【決定版】おすすめアニメ120選

【聖剣伝説LOM】蛍姫の能力と過去・結末 | サンドラに匿わられた理由

聖剣伝説

『聖剣伝説LEGEND OF MANA』は1999年7月15日に初代PS用ソフトとして発売された大人気ゲーム作品です。
(現在ではリマスター化されたことで、PS4やSwich等でもプレイ可能です)

そして20年以上もの時を経て、テレビアニメ化も果たし、2022年10月から放送中です。

本記事では、蛍姫の能力や悲しい過去をサンドラレディパールとの関係性も含める形で紹介。
また「宝石泥棒編」ストーリー終了後に蛍姫を命の危険に晒さない方法にも迫ります。

本作品の人物相関図は「聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

蛍姫(ほたるひめ)とは

【聖剣伝説LOM】蛍姫の能力と過去・結末 | サンドラに匿わられた理由

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

蛍姫“蛍石(フローライト)”を核とする珠魅で「涙石を作り出せる唯一の存在」です。

 

スポンサーリンク

蛍姫のプロフィール | 珠魅を救う”玉石姫”としての宿命を背負う

種族 珠魅
性別
年齢 16歳(外見年齢)

蛍姫は多く存在する珠魅の中で「唯一、涙を流せる存在」であり、それは即ち「唯一“涙石”を作成して同族の仲間たちを救える存在です。

その理由で珠魅のシンボルにされたと同時に「玉石姫」という地位に上げられました。
その地位を受け入れ自分の使命を全うするものの、そのような生活が続く中で「珠魅たちの滅亡」という最悪な事態に繋がってしまったのです。

created by Rinker
¥250 (2024/07/11 16:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

蛍姫の声は声優「上田麗奈さん」が担当

蛍姫の声を担当している声優さんは「81プロデュース」に所属している上田麗奈さんです。
2014年に放送された『ハナヤマタ』の関谷なる役初主演を果たし、翌年の第5回声優アワードで”新人女優賞”を受賞されました。

上田麗奈さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『ばくおん!!』佐倉羽音役
  2. 『無職転生』アリエル役
  3. 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』グレイ役
  4. 『機動戦士ガンダム-閃光のハサウェイ-』ギギ役

 

蛍姫の能力 | 珠魅の中で唯一”涙石”を作れる存在

【聖剣伝説LOM】蛍姫の能力と過去・結末 | サンドラに匿わられた理由

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

蛍姫の主な能力は”涙石の作成”ですが、それとはまた別に特殊な能力も併せもっています。

 

スポンサーリンク

自分の涙で作った”涙石”で同族を救うことが可能

先の項目で紹介した通り、蛍姫は自分が流した涙で涙石を作れる上、その涙石1個だけで同族1人の怪我を治療することが可能です。
(ある意味『ドラゴンボール』で重宝されていた”仙豆”と似たようなものと考えると分かりやすいかもしれません)

アニメ版では回想シーンとして「蛍姫が自身の涙石をレディパールの核に与えたことで救出した場面」も描かれました。

しかし、その涙石も決して万能というわけではありません。
仲間たちを救える一方、蛍姫自身は涙を流し過ぎたために今度は自分の核が傷つき倒れ、瀕死の状態に陥りました。

 

スポンサーリンク

真珠姫の核に触れるだけで本来の姿に戻せる

蛍姫には涙石とは別に特殊な能力も併せもっています。

第11話で訪れてきた真珠姫の核に触れただけで、本来の姿(レディパール)に戻しました。
この能力の詳細については明かされていないものの「レディパールが真珠姫に変化させられた過去や理由」を熟知していた蛍姫だからこそ、実現できたものと思われます。

ただ、真珠姫レディパールの関係性を同じく知っていた瑠璃には、このような能力を得ることはできなかったようです。

真珠姫の正体や性格、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】真珠姫の正体はレディパール | 声優・アニメ版の伏線を解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】真珠姫の正体はレディパール | 声優・アニメ版の伏線を解説
...

 

蛍姫の過去 | サンドラに匿われた理由とは

【聖剣伝説LOM】蛍姫の能力と過去・結末 | サンドラに匿わられた理由

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

蛍姫にもサンドラレディパール、そして全ての珠魅を巻き込む形で悲しく壮絶な過去がありました。

 

スポンサーリンク

玉石姫の宿命を全うするが瀕死となる

蛍姫がディアナとの誓いも立てながら”玉石姫”の座についた頃は、度重なる戦争や帝国兵による卑劣な”珠魅狩り”によって負傷者が続出した状況でした。

そんな状況の中でも常に涙を流しながら涙石を分け与えることで一族の核を癒し続けてきたために、蛍姫自身の核はボロボロに傷ついた末、瀕死の状態となりました。

 

スポンサーリンク

サンドラに連れ出された理由

かつてはレディパールともパートナー同士の関係を結んでいた蛍姫でしたが、自分の意思で解消した後は騎士アレクサンドル(サンドラ)新たにパートナーの関係を結んでいました。

このようなパートナー変更にも「蛍姫の瀕死」が深く関係しています。
パートナー解消後のレディパールが蛍姫の命を救うため”聖剣(聖なる力を宿した剣)”を捜す旅に出た中で、サンドラ(当時はアレクサンドル)により煌めきの都市から連れ出されました。

サンドラの中では「蛍姫を煌めきの都市から遠ざけることで、これ以上の涙を流させないという、蛍姫を強く想う気持ちの上で行なったことですが、そのやり方をレディパールから強く反対されたことで2人の対立関係に繋がってしまいます。

「蛍姫を救いたい」という目的共通していながらも、その方法における考え方の違いにより思いがけぬ悲劇が起きてしまうのは、あまりにも皮肉としか言えませんね。

サンドラの正体や過去や目的、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】サンドラの正体と過去・目的 | ゲーム版との違いや結末も解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】サンドラの正体と過去・目的 | ゲーム版との違いや結末も解説
...

レディパールの過去や強さ、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】レディパールの過去・真珠姫との関係 | 復活した理由や結末も解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】レディパールの過去・真珠姫との関係 | 復活した理由や結末も解説
...

 

スポンサーリンク

宝石店で匿わられることで命を繋いできた

蛍姫がサンドラ(アレクサンドル)と共に行方不明となった後には、多くの同族たちも絶望感のあまり、次々と煌めきの都市から出て行ってしまいます。
その中にはエメロードたち四姉妹もいた上、最後まで残っていたルーベンスもまた、自らを石化させた恋人(ディアナ)の姿に絶望しては煌めきの都市から出ていきました…。

そして蛍姫は魔法都市ジオでサンドラが”アレックス”となって営む宝石店にある”パンドラの箱”の中で匿われながら眠る生活を送ってきましたが、第11話でシャイロたちが来訪してきたことにより、再び立ち上がっては彼らにサンドラや煌めきの都市を託します。

エメロードの過去や目的、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】エメロードの過去と目的 | 死別した姉たちと迎える結末」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】エメロードの過去と目的 | 死別した姉たちと迎える結末
...

ルーベンスの過去や結末、ディアナとの関係性に関しては、「【聖剣伝説LOM】ルーベンスの過去と現在 | 強さと能力・死亡と復活後の役割」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】ルーベンスの過去と現在 | 強さと能力・死亡と復活後の役割
...

 

蛍姫が迎える結末 | 復活後に起こす主人公(シャイロ)への行動とは

最後は蛍姫が「宝石泥棒編」で迎える結末を紹介しながら「ストーリー終了後も生き続ける方法」について考えてみます。

 

スポンサーリンク

同族と共に復活後はシャイロ救出に協力した

「宝石泥棒編」のラスボスとなる宝石王主人公(シャイロ)たちの手で倒された後、シャイロの流す涙のおかげで、これまで殺害されてきた珠魅が一斉に復活しました。
その代償として今度はシャイロ1人が石化しますが、瑠璃からの提案で皆の涙少しずつ分け集めることでシャイロを救う」という方法を実行します。

ちなみに、これまで宝石店のパンドラの箱の中にいた蛍姫も皆と一緒におり、彼女もまたシャイロを救うため、自分の涙を流してくれました。
それにより、シャイロの石化を解いて救うことに成功したのです。

アニメ版の最終話では、この感動的な場面がどのように描かれるのかという点にも大きく注目していきたいですよね。

宝石王の正体や目的、能力に関しては、「【聖剣伝説LOM】宝石王の正体と目的 | サンドラと協力関係を結ぶ理由」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】宝石王の正体と目的 | サンドラと協力関係を結ぶ理由
...

シャイロの強さや必殺技、ゲーム版との違いに関しては、「【聖剣伝説LOM】シャイロ(主人公)の強さと必殺技・声優 | ゲーム版との違いも解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】シャイロ(主人公)の強さと必殺技・声優 | ゲーム版との違いも解説
...

 

スポンサーリンク

ストーリー終了後から蛍姫を守る方法とは

サンドラ宝石王が死亡して去ったことにより、ゲーム版では珠魅や煌めきの都市に再び平和が訪れたかのように見えた内容で「宝石泥棒編」のストーリーが終了しました。

しかし、再び皆で一緒に煌めきの都市で暮らしていくとなると、過去の時代と同じような戦争や珠魅狩りが起きても不思議ではありません。
かといって過去と同じように蛍姫の涙石ばかりに頼っていては、再び同じ過ちを繰り返すことも目に見えています。

そこまで考えた結果「今後はどのような方法で珠魅および蛍姫の核や命を守っていくべきなのか?」という問題点も浮上してきます。
ただ、ストーリー終了後では過去とは決定的に違う点もあります。

それは「宝石泥棒編」終了後の時点では蛍姫だけでなく珠魅の皆シャイロを救うために自分で涙を流せるようになれたということです。
この辺はシャイロを救う方法として瑠璃が提案および実行したことで証明されましたからね。
もちろん、一度に流せる涙の数や量には個人差もありますが、それでも今後は1人1人が無理しない程度に少しずつ涙を流して”涙石”を作っていく方法で蛍姫の負担を大きく減らせるのではないでしょうか?

そのような方法を長い年月にわたり実現および継続していくことで、蛍姫を瀕死にさせてしまうことも防げるはずですからね。

瑠璃(るり)の強さや必殺技、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命
...

 

まとめ

今回は、蛍姫の能力や悲しい過去を、サンドラレディパールとの関係性も含める形で紹介しました。

また「宝石泥棒編」ストーリー終了後に蛍姫を命の危険に晒さない方法についても考えてみました。
シャイロをどうしても救いたいという瑠璃の強い想いが意外な方向で役立ちそうですね。
これまでにあった”珠魅の常識”や”辛い現状”を見事に打ち破った功績は本当に大きいと思います。

しかし、本来ならば過去の時点で指導者(ディアナ)など上の地位に立つ者たちが発案すべきことのようにも感じますよね。
そもそも蛍姫1人だけに涙石の負担を背負わせていては、第11話の回想シーンのような結果になることは分かりきっていますし、同族たちが一丸となって少しずつ涙を流す方法こそが、珠魅全員の絆を強めることにもつながっていくはずです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
聖剣伝説
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント