【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【半妖の夜叉姫】せつなの正体は?|能力や強さ、人間関係についても考察

半妖の夜叉姫
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『半妖の夜叉姫』で当初は妖怪退治屋として活動している女の子として、せつなが紹介されました。

しかし、後にとわの双子の妹ということがわかります。

そんな『半妖の夜叉姫』の世界を楽しむにあたって欠かせないせつなについて、これから詳しく紹介します。

スポンサーリンク

せつなとは

せつなとは

出典:「半妖の夜叉姫」公式HP

アニメの序盤では、「せつなが誰なのか」という事を語られませんでした。

しかし、物語が進む中で殺生丸の娘で、とわの双子の妹ということが判明します。

せつな自身は10年前にとわと村で過ごしていたものの、原因不明の火事で村が燃えてしまったこともあり、そこからとわと別れてさまざまな経験をしているようです。

そして、どこかで「夢の胡蝶」に取りつかれて眠れない体質になり、とわと過ごしたときの記憶は失われています。

もしかしたら、「夢の胡蝶」が記憶を封じているだけかもしれませんが、現状謎という感じで解明されていません。

半妖の夜叉姫 アクリルコースター せつな
ノーブランド品

冷静沈着で常に状況を分析

せつなはとわやもろはと違い、冷静に状況を分析した後に行動する傾向があります。
戦闘になると、とわともろはのことを理解している行動が多く、最終話の強敵麒麟丸との戦闘時にはとわが避けられると把握して、「群れ発ちのツバメ」を放って攻撃。

また、とわともろはが麒麟丸の攻撃を受けようとすると「旋風陣」を放って引き離すなど常に戦況を冷静に見極めながら冷静な攻撃を行います。

3姫の中では一番冷静で女性らしいキャラクターというイメージがありますが、それは殺生丸に近い性格にあるかもしれません。
もし母方のりんの性格を引き継いでいたら、もろはのように特攻型になっていたような気がします。

当時殺生丸は男性でありながら性格や容姿によってまるで女性のようなイメージがあるだけに、せつなを重ねてしまいますね。

ちなみに、劇中ではもろはによく軽口をたたかれるのですが、その時は表情を変えて怒るなど年齢相応なかわいい女の子になることもあります。

3姫には欠かせない重要な存在ですね。

アメリア
アメリア

せつなは戦闘になると冷静さが増して戦う女性って感じが出ているよね

「夢の胡蝶」で眠れない

「夢の胡蝶」で眠れない

出典:にじめん

『半妖の夜叉姫』では、せつなとセットになって出てくる「夢の胡蝶」。
劇中では、「夢の胡蝶」に夢を見ることを奪われ、せつなは眠ることができないとなっています。

しかし、実際に「夢の胡蝶」がいつせつなの体内に入ったのかは劇中で明かされませんでした。
また、「眠れない」ということもあり呪いとして扱われていました。

せつな自身は戦国時代で眠るということは命を狙われる可能性があるからと苦に思ってないように見えますが、眠るとわの顔を見てどこか寂しそうな表情を見せていました。

そのため、とわはせつなを「夢の胡蝶」から解放させてあげることを旅の目的としていました。

実際、呪いのように見えますが、殺生丸がせつなの妖怪化により暴走しないようにつけたリミッターなのではと思っています。
なぜなら、せつなが妖怪化して暴走した際に気を感じた殺生丸が「まだ抑えきれないのか」とつぶやいています。
まるで、せつなが妖怪化すると暴走すると知っているような口ぶりでした。

特に妖怪の力を多く引き継ぎながらも、弥勒に妖怪化を封印されるまでは暴走することもなかったわけなので、「夢の胡蝶」が制御していたと考えても間違いではないでしょう。

アメリア
アメリア

殺生丸がせつなのことを思ってつけたリミッターという線はあるよね

ヴァイオリンが得意

せつなはもともと戦国時代にいたため、ヴァイオリンに触れる機会はありませんでした。

しかし、『半妖の夜叉姫』3話でもろはと一緒に現代に飛ばされたことで、一旦日暮かごめの実家でお世話になることに。
その時に初めてヴァイオリンを手に取って演奏するのですが、ドレスを着るなど本格的です。

日暮萌(日暮草太の奥さん)にヴァイオリンを勧められて始めたわけですが、ヴァイオリンの実力は「500年に一人の天才」とか。
初めて褒められたこともあるのか、顔を赤くしたせつなが実にかわいい。

その後は、戦国時代に戻ってもヴァイオリンを大事にして、一息つく際には必ず弾いています。

もし、現代に残っていたらヴァイオリニストになっていたかもしれませんね。

アメリア
アメリア

ヴァイオリンを弾いているせつなってどこか幸せそうだよね

『半妖の夜叉姫』3話は以下で感想を書いておりますので、あわせてお読みください。

【アニメ】半妖の夜叉姫の3話ネタバレ感想 | 記憶を失っていた妹、双子激闘!
アニメ「半妖の夜叉姫」の3話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「半妖の夜叉姫」の3話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。
スポンサーリンク

せつなは半妖でありながら真の力を発揮できる

せつなは、「半妖の里」にいる時に、紫織が傷つけられたことで真の力を発揮します。

しかし、弥勒が偶然にも同じ場所に居合わせたため、「兼光の巴」を媒体に力を封印されます。

そんなせつなの真の力について今から説明します。

殺生丸の妖怪化と同じような顔つきになる

せつなの妖怪化について

出典:ytv

せつなは殺生丸の妖怪化の力を多く引き継いでるせいか、力を開放すると殺生丸の妖怪化と同じような顔つきになります。
額の三日月マークを除くと2人ともそっくりな容姿になります。

ただ、殺生丸は完全なる妖怪なので、完全に開放することで犬型の妖怪に変化することが可能。

せつなは半妖のため、力の解放が完全にできないどころか、ある程度の妖怪の力の解放でも暴走してしまう可能性があります。

アメリア
アメリア

やっぱり殺生丸の娘だね

半妖の夜叉姫 ぬいぐるみ 抱き枕 クッション 刹那(せつな) 萌えグッズ 両面プリント 可愛い だきまくら ふわふわ コスプレ 小道具 人気アニメ キャラクター 人形 ギフト プレゼント 45*55CM
ice moon

殺生丸の血を多くひいている

殺生丸の血を多くひいている

出典:あにこ便

せつなは、殺生丸の血を多く引いているのか、性格や妖怪化、そして服装などまるで殺生丸の写しと思ってしまうほど。
特に右肩からにかけている白い飾りは殺生丸もしていることもあり、当時殺生丸から引き継いでいたのかと思っていたのですが、殺生丸も同様のものを身につけているため、誰かからもらったのかもしれません。

そして、普段は冷静でありながらも、心を許した相手に優しくするところはりんに心を許している殺生丸を見ているような感じでした。

もし、妖怪退治屋には入っていなければ服装まで殺生丸と似ていたかもしれませんね。

アメリア
アメリア

服装と容姿からして殺生丸と似すぎているよね

普段は「兼光の巴」で妖力をおさえている

兼光の巴で妖力をおさえられている

出典:Twitter

せつながいつも持っている「兼光の巴」。
普段から武器として使用しているだけに、得意武器なのかなと思った方多いと思います。
しかし、せつなにとって自分の妖怪化の力を制御する役割もあります。

『半妖の夜叉姫』20話の「半妖の隠れ里」で語られたのですが、まだせつなが幼いころに初めて妖力を開放した際に暴走してしまいます。
その時に、弥勒が現れて「兼光の巴」を媒体にして妖力を封印しました。
つまり、「兼光の巴」を持っている限り暴走することはありません。

「群れ発ちのツバメ」を発動する際に必要となる武器ですが、せつなの妖怪化を制御する役割もあります。

『半妖の夜叉姫』20話は以下で感想を書いておりますので、あわせてお読みください。

hanyo-yashahime

兼光の巴について

劇中の登場時から当たり前に持っている「兼光の巴」ですが、当時は薙刀の訓練をしていて、メイン武器なのかなと思った方多いと思います。

しかし、過去の話が明らかになる中、せつなの妖力化を抑制するための媒体になっていることがわかります。

ただここで疑問なのが、いつから「兼光の巴」を持つことになったのかという点です。
『半妖の夜叉姫』20話で、せつなが幼いころに「半妖の里」で過ごしたという話が出てきており、そこに送ったのは殺生丸のお供の邪見となっていました。

その後も見守るように邪見がせつなにいろいろと送っており、「半妖の里」の長である紫織と過ごしています。

しかし、断片的な内容となっており、せつなが一人前になるころにはすでに「兼光の巴」を所持していました。

このころ関わっていた人物は、紫織、楓ばあちゃん、妖怪退治屋、邪見を通じての殺生丸です。
このうちの誰かが「兼光の巴」を渡したのだと思うのですが、「夢の胡蝶」のことも考えると邪見を通じての殺生丸が濃厚だと思われます。

そして、『半妖の夜叉姫』24話では、麒麟丸に「兼光の巴」ごと一刀両断されて亡くなっています。

アメリア
アメリア

最後はせつなと「兼光の巴」は両方とも切られてしまうよね

暴走したら、「夢の胡蝶」を具現化できる

暴走したら、「夢の胡蝶」を具現化できる

出典:Twitter

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
半妖の夜叉姫
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク