女ですが、サッカーのことになると一気に頼れる存在になるのはまさに周りをあっと驚かせるような存在でしょう。

中学時代の監督の意向でどうしても使ってもらえなかった井藤の才能が高校で自由にフィールドをかけめぐる大きな台風となること間違いなしです。

アメリア
アメリア

まさに流れを変える大きな風だよね

天才と呼ばれる存在

日本一のチームである久乃木学園で1年生にしてエースナンバーの10番の背番号を背負っています。
それほど、彼女は天才的な才能を持っている存在です。

相手が守りにこないと判断すれば佃へとパスを出しゴールのアシストをし、曽志崎がほぼDFの位置にいて警戒し始めたことがわかると中盤を自由に使い1人で4人のDFを翻弄し、最後はシュートと見せかけてフリーの選手へパスを出しゴールへアシストする、まさに1人で何人もの相手を翻弄しスペースを作らせる天才と呼べるでしょう。

監督も敵も味方も想像できないような発想でゴールへ導く、そして発想だけでなくサッカーのテクニックも持ち合わせた選手です。

フィジカル自体は強くないですが、そのため無駄な筋肉がついていないということ。
筋肉の無駄な重さをなくし華麗なステップで翻弄していく姿はまさに試合を大きく動かすプレイヤーだと思います。

アメリア
アメリア

凄い技術の持ち主だよね

人を魅力するフットボーラー

比較的に体が小さくフィジカルが弱い井藤ですが自分と相手の体がぶつからないようにボールを多彩に操ります。

まるでボールを自分の体の一部のように扱い、相手に触れさせないようにするのが井藤の得意とするプレーです。

試合ではボールを相手の頭上を越えてかわす難易度の高いフェイントであるシャペウを見せ相手を華麗に抜き去ります。
その姿はまるでダンスをしているようだと観客が感じるほどのボールタッチです。

周りを魅了するのはテクニックがあるからだけではないと思います。
恩田と同じで彼女自身がサッカーが大好きでボールを蹴っているだけで楽しいと感じているから、周りも自然と目が奪われるのでしょう。

どんなことでも楽しそうにしている人はキラキラしていて、自然と応援したくなる気持ちになります。
恩田にも井藤にもその魅力があるのだと感じます。

アメリア
アメリア

サッカーが大好きな天才なんだね

無限の発想力がある

井藤がすごいのはパスセンスやボールコントロールだけではありません。
他の人では思いつかないようなゴールまでのアイデアを無限に想像することができます。

とくに盤面がひしめき合い、試合が硬直状態になっているときに井藤のプレーは光ります。

普通ならこっちにパスを出すだろうと考えるところをドリブルで切り抜け、シュートまで決めてしまうこともあるとか。
それほどのテクニックやセンスも持っている彼女のプレーは一瞬たりとも見逃せません。

 

日本代表の元監督であった久乃木学園の鷲巣監督ですら、彼女のプレーを見ると心が躍ると賞賛しています。
彼女の才能は日本代表でも通用するレベルなのではないかと考えられます。

アメリア
アメリア

日本代表の元監督も釘付けになるほどすごいプレイなんだね

ロールケーキに目がない

サッカー一筋の井藤ですが実は甘いものが大好きというかわいらしい一面があります。

とくにロールケーキが大好きで試合前に佃とこっそり買い出しに行ってしまい、先輩の梶からこってり絞られる場面もあります。

フットサルの試合にいっしょに出てほしいと恩田たちに頼まれたときもロールケーキをおごってくれるなら参加すると了承してしまうほど。

 

ロールケーキはどの種類も好きみたいですが生クリームたっぷりのロールケーキよりも、ボソボソとしたスポンジばっかりのロールケーキの方が好みのようです。

なにを考えているかわからない井藤ですが甘いものには妙なこだわりがあります。
その他の人にとっては気にならないこだわりが、サッカーの細かいテクニックの部分にも影響しているのかもしれません。

アメリア
アメリア

やっぱり女の子だね

スポンサーリンク

井藤 春名の性格

井藤は「サッカーバカ」と呼ばれるくらい、サッカー一筋の少女です。
試合中も口が悪くなることもなく自分と同じく「体格差と戦う」恩田を見て、嫉妬するのではなく嬉しくなるような性格。

いっしょにいる佃の性格と比べると、かなり柔和な性格であると感じます。

 

またロールケーキ1つだけでライバルの恩田たちといっしょにフットサルに参加してしまうほど、優しくもちょっと抜けている面があるとか。

恩田というライバルが現れたために、井藤の中で初めて対抗心が芽生え、隠れていた熱い気持ちが表れはじめます。
親友の佃ですら井藤の燃えている姿を見たことがないです。

恩田の存在によって彼女のプレースタイルや性格にどういった影響を今後与えていくのかに着目するのもおもしろいと思います。

アメリア
アメリア

なんかちょっと癖がある性格だね

心優しい性格

フットサルに参加した井藤は決勝戦で何度もフィジカルの差を見せつけられ、何度も足を削られ転びます。

恩田たちは井藤のかわりに怒りますが、井藤自身は怒ることなくフィジカルをかわすことを冷静に考えます。

 

足がボールに入った場合は転んでも試合は続行になることが多いのですが、あまりに多いとさすがにイライラしてくるものです。

ですが井藤は怒らず顔色ひとつ変えません。
冷静にフィジカル対策を考えています。
それは彼女もフィジカルも才能のひとつだと認めているからだと思います。

フィジカルを乗り越えなければ自分は輝けないと感じているからかもしれません。

そして今後もサッカーを続けていく上で必ずフィジカルの問題はぶつかってしまう課題。
だから相手が乱暴なプレーをしていても乗り越えるにはどうすればいいかと、冷静な判断ができるのだと思います。

アメリア
アメリア

心優しいというか考える基準が違うのかもね

かわいい天然な一面も

試合中は口数も少なくクールにこなす彼女ですが、実は抜けているところがあります。

ワラビーズと初めて練習試合する際もギリギリまで買い食いをし、梶にまとめて怒られるところがあるとか。

しかも怒られたあとにもロールケーキを頬張りながら能見選手を見て感動しています。

また練習試合後に恩田の名前を聞いてこようかと佃が提案しますが、キメ台詞をいったとドヤ顔しているのがバレているところもカッコがつかずかわいい部分です。

 

どこか抜けていて天然な彼女ですが、梶のカラーコーン攻撃を見事に佃でかわすなど意外にずるい部分もあります。

そんな天然でずるいところも彼女のかわいらしい一面だと感じます。

アメリア
アメリア

結構おちゃめな性格なんだね

気配りが上手い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク