【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【回復術士のやり直し】フレアの魔術能力と意外な弱点とは?【復讐された後の変化と展開も】

回復術士のやり直し
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライトノベルやコミカライズで長年に渡って多くのファンを獲得し続けている「回復術師のやりなおし」テレビアニメが2021年冬の新作アニメとして、ついに放送開始されましたね!

そこで今回は、主人公ケヤルを犬のように扱ってきた魔術師・フレアのキャラクター性や魔術能力・意外な弱点を紹介していきます。

本作品の「人物相関図」に関しては以下の記事をご覧ください。

 

【回復術士のやり直し】人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

フレア・アールグランテ・ジオラルとは?

まずはフレア・アールグランテ・ジオラル(以下は「フレア」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

フレアのプロフィール

まずはフレアの簡単なプロフィールから見ていきましょう。

種族 人間
クラス 魔術師
職業 ・【術】の勇者
・ジオラル王国の第一王女

本作品の1周目から2周目の序盤までにかけて、メインヒロインとして活躍するフレアもまた、多くのキャラクター性に富んでおります。

 

ジオラル王国の第一王女にして高いカリスマ性

人間の支配領域の最南端に位置する王都ジオラルを支配する国王の娘(長女)であるフレアは、実質的にジオラル王国第一王女の座に君臨しております。

そして王女でありながらも近衛騎士隊長を始めとした多くの騎士たちを従えながら、自らも戦場に出陣して得意とする攻撃魔術を駆使して戦うため、部下たちからも国民や村人たちからも圧倒的に高い“カリスマ性”を持っております。

 

フレア「アルバン村の皆様、こんにちは。私はジオラル王国の第一王女、【術】の勇者フレア・アールグランテ・ジオラルです」

 

その高いカリスマ性は広い地域にわたって伝わっており、ケヤルが育ってきたアルバン村の人達もフレアが訪れてきた時点で注目しながら一斉に集まってくる程です。

 

まさに三拍子揃った王女様

本作品の中において、ピンク色の綺麗な髪と綺麗な容姿を持つフレア人気の高さは、完全に群を抜いていると言っても過言ではありません。
その人気の理由を簡単に挙げてみましょう。

  1. 美しい容姿(美人系)
  2. 豊満なバストを始めとした抜群なスタイルの良さ
  3. 第7階位の攻撃魔術まで使えてしまう程の圧倒的な魔力の高さ

「天は二物を与える」という言葉がありますが、フレアのような女性にも当てはまるのではないでしょうか。
さらに外見だけでなく、魔術能力の高さにも恵まれており、まさに三拍子揃った王女様”と言えるのかもしれませんね。

 

笑顔の裏に潜むサディスト性

本作品の世界の中で抜群の人気と支持率を誇るフレアはケヤルの住んでいたアルバン村の人達に対しても可愛らしい笑顔を見せながら礼義正しく振る舞っておりましたが・・・実は、その笑顔はあくまでも“表の顔”でしかありません。

 

その笑顔の裏には「全てを見下すサディスト性」も込められていたのです。

 

始めは出会ったばかりのケヤルに対しても「自分と同じ”勇者”の仲間」と見て優しく接してくれますが、彼がジオラル城に到着して国王の前で「回復術師」のクラスであることを知らされた途端、”ケヤルに対する見方”が大きく変わってしまいます。

ケヤルが1週間後に国王から依頼されていた「剣聖クレハの治療」を実行して、クレハの失われていた右腕を見事に再生させてしまう程の”回復(ヒール)”能力を見せますが、その反動と欠陥で倒れた途端に完全に見切りをつけてしまうのです。

 

フレア「まったく、こんな使えないのが同じ勇者だと思うと虫唾が走るわ!」

 

部下の老魔術師からはケヤルが使う”回復(ヒール)”の凄さを諭されますが、それでも納得できない様子です。

 

フレア「薬だろうが洗脳だろうが、何でもいいわ。”回復(ヒール)”を拒絶しないように“調教”しなさい!」

 

この時点でケヤルのことを完全に見限ってしまうわけですが、国王(父親)からの命令によってフレア自身が彼の面倒を見なくてはなりません。
それが引き金となってケヤルもまた、フレアに秘められていた“サディスト性の犠牲者となってしまうのです。

ケヤルの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【回復術士のやり直し】ケヤルの回復魔術能力と復讐の展開を紹介
...

 

“サディズム”と”サディスト”の意味と繋がり

すぐにケヤルのことを見限ってしまったフレアですが、ここで彼女の持つ”サディスト”という普段はあまり聞き慣れない言葉が引っかかる人も多いかもしれませんね。

せっかく本作品やフレアのキャラクター性に持ったのであれば、その言葉の意味も知っておいた方が良いのかもしれません。

 

しかし”サディスト”を知る上では”サディズム”という言葉と意味も知っておく必要もあります。
そこで”サディズム”と”サディスト”の意味と繋がりを簡単にまとめてみましょう。

サディズム ・日本語では「加虐性欲」と訳される。
・対象に選んだ相手(人間や動物)に対して、身体的な虐待や精神的な苦痛を与えることによって”性的な快感”を味わう。
・または、そうした行為をする自分を妄想したり、相手の苦痛の表情を想像することで性的興奮を得る。
サディスト ・”サディズム”の資質を備えた人間のこと。

本編のストーリーの中では、ケヤルだけを対象に自身のもつ”サディスト性”を見せるフレアですが、基本的には自分以外の全ての存在を見下した目で見ているのです。

 

フレア「本当に汚らわしいクズ犬ですわね!」

 

地下牢に監禁してからのフレアの”サディスト性”は本当に容赦ありません!

暴言の連続は当たり前であり、完全に”薬漬け”にしたケヤルを人間でなく、まるで”犬”のように扱い始めます。
彼の欲しがっている薬を持ってきて、わざと床にこぼしては、そのまま舐めさせるように与えるのです。

さらには薬の落ちた床を舐め続けるケヤルの頭に自分の足を乗せてしまう始末です。

 

フレア「ほら、あなたの大好きなお薬です。お薬が欲しかったら”チンチン”してみなさい!」

 

そんなフレアからの虐待に対して、ケヤルの方も幾度となく逃亡をはかりますが、逃げても結局は捕まって薬をダシにしながら、ひたすら”回復(ヒール)”をかけさせ続けていたのです。

 

「回復術師」を無能視する理由

“薬漬け”により完全に廃人のように変わり果てたケヤルを、そのまま引き連れて冒険の旅に出発しますが、フレア自身の”サディスト性”が消えるはずもなく、旅中でも同じような虐待行為を繰り返します。

本来であればパーティーの中に最低1人は必要とされるはずの「回復術士」であり、それはジオラル国王からも認められていることです。

しかし、後に加入することになるブレイドやブレッドも同じ”勇者”であり絶対的な強さを誇っておりました。
そこまでの強さ故に、魔物との戦いで苦戦することも少ない上に「回復はポーションやエリクサー等のアイテムさえあれば事足りる」状況であったのでしょう。

 

フレア自身も「回復術師」に対しては始めから「回復しか能のないクズ」と見下しており、“戦闘には不向き”であると割り切ってしまっていたのです。

 

戦いの中でも狡猾さを失わない

フレアのキャラクター性を語る上で”サディスト性”が強いと同時に“狡猾さ”も半端ないことも外せないでしょう。

1周目の最終局面で魔王(イヴ)に戦いを挑んだフレアたち勇者パーティーでしたが、魔王(イヴ)の強さはこれまで戦ってきた魔物たちなど比べものにならないような強さを誇っておりました。

 

ブレイドやブレッドの攻撃はおろか、フレアが放った第7階位魔術「ミョルニル」をマトモに喰らわしても勝てずに重傷を負わされてしまいます。

それによってフレアも2人と同じように倒されてしまいますが「薬物耐性」を習得していたケヤルが1人で”回復(ヒール)”を駆使しながら魔王(イヴ)を倒してしまった後に、何故かフレアだけが完全に回復した状態で背後に近寄ってきます。

実はフレアだけ仲間たちにも黙ったまま、回復アイテム(エリクサー)を隠し持っていたのです。

 

ケヤル「さすが性根の腐ってる【術】の勇者様だな!」

 

ケヤルの言う通り、ここまで狡猾さが過ぎると呆れてしまいますが、彼も心の中ではフレアの中にあるあまりにも過ぎた”狡猾さ”に対して、ある意味では感服していたのかもしれませんね。

 

2周目も”正真正銘のクズ”だった!

ケヤルが魔王(イヴ)の体内から奪い取った「賢者の石」と”時間遡行”を使ったことにより、本当にフレアとまだ出会う前の4年前の時代に戻ります。

“時間遡行”により前の時代に戻って2周目を開始しても、ケヤルを始めとした者たちの人生や出会い等は基本的には変わりありません。

それにも大きな理由がありますが「賢者の石」や”時間遡行”で前の時代に戻るということは、戻された者たちがこれまでの記憶を失ってしまうからであり、それを起こした張本人であるケヤルも例外ではありません。

 

しかしケヤルの場合に限っては自身の中に響いてくる声や星の精霊から”翡翠眼”を授けられた時、頭の中にフラッシュバックしてくる形で”勇者”でありながらも「フレア達によって”薬漬け”にされていた」という1周目でのあまりにも残酷かつ惨めな人生だった記憶を取り戻すことに成功したのです。

 

一方、完全に記憶を失ったままのフレアケヤルに起きた変化に気づかぬまま、1周目の時と同じようにアルバン村に訪れて彼をジオラル城へと連行していきます。

そして剣聖クレハへの治療を施した直後に倒れたケヤルを見た時の反応や態度も全く同じでした。

 

ケヤル「ああ、ありがとう・・・2周目も”正真正銘のクズ“でいてくれて!」

 

1周目の時とは違い、この時のケヤルは倒れただけであり意識までは失っておりません。
そのことに全く気づかないフレアは1周目の時と同じようにケヤルを見下して罵倒しながら、側にいる老魔術師に対して「薬漬けによる調教」を命じます。

 

2周目でも変わらず”正真正銘のクズ”だったフレアですが、そのように1周目の時と変わらない性悪さ加減がかえってケヤルの中にある“復讐への意欲”を更に燃え上がらせる引き金となってしまうのです!

 

スポンサーリンク

フレアの高い魔術能力と装備品

ここからはフレアの誇る高い魔術能力を始めとした能力や装備品を紹介していきます。

 

【フレアの能力と装備品①】4つの属性魔法が使える

第1話での魔王(イヴ)戦で第7階位魔術「ミョルニル」を放ったことで視聴者に対しても絶大的に高い魔術能力を見せつけてくれたフレアですが、凄いのはそれだけではありません!

彼女は”勇者の力”によって「4つの属性」もの攻撃魔術を使えるのです。

さらに本作品の中での魔術は「階位」という名目での強さや位に分けられており「第5階位までが人間が使える魔術の限界」とされています。

しかしその限界とされている第5階位を遥かに凌駕する「ミョルニル」を颯爽と使ってしまうのですから・・・性格や人間性に大きな問題点はあるものの、フレアの持つ「攻撃魔術の実力は本物であることを認めざるを得ませんね。

 

魔王(イヴ)に対しては残念ながら通用しなかったものの、彼女より少し下の地位にいるような中堅魔族程度が相手なら「ミョルニル」の一撃で簡単に撃破してしまえたことでしょう。
【術】の勇者としての地位も伊達でないと言うことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
回復術士のやり直し
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク