【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【魔女の旅々】アムネシアの正体と過去・今後のアニメ版での活躍を考察

魔女の旅々

2020年秋の新作アニメとして放送および配信されてきた「魔女の旅々」も、とうとう最終話を迎えました。
そこで今回は最終話(第12話)のラスト場面になって初登場したアムネシアの正体や能力を紹介しながら、今後のアニメ版においての活躍の行方を考察していきたいと思います。

最終話(第12話)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

https://animegaphone.jp/majotabi-12/

 

スポンサーリンク

アムネシアの正体とは?

いきなりですが、まずはアムネシアの正体に迫りたいと思います。

 

記憶を失う呪いをかけられた少女

過去にある出来事が原因で「眠ると記憶を失う呪い」をかけられている少女で現在の年齢は17歳です。

外見では白髪に黒のカチューシャを装着して翡翠色の瞳が特徴です。
まるで騎士を思わせるような白系で統一された衣装に黒いミニスカートにロングブーツ、そして腰にはサーベルを下げる服装で旅を続けていたところ、辺境の国「アルベッド」で歩いている途中でイレイナとぶつかってお互いに転んでしまう形で出会いました。
(ここがちょうどアニメ最終話のラスト場面のシーンでしたね)

 

入れ替わった日記帳で大まかなキャラ性が明らかに!

イレイナとぶつかって転んだ瞬間、自分たちの所持している物もいくつか地面に落ちてしまい、お互いにすぐに拾って返しますが“日記帳”だけが入れ替わってしまっていたのです。
2人とも、この時点ではそのことに気づかぬまま、すぐに別れましたが、その晩にイレイナの方がアムネシアの日記帳を間違って持っていってしまったことに気づいて読んでしまうのですが、これによって彼女のことを色々と知る形になります。

イレイナも不本意でありながらも、アムネシアの日記帳を開いてしまいます。

「これは、あなたの日記帳です。朝起きたら、これを読みなさい

この日記帳を見てしまったことにより、アムネシアの名前や年齢を始め「眠ると記憶を失う呪い」をかけられていること、そして彼女が自分の故郷である「信仰の都エスト」を目指して旅をしていることも判明します。
アムネシア自身も自分の日記帳に「自分のこと」を書き記しておくことで記憶喪失にかけられている中でも自分のことを思い出せるようにしていたのです。

しかしお互いの日記帳が入れ替わったことにより、朝目覚めてイレイナの日記帳を読んだアムネシアが自分はイレイナだ!」と勘違いすると同時に自分の旅先で出会う人達にも自身の名を”イレイナ”と名乗ってしまうことは目に見えております。

そうなってしまうことを防ぐと同時にアムネシアのことを助けたい気持ちも相まって、イレイナの方から捜索しますが、見つかった時には既に牢獄に入れられた後でした。
牢獄の看守と”金貨”による取り引きを成立させて釈放されて再会した後から「信仰の都エスト」に到着するまでの期間限定という形で2人は一緒に旅を続けます。

 

スポンサーリンク

アムネシアの悲しき過去

アムネシアの大まかなキャラクター性が発覚したため、ここで彼女の悲しき生い立ちや過去、そしてイレイナと出会うまでの経緯を簡単に追ってみましょう。

 

魔法の才能に恵まれず孤立させられた人生

アムネシアの故郷である「信仰の都エスト」は“魔法至上主義”の国であるものの、魔法を一向に使えない彼女は両親や周囲の人達から軽蔑されながら育ちました。
さらには成人する前の年齢にも関わらず家からも追い出されてしまったのです。

 

正統騎士団の中でも窓際生活

魔法が使えない代わりに剣術の腕を磨き始めます。
決して”格段に強くなった”とまでは言えないものの、その努力が実って何とかエストの「正統騎士団」への入隊を果たしました。
(この時点でアムネシアが魔女でなく、やはり“剣士”であることが判明しましたね)

しかし、その中でも差別的な待遇を受けさせられます。
アムネシアのすぐ後には優秀な妹であるアヴィリアも入団してきて、すぐに同じ騎士団の”幹部”に就任すると同時にアムネシアの方は”妹の部下”として働かされるのです。
(これは現代社会の会社内で言うところの”窓際部署に左遷させられた”ことと同じような扱いと考えてみると解りやすいかもしれません)

これにより同じ騎士たちからも見下されながら働くことになってしまうアムネシアですが、そこは持ち前の「能天気で前向きな性格」で何とか乗り切ります。
さらに妹のアヴィリアからだけは好かれており、仲良く接してきたため、彼女が完全に孤立していたわけではなかったことも解ります。

しかし、そうして頑張って働きながら生き続けている中でも“薔薇の魔女エリミア”との出会いが引き金となり、現在の症状である「眠ると記憶を失う呪い」にかけられてしまうのです!

 

罪状により記憶喪失の呪いをかけられる

一緒に旅を続けた末、イレイナと共に帰郷を果たすアムネシアですが、何故か彼女だけが“大罪人”と呼ばれて捕らえられてしまいます!
一方、イレイナの方は「大罪人を連行してきてくれた貢献者として門番や街の人達から大いに感謝されますが、彼女からしてみれば何故アムネシアが罪人扱いされなければならないのか疑問で仕方ありません。

そんな疑念を抱きながら、エストの中でこれまでに刊行されてきた新聞に片っ端から目を通していくと、まるで信じられないような”罪状”が記載されておりました!

イレイナの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【魔女の旅々】灰の魔女イレイナが可愛い!魔法能力や今後の成長について
...

 

スポンサーリンク

アムネシアにかけられた罪状と真実

ここからはアムネシアにかけられている罪状と、その真実に迫りたいと思います。

 

アムネシアの重すぎる罪状

新聞記事を見たイレイナは、あまりにも信じられないようなアムネシアの”罪状”を知ることになります。

①エストにいた、エリミアを除いた魔女4人を殺害した。 エリミアが捜索の末に発見した時、魔女たちの遺体には「刃物で切った跡」が確認された。
②エリミアによって開発された「魔力を吸収して利用するシステム」をアムネシアが使用した時、地下水路から大量の”有害物質”を垂れ流しにされてしまった。 この結果、エストだけでなく近隣の国にも被害が及び、公害まで起きて壊滅的な状況にされてしまった。

犯罪の内容だけを見れば、確かにアムネシアの犯した罪は“大罪”であり、決して許されることではありません。
それでもイレイナの中では、あのアムネシアがそこまで大勢の犠牲者を出す程の大罪を犯してしまうことが、どうしても信じられなかったのです!

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
魔女の旅々
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク