【決定版】おすすめアニメ120選

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】

スパイ教室

『スパイ教室』は竹町先生により執筆されている大人気ライトノベル作品です。

コミカライズを経てテレビアニメ化もされており、2023年1月から3月まで1st seasonが、同年7月から2nd seasonが放送中です。

本記事では『スパイ教室』の人物相関図を作成してみました。
原作やアニメ1期も追っている人達は復習として、これから本作品に触れようと考えている人達には予習として役立てていただけると幸いです。

 

目次

『スパイ教室』の人物相関図

『スパイ教室』は歴史上最大規模とされる世界大戦の終結から10年後の時代、光の戦争(剣や弓などを使う武力抗争)から影の戦争(スパイたちの情報戦)に切り替わった舞台でストーリーが進行していきます。

ディン共和国のスパイ・クラウスが創設したチーム「灯(ともしび)」に集められてきたメインヒロインたちや他のスパイチームとの戦闘や騙し合い、そして人間ドラマが繰り広げられます。

 

チーム「灯(ともしび)」

まずは、主人公(クラウス)により結成されたスパイチーム「灯(ともしび)」ボスとメンバー(本作品のメインヒロイン達)を紹介します。

 

スポンサーリンク

クラウス

コードネーム 燎火(かがりび)
誕生日 7月11日
年齢 20歳
CV 梅原裕一郎

本作品の主人公で、チーム「灯」のボスを務める青年です。
まるで女性と見間違う程の美貌と、実年齢よりも上と思われるような大人びた振る舞いや話し方が特徴的です。

自分自身を「世界最強のスパイ」と言い切っており、スパイ能力と戦闘能力ともに世界最高峰の実力を誇ります。
リリィたちから様々な作戦や不意打ちで挑まれても動じることなく、いつも余裕で倒しながら勝利しています。

しかし、スパイとしての技能は全て「なんとなく」という感性で習得してきた影響もあり、部下への指導や教育における能力はほぼ皆無なのが弱点です。
それでも「灯」メンバーからの人望は非常に厚く、クラウス自身が臨む“不可能任務”にも皆が進んで参戦してくれます。

 

過去は伝説のスパイチームの最年少メンバーだった

実はクラウスはディン共和国が世界に誇る伝説のスパイチーム「焔(ほむら)」の最年少メンバーでもあり、師匠(ギード)まで死亡した現在では“唯一の生き残り”でもあります。

かつては貧困街で孤児として生活している中で出会ったギードに拾われたことが縁で「焔」の一員となり、スパイとしての技術や戦闘術を学んできました。

 

クラウスの名言も過去の仲間(ルーカス)から受け継いだもの

クラウスが本編で何度も口に出している「極上だ」「このお遊びには、いつまで付き合えばいい?」などの名言にも重要な理由や由来がありました。

実はこれらの名言の元は、同じ「焔」で活動していたルーカスが発していたことが原作9巻で判明しました。
ルーカスには”ヴィレ”という双子の弟もおり、兄弟揃って同じスパイチームで活動していたのです。
スパイや「焔」メンバーとしての経験がまだ浅い頃のクラウスにとっても双子の兄弟は“兄貴分”のような存在であり、過去(2年前)に死別したルーカスの口癖を受け継いだものとされています。

 

スポンサーリンク

リリィ

コードネーム 花園(はなぞの)
所属する班 実行班
誕生日 8月1日
年齢 17歳
CV 雨宮天

「灯」のリーダーに任命された少女で、愛らしい童顔と豊満なバストが特徴的です。
しかし、リーダーとは思えぬ程にドジな上、スパイを志願した理由も不純です。
さらに日常時では美味しいお菓子などで釣られては平気で仲間たちを裏切ってしまうことも多く、メンバーからの信頼度極めて低めです。

それでも、任務や戦闘中にどんな逆境に置かれても屈しないポジティブさではクラウスから一定の評価を受けており、そのような性格や姿勢がチーム全体にとっても“精神的な支え”にもなっています。

 

特技の「毒」と「耐性」を駆使して敵と戦う

リリィは実行班に所属している故、ジビアやクラウスと共に任務の最前線に出ては強敵たちと直接戦う機会も非常に多いです。
身体能力はチーム内でも高いとは言えないリリィですが「毒使い」であることによる特技に加えて、彼女自身の身体にも「毒への耐性」があります。
それらの特技や特異体質を活かす形で敵や標的を狭い部屋など”密室な空間”へ誘い込んだ上で、毒を発動させれば無類の強さを誇ります。
さらに白蜘蛛との最終決戦中の土壇場で初披露した秘密武器「失楽園」により、毒使いとしての強さや能力にも更に磨きがかかりました。

とはいえ、クラウスやギード、ヴィンドなどの強者たちにはリリィ自身の毒作戦を瞬時に見抜かれてしまうことも多いため、まだまだ修行不足と言えます。
また、解毒剤の方を忘れてきてしまう点今後の課題と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

グレーテ

コードネーム 愛娘(まなむすめ)
所属する班 情報班
誕生日 9月7日
年齢 18歳
CV 伊藤美来

スレンダーで四肢が細い赤髪の少女です。
冷静かつ落ちついた性格であり普段は冷静に振る舞う一方、自身が好意を抱いているクラウスの話題になると一気に冷静さを失ってしまうところが欠点と言えます。
それでも「灯」の年長者として、メンバー間の信頼度はとても高いです。

その一方で、自身の生い立ちや”素顔”のこともひっくるめて「極度な男性恐怖症でもあり、クラウス以外の男性と話すことが苦手な一面もあります。

 

「変装」での攪乱と作戦立案が特技

グレーテもまた身体能力は低いため、格闘などの直接的な戦闘には不向きです。
しかし、持ち前の頭の回転の速さを駆使して発揮できる「作戦立案能力の高さ」灯の中で随一と言えます。

また、グレーテ自身が得意とする「変装」実在する者と”瓜二つ”に化けられる程に高いレベルを誇ります。
リリィたちと一緒に初めて挑んだ不可能任務ではギードに見破られてしまいましたが、後の「屍排除任務」では暗殺者をも見事に演じ切ったことにより成功へと導きました。

 

自分に素顔とアザを見せた上でクラウスに告白した

実はグレーテの顔(左側)には生まれつき“大きなアザ”があり、自身のもつ特技(変装)も顔のアザを隠すために日々の研鑽で磨かれてきたものです。

「屍排除任務」が成功に終わった後は“自分の素顔とアザ”も見せた上でクラウスに告白するも空しく、結ばれることはできませんでした。
しかし一度断られただけで諦めたわけではなく、その9ヶ月後には前回とは違う形で“再告白”をしたのです。

 

スポンサーリンク

ジビア

コードネーム 百鬼(ひゃっき)
所属する班 実行班
誕生日 12月9日
年齢 17歳
CV 東山奈央

鋭い目つきと白髪ショートが特徴的な野生味あふれる少女です。
実行班の一員として、任務においては真っ先に前線へ飛び込むなど“特攻隊長”の役割を果たします。

ぶっきらぼうで口も悪い一方で心根は優しく、特にアネットやエルナなど年下への面倒見も良い姉御肌のような性格です。
実は孤児院でまだ幼い弟や妹と一緒に過ごした過去もあり、そのような過去がジビアの面倒見の良さを養わせたものと思われます。

また、同じ実行班のリリィとも“相棒かつ悪友”のような関係性で馬が合っている上、他メンバーの少女達とも上手くやっているため、実は協調性も高い方です。

 

「灯」では最高の身体能力の高さを誇る

ジビアは「灯」の中では、最強の体術と身体能力の高さを誇ります。
そのため、素手での近接格闘だけに限ればモニカすら凌駕しています。
さらに戦闘以外にも「窃盗」という形で身体能力の高さを活かしており、戦闘中に相手の武器(銃など)を奪うことで戦況を有利に運ぶことも可能です。

また、仲間たちとの連携も得意な上、任務中にクラウスの動きやスピードについていけるのも「灯」の中ではジビアだけです。

 

脳筋らしからぬ「推理力」や「詐術」も強力な武器となる

持ち前の性格や口調、身体能力により”脳筋キャラ”と見られがちなジビアですが、実は頭脳の方もかなり優秀であることが判明しました。

「屍排除任務」ではメイド業の中で”ウーヴェの味覚障害”を見抜きました。
また、その後のメレディス戦で重傷を負わされる中で覚醒させた「詐術」では、毒と解毒剤をすり替えたことで、一流の腕を誇るメレディスをも欺いたのです。

 

スポンサーリンク

モニカ

コードネーム 氷刃(ひょうじん)
所属する班 実行班
誕生日 5月18日
年齢 16歳
CV 悠木碧

左右非対称な蒼銀髪の少女です。
常にクールで不遜な態度や物言いをするため一見は近寄りがたい印象が強いですが、それは心の奥底に“秘めた激情”を隠しているためです。

かつては「自分が一流のスパイになれない」と諦念していましたが「灯」の少女たちの出会い…
とりわけ“リリィの存在”から強い影響を受けたことにより、無気力だった心に大きな変化が現れ始めました。
基本的に馴れ合いは好みませんが、同じ「灯」のメンバーに対しては強い信頼感を抱いています。

日常ではジビアに対して皮肉を言うなど突っかかることも多いですが、それは自分以上の格闘能力を誇るジビアの強さを認めた上で“ライバル心”を燃やしているためでもあります。
その一方でジビアの方からもモニカ自身の強さや能力を認められており、内心では信頼されています。
さらに数々の激闘や不可能任務をこなしてきた中で、クラウスからも「既に一流のスパイとまで認められているのです。

ちなみに、2022年に開催された「第2回キャラクター人気投票」ではアネットやエルナ、さらにグレーテまで抑えて“第1位”の座に君臨しました。

 

特技は「盗撮」と並外れた「演算技術」

ジビアに次ぐ身体能力と格闘センスを誇るモニカも実行班に配属されており、任務で強敵たちと直接的に戦う場面も多いです。
その身体能力を駆使して”見よう見まね”だけで、クラウスの技である「銃弾弾き」を再現してしまいました。

それでもジビアの強さや能力の真骨頂は、やはり特技とする「盗撮」「演算」にあります。
鏡を使って一定範囲の空間を完全に認識できる「盗撮」に、モニカ自身の並外れた「演算技術」も取り入れることで「動くもの全ての物理軌道を正確に予測することまで可能」となります。

 

完全覚醒で鬼神の如き強さも見せた

モニカはドッグロードでの戦いで、一時期的な“完全覚醒”を果たしたことで「カーバル」の精鋭14人をわずか2分弱で全滅させてしまえる程の強さを見せました。

常にこの完全覚醒の状態でいられるわけでないものの、覚醒中においてはジビアの強さや身体能力をも上回っていたはずです。

 

スポンサーリンク

ティア

コードネーム 夢語(ゆめがたり)
所属する班 情報班
誕生日 11月16日
年齢 18歳
CV 上坂すみれ

艶やかで長い黒髪と抜群なプロポーションに加えて、妖艶な色気を帯びた美少女です。
個性派揃いの「灯」メンバーをまとめ上げており、気苦労しながらも司令塔の役割を果たしているため、「灯」の実質的なリーダーとも言えます。
(クラウスからの任命で実質的なリーダーはリリィですが、日常時の信頼度は圧倒的にティアの方が上です)

任務中の現場では“色仕掛け”による交渉情報収集を中心に行なっているため、性に関しては奔放的です。
しかし本質は真面目かつ心配性な努力家である上「灯」メンバーの中では“1番の常識人”でもあります。

 

「交渉」と「読心」の特技でモニカとの決闘にも勝利した

ティアと言えば、その美貌とスタイルの良さを駆使した”色仕掛け”ばかりが印象に残っている読者やファンも多いかと思います。
しかし、色仕掛けはあくまでも本当の特技である「交渉」「読心」能力を活かすための方法に過ぎません。

ティアの交渉では「相手と3秒間見つめ合うだけ“相手の願望”を読み取ることが可能」です。
そして、その願望を“交渉の材料”とすることで、さらに自分に有利な状況へ運んでいけます。

また、マティルダを救いたい一心で反対するモニカとの決闘も繰り広げますが、自身が力尽きる寸前、強引にキスを仕掛けながら目を合わせたことで「モニカの恋心」を見抜いたことで見事に交渉を成立させました。
さらに、その決闘がキッカケでモニカのことを“ライバル”と認めたのです。

 

紅炉(フェロニカ)への憧れすら交渉材料にしてしまう

ティアは自身の恵まれた家柄や生い立ちが災いして、帝国のスパイに誘拐されたところをチーム「焔」のボス・紅炉(フェロニカ)に救われた過去がありました。
自分を救ってくれた紅炉(フェロニカ)への恩義と憧れにより、スパイを目指すようになり「灯」に入ってからもフェロニカのような英雄になるべく、日々の努力や研鑽を続けています。

しかし、ティアの場合は憧れの英雄(フェロニカ)さえも”交渉の材料”にしてしまえる点も大きな強みと言えます。
チーム「蛇」の紫蟻に捕らわれて絶体絶命な状況下でも「紅炉(フェロニカ)が残した英雄伝説」を利用しては、働き蟻を支配してしまいます。
さらに自分を殺そうとしてきた屍をも交渉だけで味方につけてしまったのです。

自身の特技と「紅炉への憧れ」を見事にブレンドさせた「ティアならではの交渉術で何度も危機を覆していきます。

 

スポンサーリンク

サラ

コードネーム 草原(そうげん)
所属する班 特殊班
誕生日 1月12日
年齢 15歳
CV 佐倉綾音

「灯」年少組の1人で、小柄な体型と癖っ毛の強い茶髪が特徴的な少女です。

自身の実力不足を自覚しているために自分から意見を言えず、いつも控えめな態度を取っていますが、実は人としての器は大きく「何でも受け入れて許せること」が大きな取り柄となります。
その強い包容力により、同じ年少組で精神的に不安定なアネットやエルナからは特に慕われています。
また、自制の利かないアネットを抑えられる“唯一の存在”でもあります。

 

「調教」の特技で仲間たちを卒なくサポートする

サラにはリリィたちと違ってスパイを目指した理由や動機もない上、身体能力では「灯」の中でも最弱です。

その一方で鳩山や猫、ネズミなどの動物たちを操る「調教」の能力は万能であり、メンバー全員で挑んだ”クラウスとの掃除対決”では大いに役立ちました。
また、任務中でもオリヴィアが投げつけてきた爆弾からリリィ達を救うなど、今ではサラの調教「灯」に必要なサポート能力となっています。

 

今後は「灯」メンバーを守る側へと成長する

調教を駆使したサポート能力が万能でも、最弱な身体能力を補うところにまでは到達できていません。
それでもチーム「蛇」の1人・白蜘蛛という敵うはずもない強敵に対してもクラウスを救うため、臆せずに立ち向かいます。
この白蜘蛛戦でサラのために用意された秘策と詐術「鳥獣戯画」を駆使することでクラウスたちを守ることに成功しました。

決して後方からのサポート役だけに留まらなず、自らも前線に出て強敵たちと戦いながら戦闘面や身体能力も少しずつ伸びてきているため、今後は更に「仲間たちを守れる強さ」へと成長していけるはずです。

 

スポンサーリンク

アネット

コードネーム 忘我(ぼうが)
所属する班 特殊班
誕生日 3月15日
年齢 14歳
CV 楠木ともり

乱雑に結ばれた灰桃髪と左目に装着された大きな眼帯が特徴的な可愛らしい少女で「俺様」という一人称もまた、多くの読者たちへアネットのキャラクター性を強く印象づけています。

リリィたち年長組にとっては“癒しの存在”である一方でイタズラなどの奇行も目立ち、常人には理解の及ばない問題児でもあります。
さらに内心では邪悪な本性も抱えているため、その実態は必要な時には残酷な手段も辞さない“自己中心主義者”です。
アネットの自己中さは同じ年少組のエルナに最も強く向けられており、エルナが嫌がったり拒否したりしてもお構いなしに強引に引っ張っていきます。
(そのような2人のやり取りを見かねたサラが、たまに間に入ってフォローすることもあります)
しかし、クラウスからは「灯」で他の少女たちにはない“冷酷さ”を評価されており「灯」の最終兵器とての役割まで与えられています。

このような可愛さの中にある”自己中心主義”や”冷酷さ”も多くのファンたちから支持されており、2020年に開催された「第1回キャラクター人気投票」では見事に“第1位”の座に輝きました。

 

「工作」の特技と天才的な記憶力が武器

グレーテやサラと同じく、アネットも身体能力は高くありませんが「工作」の特技で作り上げたトラップや武器などにより後方支援として大活躍しています。
アネットの工作レベルは共和国の科学水準をも超えている「天才的な記憶力」を活かすことで「一度見た物を寸分違わずに再現することも可能な点」も大きなポイントです。

さらにモニカとの戦闘がキッカケで、人を利用して殺人を行えてしまう「秘武器の構想」にまで至りました。

 

アネットの壮絶な過去や生い立ちとは

アネットは生まれて間もなく駅のゴミ箱に捨てられていたところを“マティルダ”という女性に拾われますが、そのマティルダからの虐待を受け続けたこと「記憶喪失」となってしまい、その状態は本編でも続いているのです。
(そうした生い立ちにより”14歳”という年齢設定も、あくまでも本編での書類上でのものです)

しかし、アニメの2nd seasonではかつての育ての親であった「マティルダとの再会」という辛い展開がアネットを待ち受けています。

 

スポンサーリンク

エルナ

コードネーム 愚人(ぐじん)
所属する班 特殊班
誕生日 6月4日
年齢 14歳
CV 水瀬いのり

明るい金髪と透き通るようは白い肌で人形めいた美しさをもつ少女です。

一見はクールさを装っていますが、実は「ただの人見知り」であり「灯」の少女たちの“妹分”のような存在です。
エルナ自身もチームや同じメンバーたちのことを好きで大切に想っており、同じ年少組のアネットに振り回されることには嫌そうな表情で拒否しながらも本音では少し嬉しい気持ちもあります。

 

「切り札」かつ「8人目」として初登場した

エルナの初登場シーンや時期は他のメンバーと違って、かなり特殊な内容やタイミングによるものでした。
本来は第1話の時点からリリィたちとも出会っており生活や任務も共にしてきたものの、初めて挑む不可能任務での“隠し玉”と同時に“切り札”として本編での初登場を飾りました。

このような作戦でエルナの存在そのものを隠し通したことにより、チーム「蛇」の蒼蝿(ギード)への不意打ちを成功させたことで、見事に追い詰めたのです。

 

「不幸」や「事故」を嗅ぎ分ける特殊体質が武器

エルナは事故や災難が起こる場所や時刻などを予測するように嗅ぎ分けることが得意であり、このような特殊体質がエルナのもつ特技にも強く活かされています。

しかし「事故」の発動には、自ら嗅ぎ分けた事故や災難の起こる場所へ出向いた上で自分も行かなければ戦果を上げられません。
そのため、効果や戦果を得るためにはエルナ自身にも危険が及び、大怪我などを負ってしまうという“諸刃の剣”のような特技と言えます。

 

チーム「焔(ほむら)」

かつて、クラウスが所属していた伝説とまで呼ばれ続けているスパイチームです。

世界大戦の下「対外情報室」の設立と共に中心に据えられた第38代目として暗躍した中で“世界大戦の終結”にも貢献したことで、その名声は世界中に広がりました。

しかし、チーム「蛇」の罠にかかったことで全滅したため、今ではクラウスだけが”唯一の生き残り”です。

 

スポンサーリンク

フェロニカ

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室短編集2 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 紅炉(こうろ)
CV 川澄綾子

チーム「焔」のボスだった女性で、燃えるような紅髪が特徴的です。

全ての人間を慈しむ慈悲深さをもつと同時に、スパイとして容赦のない殲滅も実行していました。
世界大戦ではガルガド帝国・陸軍の情報を連合国へ流したことで戦争を終結させた立役者であり「伝説的なスパイ」という異名をもっています。

まだ幼き頃のクラウスにとっては“母のような存在”であり、助けられたティアからも“恩人”かつ”憧れの対象”でした。
そして、死亡後の現在もフェロニカの名前や存在は彼らの心に深く刻まれています。

 

スポンサーリンク

ギード

コードネーム 拒光(きょこう)→蒼蝿(チーム「蛇」)
CV 三木眞一郎

戦災孤児だったクラウスをチーム「焔」に引き入れ、己の戦闘技術の全てを押し込んだ男性です。
クラウスからも「師匠」と呼ばれながら、父や兄、または親友のように慕われていました。

刀を駆使した圧倒的な戦闘能力を誇っており、かつてはライラット王国のニケと共に「世界最強」とまで呼ばれる程に恐れられていたのです。
「焔」壊滅時に死亡したと思われていましたが、実際はガルガド帝国に寝返っていた上、チーム「蛇」に鞍替えしていました。
(ちなみに、ギード自身の裏切りと情報漏洩が原因で「焔」を解明状態に追い込んだのです)

そして本編ではエンディ研究所で「灯」メンバーやクラウスと戦います。

 

スポンサーリンク

ルーカス

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第9巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 煤煙(ばいえん)
CV 不明

「千戦不敗のゲーム師」の異名を誇る、ヴィレとは“双子のの青年です。
さらに優れた工作技術でフェロニカ達をサポートしてくれてきた「焔」の中核を担う存在として活躍してきました。

まだ経験の浅いクラウスやハイジへの面倒見も良く”次代のボス”としても期待されていました。

 

スポンサーリンク

ヴィレ

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第9巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 灼骨(しゃっこつ)
CV 不明

「未来が見える占い師」の異名を取る青年で、ルーカスとは“双子のでした。
精密なプロファイリング能力に優れており、相手を観察することで「弱みにつけ込んだ買収や交渉」を得意としていました。

穏やかな性格で、強引な兄(ルーカス)を茶化しながらも献身的につき従ってきてくれました。

 

スポンサーリンク

ゲルデ

コードネーム 炮烙(ほうらく)
年齢 享年72歳
CV 不明

「焔」の最古参メンバーで、高齢ながらも筋骨隆々で最前線に出て戦い続けた凄腕なスパイでした。

小銃を連射しつつ鋭い緩急をつけた秘伝“足捌き”で激戦へ飛び込んでいく戦闘スタイルで戦ってきましたが、その技術は本人の死亡後もクラウスやヴィンドたちに受け継がれています。

 

スポンサーリンク

ハイジ

コードネーム 煽惑(せんわく)
CV 不明

自身のもつ“多才な芸術センス”人の心を支配する特技を活かしながら、潜入捜査を得意としていた女性です。
(また”官能小説家”としてもしても活躍していたした)

まだ生きていた頃には“クラウスの姉貴分”であると同時に「モニカにトラウマを植えつけた張本人」でもありました。

 

チーム「鳳(おおとり)」

「焔」壊滅の直後、ディン共和国内に27あるスパイ養成学校から選抜された新たなスパイチームです。
3000人をも超える学生たちの頂点に立ち、その高い実力は「灯」メンバーを遥かに凌駕しています。

「灯」メンバーとも1ヶ月間にわたる交流や共同任務を通じて心を通わせ始めたのも空しく、現時点(原作9巻まで)ではラン以外の者たちは既に死亡しています。
ちなみに最後の任務は「焔」に所属していた「ゲルデの死の真相を探ること」でした。

 

スポンサーリンク

ヴィンド

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 飛禽(ひきん)
卒業試験の順位 1位
CV 不明

チーム「鳳」のエースで、アーディの死亡後から“ボス”の座に就任してきました。

その優秀な成績により3089名もの学生たちの中でも頂点に立ってきた上、ゲルデからの教えも受けており、既に“一流”とまで言える強さを誇る青年です。
「ナイフ術」が特技で「噛み抉る時間たれ」が口上です。

ワンマン主義者な性格なために連携や協調を嫌う一方で、チームのことを誰よりも大切に考えてきました。
それでも最後の任務中、大量の切り傷を受けてしまい、返り血を浴びながら死亡しました…。

 

スポンサーリンク

ビックス

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 翔破(しょうは)
卒業試験の順位 2位
CV 不明

甘いマスクと飄々とした紳士口調が特徴的なイケメンでで、ヴィンドへの“強いライバル心”を抱きます。

そのスマートな体型からは想像できない程の「怪力」を特技としており、筋肉の内側に武器を仕込んで戦う「鳳」の前衛担当として戦ってきました。
口上もその怪力にちなんで「浮かれ砕く時間ですよ♪」というものでした。

最後はフォルマを庇いながら、チーム「蛇」の黒蟷螂が放つ銃撃を受ける形で死亡しました。

 

スポンサーリンク

ラン

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 浮雲(うきぐも)
卒業試験の順位 3位
CV 不明

「捕縛」を特技とする少女で「産み囚われる時間でござる」を口上とする、語尾に「ござる」をつける話し方が特徴的です。
「鳳」の隠密担当であり、チーム内では皆の妹分的な存在でもあります。

ポジティブで明るい性格ですが、人の地雷を踏む天才でもあるため、時にはその明るさが災いしてモニカやアネットの怒りを買うこともあり、常に逃げ回っています。
また、現時点(原作9巻まで)では壊滅した「鳳」の“唯一の生き残り”でもあります。

 

スポンサーリンク

キュール

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 鼓翼(こよく)
卒業試験の順位 4位
CV 不明

眼鏡とポニーテールの髪型が特徴的な少女で「誉れ驕る時間にするから」を口上としています。

特技の「地獄耳」を活かして情報収集と状況把握を行う後衛担当であると同時に、何かとギクシャクしやすいヴィンドとビックスの間を取り持つ苦労人でもあります。
それらも含めた日頃のストレスによって酒乱気味である一方で、年相応の乙女さも併せ持ちます。

「灯」との対決では変装していたグレーテを”本物のヴィンド”と誤解したことで拘束された上、最後はチーム「蛇」の翠蝶に刃物で切り裂かれて死亡したため、戦闘面ではあまり大きな活躍や見せ場には恵まれませんでした。

 

スポンサーリンク

ファルマ

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 羽琴(はこと)
卒業試験の順位 5位
CV 不明

ボサボサに伸び切った長髪が特徴的な女性ですが、雰囲気はランやキュールよりも大人びています。
「腐れ堕ちる時間にするよぉ?」を口上としながら自由奔放に振る舞います。

しかし「籠絡」の特技は「自身の一挙手一投足により、その場の空気をも支配できてしまう」という非常に強力なものであり、敵地への潜入捜査では無類の強さを誇ります。

最後の任務中もその強力な能力で黒蟷螂の攻撃を避けますが、その直後に車轍斧で大ダメージを受け、ビックスに抱えられたまま銃殺されて死亡しました。

 

スポンサーリンク

クノー

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 凱風(がいふう)
卒業試験の順位 6位
CV 不明

常に仮面で素顔を隠しており「吠え忍ぶ、時間…」を口上とする、チーム内でもひときわ異彩を放つ寡黙な大男です。

基本的に単独で行動していますが、持ち前の工作技術は一流であり、実は仲間たちを想う気持ちも誰よりも強いのです。
また、連続殺人犯として投獄された過去をもつと同時に、自らを「血族」と名乗るなど謎の多い存在でもありました。
しかし、クノー自身が血族であるからこそ、アネットの正体(姦邪なる血族)も見破れたわけです。

最後の任務中、自ら仲間たちの盾となって爆弾を受け止めた上で下半身を吹き飛ばされるという、壮絶な最期を迎えました。

 

スポンサーリンク

アーディ

コードネーム 円空(えんくう)
CV 不明

チーム「鳳」元・ボスで、明るさだけが取り柄の任務ではミスばかり起こしていた女性です。

それ故に日頃からメンバーからの罵倒やいじり、愚痴の受け皿など散々な役目ばかりの毎日でしたが、気づけばヴィンドたちから慕われて“かけがえのない存在”となっていました。

しかし龍沖での任務中に子供を庇い、マフィアからの凶弾に倒れて死亡しました。

 

チーム「蛇(へび)」

ボスと藍蝗の2人で結成された、ガルガド帝国のスパイチームです。
3年前に白蜘蛛が加入したことで本格的に活動を開始しており「焔」壊滅を始め、世界中のスパイ組織に大打撃を与える組織へと成長しました。

そんな彼らの目的は「暁闇計画」とされていますが、その詳細までは未だ謎に包まれています。
また、他のスパイチームとは違い、メンバー同士でもコードネームで呼び合っているため、本名までは明かされていない点も大きな特徴です。

 

スポンサーリンク

黒蟷螂(くろかまきり)

本名 不明
CV 不明

元「JJJ」「窮奇」です。
2本の義手から衝撃波を繰り出す「車轍斧」の威力は凄まじく、一瞬ならば蒼蝿(ギース)に匹敵する程の攻撃力を誇ります。

その自慢とする義手は10年以上の歳月をかけて改良を重ねてきたものですが、チーム「鳳」との戦闘で覚醒したヴィンドが放った”死に際の一撃”により破壊されました。
そのため、現在は本来の実力を出せずにいる状態です。

 

スポンサーリンク

白蜘蛛(せいろぐも)

本名 不明
CV 不明

元・帝国陸軍に所属していた男性です。
無職となっていた頃に藍蝗にスカウトされたことがキッカケで「蛇」に加入し、自身もメンバー集めに奔走した“チームの中心人物です。
また、同じチームに加入した蒼蝿(ギード)を射殺した犯人でもあります。

弱さを愛して強さを憎んでいる心情により、クラウスのことを「強さの化身」と解釈しては、とことん執着していました。
小物のような言動からは想像できない技術力の高さを誇りますが「灯」との激闘の末「虹蛍」という言葉を遺して死亡しました。

 

スポンサーリンク

紫蟻(むらさきあり)

本名 不明
CV 不明

元・ライラット王国の諜報機関「創世軍」の1人です。
(当時のコードネームは「ディモス」でした)
一見は柔和で紳士的な雰囲気の男性ですが、その本性は“凶悪そのもの”です。

拷問によって脳に恐怖を刻み込むことで、自身への忠誠を誓う「働き蟻」を作り出すことで“ミータリオの王”として君臨しました。
彼が作り出した働き蟻の数は“300人”という圧倒的な多さを誇り、フェロニカを始めとしたスパイたち暗殺することで、多くのスパイ機関に大打撃を与えてきたのです。

しかし、その強大な強さや能力をもってしてもクラウスには敵わず、拘束されます。

 

スポンサーリンク

翠蝶(みどりちょう)

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第7巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

本名 不明
CV 不明

不気味な微笑と狂気じみた笑い声が特徴的であり、チーム「蛇」の中では最年少の少女です。

仲間の白蜘蛛が掴んだ情報を元に、モニカの弱みにつけ込みながら”自分のチーム(灯)を裏切らせる”など「脆計・脆謀に優れた才」をもつ“策謀のプロ”です。
その後もあらゆる策謀を駆使しながら「灯」壊滅の寸前にまで追い詰めました。
しかし、ティアの工作によって大逆転を起こされた上、自由の身となれたモニカによって倒されたのです。

そんな翠蝶の正体とはCIMの最高機関である「ハイド」の一員であったことも判明しました。

 

スポンサーリンク

青蝿(あおばえ)

本名 ギード
CV 三木眞一郎

チーム「焔」のギードが「蛇」へ寝返った後のコードネームが“青蝿(あおばえ)”です。

当初は1人だけで「蛇」を圧倒しますが、そこで入手した「暁闇計画への対応」を巡りボス(フェロニカ)と対立した末に決裂したため、ギードの方から「焔」を裏切り、そのまま「蛇」へと加入していました。
さらに「蛇」加入後も自ら「焔」メンバーの抹殺を進めるなど、すべてを覚悟した上で行動を起こしてきたのです。

そして本編でのエンディ研究所で「灯」メンバー7人を迎撃しますが「世界最強」とまで恐れられてきた強さは健在であり、たった1人で全員倒した上で拘束してしまいます。
さらに切り札(エルナ)からの不意打ちで負傷した状態でも、クラウスとの対決で互角に渡り合っていました。

しかし、最後には敗北した上、白蜘蛛の狙撃からクラウスを庇い、死亡しました。

 

スポンサーリンク

銀蝉(ぎんぜみ)

本名 不明
CV 不明

元「カース」の飼育員で、白蜘蛛と同年代の女性です。
銀蝉の場合は、自国の諜報機関に不信感を抱いていたため、即座に「蛇」へ加入していました。

注射器武器として戦う戦法を得意としており、体調不良となったクラウスを追い詰めますが…
窮地に達したことで“覚醒”したクラウス敗北しました。

また、過去にはルーカスに嵌められたこともあったようです。

 

スポンサーリンク

藍蝗(あいいなご)

本名 不明
CV 不明

ボスの側近として活動する中年男性で、白蜘蛛を自分たちのチームへと勧誘した張本人でもあります。
(しかし、自分が引き入れた白蜘蛛からは「藍蝗のおっさん」などと呼ばわれています)

スパイ能力や戦闘面での強さは未だ不明ですが、白蜘蛛からは黒蟷螂や蒼蝿に匹敵する程の実力である」と評されています。
また「焔」のルーカスとヴィレの双子を殺した人物とも言われています。

 

スポンサーリンク

ボス

本名 不明
CV 不明

チームのボスとして側近の藍蝗に指示を出している謎の人物です。
さらにガルガド帝国や山間の中立国など、自身の居場所を転々と変えているため、姿や存在を見つけること自体が困難と言えます。

しかし、白蜘蛛でさえ視線を合わせただけでも全身の血の気が引いた上、無意識のうちに呼吸を止めてしまうなど「見てはいけないもの」とまで認識されている時点で「蛇」メンバーを遥かに凌駕する程の絶大な強さや能力をもつ人物であることを感じ取れます。

 

CIM

王室に忠誠を誓う数十ものスパイチームを傘下に置く、フェンド連邦の諜報機関です。
細かい部隊分けもされており、防諜専門部隊「ベリアス」や「ヴァナジン」特別暗殺部隊「カーバル」などで構成されています。

しかし、全ての意思決定は5名のスパイから成り立つ最高機関「ハイド」が行い、各機関やチームがその命令に従います。
王室への忠義が基盤とされる「絶対正義」という名の下に執行される行為には、誰もが正しいと信じて疑っていません。

 

スポンサーリンク

アメリ

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

(スパイ教室第6巻 竹町/富士見ファンタジア文庫)

コードネーム 操り師(あやつりし)
所属部隊 ベリアス
CV 不明

防諜専門部隊「ベリアス」ボスで、指揮棒を振るうことで最大50人もの部下たちを自身の手足のように操れる能力をもちます。

「ハイド」からの命令を信じて「灯」に敵意を向けますが、クラウスたちと共に行動していく中で“上層部への疑念”を抱き始めます。
そして己の信念に従いながらチーム「蛇」へと寝返るも空しく、最後は白蜘蛛に殺されて死亡しました。

 

スポンサーリンク

ルーク

コードネーム 影法師(かげほうし)
所属部隊 カーバル
CV 不明

特別暗殺部隊「カーバル」ボスであり、肉食獣を模した黒いマスクで口元を覆っています。

フェンド連邦でも1・2を争う精鋭部隊を率いており、自身も含めた総勢14人がかりでモニカに挑みますが…
“覚醒”を果たしたモニカの敵にすらなれず、わずか2分弱という短時間全滅させられました。

 

スポンサーリンク

メレディス

コードネーム 甲冑師(かっちゅうし)
所属部隊 ヴァナジン
CV 不明

防諜部隊「ヴァナジン」のボスを務める、黒い肌と金髪が特徴的な男性です。

サーベルを武器や無尽蔵の体力で覚醒したモニカを追い込みますが、エルナの乱入によって取り逃してしまいます。
さらにジビアとの戦闘では格闘で圧倒しますが、詐術に騙された挙句、毒を盛られて倒されました。

 

スポンサーリンク

ミーネ

コードネーム 刀鍛治(かたなかじ)
所属部隊 ヴァナジン
年齢 20代後半
CV 不明

「ヴァナジン」の副官で、威勢のいい啖呵と短く刈り上げられたベリーショートな髪型が特徴的です。

テロリスト用の制圧武器を使った轟音の攻撃「絶音響」でリリィたちを苦しめますが、毒を盛られたことで行動不能な状態にされました。

 

スポンサーリンク

ネイサン

コードネーム 呪師(じゅし)
所属部隊 ハイド
CV 不明

最高機関「ハイド」の1人で、全身に装備している大量の宝飾品と1メートル以上もある長い髪、そして「雅なり」という口癖が特徴的です。

覚醒後のモニカを高く評価した上で一瞬だけ交戦しますが、そのモニカでさえも倒せず、逃げの一手を選択させた程の強者です。
また、チーム「蛇」の翠蝶(ミレナ)を抹殺した人物でもありますが、CIMではなく別の組織に報告していました。

 

スポンサーリンク

ミレナ

コードネーム 魔術師(まじゅつし)
所属部隊 ハイド
本名 リュールス
CV 不明

最高機関「ハイド」の1人であると同時に“王室の一員”でもある女性です。
(実は「蛇」に寝返る前までの”翠蝶”です)
以前までは国のため献身的に奉仕してきましたが”ダリン皇太子の秘密”に触れたことが原因で”翠蝶”として「蛇」に寝返ったのです。

しかし裏切り者としてCIMに捕まった上、アメリの手引きで逃走したも空しく、最終的にはネイサンにより抹殺されたこと死亡しました。

 

スポンサーリンク

その他の機関や人員

CIMには上記までで紹介した以外にも多種類の機関や人員が揃っています。

「道具制作機関の長を務めるハイネ」「市民の誘導と扇動を主とする機関の長を務めるカーキ」さらに「陸軍中将を兼任するシルヴィットもいます。

 

その他

最後は「灯」メンバーと協力した者や敵対して戦ってきた者たちの一部を紹介します。

 

スポンサーリンク

C(室長)

年齢 不明
CV 小形満

ディン共和国の“内閣府対外情報室室長”で、クラウスに対して不可能任務を命じる男性です。
クラウスからは「室長」と呼ばれています。

 

スポンサーリンク

ウーヴェ=アッペル

年齢 不明
CV 大塚芳忠

ディン共和国の上院議員です。
とても気難しい性格の老人ですが、政治家としては高潔な人物です。

貧しい国民たちを想うあまり、ウーヴェ自身も過度な倹約が災いして「味覚障害」と「夜盲症」を患う状態の中でも福祉事業に力を注いできました。
その強い責任感と正義感でシビアの心をも動かしています。

初登場時の時点で暗殺者(ローランドとオリヴィア)に利用されながら命まで狙われますが「灯」メンバーの活躍により命を救われました。

 

スポンサーリンク

ローランド(屍)

コードネーム 潭水(たんすい)
CV 岡本信彦

チーム「蛇」の紫蟻から気に入られている“働き蟻の1人”で、世界中で暗殺任務をこなしてきた青年です。
C(室長)からは「屍(しかばね)」と呼ばれ、拘束後はクラウスたちからも、その名で呼ばれています。

過去に死に際のフェロニカからの策略にハマったことで、クラウスのことを一方的にライバル視しながら嬉しそうに挑みますが…
そのクラウスから一方的にやられて返り討ちに遭います。
ちなみに迎え撃ったクラウスからの評価は「弱すぎる」でした…。

その敗北により一度は捕まり「灯」での尋問を受けますが、後の「ミータリオ決戦」ではティアに協力しながら「灯」メンバーも救ってくれました。
しかし最後には将軍蟻に敗れた末、白蜘蛛からの狙撃を受けて死亡しました。

 

スポンサーリンク

オリヴィア

年齢 不明
CV 日笠陽子

表向きではウーヴェの屋敷で”メイド長”を務める女性ですが、その正体「屍(ローランド)の弟子です。
メイド長として潜入しながら、ウーヴェの所有するコネクションや国家機密を利用しながら“屍(ローランド)のサポート”を続けていました。

屋敷内で”恋愛関係”などを巡りグレーテと深い因縁関係となった上、直接対決でもあと一歩のところまで追い詰めますが…
グレーテの「変装を解く」という戦略までは見抜けないまま敗北した末、拘束されました。

 

スポンサーリンク

マティルダ

スパイ教室の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

https://spyroom-anime.com/

年齢 不明
CV 不明

“アネットの母親”を名乗る女性ですが、実は「ガルガド帝国のスパイです。
確かに過去では捨てられていたアネットを拾って育てたものの、虐待行為ばかり続けた挙句「アネットを記憶喪失にさせた張本人」でもあります。

本編で再会した時はティアの優しさにつけ込んで国外脱出を目論みますが、アネットの不興を買ったことで暗殺されました。

アメリア
アメリア

アニメ版でも第2クールで登場することが発表されています。

 

まとめ

今回は『スパイ教室』の主要キャラ(「灯」メンバー)を中心に、クラウスやリリィたちと関わる重要キャラたちを紹介してみました。

「灯」だけでなく他のスパイチームのキャラクターたちにも強い個性や特技・能力まで設定されている奥深さがあるからこそ、キャラクター間の絆や戦闘シーンも輝いて見えますよね。

原作小説がまだまだ続いていくことと同じように、アニメ版でも第2クール終了後も2期や3期、または劇場版などで長く続いてほしいものです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
スパイ教室
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント