【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

周防すみれのサッカースキルや性格・声優 | 人間関係についても紹介

さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

蕨青南高校のフォワードの左ウィングがポジションの周防すみれですが、スピードが速くまたクロスもかなり精密にあげることができる、前線になくてはならない存在です。

しかし、彼女は中学時代はほとんど成果を残せないまま終わってしまい、注目されることもありませんでした。

なぜ彼女が注目されなかったのか、またクールな彼女の意外な一面等について今回は詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

周防すみれとは

周防すみれとは

出典:「さよなら私のクラマー」公式HP

本名 周防 すみれ
学校名 蕨青南高校
学年 1年
ポジション フォワード(左ウイング)
背番号 10

周防すみれは、今作の第2の主人公です。
中学時代はなかなか環境に恵まれず地区予選敗退であまり名前が広がることなく、才能も存分に発揮できない状態でした。

感情があまり表に出ないクールな表情のため、周りからは何を考えているかわからない、不気味なやつ、変なやつだと他校からは思われています。

しかし、実際は言葉が少ないだけで、感情は豊かだと感じるシーンもたくさんあります。

実は情に厚かったり天然な部分があるキャラクターですが、そこが見た目とのギャップでかわいらしいキャラクターだと思います。

周りに流されやすい

周りに流されやすい

出典:football-zone

見た目はクールで冷静に見える周防ですが、実は熱い性格を持っていて、周りの雰囲気に流されやすいという一面があります。

中学時代、メンバーを引きとめることができず悔し涙を流す田勢の姿を見て、曽志崎から「周防に似ている」といわれることも。
環境のせいで自分の才能を発揮できない田勢に共感して、周防は弱小高校の蕨青南高校に入学することで曽志崎を驚かせます。

この場面は、周防が周りに流されやすいという部分を一番表している場面だと思います。

ですが、ただ周りの意見に流されるというわけはなく、共感して自分で行動

自分の意見をあまり曲げることはない彼女ですので、ただ流されるというよりは、「自分と通じるものがあれば助けたい、いっしょに頑張りたい」という気持ちの表れかと思います。

 

周防は、今まで自分と同じくらいの才能や努力する仲間がおらず、チームでもひとりぼっちでした。
そんな彼女がひとりぼっちだった恩田の言葉や、ひとりぼっちになっていた田勢の姿を見て心が動かされたのでしょう。

周りに流されやすいというよりも、実は情に熱いキャラクターなんじゃないかと個人的には思います。

アメリア
アメリア

周防は確かに周りに流されやすいけど今回は自分の意思で選んだんだと思う

毒舌を吐く

毒舌を吐く

出典:マガポケ

真正ドSと呼ばれるくらい、周防は敵味方関係なく毒舌を吐きます。
自分の障害となる相手、邪魔者にはとくに口が悪く舌打ちをすることもあります。

たとえば、久乃木学園の佃に何度も対面で負けていた周防が本気になったシーンがありますが、佃を抜き去るところで「のろま。どけ。」と煽り佃を怒らせる場面も。

あえて相手を煽り、冷静さを欠かせる作戦かと思いました。
しかし、彼女が話すときは毒舌なことが多いので、内に秘められないほどの感情が出たときに吐き出すのかもしれません。

相手に毒舌を吐くことが多い彼女ですが、相手に煽られると対抗心に火がつくこともあるので、ただ口下手で自分の気持ちを吐き出すのが苦手な可能性があります。

アメリア
アメリア

結構言葉きついよね

口数が少ない

クールで冷静な見た目どおり、周防はよく話すタイプではありません。
口数は、他のキャラクターと比べて少なく無視をすることもあります。

久乃木学園の佃から煽るような言葉を吐かれても、周防はまったく何もいい返しません。

自分のプレーを見せつけ、何も言わずに不敵な笑みを浮かべ相手を見下ろします。

「言葉を発さなくてもプレーを見て自分のすごさを感じろ」といっているようです。
彼女の気持ちはドリブルであったり、パスであったり、プレーから気迫を感じるところが多いと思います。

口数は少なく何を考えているかわからないようですが、自慢げな表情やはっと思い出す表情だったり、実は感情豊かなキャラクターであったり、そんなところが彼女の魅力の1つでしょう。

アメリア
アメリア

口数は少ないけどみんなのこと考えているよね

スポンサーリンク

周防すみれの性格

周防はクールな見た目どおり、普段は無口です。
ですが、試合で口を開くと煽ったりや罵ったりとかなり毒舌家で、相手を怒らせることがよくあります。

口下手で嬉しいという表現を表に出すことが苦手ですが、喜んでいることやなにか企んでいることが顔でバレてしまうほど、表情豊かな一面もあります。

中学時代はチームメイトと話すことすらしなかった彼女が、ワラビーズに入部して恩田や曽志崎に毒舌を吐くのは、彼女なりの愛情表現なのかもしれません。

素直になれない

素直になれない

出典:ゲキサカ

クールで口下手な周防は、素直になれないところがあります。
中学時代でも自分の伝えたいことを伝えられてなかったこともあるのか、チームメンバーとは試合には出たものの、なかなか結果を出せないで終わってしまいました。

また、久乃木学園と大差をつけられた試合でも、戦略的撤退と思い諦めようとしますが、実際は一矢報いたい気持ちがあります。

恩田の言葉で自分の本当の気持ちに気付くシーンが特徴的です。
そう思うと、周防にとっては素直になれないのではなく、自分の気持ちを我慢することが日常になっているのかと思います。

周防はたしかに素直になれない部分が多いですが、反対に恩田や曽志崎といっしょにいるうちにどんどん自分の気持ちを理解していく成長の姿も感じられます。

「素直になれないのではなく自分が我慢しないといけない」と心のどこかで感じているのかもしれません。

その周防の隠している気持ちを、ワラビーズの面々や相手校とやっていく中でどんどんと自分の気持ちに気付けるような、そんな成長をしていくのを期待しています。

アメリア
アメリア

確かに素直になれないというよりは我慢しているといったイメージがあるよね

嫉妬深い

嫉妬深い

出典:ultrabem

周防は、負けた相手のことを忘れず絶対に大舞台でボコボコにしてやることに快感を感じるというほど、かなり嫉妬深い性格だと思います。

仲間である曽志崎でも、中学時代に抑えられた桐島に対して、忘れられない悔しい感情を抱いているのでしょう。

一番注目を浴びると満足そうな表情をするところがあり、嫉妬深いところを感じます。
そこがギャップで少しかわいらしいところだなと思います。

嫉妬深いということは、相手のことをしっかりと覚えていてどういった相手なのかも把握しているということ。
周防と対面した相手はしっかりと記憶され、どんなプレーをするのかまで把握できるのではないかと思います。
意外にも頭がキレる部分があるのかもしれません。

負けず嫌い

周防は、嫉妬深くかなりの負けず嫌いであることがわかります。
佃に格下と思っているような発言をされますが、その言葉で周防は堪忍袋の尾が切れ、必ず自分という存在を見せつけてやるというプレーをします。
「地獄を見る準備はできた?」と、あのクールな表情で佃をにらみつけることも。

負けていた状態からさらにスピードをあげ、意表を突くトラップで自分のすごさを見せつけます。
負けず嫌いでもあり自分が一番強いと信じているから、同じ相手にも何度も挑むことができるのでしょう。

 

アメリア
アメリア

相手に負けたくないという想いが原動力なんだろうね

スポンサーリンク

中学時代の周防すみれ

中学時代の周防すみれ

出典:ゲキサカ

中学時代の周防は、環境面で恵まれずチームの中でひとり浮いたような存在になっていました。

元々多くを語らない性格のため、意思疎通が難しかったのかもしれません。
対戦相手にたったひとりで挑み負けてしまった周防の背中は、どこか寂しく感じます。

曽志崎にはともに戦ってくれる仲間がいて自分にはいないことに、何か悔しさを覚えていたのかもしれません。

そんな中学時代を過ごした中で唯一、曽志崎だけが周防のセンスを見抜き、周防の今後の運命を変える存在になります。

曽志崎の誘いがなければ、彼女のせっかくの才能は埋もれたまま終わっていたかもしれません。

アメリア
アメリア

曽志崎との出会いは運命かもね

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク