【モン医者】クトゥリュフ先生のキャラクター性と能力・悪癖

モンスター娘のお医者さん
出典:アニメイトタイムズ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2020年夏の新作アニメとして放送および配信中の「モンスター娘のお医者さん」も早くも最終話が近づいてまいりました。
そこで今回はグレンとサーフェの師匠であるクトゥリュフ・スキュルのキャラクター性と能力について紹介していきたいと思います。

 

クトゥリュフ・スキュルのキャラクター性を紹介

まずはクトゥリュフ・スキュル(以下は「クトゥリュフ先生」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

グレンとサーフェの師匠

リンド・ヴルム中央病院の院長であると同時にグレンとサーフェのアカデミー時代の師匠でもあります。
グレンが独り立ちして診療所を開業してからも彼のこと何かと気にかけながら関わってきます。

 

「スキュラ」と呼ばれるタコの種族

クトゥリュフ先生は“スキュラ”と呼ばれる種族であり、頭部からの上半身はヒト型でありながらも下半身の方は8本ものタコのような足で構成されており、その足には吸盤までついています。
ただ、種族として身体の構造においては未だ多くの謎を残しており、「邪神の末裔」などと揶揄されてもいるのです。

 

優秀だけど困った性格

中央病院の院長に君臨している上、グレンとサーフェの師匠として医療を教えていただけあり、魔族医療としての権威は相当に高いです。

医師としての実力や知識も優秀であり、その辺においてはグレンからも尊敬されているのですが、その一方でかなり困った性格の持ち主でもあります。
かなり、ものぐさな性格であることに加えて「大の少年好き」な一面も持ち合わせており、グレンのことは彼がまだ学生だった頃から大のお気に入りでもあったのです!

サーフェの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【モン医者】サーフェンティットの正体・グレンと結ばれる可能性を考察
いつもグレン先生の心強い助手として活躍中のサーフェンティット・ネイクス(以下は「サーフェ」と表記します)ですが、彼女もまた何気にいくつもの謎を持っております。 まずはそんなサーフェのキャラクター性や強さ・活躍について紹介していきます。 ...

 

学問に対する欲求も強い!

優秀かつ博識なクトゥリュフ先生の医療技術は現在でもグレンを上回っていることでしょう。
それでも本人にとってはまだ物足りない気持ちもあり、院長の地位についている今でも学問に対する知識欲も強かったりします。
それがキッカケとなり周囲からは「深海の賢者」とまで呼ばれています。

 

時には愛弟子に試練を与えることも・・・

クトゥリュフ診療所で助手として手伝ってくれているサーフェのおかげもあり、何とか患者さんたちの治療をこなせているグレンですが、医者としての経験はまだまだ浅く、時には成長させるための試練をさりげなく与えることもあります。
それが第7話で担当することになったイリィの治療ですが、グレンに対しては何のヒントも与えてはくれません。

イリィの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【モン医者】イリィのキャラクター性と出生の秘密
2020年夏の新作アニメとして放送および配信開始中の「モンスター娘のお医者さん」第6話で明かされた驚愕な正体と共にイリィのキャラクター性を紹介していきたいと思います。 イリィのキャラクター性を紹介 まずは他のハーピーたち...

あくまでもプロの医者として自分の力でイリィの症状を解き明かして治療させようとしていたものの先生自身は彼女の容態とその後に起きる変化のことを既に把握していたようです。
ちなみに、この時点でスカディと苦無・ゼナウもクトゥリュフ先生のもとを訪れていましたが、この時点でスカディの侵されている病がかなり深刻な状況にまで進んでしまっていたのでしょう。

苦無・ゼナウの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【モン医者】苦無・ゼナウの強さ・キャラクター性や今後の活躍を考察
2020年夏の新作アニメとして放送および配信開始中の「モンスター娘のお医者さん」ですが、第4話では前話で初登場した苦無ゼナウが心強い味方となって大活躍してくれます! そんなゼナウのキャラクター性と今後について考察していきます。 ...

 

クトゥリュフ先生の悪い癖

ここからは医者として優秀でありながらも、併せ持っている困った性格から出てしまった“悪い癖”の部分に触れていきたいと思います。

 

自分の触手で試し切り!

第10話で「キュクロ工房」の親方たちが作ってくれたスカディ用手術道具の試作品を見るためにグレンだけでなく、クトゥリュフ先生も同行しますが・・・

クトゥリュフ先生「いい切れ味ね、気に入ったわ!」
グレン「自分の触手で試し切りしないでください」

その試作品のメスを持った途端、自分の触手で試し切りしてしまうのです!
それでも他人の身体で試し切りしてしまうよりは数倍はマシなのでしょうが、これもまた彼女の中にある学問や知識に対しての深い欲求なのかもしれませんね・・・。

 

考え事の最中に噛んでしまう

同じ場面で何かの考え事をしている最中に自分の触手を噛んでしまう仕草も見られますが、その行為に対してもグレンから”悪い癖”であることを指摘されてしまいます。

こうして見ていると、クトゥリュフ先生による悪い癖の表れは「自分の触手」が絡んでくるようですね。

 

クトゥリュフ先生に立ち塞がる壁!

魔族担当の医者としてグレンをも上回る技術と知識の持ち主ですが、そんなクトゥリュフ先生の前にも第9話にして大きな壁が立ちはだかってきます!
それこそが式典の最中に倒れてしまったスカディの手術なのですが、彼女の容体はかなり深刻な状態にまで悪化していることに加えて、他の種族にはない「ドラゴンの硬いウロコ」は並の手術道具では切ることすら困難なのです。

クトゥリュフ先生「出来るなら、とっくにやってるわ!」

これまで、あくまでも院長であると同時にグレンの師匠として堂々とした振る舞いしか見せてこなかったクトゥリュフ先生ですが、ここにきて弱気な発言をしてしまったのです。
それはスカディの病だけでなく、心臓や体内に蝕まれた血管の数が既に100本以上もあるため、どんな名医であっても手に負えない段階にまで進んでしまっていたためでもあったのです。

しかし彼女とて完全に諦めてしまったわけではありません
すぐさま、スカディの手術において必要な道具や人材をグレンに対して言い渡してきます。
この時に彼女から指示された人材というのは何も名医や医者に限定されていたわけでなく、あくまでも「切った部分の縫合に長けている者」であり、その候補として選ばれたのがサーフェの友人であるアラーニャでした。

確かに魔族の洋服を製造および販売までしている「荒絹縫製」に服飾デザイナーとして活動しているアラーニャなら縫合に関して右に出る者はいません。
しかし、それはあくまでも「布や皮製の素材に対してのこと」でしかなく、人体(正確には魔族の身体ですが・・・)を切り裂いたり縫合することに至っては全く経験がありません。
それでもアラーニャの方がグレンからのお願いに応えて助太刀を決めてからは苦無・ゼナウが良い練習台とされておりました・・・。

アラーニャの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【モン医者】アラーニャのキャラクター性と能力・本当の武器
2020年夏の新作アニメとして放送および配信開始中の「モンスター娘のお医者さん」第7話で再登場したの共にグレンに迫ってきたアラーニャのキャラクター性と能力や武器について紹介していきます。 アラーニャ・タランテラ・アラクニダのキャ...

 

クトゥリュフ先生の能力と実力

必要な人材と道具が揃い、あとは手術の対象者とされているスカディへの説得のみです。
第11話の予告画像から察すると彼女自身もやっと決意を固めて了承してくれたのでしょう。

グレンとサーフェ、さらにアラーニャも加わった大掛かりな手術の中で主力として携わるのは、やはりクトゥリュフ先生ではないでしょうか。
かなり緊迫した状況の中ではあるものの、アニメ本編のクライマックスを前にして、クトゥリュフ先生の能力や実力が披露される時がやっと来たと言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はグレンやサーフェの師匠として、これまでにも数回にわたって登場してきたクトゥリュフ先生のキャラクター性や悪癖に触れながら、これまでにはまだ見ることが出来なかった能力や実力に関しても迫ってみました。

  1. アカデミー時代のグレンやサーフェの師匠を務めた大人物であると同時に現在は中央病院の院長の座に君臨している。
  2. 医療技術や知識においては優秀でも「大の少年好き」という困った性格も持ち合わせてしまっている。
  3. 少し弱気になってしまってもすぐに立ち直り、グレンたちに対して的確な指示やアドバイスをしてくれる頼もしい存在であることに変わりなし。

第11話でのスカディへの手術により、これまでにはハッキリと見ることが出来ずにいた能力や実力が披露されることに期待したいですね。

コメント