【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【戦闘員派遣します】リリスの強さと意外な弱点 | 六号たちとの関係性や声優情報も紹介

戦闘員、派遣します!

「戦闘員、派遣します!」は2021年春の新作アニメとして4月から放送中の人気テレビアニメ作品です。

本記事では秘密結社キサラギの最高幹部の1人であるリリスのキャラクター性や能力・意外な強さを紹介。
記事の後半では戦闘員六号やアリスを始め、自身も転送された後に絡むことになる、グレイス王国のキャラクターたちとの関係性にも迫ります。

本作品の「人物相関図」に関しては以下の記事をご覧ください。

【戦闘員派遣します】人物相関図!アニメ版の登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

リリスとは?

まずは,、リリスのキャラクター性から紹介していきます。

スポンサーリンク

最高幹部の”僕っ子少女”

秘密結社キサラギで、ベリアルやアスタロトと並ぶ“最高幹部の1人”として登場しました。

リリスにもまた、他2人と同じように「黒のリリス」という異名を持っています。

ちなみに本名は「安田」で、ベリアルやアスタロトとは違い、ルックスもスタイルも”少年のような外見”の「僕っ子少女」です。

created by Rinker
¥634 (2022/11/25 12:34:19時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

アリスや”転送装置”を作り出した「天才科学者」

入社してきた怪人や戦闘員たちへの“改造”を一手に担う「天才科学者」です。

そして、本作品のメインヒロインである美少女型アンドロイドの“キサラギ=アリス”や、六号たちを惑星に行かせるための“転送装置”を作り出した張本人も、このリリスです!

スポンサーリンク

天才だけど”抜けている一面”もある

先に紹介した「怪人や戦闘員たちへの”改造”」から始まり、アリスや転送装置まで作り上げた程の天才科学者ですが、どこか“抜けている一面”もあります。

  • アリスを”六号の性格”をベースとして作ってしまった
  • 完成したばかりの”転送装置”を実験しないまま、六号たちを惑星に送り出してしまった。

アリスに関しては、後の展開でリリス自身も”自業自得”をあることを思い知らされます。

しかし、”転送装置”の起動が成功したのは、本当に運が良かったとしか言いようがありません。
(六号たちを送り出す時点で測定されていた”成功確率”は、極めて低かったようです)

スポンサーリンク

本質的には部下たちからも嫌われている

キサラギ内で自分の部下をよく“パシリ”としてこき使ってきたため、実は多くの部下たち(戦闘員たち)からは嫌われています。

そのことに気づいていないのはリリス本人だけでしたが、彼女が惑星に転送されて再会を果たした六号の口からハッキリと告げられてしまいました…。

スポンサーリンク

キサラギ以外ではかなりの”コミュ障”

キサラギ内では、同じ最高幹部たち(ベリアルやアスタロト)を始め、部下の戦闘員たちと普通に話せています。

しかし、キサラギ以外ではかなりの“コミュ障”であることも判明しました。

六号からの話では、キサラギの最寄りにあるコンビニでも店員から「お弁当の温め」のことを聞かれるだけでもアタフタして話せなくなってしまうそうです。

アメリア
アメリア

どこまでコミュ障なんだ!

リリスの強さはアリスや戦闘員六号をも超える!

ここからは、アリスや戦闘員六号をも超えていることを証明した、リリスの強さについて迫ります。

スポンサーリンク

リリスも地球でヒーロー達を撃退し続けていた!

六号とアリスを転送させたことで、物語の舞台は”グレイス王国”のある惑星を中心として進んでいきます。
そのため、キサラギに残っているリリスたち最高幹部の出番は少なめとされてきました。

しかし、「戦闘員の補充が遅れていること」で六号から苦情を受けていたアスタロトから、地球でもヒーロー達の侵攻が容赦なく続いていることを説明されます。

さらに”1枚の制止画”のみでありながら、リリスもまたベリアルと共に出動しては、ヒーロー達の迎撃を続けていることが明かされました。アスタロトからの説明では、ヒーロー側もかなり強くなってきており、並の戦闘員たちでは倒せないケースも増えている状況です。

そのため、ベリアルやリリスによる助太刀も必要になってきたわけです。

そんな強力なヒーローたちを自分の発明品を駆使しながら撃退し続けているだけでも、リリスが「充分に強いこと」を納得できてしまいますね!

スポンサーリンク

地中に逃げた敵も”超振動対潜爆雷”で撃破!

惑星に転送された早々から、リリスの常人離れした強さが発揮されます。

六号やアリスの前で、自分の持つ”超振動対潜爆雷”で人為的な地震を起こすことによって、地中に逃げた爬虫類たちをアッサリ倒してしまいます!

スポンサーリンク

操っている”触手”の性能が高い

リリスが戦う上で必需品となる機械製の“触手”は、攻撃や盗撮だけでなく防御面でも高い性能を発揮してくれます。

六号やロゼを連れて魔王城へ乗り込んだ時、四天王のハイネが大勢の手下たちを引き連れる形で立ち塞がります。

ハイネ「子供は嫌いじゃないけど、あんたを倒せば、コッチの勝ちだ!この状況だ、手加減はしないよ!」

見た目は完全に”子供”であるリリスに向かって、得意とする”炎系”の攻撃魔法で容赦なく攻め始めたのも束の間…リリスには全く通用しませんでした!

ハイネ「なんじゃ、こりゃー?」

ハイネから放たれた強力な攻撃魔法も、リリスの“触手”によって、全て跳ね返されてしまいます。
そして跳ね返すと同時に、その触手でハイネをアッサリ拘束してしまったのです。

こうして見ると、リリスの触手は戦闘時においては、まさに「攻防一体の武器」と言えるでしょう。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
戦闘員、派遣します!
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント