【決定版】おすすめアニメ120選

【魔女の旅々】ニケの正体は母親!旅立つイレイナに出した3つの条件

魔女の旅々

2020年秋アニメとして放送された「魔女の旅々」で主人公イレイナ旅立ちのキッカケとなったニケの正体を紹介しながら、彼女に与えた大きな影響の数々にも迫りたいと思います。

灰の魔女イレイナの詳細は以下の記事をご覧ください。

【魔女の旅々】灰の魔女イレイナが可愛い!魔法能力や今後の成長について
...

 

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

「ニケ」の正体はイレイナの母親

イレイナが幼少期の頃から愛読し続けてきた「ニケの冒険譚」の主人公ニケの正体から紹介していきたいと思います。

 

「ニケ」の正体はイレイナの母親

イレイナが魔女となって世界各地を旅立とうと決意したのは幼少期の頃から愛読していた本「ニケの冒険譚」シリーズから強い影響を受けたためです。

まだ幼いながらに自分の夢を話す娘に対して、母親からも魔女にならないと・・・」と軽く返してきます。
実はイレイナの母親も“魔女”であると同時に現役の頃は世界各地を旅して回っていたのです。
そして「ニケの冒険譚」シリーズの主人公でもあります!
ここまでの時点で既に気づいた人も多いかと思いますが「ニケの冒険譚」シリーズはニケ(母親)自身が自分の旅先で出会った人々や出来事を書き綴った作品であり、まさに“冒険譚”というわけですね。

 

さらにフラン先生とシーラの師匠でもあった

ニケ(母親)こそが冒険譚の主人公であったことが判明しましたが、彼女の隠されていた正体はそれだけでは終わりません。
第1話でイレイナの師匠となってくれたフラン先生第8話で訪れた「人形であふれた国」で出会ったシーラの師匠でもあったのです!

 

フラン先生の方とは特に仲が良く、イレイナもまた第5話で訪れた魔法学校で再会した彼女からもニケ(母親)とは現在でも連絡を取り合っていることを聞かされました。

 

 

第1話イレイナが魔女を目指して弟子入りする前に、ニケ(母親)が夫婦揃ってフラン先生「娘への修行内容について」の依頼をする場面がありましたが、これはただ単に「娘がお世話になるから・・・」というだけでなく、かつての“師弟関係”で仲の良い故に「気軽にお願いできる相手だから・・・」ということだったのでしょう。

第1話の詳細は以下の記事をご覧ください。

【アニメ】魔女の旅々の1話ネタバレ感想 | 星屑の魔女の修行を経てイレイナは魔女になった!
アニメ「魔女の旅々」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「魔女の旅々」の1話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

 

現役時代のニケの冒険譚

本作品の主人公はあくまでもイレイナであり、ニケ(母親)はあくまでも「主人公の母親」「冒険譚の主人公」という立ち位置でしかありません。
しかし第7話の1本目「旅人が刻む壁」では、その「ニケ(母親)の冒険譚」の一部が描かれておりました!

 

「ニケ(母親)の冒険譚」の一部

第7話の冒頭ではこれまでとは少し異なり、幼少期のイレイナが母親に優しく包まれながら「ニケの冒険譚」を楽しく読んでいる場面から始まります。
その内容に書き綴られていた「壁で分断された仲の悪い2つの国」に着地したイレイナ(と思われた魔女)にお役人さんが声をかけてくると同時に「壁の向こう側の国に負けたくない!」とアピールしながら良いアイディアを求められますが・・・原作ラノベ版から追っている人やアニメ勢でも鋭い視聴者はこの時点で気づいたかもしれません。

第7話の詳細は以下の記事をご覧ください。

majotabi-7

 

実はこのイレイナと同じ服装に身を包んでいた魔女こそが実は現役時代のニケ(母親)だったのです!
同じ服装や髪色であるものの毎週観るイレイナよりも身長が少し大きく、灰色の髪の毛も後方の縛り方(三つ編み)も少し違っておりました。

そんなニケ(母親)はお役人さんからナイフを借りるものの「どうするつもりなのか?」と質問されます。

ニケ(母親)「こうするのよ・・・」

ナイフを使って壁に文字を刻んでは驚かせますが、これが後に壁を壊して2つの国を統一させる」ことにつながっていきます。
それからは10数年後という形で現代の時系列に戻ると同時にサヤが同じ国に訪れてくるストーリー展開になりますが・・・ここまでの時点で気づいたことも1つあります。
それはこの国を訪れた時のニケ(母親)はイレイナと同じ“魔女”の衣装を身に包んでいたものの・・・魔法を一切使っていなかったんですよね!

出来ることなら派手に魔法をぶちかましてくれるような描写も見て見たかったですよね。

 

イレイナ来訪の時点で正体も確定に!

そしてサヤより一歩遅れる形でイレイナも到着しますが、あのお役人さんからは顔見知りとして懐かしい再会として声をかけられたものの、彼女の方は自分がなぜ初対面の高年男性から親しげに話しかけられているのかさえ分からない状況でした。

お役人「旅の魔女どの、10数年ぶりじゃのう!」
イレイナ「私のことをご存知なのですか?」

お役人たちにとっては懐かしくてもイレイナの方にとっては初対面であるために、お互いの会話に食い違いが生じます。

お役人「顔立ちがあの時より“幼く”なっておる!なんだ、別人か・・・」

このお役人たちが10数年前に出会ったニケ(母親)は、この時のイレイナよりも“年齢が上”の時期だったようですね。
それにしてもお役人さん・・・一度はニケ(母親)と認識しながら声をかけたのだから、イレイナの姿を見た時に彼女の娘であることを全く考察することなく”別人”と割り切ってしまうとは少し寂しいものがありますよね。

イレイナが訪れた時には、かつてのニケ(母親)やサヤによるアイディアの影響もあって壁そのものが完全に取り壊されてしまっていた状況でしたが、そこで1個だけ購入した“瓦礫のお土産”意味深な文字が刻まれていることに気づきます。

イレイナ「イレイ・・・」

最後の1文字だけ読めなかった状態であり、普通ならばニケ(母親)が旅先の中でもこれから生まれるであろう自分の娘の名前を刻んでいったのだろうと考えたいところなのですが・・・実はサヤが何箇所にも渡って刻み続けていた自分の大好きな“イレイナ”の名前を好き放題に刻んでいった一部分がたまたま本人の手に渡っただけだったんですよね。

サヤの詳細は以下の記事をご覧ください。

【魔女の旅々】サヤは男?女?正体について | 「魔女見習い」になり思いがけぬ場所での再会
...

 

エンドロールにも思わぬ仕掛けが!

ここまで見てきたところでニケ(母親)が多い場面で登場した第1話第7話エンディング中に表示されていたエンドロールも振り返りながら“名前の表記による違いと仕掛けにも迫ってみましょう。

第1話 「イレイナの母」
第7話 「ニケ」

確かに第1話では“イレイナの母親”としてのニケ(母親)しか登場していなかったため、この表記方法も決して間違いではありません。
しかし第7話の時には回想場面の中で母親も台詞を発していたにも関わらず「イレイナの母」の名前はなく、「ニケ」の名前の方だけが表記されていた上に担当された声優も同じ伊藤静さんでした。
ここ近年は放送(録画含む)でも配信サイトの中でも主題歌やCM部分を飛ばしてアニメ本編だけで観る人も多いそうですが、実はこうして飛ばしてしまいやすい部分にこそ思わぬ答えや仕掛けが隠されているケースもあるのです!

 

ニケがイレイナに与えた影響の数々

最後はニケ(母親)が娘のイレイナに与えた影響や試練の数々に迫りたいと思います。

 

イレイナの才能はニケ(母親)の血が大きい?

娘のイレイナは最年少(当時14歳)“魔女見習い”となってしまった程の才女です。
もちろん本人による大きな努力もあったのでしょうが、こうした才能や能力にはニケ(母親)の血を強く受け継いだ影響も強いと思われます。

 

フラン先生への極秘依頼

先にも触れたフラン先生への「娘への修行内容について」の依頼内容ですが、その内容とは・・・
「自分たちの娘には“とびきりキツい試験”を与えてほしい」
と、いうものでした。

始めはフラン先生だけでなく、視聴者側から見ても「何故、そんな内容の依頼を?」と思われたでしょう。
一見は厳しいを通り越してイレイナが正式な”魔女”にさせまいとする内容に見られがちな依頼ですが、こうした面にこそニケ(母親)による“娘への愛情と心配”が強く込められていたのです。

フラン先生の詳細は以下の記事をご覧ください。

【魔女の旅々】フラン先生の正体や魔法能力 | イレイナを弟子入させた真相
...

 

この依頼内容の真相については文章だけは、あまりにも長すぎて解りにくくなってしまう可能性もあるので、簡単に表と箇条書きにしてみます。

① 挫折 これまでに”挫折”や”敗北”を味わう経験なく成長してしまったイレイナに対して「思い通りにいかないこともある」ということを教えたかった。
② 我慢強さの限度 イレイナは才能や努力家なこと以外にも常軌を逸する程の我慢強さもあります。
それは決して悪いことではないものの、時には自分自身を守るために戦うことも必要なこともあるのです。

この2つは“魔女”になるためだけでなく正式な魔女と認定されて旅立つ中でも必要とされており、イレイナ自身が旅先これまでの旅先で出くわしてきた苦難を何とか乗り越えてこられた要因であったとも言えるでしょう。

 

旅立つイレイナに出した3つの条件

フラン先生から認められたイレイナは”灰の魔女”として旅に出ますが、ニケ(母親)の方はそんな娘に対して旅立つことにおいて“3つの条件”を出します。

  1. 危険な目に遭いそうな時は逃げること。
  2. 自分が特別な人間とは思わないこと。
  3. いつか必ず帰ってきて、自分たち(両親)に元気な顔を見せること。

①に関しては視聴者側から見ると、あまり守られていないように見えますが(第4話でのミラロゼによる復讐に協力した上に、第9話に至ってはお金に困っている事情もあったもののタイムスリップや殺人鬼との戦闘にも加勢してましたからね・・・)、それらの経験も手伝って②の内容がイレイナ自身も強く骨身に染みたことでしょう。

 

ミラロゼの詳細は以下の記事をご覧ください。

【魔女の旅々】ミラロゼのキャラ性と正体・ジャバリエとの関係性
...

 

残る③においてはニケ(母親)だけでなく、第5話の魔法学校で再会したフラン先生からも指摘されていたから、しっかりと守られることを願いたいものです。

 

 

旅立つ娘に授けたアイテム

先に挙げられた3つの条件(約束)を交わした後に“2つのアイテム”を娘に授けます。

① 予備の帽子 旅立つイレイナが被っているものと同じ帽子を”予備”として授けますが、これは「魔法使いの国」で出会ったサヤに譲ることになります。
② 日記帳 自分の旅先での出会いや出来事を書き記しておくように告げながら渡します。

イレイナが幼少期から好きで読み続けてきた「ニケの冒険譚」もニケ(母親)自身の旅先での出会いや出来事を書き記されてきた日記を”書籍化”したものです。

ニケ(母親)「ニケ(自分)のように“旅の日記”をつけなさい。いつか帰ってきた時に“あなたの物語”を聞かせてちょうだい!」
イレイナ「なら、もらっておきましょう」

この”日記帳”により「4つ目の条件」が出来てしまったわけですが、これに関してはイレイナも宿泊先の宿で書き綴っている場面も見られているため、しっかり守られているということですね。
ニケ(母親)が自分の娘に告げたとおりに、いつかは「イレイナの冒険譚」が完成して”本”として読める時も訪れることでしょう。

ちなみにニケ(母親)はかつての弟子であるフラン先生にも同じことをさせていたのですが、彼女の場合は旅先で忘れて置いて行った鞄の中に入れてしまった上に、拾った者によってそのまま売られてしまった為、現在でも行方不明な状態になっております・・・。

 

まとめ

今回は「ニケの冒険譚」シリーズの主人公ニケの正体を明かすと同時に、その冒険譚の一部や娘であるイレイナに与えた影響の数々にも迫ってみました。

  1. ニケの正体はイレイナの母親であった!
  2. イレイナの才能や能力は本人の努力の賜物であると同時にニケ(母親)の血を強く受け継いだ影響もあると考えられる。
  3. かつては”旅の魔女”であったと同時にフラン先生やシーラの師匠でもある。
  4. フラン先生に対しては娘に対して「挫折」と「我慢強さ」を教えてもらうようにお願いしていた。
  5. “灰の魔女”となったイレイナが旅立つ時にも日記帳を渡して自分の旅先での出会いや出来事を書き綴るように指示した。

初めてニケ(母親)の正体を知った時には少なからず驚いたものの、娘の気持ちを理解して優しく送り出してくれたのも自身による“旅の魔女”として多くの出会いや経験が大きいのでしょうね。
いつかはスピンオフ的な形でも良いので「ニケの冒険譚」をそのままアニメ化(またはラノベやコミック化)してファンにも観られる(読める)ようにしてほしいものです。

 

>> アニメ魔女の旅々の感想を振り返る

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
魔女の旅々
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. より:

    フラン先生の場合はそのまま売られてた気が、、、(違かったらスミマセン)

    • 小吾郎 より:

      コメントありがとうございます。

      この部分に関しては説明が足りていなかったようですね、すみません・・・。

      文章を少し補足しました。

タイトルとURLをコピーしました