【決定版】おすすめアニメ120選

【聖剣伝説LOM】ルーベンスの過去と現在 | 強さと能力・死亡と復活後の役割

聖剣伝説

『聖剣伝説LEGEND OF MANA』は1999年7月15日に初代PS用ソフトとして発売された大人気ゲーム作品です。
(現在ではリマスター化されたことで、PS4やSwich等でもプレイ可能です)

そして20年以上もの時を経て、テレビアニメ化も果たし、2022年10月から放送中です。

本記事では、ルーベンス過去と現在、そして結末を紹介。
また、本編では伏せられてしまった”強さと魔法能力”や「宝石泥棒編」のストーリー終了後に迎えていそうな展開についても迫ります。

本作品の人物相関図は「聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ルーベンスとは

ルーベンスルビーを核とする珠魅であり、珠魅の町(煌めきの都市)では“騎士長”を務めていました。

 

スポンサーリンク

ルーベンスのプロフィール | かつては”珠魅の騎士長”だった

種族 珠魅
性別
年齢 23歳(外見年齢)

本編での時系列では、ガトの寺院で身分を隠しながら生きているルーベンスですが、過去では“珠魅の騎士長”の座に君臨していました。
そのため、レディパールにも負けない程に同族たちから高い支持や信頼を得てきたものと思われます。

 

スポンサーリンク

ルーベンスの声は声優「矢野奨吾さん」が担当

ルーベンスの声を担当している声優さんは「劇団スーパーエキセリントリックシアター」に所属している矢野奨吾さんです。

矢野さんは高校生の頃にアナウンサーを志すと同時に『新世紀エヴァンゲリオン』を視聴した影響で声優への憧れも抱き始め、大学進学と同時に専門学校にも通われたそうです。

そして2014年に放送された『遊戯王ARC-V』の沢渡シンゴ役で声優デビューを果たされました。

矢野奨吾さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『ギウン』佐藤真冬役
  2. 『number24』日高拓海役
  3. 『ヴィジュアルプリズン』ジャック役
  4. 『群青のファンファーレ』有村優役

 

ルーベンスの過去と現在 | ディアナとの恋人関係が途絶えた理由

ゲーム版でもアニメ版でもルーベンスが過去に経験させられた悲劇には、あまり触れられていません。
ここでは“ディアナとの関係性”も交えながらルーベンス過去および現在(本編)ではガトの寺院で過ごしていた理由に迫ります。

 

スポンサーリンク

ルーベンスはディアナのパートナーで恋人同士の関係だった

かつて、ルーベンスとディアナとはペアを組んでいたと同時に“恋人同士”という関係性でした。

しかし珠魅の者たちをまとめる「族長」の立場にあったディアナの方が蛍姫の失踪を巡る”レディパールとの食い違い”や”宝石泥棒(サンドラ)の登場”と立て続けに起きた一族の災難に苦悩した末、現在では全ての希望を失い、魔法都市ジオの地下で”石の眠り”についてしまっています。

自分の恋人が多くの心労を重ねる状況の中でも、ルーベンス自身はディアナの身を案じながら何も出来ずに終わってしまったことにより、完全に全てを諦めてしまっていたのです。

 

スポンサーリンク

ルーベンスが同族不信に陥った理由とは

ルーベンスはアニメ3話で出会ったシャイロから瑠璃真珠姫が同じ珠魅の仲間たちを捜す旅に出ている話を聞かされましたが、会おうとすらせずにシャイロとも距離を置こうとする態度を取っていました。

ルーベンスがこのような態度や性格に変わったのにはディアナとの関係もありますが、それ以上に同族の仲間が起こした”裏切り行為”で自分たちの町(煌めきの都市)を滅ぼされたことにより「同族不信」へと陥ったたためです。

created by Rinker
¥1,430 (2024/05/20 01:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ルーベンスが”炎の技師”となりガトの寺院で過ごす理由とは

ディアナとの決別や町を滅ぼされたことなど、あまりに不幸かつ悲しい過去ばかりのルーベンスですが、現在ではガトの寺院で“炎の技師”として生活してきました。

さらにガトでは自分が珠魅であることも隠した上で生活している理由も同族不信が最も大きいです。
しかし、それだけでなく、まだ生き残っている同族(瑠璃真珠姫)を危険な目に遭わせたくないという、ルーベンスなりの優しさも影響しているのでしょう。

真珠姫の正体や性格、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】真珠姫の正体はレディパール | 声優・アニメ版の伏線を解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】真珠姫の正体はレディパール | 声優・アニメ版の伏線を解説
...

 

ルーベンスの強さ| 本編で伏せられた魔法能力とは

【聖剣伝説LOM】ルーベンスの過去と現在 | 強さと能力・死亡と復活後の役割

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

過去と同じく、アニメ版でもルーベンスの強さや魔法能力本編では見ることができずに終わりました。
そこでルーベンスのもつ本来の強さについて簡単に考察してみます。

 

スポンサーリンク

本来は瑠璃(るり)と互角の強さを誇る可能性が高い

本編ではサンドラに不意を突かれながらアッサリと敗北してしまったルーベンスですが、彼も「珠魅の騎士長」の地位に君臨していたため、本来は瑠璃とも互角に戦える程の強さを誇っていた可能性が高いと思います。
サンドラに敗北させられたのは、ルーベンス自身が修道女に変装していた女性が”宝石泥棒”のサンドラとは思いも寄らぬまま不意を突かれたからとしか言いようがありません。

サンドラからの予告状でルーベンスも自分の核が狙われていることは把握済みでしたし、シャイロから瑠璃たちのことを聞かされながらも冷静に振る舞っていながら、内心ではサンドラからの襲撃に備えていたものと思われます。

もしもサンドラから面と向かって正々堂々と現れた上に真っ向勝負を繰り広げていたなら、珠魅同士による白熱したバトルを見られたかもしれません。
真逆な言い方をすると、かつては同じ珠魅の町で暮らしてきたサンドラ(アレクサンドル)も”ルーベンスの強さ”を把握していたからこそ、アニメ3話のような姑息かつ卑劣な手段を使ってルーベンスから核を奪おうとしていたものとも考えられます。

瑠璃(るり)の強さや必殺技、結末に関しては、「【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命
...

 

スポンサーリンク

火炎系魔法も絶大な威力を誇っていた?

ゲーム版とは違ってアニメ版ではOP映像の中ではルーベンスが火炎魔法を放つ場面が描かれています。

アニメ版でも本編での活躍を見られずに終わったことは残念ですが、それでもOP映像でルーベンスが繰り出した炎の大きさは半端ないため、かなり絶大な威力を誇るものと思われます。

 

ルーベンスの死亡 | 復活後に瑠璃たちと担う役割

早い段階で死亡させられたルーベンスですが「宝石泥棒編」の結末では、サンドラに殺された同じ珠魅の仲間たちと共に奇跡の復活を果たします。

 

スポンサーリンク

ルーベンスはサンドラに狙われて死亡した

ルーベンスはアニメ3話で修道女に変装したサンドラに狙われた末、彼自身も正体を見抜けぬまま短剣で刺された上、自分の核まで奪われた形で死亡しました。

 

スポンサーリンク

復活後は瑠璃たちと共に主人公(シャイロ)復活の役割を果たす

一度は死亡させられたルーベンスでしたが「宝石泥棒編」の結末で“奇跡の復活”を果たします。

このストーリーのラスボス的存在となる宝石王を倒した主人公(シャイロ)が珠魅のために“涙”を流してくれたおかげで、同じ珠魅の仲間たちと一緒に甦ることができました。
その代償として主人公(シャイロ)が石化してしまいます。
そんな状況の中、瑠璃から提案されたことにより、ルーベンスも皆と一緒に自身の命を少しだけ分け与えることで「主人公の復活」に貢献してくれました。

シャイロの強さや必殺技、ゲーム版との違いに関しては、「【聖剣伝説LOM】シャイロ(主人公)の強さと必殺技・声優 | ゲーム版との違いも解説」の記事を参照ください。

 

【聖剣伝説LOM】シャイロ(主人公)の強さと必殺技・声優 | ゲーム版との違いも解説
...

 

ルーベンスのその後を考察 | ディアナと結ばれた可能性も高い

【聖剣伝説LOM】ルーベンスの過去と現在 | 強さと能力・死亡と復活後の役割

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

最後は「宝石泥棒編」の完結後に、ルーベンスが迎えたであろう展開や人生について簡単に考察してみます。

ゲーム版での「宝石泥棒編」では主人公の復活に貢献したところで退場したルーベンスでしたが、その後は一緒に蘇ったディアナと再びペアを組んで同族たちと共に“町の再建”や”珠魅の繁栄”に励んでいくのではないでしょうか?

そして過去には決別せざるを得なかったディアナとも正式に結ばれたものと考えられれば、これまでの不幸もひっくるめて、ルーベンスもやっと報われると思えるはずです。

 

まとめ

今回はルーベンスの過去と現在、そして結末を紹介しました。
また、本編では伏せられてしまった”強さと魔法能力”や「宝石泥棒編」のストーリー終了後に迎えていそうな展開についても迫ってみました。

本作品のゲーム版では「宝石泥棒編」以外にも実に多くのストーリーがある関係上で、ルーベンスもまた埋もれさせられた存在と言えるかもしれません。
しかし”珠魅の騎士長”かつ”ディアナとの関係性”という設定や本編中では「サンドラの最初の犠牲者」とされたインパクトにより、最後まで忘れられないユーザーも多かったと思います。

第3話で死亡させられた展開により、アニメ版でも大きな見せ場には恵まれない可能性も高いですが、それでも結末までに「ディアナ達と過ごしていた頃の回想シーン」を数分間だけでも追加してくれることに期待したいですね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
聖剣伝説
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント