【決定版】おすすめアニメ120選

さよなら私のクラマーの最後の結末はどうなる?ラスト(最終回)のその後もネタバレ

アニメ

『さよなら私のクラマー』は、新川直司先生により『月刊少年マガジン』にて2016年~2021年にかけて連載された「サッカー漫画」です。
そして、2021年の4月時点で単行本発行部数が500万を突破するという人気の作品でもあります。

また、4月4日~アニメ化されることになり、同作者が担当している『四月は君の嘘』が人気作品だけに今回も感動させてくれるのではという期待がファンとしてあります。

 

そんな人気のある『さよなら私のクラマー』の最後の結末はどうなるのか、そしてラスト(最終回)の後はどうなるかを解説します。

アメリア
アメリア

『四月は君の嘘』は大人気アニメだったし、今回も感動させてくれるよね

※以下ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

『さよなら私のクラマー』の最後は埼玉王者に!

『さよなら私のクラマー』は、2クールで24か25話まであると考えられます。

関連アニメである『四月は君の嘘』は、コミックが全11巻(全44話)でアニメが22話(2クール)で終了したところから、このように考察できます。

最手話のタイトルは「埼玉王者」になり、蕨青南高校(ワラビーズ)が最弱から最強にのし上がる形で終わるでしょう。

アメリア
アメリア

蕨青南高校自体サッカーで弱いけど、最強になるために切磋琢磨していく姿はカッコいいよね

最も感動する最終話手付近でおさえておきたい重要ポイント

  • 蕨青南高校が埼玉王者をかけてたたかう
  • 新生ワラビーズ
  • ワラビーズの強化合宿
  • 深津監督が選手と向き合う

『さよなら私のクラマー』の最終話付近でおさえておきたいポイントは、主に上記の4つ。

それでは、各内容について、1つずつ紹介します。

アメリア
アメリア

スポーツ青春アニメだけに最後の王者は感動するよね

【ポイント①】蕨青南高校が埼玉王者をかけてたたかう

『さよなら私のクラマー』の最終話付近で最も感動するのは、蕨青南高校が埼玉王者をかけて戦うシーンです。

もともと、蕨青南高校のサッカー部は最弱チームという認識がついており、サッカー選手を目指す生徒が進路先として選ぶことはありませんでした。

しかし、そんな中最弱チームというイメージをなくすために、チームを引っ張っていこうとする田勢 恵梨子。
かつて蕨青南高校卒業生で元日本代表の能見 奈緒子コーチが加わり大きな変化を見せます。

さらに、独特な新入部員として恩田 希、周防 すみれ、曽志崎 緑、白鳥 綾が、サッカー部に入部したことにより、運命を変える風が吹きます。

 

そして、チームで切磋琢磨に試合をこなしていくうちに埼玉芳花戦にて勝利をして、関東大会出場する権利をえます。

最終決戦は県内無敵といわれている埼玉王者である浦和邦成。
サッカーの強豪校ということもあり、「かつて最弱といわれた蕨青南高校が勝てる見込みはないのでは」と思われました。

なぜなら、浦和邦成は高校総体埼玉県予選で8連覇、過去2年間の県内大会いて無失点を続けるなど、鉄壁の守備を持ち合わせているからです。

攻守ともに完璧で、蕨青南高校は決勝まで上り詰めただけでも凄いといった感じでした。

アニメ版では決勝戦も再現される!?

蕨青南高校は確かに新しいコーチ、そしてチームをひっぱろうとする2年生の先輩、そしてチームに独特な風を吹かせた4名の独特な選手が揃いましたが、それだけではそもそも決勝まで行くのはまず難しい。

最弱といわれた蕨青南高校が、決勝まで上り詰めて、埼玉王者と呼ばれる浦和邦成の前に立ちふさがったのは、経験と新戦術です。

ただ、原作では埼玉王者をかけた戦いをする前に終了となってしまいました。
もしかしたら、アニメ版では幻の試合蕨青南高校VS浦和邦成が再現するのではと思っています。
なぜなら最高の試合はアニメーションで見てこそ盛り上がるからです。

もし、最初からアニメ化を狙って蕨青南高校VS浦和邦成の前で原作を終わらせたのなら凄いですね…。

アメリア
アメリア

最弱からのし上がった蕨青南高校の試合スタイルって独特だけど感動させられるよね

【ポイント②】新生ワラビーズ

『さよなら私のクラマー』の最も面白いところは最弱といわれた蕨青南高校がどんどん勝ち進んでいくところです。

そして、チームを勝ち進めるためのプレイをするのは恩田 希、周防 すみれ、曽志崎 緑、白鳥 綾

  • 男子サッカーの混ざるなどひたすら強さを求める恩田 希
  • 自分のやりやすいプレイを優先する周防 すみれ
  • 中学時代に高成績を残した曽志崎 緑
  • お嬢様キャラである白鳥 綾

全て独特で、とてもではないのですがチームとして上手くやっていける感じはしません。
周防 すみれと曽志崎 緑はもともと中学時代から何度も試合でやりあった仲ではあるのですが、同じチームで試合をするのは高校に入ってから初めてになります。

そのため、4人ともお互いをよく知らない人同士で、チームワークも望めません。

しかし、逆に異色の4人だからこそできたのが「とにかく読めない」です。
通常サッカーは相手の動きを先読みして、先回りすることで相手のスキを突くのですが、蕨青南高校は動きが独特で相手になるチームは動きを読むことができません。

そのため、すんなりと勝てない相手というイメージが蕨青南高校についたようです。

さらに、何度も試合を繰り返すことで、新戦術を作りだしたりと、とにかく「新生ワラビーズ」となっていくのが見ていて飽きません。

アメリア
アメリア

新生ワラビーズって今回のアニメにピッタリだよね

【ポイント③】ワラビーズの強化合宿

異色のメンバーが集まる蕨青南高校が、強豪校に勝つために欠かせないのが強化合宿。
どのアニメでも必ず決勝前になったら入ってくる強化合宿ですが、実はこの強化合宿が蕨青南高校の独特なプレイを生み出して決勝まで導いてくれます。

ただ、シリアスな場面かと思いきやきちんと笑えるところを入れているのはポイントがすごく高いです。
例えば、合宿の場所が周防の実家のお寺だったり、恩田が家事得意だったりとサッカーしているところだけ見ていてはわからない意外な一面が見られます。

 

そして、個人的に意外だったのは、身の回りのお世話だったら何でもできそうなイメージがあった越前佐和が、逆に危なっかしいという面があったことです。

強くなるための強化合宿ということで、お互いのことを深く知ってチームワークを強化する目的だったのかもしれませんが、個人的には決戦前の休憩かなと思ったりしてしまいました。

確かによく考えたら、今までの蕨青南高校のプレイスタイルは戦う相手に合わせて戦略を考えることが多く、独特なプレイってなかったような気がします。

今回の強化合宿で独特な戦術をあみ出すというのは、特訓して必殺技を取得したような感覚に思えます。

アメリア
アメリア

強化合宿で一気にチームの考え方が変わったよね

【ポイント④】深津監督が選手と向き合う

『さよなら私のクラマー』の最終話付近でおさえておきたポイントは、選手だけではなく監督にもあります。

深津監督は、蕨青南高校の女子サッカーの顧問として最初から登場しますが、イメージは最悪でした。
選手が練習をしているのに、自分は競馬の雑誌を読んでいるなど、本当に顧問としての自覚はあるのかと突っ込みたくなるシーンが盛りたくさんです。

深津監督自身は「女子サッカーに未来はあるのか?」といった言葉を劇中で言っており、そもそもサッカーは男子がやるものというイメージを持っているのではと思っています。

ただ、実力が折り紙付きで「U-23サッカー日本代表」の指導者とも繋がりがあるようです。
深津監督が変わらない状態であれば、蕨青南高校が決勝まで行くことはなかったと思っています。

深津監督が変わったきっかけは能見コーチ

では、深津監督はどうして変わったのかという疑問が出てくるのですが、きっかけを作ったのは能見コーチ。

興蓮館高校と熱戦を繰り広げた試合から一夜明けて、蕨青南高校は完全休養日となるのですが、その時に原作では能見コーチがまだ日本代表選手である時に女子サッカーを目指す「なでしこ」達に送った言葉「私は私を超えられない、私を超えるのはあなた達です」の回想シーンが流れます。

そして、その中継を全ての高校の未来の「なでしこ」達が見ていたことがわかります。

その後、能見コーチはもっと深津監督が選手と向き合って積極的に指導していれば、もっと違う試合ができたかもしれないと厳しい言葉を放ちます。

そして、深津監督は翌日の練習から着替えて、トレーニングに積極的に参加するようになります。

「次の時代へと渡った」のは選手だけではなく、深津監督も女子サッカーに対する考え方が変わったのかもしれません。

 

『さよなら私のクラマー』は原作で何巻まであるかは以下で考察しておりますのであわせてお読みください。

 

【さよなら私のクラマー】原作で何巻まで?何クールまで放送予定?
さよなら私のクラマーは原作と照らし合わせるとどこまでアニメ化されるのかを紹介。そして何クールあるのかも現在の放送をもとに予想。

 

アメリア
アメリア

深津監督も女子サッカーに対する考え方をナデシコに変えられたんだね

幻の試合、蕨青南高校VS浦和邦成が行われて真のエンド

『さよなら私のクラマー』の原作の最手話である55話では、蕨青南高校が決勝リーグまで勝ち登り、埼玉王者と呼ばれている浦和邦成と試合をする前で終了します。

まさに、強敵に立ち向かう前で終わってしまうだけに、原作では「打ち切り」という言葉がファンから出ました。

しかし、今回アニメ化が2021年4月4日~開始されているわけですが、私はアニメで感動を呼ぶのではないかと思っています。

『四月は君の嘘』の最終話も、アニメーションだからこそ感動する面がありました。

そう考えると、アニメ版では原作で語られなかった幻の試合蕨青南高校VS浦和邦成が行われ、熱い展開が繰り広げられると思っています。

アメリア
アメリア

お互いの全力をぶつけた試合って見ているだけで引き込まれるよね

最終的に蕨青南高校が勝利して、日本代表になる恩田 希

主人公の恩田 希は強い選手がいるところでサッカーをしたいと思い、中学時代は男子サッカーで活動していました。

しかし、監督の青尾氏もあり高校からは女子サッカーに入るのですが、本人は女子サッカーの強さに満足していないこともあるのか、自分から進んで女子サッカーをしている感じはしませんでした。

ですが、実際に女子とサッカーをしていくうちに、自分にはない能力を持った選手や自分を驚かせてくれる能力を持った選手が集まり、いつの間にか女子サッカーに打ち解けていました。

 

そして、実際にチームで困難を乗り越えて、弱小といわれた蕨青南高校を決勝戦まで行ける実力があるところまでもっていき、最終的に埼玉王者の浦和邦成に勝利してハッピーエンドになると思います。

さらに、最後に高校を卒業して、日本代表になっている恩田 希が出てくると思います。
つまりかつて蕨青南高校を卒業して日本代表選手になったの第2の能見 奈緒子が誕生する流れになると思います。

始まりは1人の女子サッカー日本代表選手の言葉、そして、後につづく未来を持った次世代の選手。
言葉通り「次の世代へと渡った」のが恩田 希であるなら感動ものです。

なぜなら、1人の言葉が1人の人生を大きく変えるわけですから、涙なくして語れないですね。

アニメの最終話のタイトルは「さよなら私のクラマー」

一番気になるのは「さよなら私のクラマー」だと思います。

そもそもクラマーって何という方も多いと思うので以下引用します。

デットマール・クラマー(ドイツ語: Dettmar Cramer, 1925年4月4日 – 2015年9月17日)は、ドイツのドルトムント出身のサッカー選手、サッカー指導者。デトマール・クラマーと表記されることもあった。

クラマーは日本サッカー界初の外国人コーチであり、サッカー日本代表の基礎を作り日本サッカーリーグの創設にも尽力したことから「日本サッカーの父」と称された[1][2]。

出典:「デットマール・クラマー」wiki

引用にある通り、『さよなら私のクラマー』の「クラマー」は、日本で初めてコーチとなった外国人「デットマール・クラマー」のことをさします。

そして、「デットマール・クラマー」は「日本サッカーの父」とも呼ばれていました。
今回の『さよなら私のクラマー』にあてはめてみると、おそらく蕨青南高校の能見コーチになると思います。

能見コーチは、元日本代表で私たちの世界のなでしこである「澤穂希」選手と同様に、「女子サッカーが終わってしまう」と発言しています。

さらには「私は私を超えられない、私を超えるのはあなた達です」と続けて言葉を残しており、この言葉を今回のなでしこたち全員が聞いています。

そのため、本作のタイトルである『さよなら私のクラマー』は最後はどうなるかを示しているのではと思っています。

同作者が作成した四月は君の嘘

『さよなら私のクラマー』と同じ作者が作成した作品に『四月は君の嘘』という作品があります。
こちらは、最後になって宮園かをりが嘘をついていたという真実を手紙で語っています。

 

そして、そんな宮園かをりがついた姑息な嘘が有馬公生を連れてきたとなっており、『四月は君の嘘』というタイトルは全ての始まりであり、終わりをさしていると最終回になって気づいた方多いと思います。

なぜなら四月は出会いと別れの季節だからです。
そのことから踏まえると今回の『さよなら私のクラマー』は、最終回を予想した言葉だと思っています。

まとめ

『さよなら私のクラマー』の結末周辺では以下のような話が展開されます。

  • 蕨青南高校が埼玉王者をかけてたたかう
  • 新生ワラビーズ
  • ワラビーズの強化合宿
  • 深津監督が選手と向き合う

弱小といわれた蕨青南高校が、選手と監督の両方で成長することで王者といわれたチームにも立ち向かうことができる姿は最高ですね。

特に最終話付近では、今までの経験や絆などがフルに活用した展開になっていくので、見ていて胸が熱くなりますね。

そして、元蕨青南高校卒業生で日本代表の能見がコーチとしてついたのも偶然ではないような気がします。
いろいろなことが交差する中、私はアニメ版で最高のハッピーエンドを迎えて欲しいと切に願っています。

もし、結末付近でこんなこところも重要という意見ありましたら、是非コメント下さい。

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
アニメ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. 匿名 より:

    アニメでの優勝完結こそ期待出来なそう。原作通りに作るんじゃない?
    まぁこれからだENDで終わらせたらまた炎上して作者自身がファンから見限られそうだけど

    • 星原 星原 より:

      貴重なご意見ありがとうございます。
      仰る通り、原作通りに作られるかもしれません。
      しかし、私は、アニメ版と原作版の違いとして、ぜひ原作版で再現できなかったシーンをアニメでと期待しております。

      四月は君の嘘を超える神アニメになったらすごくうれしいです。

      ただ、炎上だけはしないで欲しいとファンとして願っております。

タイトルとURLをコピーしました