【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【回復術士のやり直し】ブレイドの強さと能力・ケヤルから復讐された後の結末

回復術士のやり直し
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「回復術師のやりなおし」。

テレビアニメが2021年冬の新作アニメとして、ついに放送および配信開始されましたね!

 

そこで今回は主人公ケヤルを”同じ勇者としての仲間”であるり【剣】の勇者ブレイドのキャラクター性と能力・そして意外な趣味や復讐された後の結末にも迫りたいと思います。

本作品の「人物相関図」に関しては以下の記事をご覧ください。

 

【回復術士のやり直し】人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

ブレイドとは?

まずはブレイドのキャラクター性から紹介していきます。

 

ブレイドのプロフィール

まずはブレイドの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

種族 人間
一人称
クラス 剣士
職業 【剣】の勇者

本作品の1周目でフレア率いる勇者パーティーに入って幾多もの冒険や戦いを共にしてきたブレイド。

個性が強く多彩なキャラクター性に富んでいます。

 

イケメン剣士だけど、実は”女性”

パッと見た時には”イケメン剣士”という印象を持たれやすいブレイドですが・・・実は女性です!
その綺麗な容姿は、「男装麗人」という言葉が当てはまるほど。

 

そんなブレイドが男装している理由には、彼女自身の趣味や道楽と関係しているのです。

 

男装の理由と趣味の繋がり

ブレイドが冒険中に男装しているのは、「声をかけた女性を口説きやすくするため」です。

 

自分も女性でありながら「大の女好き」であるブレイズ。

旅先で見つけて気に入った女性を口説かずにはいられない程に「女漁りが大好き」というレズビアンな性格をしています。

こうした”男装”もまた、自分の趣味や道楽をやり易くするために計算されている中で行なっている事なのです。

 

フレアへの強すぎる好意

“大の女好き”であるブレイドですが、そんな彼女の本命は自分の主であるフレア様です!

ケヤル曰く、1周目ではフレアへの異常なまでに強い好意によって「フレアの存在を“匂い”だけで嗅ぎ分けて認識することまで出来ていた」と言います。

 

2周目でのブレイドとの再会を果たせる時期は少し先となりますが、ケヤルガが復讐を開始する際、始めはフレイアに囮になってもらう作戦を思いついたものの・・・

 

ケヤルガ「駄目だ!いや、駄目ではないんだが・・・ブレイドにだけは駄目だ!」

 

フレイアとして容姿を変えたところで”匂い”により「フレアであることがバレてしまう」ことが予測できてしまったため、彼女を囮に使う作戦はすぐに却下されたのです。

フレアの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【回復術士のやり直し】フレアの魔術能力と意外な弱点とは?【復讐された後の変化と展開も】
...

 

ブレイドの”サディスト性”は嫉妬心から

ブレイドもまた、フレアにも負けない程の“サディスト性”を持っています!

 

【サディストとは】
身体的な虐待や精神的な苦痛を与えることで、”性的な快感”を味わう欲求のこと

 

しかし、その理由や出所はフレアとは大きく異なります。

 

フレアの場合は「自分以外の全ての者を見下す」という性格から自然と出てしまっているのに対し、ブレイドの方は「ケヤルに対する嫉妬心」が主な理由や出所となっています。

 

つまり、「ブレイドによる”サディスト性”は、ケヤルだけでなく自分が旅先で見かけた一般女性たちも対象に入っている」ということ。

 

どちらにせよ、ブレイドはフレアと同じくらいのサディスト性を持っているのです。

 

ケヤルへの非道な虐待の日々

1周目の冒険の中でフレアやブレッドと同じく、ケヤルへの虐待を続けてきたブレイド。

ですが、虐待方法や内容は他の2人とは少し違っていました。

 

そこで第3話の中で繰り広げられた“ケヤルへの虐待の仕方や内容の違いについて、フレアとブレイドで簡単に比較してみましょう。

フレアによる虐待 ・主にテントの中(他人の見えない場所)で虐待してきた。
・ケヤルを完全に”犬”のように扱っていた。
・薬を欲しがるケヤルに対して、性的な命令を下して自身も快楽に溺れていた。
・ケヤルを直接的に殴ることは少なかった。
ブレイドによる虐待 ・テントの中でも外でも構わずに虐待を続けてきた。
・殴ることや蹴ることによる暴力が中心だった。
・主にフレアの虐待が終わった後に行うことが多かった。
・実際に暴力を奮っている中でも「ケヤルに対する嫉妬心」を大声で叫んでいた。
・時にはケヤルに女装まで強要することもあった。

フレアが間接的な内容が中心であったことに対し、ブレイドの方は完全に暴力行為が中心のであることが分かりますね。

 

ブレイド「いつもフレア様に色目を使いやがって!お前さえ居なければ、フレア様は僕の方を見てくださるのに!この汚らわしい犬め!」

 

さらにブレイドの場合は拳だけでなく、太い木製の棒を使ってひたする殴り続けることもありました。

これがケヤルでなく普通の人間だったら、間違いなく死に至らしめていたことでしょう。

 

「回復術師」第3話を無料で視聴したい人は、以下の記事をご覧ください。

 

アニメガホン
アニメガホンはメガホンの様に大きく広く沢山のアニメ好き人にアニメ情報をお届けするアニメ総合Webメディア

 

極度の潔癖症で男嫌い!

フレアへの異常な程の好意や”大の女好き”である一方で「極度の潔癖症男嫌い」な一面も併せ持っています。

フレアから性的な虐待を受けた直後のケヤルに対し、ブレイド自身もいつものように外で暴力行為を中心とした虐待を始めます。
この時も”嫉妬心“から来ておりましたが「ケヤルの体内にフレア様の精液が・・・」と気づきます。

始めは乗り気でなかったものの、結局は動けなくなったケヤルに無理やり口づけを交わして「自身も味わいたい」と思いながら実行に移しましたが・・・結局、その直後には”男嫌い”としての性質が過敏に反応するかのように嗚咽してしまうのです。

 

1周目では魔王戦で死亡した

1周目ではフレア達と共に長い冒険と戦いを経た末、ついに魔王(イヴ)にも戦いを挑みます。
(この激闘は第1話の中で描かれました)

 

始めから強大な火力による砲撃や魔術をぶつけていくブレッドやフレアと同じく、ブレイドもまた自分の神装武具である「神剣ラグナロク」で容赦なく斬撃を浴びせていきます!
しかし魔王(イヴ)の強さは”勇者”である彼女たちの次元を遥かに超えており、まるで返り討ちに遭うかのように3人揃って重傷を負わされてしまうのです。

 

ブレイド「おい、愚図!”回復(ヒール)”を使え!」

 

エリクサー等の回復アイテムを尽きたことで、ブレイドが後方にいるケヤルに命じます。

しかし、この時の彼はいつもと様子が違います。

 

ケヤル「死んでろ、くそクズが」

 

不敵な笑みを浮かべながら言い捨てられると同時に、ブレイドに回復魔術をかけないまま通り過ぎていってしまいます。

 

ブレイド「お前!まさか、意識が!」

 

ブレイドが感づいた通り、ケヤルはこの魔王との戦いから1年前の時期にたまたま「薬物耐性」のスキルを習得したことで、自我を取り戻していました。

 

そのケヤルが1人きりで魔王(イヴ)との戦いを挑む中で”回復(ヒール)”すらかけてもらえないまま、ブレイドは次に自分めがけて放たれてきた攻撃をマトモに喰らう形で死亡したのです。

 

「回復術師」第1話を無料で視聴したい人は、以下の記事をご覧ください。

アニメガホン
アニメガホンはメガホンの様に大きく広く沢山のアニメ好き人にアニメ情報をお届けするアニメ総合Webメディア

 

スポンサーリンク

ブレイドの剣術による強さと能力・装備品

ケヤルガが女装までした結果、ついに(やっと?)ブレイドへの“復讐”を始められるようになるわけです。
ここで彼女との戦闘シーンを追う形で「ブレイドの強さと能力」を紹介すると共に、ご自慢の武器である「神剣ラグナロク」の超越した性能にも迫りたいと思います。

 

【ブレイドの能力①】剣術の技能はない

戦闘開始と同時に、ケアーラ(ケヤルガ)に向かって神剣を容赦なく振るい続けますが、彼女の方はそれらの剣閃を颯爽と避け続けます。

 

ケアーラ「全く、何が【剣】の勇者だ!」

 

これまでの剣閃や振り方を見た時点で「純粋な剣術の技量は剣聖クレハよりも、大きく劣っていることが判明します。
ケアーラ(ケヤルガ)の視点から見ての”ブレイドの剣捌き”は以下のように見えていました。

  1. 隙だらけの構え方
  2. あまりにも拙すぎる間合いの詰め方
  3. 大振りすぎる太刀筋

これらを見ただけでも「ブレイドの剣術は実は大したことがない」ということが分かります。

確かに第1話での魔王戦の中では強大な剣の技を放っていたものの、それはあくまでも「神剣ラグナロクの性能のおかげでしかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
回復術士のやり直し
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク