【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【半妖の夜叉姫】麒麟丸の強さや過去 、声優 | 人間関係についても紹介

半妖の夜叉姫
スポンサーリンク
スポンサーリンク

半妖の夜叉姫で夜叉姫(とわ・せつな・もろは)に立ちはだかった麒麟丸は、かつて東国の妖怪たちを治めていた獣王で、西国の獣王・犬の大将に並ぶ実力を持つ大妖怪です。

夜叉姫たちとは敵対関係ではありますが、戦闘は正々堂々を好む、夜叉姫であっても詫びるときは詫びるなど、ただの「ラスボス」とはいえない魅力にあふれています。

半妖の夜叉姫でも、その過去については部分的には語られてはいますが……。
まだまだ不透明なところばかりで、気になっている視聴者もいるでしょう。

ここでは、麒麟丸の過去や性格、姉の是露、ライバルの犬の大将などとの人間関係について取り上げます。

スポンサーリンク

麒麟丸とは

犬夜叉のかごめや半妖の夜叉姫のとわがいた現代からみたら1000年前、せつなやもろはがいる戦国時代からみたら500年前から、麒麟丸は西国の妖怪たちを治めていた大妖怪です。

麒麟の頭蓋骨のような仮面が特徴的。
過去の麒麟丸を知る冥加は信じられないようですが、「すべてを無に帰す」ため、時空を歪めようとしています。

また、「麒麟丸を滅ぼすのは時空を越えてやってくる人間でも妖怪でもない存在である」という四魂の玉の予言のため夜叉姫たちを狙っています。

半妖の夜叉姫では時代樹によって犬の大将とはライバルであったことが語られ、その後には是露の弟であることもわかりましたが、行動を共にする殺生丸、麒麟丸を裏切った理玖との関係など、わからないことも数多くあります。

犬の大将とはライバル

西国の妖怪を治める麒麟丸と東国の妖怪を治める犬の大将は勢力の拮抗するライバル関係にありました。

戦国時代からみて500年前、麒麟丸・犬の大将妖霊星(巨大隕石)を破壊しますが、東西の大妖怪が協力関係となったのはこのときだけのようです。

いつかは決着をつけたいという気持ちがあったようですが、犬の大将が深手を負ったと知ったときは、「やつが元気なときに戦うべきだ」と薬を届けるように言っています。

是露の弟

半妖の夜叉姫では麒麟丸と是露が姉弟であることがわかりますが、容姿が似ているわけでもなく、それまでふたりの関係はわかりませんでした。

戦国時代からみて150年程、眠りについていたと思われる麒麟丸を目覚めさせたのも是露です。

半妖の夜叉姫では麒麟丸・是露の姉弟について、どのように過ごしてきたのかはわかりません。
それでも、不仲という様子ではありませんね。

ですが、麒麟丸が虹色真珠を散り散りにしたことで、是露から絶縁を言い渡しています。

アメリア
アメリア

麒麟丸と是露は似ていないけど、目の色だけは同じなんだよね!

スポンサーリンク

麒麟丸の性格

半妖の夜叉姫では夜叉姫たちの「敵」ではあるものの、東国の妖怪を治める獣王としての威厳が見て取れるだけではありません。

姑息な真似はすることなく正々堂々としており、夜叉姫たちのような「目下の者」に対して詫びるような性格が伺えます。

アメリア
アメリア

奈落とは全然違うよね!

相手に敬意を払う

最初は夜叉姫たちをあなどっていた麒麟丸ですが、彼女たちの成長を認めると、それぞれに敬意を払う様子がみられました。

麒麟丸の頬に傷を付けながらも返り討ちとなって倒れたせつなには「せつなよ、その名を我が胸に彫り刻もう。決してその名は忘れぬぞ」と真剣な表情で言っていますね。

敵討ちとして立ち向かったとわ・もろはに対しては、それぞれの新しい技に名前を付けています。

夜叉姫たちには、その成長をよろこんでいるような、親心のようなものもあるかもしれません。

正々堂々と戦うことを好む

室町時代まで武士は闘うときは名を名乗り、そして正々堂々と渡り合うことが美風でした。
間違っても、隙をついて背後から斬り付けるような姑息な真似はしなかったのです。

麒麟丸にも同じようなことがいえます。
犬の大将に対してしかり、弱っているところを狙い撃ちにする真似はしません。

是露に言わせると、そのこだわりさえなければ(犬の大将をおさえて)天下も取れるだろうに……とのこと。
是露は「欠点」と捉えているようですが、麒麟丸自身は気にしてない様子ですね。

向かってくるものには容赦ない

正々堂々としている麒麟丸は、真っ正面から向かってくるものには容赦をしません。

夜叉姫たちも簡単にあしらわれています。
殺生丸の介入がなければ、あのまま止めを刺されていてもおかしくはなかったでしょう。

「小娘」であろうが、麒麟丸は向かってくれば容赦はしないことがよくわかります。

麒麟丸のことは、最終話の『殺生丸の娘であるということ』をみたらすごくわかりやすいです♪

【アニメ】半妖の夜叉姫の24話ネタバレ感想 | 殺生丸の娘であるということ
アニメ「半妖の夜叉姫」の24話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて24話を振り返ってみましょう。今回は、1期の最終回、しかもせつなが麒麟丸に…。そして、静かな怒りを爆発させたとわともろはが麒麟丸に攻撃を仕掛けます。夜叉姫最大の決
アメリア
アメリア

麒麟丸なりの誠心誠意なのかもしれないよね

スポンサーリンク

麒麟丸の強さ

犬夜叉での最強といえば犬の大将、あるいはそのこどもたちである殺生丸・犬夜叉といえるのではないでしょうか。

最初は対立していた殺生丸と犬夜叉も、結果的にはふたりで奈落に立ち向かっていますし、半妖の夜叉姫ではふたりで妖霊星を破壊していますよね。

では、半妖の夜叉姫ではラスボスのポジションとなった麒麟丸はどのくらいの強さなのでしょうか。
気になる麒麟丸の強さを、それぞれのキャラクターたちと比較していきます。

犬の大将と同じ強さ

麒麟丸の言葉から麒麟丸と犬の大将は直接対決していることがうかがえます。
ですが、犬の大将は犬夜叉の劇場版からわかるとおり、十六夜をかばって命を落としています。

つまり、麒麟丸と犬の大将は勝負がつかなかったのではないでしょうか。

妖霊星はそれぞれの実力が同程度でないと壊せないともいいます。
このことからも、麒麟丸と犬の大将の強さは同程度であったとみられます。

竜骨精より実力が弱い!?

竜骨精より実力が弱い!?

出典:Twitter

麒麟丸は眠りについていたあいだ、竜骨精によって治めていた東国を占領されています。
そのため、麒麟丸より竜骨精が強いのか、麒麟丸が竜骨精に負けたのかが疑問になるでしょう。

犬の大将によって封印され、犬夜叉によって倒された竜骨精。これは犬夜叉でわかっていますよね。
犬の大将も深手を負ったようですし、犬夜叉にしてもそう簡単にはいきませんでしたが、それでも結果的に勝利しているので、犬の大将や犬夜叉より竜骨精は弱いといえます。

そのため、麒麟丸が負けるとは考えられません。

麒麟丸が眠りについたことで、東国ではその次に強かった(であろう)竜骨精がそのポジションに取って代わっただけではないでしょうか。

能力を開放した「とわ」と「もろは」より実力は上

最初は夜叉姫たちなど相手にならんといった様子でした。

しかし、最終回ではせつなが奮戦、さらに弔い合戦と言わんばかりに、とわ・もろはが半妖でありながら妖力をコントロール、本来の力を開放して麒麟丸に迫りました。

結果的には、麒麟丸には適いませんでしたが、ここまでの激闘は犬の大将以来だと言っています。

アメリア
アメリア

えっと、ということは……麒麟丸=犬の大将だから、麒麟丸>とわ+もろはということになるよね

スポンサーリンク

麒麟丸の過去と現在

麒麟丸の過去については時代樹の説明、それから理玖の語りと是露の言葉からいくらかわかります。

半妖の夜叉姫では、戦国時代からみて500年程前までさかのぼることができます。

500年前の麒麟丸

500年前の麒麟丸

出典:Twitter

戦国時代からみて500年前は平安時代にあたります。

麒麟丸だけでなく、殺生丸・犬夜叉の父親である犬の大将(とわ・せつな・もろはにとっては祖父)も活躍しています。

この頃の麒麟丸について、わかることを整理していきましょう。

東の国を治めていた獣王

この頃にはすでに麒麟丸は東国の妖怪たちを治める獣王となっていました。
同じ頃、西国の妖怪たちを犬の大将が治めていることもわかっていますね。

また、「麒麟丸は古より犬の大将とともに妖獣たちの頂点に立っていた王」と時代樹が言っているので、飛鳥・奈良時代頃から、すでに獣王として君臨していたのかもしれません。

犬の大将と妖霊星を破壊した

この頃、ライバル関係にはありましたが、人間にとっても妖怪にとっても脅威であった妖霊星をふたりで破壊しています。

普段からトラブルにはふたりで対処していた……というわけではないようで、協力関係となったのはこのときくらいみたいですね。

不在時には竜骨精に東の国を占領されていた

妖霊星を破壊してから、いつ頃のことなのか、またどうしてなのかははっきりとしませんが、麒麟丸は眠りについてしまいます。

犬夜叉でのできごと(かごめがタイムスリップして四魂の玉を奈落ともども消し去った)はすべて麒麟丸が眠っている間のことです。

奈落が暗躍しているときに眠っていて、奈落が倒された後に目覚めている「タイミングの良さ」に、もしかしたら眠っているあいだ奈落だったのでは?という憶測があるほどです。
このあたりはなんとも言えないですが……タイミングがタイミングなのでありえないと言い切ることはできないでしょう。

東国を治める獣王がいなくなり、かわりに竜骨精が治めていた(占領していた)ことが犬夜叉でわかっていますが、犬の大将に封印されたうえ、その後に犬夜叉にも倒されているので、麒麟丸ほどの実力はなかったといえます。

『半妖の夜叉姫』の麒麟丸

『半妖の夜叉姫』の麒麟丸

出典:Twitter

犬夜叉で四魂の玉もろとも奈落が消滅した後、夜叉姫たちが誕生する頃、麒麟丸は目覚めました。

時空を越えることができる、そして半妖によって滅ぼされると知らされた麒麟丸は、夜叉姫たちを狙うと同時に、(麒麟丸の真意も殺生丸の真意もはっきりとしていませんが)殺生丸を引き入れています。
そして、四半妖のもろはを狙って、犬夜叉・かごめのふたりを襲撃しているのです。

結局、現代にタイムスリップしてしまったとわ、半妖の隠里にかくまわれたせつな、そして妖狼族に預けられたもろはのことを、麒麟丸はじめ是露たちが(居場所がわからなかったというのもあるでしょうが)襲うことはありませんでした。

自分を満足させる強さの相手を探している

麒麟丸にとって満足ができた戦闘は犬の大将とのものだといいます。
ライバル関係であったふたりが、いつ頃、どのような戦闘をしたのかはわかりませ。
しかし、麒麟丸にとって忘れられないほどの激闘であったことはうかがえます。

半妖の夜叉姫の中盤では、殺生丸と戦闘にて、打ち合いをしただけで地面が割れ、高波が起き、雷が落ちるという凄まじい戦いをもつれ込みました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
半妖の夜叉姫
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク