【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

恩田 希のサッカースキルや性格・声優 | 人間関係についても紹介

さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

蕨青南高校の攻撃ミッドフィルダーのポジションでサッカーセンスもゴールまでのアイデアや技術、どれをとってもずば抜けて高く敵味方を魅了するサッカー選手です。

ですが中学時代はまったく無名で、恩田希の存在を知っているのは周りの幼なじみくらいでした。

なぜそんなにセンスのある彼女が有名にならなかったのか、また彼女がどういったキャラクターなのかについて今回は詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

恩田希とは

恩田希とは

出典:「さよなら私のクラマー」公式HP

本名 恩田 希
学校名 蕨青南高校
学年 1年
ポジション 攻撃ミッドフィルダー
背番号 8

今作の主人公です。
中学時代は男子サッカー部に所属していたため、女子サッカーとしては無名の選手になります。

女子サッカー部に入ろうと考えていなかった彼女ですが中学時代の監督からの後押しで弱小高校の蕨青南高校の女子サッカー部に入部することに。

明るいキャラクターではありますが女子サッカーでは自分のスキルがなまってしまうと考えるくらい、サッカーに対して真剣で向上心が高いように感じます。

アメリア
アメリア

サッカーに一生懸命な女の子ってかっこいいよね

チームのムードメーカー

恩田希はチーム全体の士気を高めるムードメーカーであり、ワラビーズの中心ともいえる存在です。

入部最初の紅白戦で曽志崎が周防へのパスを何回も出し、敵にカットされるシーンで、「周防はまた誰もサポートしてくれないのでは」と頭をよぎりプレーを諦めようとします。
諦めかけていた周防が前を見たときにこぼれ球をとったのは恩田でした。

恩田はどれだけ点差が離れていようと諦めずに周防がこぼしたボールを拾います。
その後ろ姿に引っ張られるように周防はもう一度立ち上がりプレーを続行。

また、恩田の実力ならゴールを狙える場面でも、あえて仲間の白鳥にパスを出しゴールのアシストに回ります。
周防が「自分でもゴールできるのに、なぜパスを出したのか」と恩田に聞くと、「サッカーはみんなでやった方が 楽しいじゃん」とにこやかに答える所が印象的です。

 

時には手を抜いたプレーをする周防に喝を入れるシーンもありますが、恩田の言葉により周防の心に再度火がつきます。
恩田と周防の間にすでに絆が芽生えていたから、この場面で周防の心に響いたのではないかと。
それまでの恩田の胸を高鳴らせるプレーが、もしかしたら一矢報いれるのではないかという希望を生んだのだと思います。

恩田は言葉で仲間を鼓舞するだけでなく自分のプレーでもチームのモチベーションをあげるムードメーカー的存在であると感じます。
そして、他の周りにはない発想力やアイデアを持っている恩田へ自然と全体の視線が向いていくところにも注目してほしいです。

アメリア
アメリア

いつの間にかチームの要になっているんだよね

試合になるとコンディションが不安定に

ムードメーカーでチームの士気をあげる恩田ですが、実は試合になるとコンディションの差が激しくかなりコーチ泣かせな選手です。

守備をしないといわれているメッシのようだ」と呼ばれるくらい、目の前をボールが通っても眺めているだけでカットをしなかったりやる気がないときはサボってしまったりと、ムラがありチームメンバーにもかなり怒られます。
けれども、反省する様子はなく、開き直ってしまうことも。

 

コンディションは最悪なときだと、簡単にボールをカットされたり、自分で自ゴールにボールを入れてしまうオウンゴールを決めたりと散々な場面もあります。

 

そんな試合を何度も繰り返したため、浦和邦成のマネージャー花房からは「お地蔵さん」と呼ばれノーチェックになります。
ある意味、好調時と不調時の差が激しいため、サッカーセンスが溢れる恩田が警戒されずにすんだともいえます。
ただ、コーチや監督からするとかなり癖が強い選手なので、どのタイミングで恩田を投入するか困ってしまいそうです。

アメリア
アメリア

えっ自分のゴールに入れることもあるの!?

男顔負けのテクニックとセンスの持ち主

中学時代、フィジカルでは、男子選手には勝てなかった恩田ですがシザーズやターンを駆使して、男子選手を4人抜きしてしまうくらいのテクニックの持ち主です。
フィジカルを除けば、男子サッカー部でも1番2番を争うくらい上手いと言っても過言ではないと思います。

 

また、ディフェンダーの前で足裏でボールを止め、そのボールを軸に体を360度回転して敵をかわす「マルセイユルーレット」という非常に難しいテクニックを使い、格上の久乃木学園から1点を奪ってしまうテクニックを持っています。
残念ながらタイムアウトにより点数には至りませんでしたが、そのテクニックとサッカーセンスは相手監督すら魅了するほど。

 

ゴール前になると、入れなければならないというプレッシャーを感じる選手も多いですが、恩田は冷静に判断し、そして実際に試合で使った選手も少ない高難易度のテクニックを披露します。

見ている人をわくわくさせるサッカーをプレイする彼女なので、彼女にボールが回ると、なにかやってくれるかもしれないという期待も高まります。

まったくそんなプレッシャーに屈さず、ボールコントロールを魅せる恩田のプレーは、まさにとんでもない才能を持つ選手だと言えるでしょう。

アメリア
アメリア

恩田はサッカー一筋だし女子サッカーの未来を背負っているよね

敵味方関係なく尊敬する

恩田は、相手高校の久乃木学園の井藤や浦和邦成の桐島のプレーを見ても純粋にすごいと感激します。
自分のボールがカットされても、ゴールを入れられても、そのプレーがすごいものであれば恩田は尊敬します。

そして、なによりも私がすごいと感じたのは、久乃木学園の井藤と佃に「21点も叩きこんでくれてありがとう」と感謝するシーンです。
21点も差をつけられるとモチベーションは下がりますし、どうせまたやっても同じ結果になってしまうとネガティブに考えてしまいます。
そんな状態でも恩田は諦めず本気で立ち向かい挑み続けます。

 

もともと、恩田は女子サッカーにいると自分の腕がなまってしまうと考えるほど女子サッカーに期待していませんでした。
そんな中でセンスに溢れた敵が目の前に現れて、女子サッカーの可能性を感じることができたのが嬉しいのかもしれません。

すごい相手と出会えば素直に尊敬できるからこそ、どんどんと相手のスキルを吸収しさらに強い選手へと成長していくのでしょう。
相手を認められることも恩田の才能のひとつでさらに成長していく上でのポイントだと思います。

アメリア
アメリア

サッカーの天才だよね

スポンサーリンク

恩田希の性格

恩田は明るく前向きで、どんな相手にも果敢に向かっていく行動力のある性格です。
相手の良いところは素直に称賛し、どこまで自分が通用するか真っ向から立ち向かう姿は、負けず嫌いというよりも、相手に胸を借りて挑んでいるようにも見えるでしょう。

そんなまっすぐな彼女ですが、実は試合前になると楽しみで眠れなくなって本番に支障をきたしてしまう一面もあります。
コンディションが悪い中、迷惑をかけてしまっても試合に出たいと思う気持ちはサッカーが大好きで仕方がないということをひしひしと感じます。

好調不調の波が激しい彼女ですが、いざというときには頼りになる存在なので、「能ある鷹は爪を隠す」を無意識にしているのかもしれません。

勇敢で大胆不敵

恩田はどんな力量差がある相手であっても、ひとりでも立ち向かう勇猛果敢な性格を持った選手です。

久乃木学園との試合で大差をつけられた場面。
本来ならさらに点数を与えないように守りに徹する布陣になりがちですが、「どうせ大差で負けるなら攻撃的な布陣にして、どれだけワラビーズが食らいつけるか試したい」と曽志崎に提案します。

何度も点につながるようなパスを出し、ゴールを決めない白鳥を説教しますが能見や越前から見ると試合を心から楽しんでいるように見えるようです。

チーム全体が諦める雰囲気になったときでも恩田だけは前を向き、士気をあげて挑みます。
その姿は、相手チームの監督すら目が離せなくなるほど一気に視線を集める、まさにカリスマ的な存在だと思います。

サッカーのテクニックは高いですが、注目したいのはメンタルの部分で周りを驚かせようとする独特のスタイルです。
おそらくこれが恩田 希の魅力だと思うのですが、個人的にはどこか試合の流れを変えてくれるほどの彼女の意思を感じます。

アメリア
アメリア

頼もしい存在だよね

スポンサーリンク

中学時代の恩田希について

前作『さよならフットボール』では、恩田の中学時代のことを描かれています。
中学時代は女子サッカー部がなく、男子サッカー部で一緒に練習していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
さよなら私のクラマー
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク