【決定版】おすすめアニメ120選

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命

聖剣伝説

『聖剣伝説LEGEND OF MANA』は1999年7月15日に初代PS用ソフトとして発売された大人気ゲーム作品です。
(現在ではリマスター化されたことで、PS4やSwich等でもプレイ可能です)

そして20年以上もの時を経て、テレビアニメ化も果たし、2022年10月から放送中です。

本記事では、瑠璃の強さと必殺技を紹介。
さらに死亡する展開と復活後の重要な使命および行動について迫ります。

本作品の人物相関図は「聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

聖剣伝説LOMの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

瑠璃(るり)とは

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

瑠璃ラピスラズリ(瑠璃)を”核”とし、真珠姫とパートナーの関係を結んでいる珠魅の騎士です。

 

スポンサーリンク

瑠璃のプロフィール | 若き珠魅で孤独な人生を歩んできた

種族 珠魅
性別
年齢 19歳(外見年齢)

瑠璃は珠魅の中では非常に若い存在です。
そのため、自分が生まれた時には既に珠魅の町(煌めきの都市)は滅ぼされていた状態でした。

そのような事情も含めて孤独だった期間が長かったため、仲間を求める想いも人一倍強いのです。

 

スポンサーリンク

瑠璃の声は声優「梅原裕一郎さん」が担当

瑠璃の声を担当している声優さんは「アーツビジョン」に所属している梅原裕一郎さんです。

梅原さんは中学生の頃に視聴した洋画『ロード・オブ・ザ・リング』の吹替版でアラゴルン役を演じられた大塚芳忠さんの声に惹かれたことがキッカケで声優の職業を知り、大学生の頃から日本ナレーション演技研究所に通い始めました。
そして2013年に声優デビューを果たした後、2014年に放送された『オレんちのフロ事情』若挟役で初レギュラーを果たされました。

梅原裕一郎さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『機動戦士ガンダム-鉄血のオルフェンズ-』ユージン役
  2. 『あひるの空』八熊重信役
  3. 『魔王学院の不適合者Ⅱ』アノス役
  4. 『スパイ教室』クラウス役

 

瑠璃の性格 | アニメ版では素直さや優しさが増している

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

ゲーム版では少し気性の荒さが目立つ瑠璃でしたが、アニメ版ではゲーム版よりも少し柔らかい性格に変わっています。

 

スポンサーリンク

気の強さや気性の荒さも同族を大切に思う心の表れ

一見はクールなイケメンに見えますが、実は気性がかなり荒い性格で、言葉遣いも乱暴になります。
(初登場時にはドミナの町の酒場でも、レイチェルに対してかなり怖い雰囲気で真珠姫のことを問いただしていました)

シャイロに対しても出会ったばかりの頃は少し遠慮気味でしたが、何度も一緒に冒険していくうちに真珠姫と同じように協力を頼んでくるようになります。
その一方で同族が困っている時には放っておけず、魔法学園で出会ったエメロードの”宝石探し”には率先して協力してくれることもありました。

 

スポンサーリンク

アニメ版の瑠璃はゲーム版より素直さと優しさが増した

アニメ第1話の時点で瑠璃の性格がゲーム版よりも少しだけ優しさが増した印象があります。

ゲーム版の序盤では行方不明となった真珠姫を心配するあまりに焦りすぎる気持ちにより、レイチェルや主人公(シャイロ)に対してキツく当たる印象ばかり目立っていました。
しかしアニメ版の方ではシャイロに対して素直に弁明した上、レイチェルに対しても謝罪しながら素直に協力を頼む描写も描かれています。

 

スポンサーリンク

統率力はあるが族長には向いていない?

「宝石泥棒編」のラストでは大勢の同族たちにお願いする形で指示を出しながら主人公(シャイロ)を助けるために全力を尽くします。
そして同族たちも瑠璃に従いながら協力してくれました。

さらに初登場時から見せてきた強気な性格も含めて、瑠璃は根本的には「統率力が高い性質」だと思います。
そのため、ゲームの「宝石泥棒編」をクリア済みの人達からは、瑠璃こそが族長に相応しいと捉えたファンも多かったかもしれません。

しかし瑠璃の場合、真珠姫を始めとした同族を大切に思う気持ちが強すぎるあまり、冷静さには少し欠けており先走ってしまうこともありました。
一族の長とは、どんな状況に陥っても常に冷静でなくては務まりません。
ディアナの”独裁体制”よりは同族への締めつけ等もも控えめとなるでしょうし、瑠璃には他の珠魅たちからも慕われる程の人望をもっています。

それでも常に冷静さを無くさない程の落ち着きを得られない限り、やはり瑠璃は族長には向いていないタイプと言えますね。
仮にディアナやレディパールから「新たな族長になれ」と命じられたとしても、瑠璃自身は永遠に“騎士”であり続ける道を選ぶでしょうからね…。

 

瑠璃の強さと必殺技 | 強敵たちの前で弱く見える理由とは

【聖剣伝説LOM】瑠璃(るり)の強さと必殺技・声優 | 死亡と復活後の重要な使命

出典:テレビアニメ「聖剣伝説LOM」公式サイト

ここでは瑠璃の強さの真相や必殺技に迫ります。

 

スポンサーリンク

雑魚モンスターには強いけど強敵には弱い?

雑魚モンスター戦や主人公(シャイロ)とのコンビプレイでは鬼神の如き強さを見せる瑠璃ですが、サンドラやレディパールなど名のある強敵たちには敗北続き弱い印象をもつ人も多いかもしれません。
しかも、アニメ版では1話目の時点でドゥエルとの勝負でもアッサリ負けてしまいましたからね…。

しかし、これには重大な理由もあり、それは月読の塔でレディパールから問われた質問内容で明かされます。
レディパールに敗北した後、彼女から「なぜ運命の剣を抜かない?」と聞かれた上、瑠璃のもつ運命の剣には「何でも斬れる程の威力や能力」まで備わっているようです。

実は瑠璃が運命の剣を抜く場面はなく、そのレディパールから問われた時にも「同族を切ることはできない」と答えながら、自身の騎士道精神を強く宣言していました。
それは真逆に考えると、瑠璃は自分の運命の剣さえ使えば、サンドラたちにも完全勝利…
とまではいかずとも、強い同族相手でも互角以上に戦えると考えられます。

 

スポンサーリンク

心の強さでは最強とも言える存在

サンドラやレディパールが本格的に参戦し始めてからは、彼女たちの強さの前で霞んでしまう点は否めません。
それでも“同族を大切に思う気持ち”を始めとしたの強さ」においては瑠璃が最強と思えます。

そのような強い精神力があるからこそ、重傷を負わされた状態でも真珠姫を追いかけるだけでなく、蛍姫やレディパールから授けられた新たな”運命の剣”も自分が強く信頼する主人公に託せたはずです。

 

スポンサーリンク

剣術を駆使した必殺技が強力

ゲーム版では各キャラクター毎に4種類の必殺技が用意されていましたが、瑠璃の必殺技は全て剣術を駆使した技でした。
「居合い」と「十文字斬」を始め「エリアルブレード」「レーザーブレード」などボス敵にも絶大なダメージ量を与えられます。

その必殺技も後半からはレディパールに一歩及ばない印象も強いですが「宝石泥棒編」前半や中盤までは発動してくれた時には非常に頼もしい限りでした。
アニメ版のOP映像でもシャイロと一緒に剣を抜きながらジュエルビーストに向かっていく場面が描かれていたため、本編の戦闘でもこれらの必殺技を見せてくれることにも期待したいですよね。

created by Rinker
¥1,430 (2024/05/21 16:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

瑠璃が迎える展開 | ゲーム版とは違い主人公(シャイロ)と共闘し続ける可能性が高い

ゲーム版ではプレイヤー自身の選ぶ選択肢により、時には敵対して戦うこともありました。
しかしアニメ版では視聴者側が展開を選ぶことはできず、どちらの展開になるかは完全に制作側に委ねるしかないのです。

ここではアニメ版の瑠璃が、どちらの展開を迎えるかについて簡単に予想してみます。

 

スポンサーリンク

アニメ版ではシャイロ(主人公)と共にレディパールと戦う可能性が高い

瑠璃はサンドラから受けた傷が完治しないまま主人公のマイホームで休むものの、単身で月読の塔へ向かった真珠姫を取り戻すため、シャイロと共に追いかけていきます。
ゲーム版でのストーリーでは主人公(ユーザー)が選んだ選択肢により「瑠璃と共にレディパールと戦闘」または「レディパールと共に瑠璃と戦闘」という展開に分かれていました。
そのためゲームを既にクリアした人達からは、アニメ版ではどちらの展開が選ばれるのか気になっているファンも多いはずです。

それでもアニメ版では「瑠璃とシャイロのコンビでレディパールと戦う展開」になる方がベターかつ無難に感じています。
ゲーム版と違い、アニメ版では主人公にも名前や台詞などの個性も用意されており、それは即ち主人公自身も”自分の意思”をもったことになります。
そのような意思まで与えられたシャイロが、これまで苦楽を共にしてきた瑠璃といきなり戦うなど不可能なはずですし、ましてや初対面かつ付き合いの浅い珠魅(レディパール)と手を組んで瑠璃と戦うとなると、アニメ版としてのストーリーにも不自然さが残ってしまいしますからね…。

 

スポンサーリンク

瑠璃は「999個目の核」として宝石王に吸収されてしまう

「宝石泥棒編」のラストダンジョンとなる”煌めきの都市”には主人公(ユーザー)側の選択肢で瑠璃か真珠姫のどちらかと一緒に入ることになります。
ユーザーによっては瑠璃と一緒に入ることを選んだ人もいたと思いますが、ここではレディパールと深い関係性をもつ真珠姫の方が楽に進められるため、初代PS版ゲームが発売された1999年当時は真珠姫の方を選んだユーザーの方が圧倒的に多かったらしいです。

そのため、ここでは「真珠姫と共に”煌めきの都市”に入った場合」として解説していきます。

このダンジョンの最上階(王石の座)でサンドラと宝石王が待ち構えていますが、この時にサンドラがこれまで殺してきた珠魅の核を宝石王に吸収させていたことが判明します。
さらに、この時点では瑠璃も既に犠牲者とされており999個目の核として、既に宝石王に吸収されていました。

 

瑠璃の死亡と復活後に担う重要な使命と役割

ここでは瑠璃の死亡と復活、さらに復活後に主人公を救うために担う重要な使命と役割について迫ります。

 

スポンサーリンク

瑠璃が同族たちと一緒に復活できた理由とは

一度は同族たちと共に死亡させられたように見えた瑠璃ですが、主人公とレディパールの活躍で宝石王を倒した後、これまでサンドラの手で殺された同族たちと一緒奇跡の復活を果たします。

瑠璃が同族たちと一緒に復活できた理由とは主人公(シャイロ)が流した“涙”のおかげです。
しかし、その代償として今度は主人公(シャイロ)の方が石化させられます。

 

スポンサーリンク

瑠璃が主人公復活のために担う重要な使命と役割とは

自分達のために石化させられた主人公(シャイロ)を救うため、最後には瑠璃が主人公を復活させるための重要な使命と役割ん担います。

その使命や役割とは自分と一緒に復活できた同族たちに対して「皆のを少しずつ分けてほしい」と頼み”主人公の石化を解いて復活させること”です。

そんな瑠璃からの頼みにエメロードやルーベンス達からも応じて協力してもらえた結果、自分達の命となる涙石を少しずつ分け与えることで主人公(シャイロ)を救うことに成功しました。

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/21 16:09:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は、瑠璃の性格や強さ・必殺技を紹介しました。
また、死亡する展開と復活後に担う重要な使命および行動についても迫ってみました。

ゲーム版からアニメ版にかけて、素直さや優しさが増した瑠璃ですが、それによりゲームの時以上に親近感も湧き、応援したくなりますよね。
アニメ版でもゲーム版と全く同じ展開や結末を迎えるのか否かも気になるところです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
聖剣伝説
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント