【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

エヴァシリーズの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

エヴァンゲリオン

「エヴァシリーズ」の人物相関図を作成しました。

各登場人物についてもキャラクター同士の関係性など一人ずつ解説しています。

エヴァシリーズの登場人物・キャラクターの一覧を解説

エヴァシリーズは、TV・旧劇と、新劇場版(TV・旧劇を再構成)があります。

それぞれ世界観が似つつも、小さな変化があるものがありますので、TV・旧劇と、新劇場版(TV・旧劇を再構成)に分けてキャラクターを紹介します。

TV・旧劇

TV・旧劇

出典:BiBi

スポンサーリンク

碇シンジ CV:緒方恵美

出典:TiPS

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公でエヴァンゲリオン初号機のパイロット。

父はゲンドウ、母はユイですが、幼いころに母がエヴァンゲリオン初号機に取り込まれてからというもの、ゲンドウとは離れ離れで暮らしていまた。

 

性格は内向的でナイーブなところがあり、表面的な付き合いをする傾向がありました。

しかし、物語が進むにつれて人と触れあう喜びを知るようになり、周りに打ち解けていくようになります。

ちなみにシンジは、料理、洗濯といった家事全般が得意なので、ミサトの家ではお母さん的な役割でした。

 

そして、劇中ではサードチルドレン(3人目の適格者)として扱われており、エヴァンゲリオン初号機に初めて乗ったにも関わらず信じられないくらいのシンクロ率を出してヒーロー的な扱いになりました。

しかし、ゲンドウが引き取りをしてくれないこともあり、保護者としてミサトが自宅に呼び込みます。

また、話数が進むにつれて、ドイツから来たアスカも一緒に住むようになり、ミサトの部屋は毎日賑やかでした。

 

シンジは、何度もエヴァンゲリオン初号機に乗り、傷つき、迷ってという苦悩の日々を送りながらも自分の存在意義を見つけていきます。

人類補完計画のなかでは、人と一緒にいたいという想いや、固定することで計画自体を破綻させています。

そのため、シンジがこれまで関わってきた大切な人の触れ合いが、人と人との関係の中で幸せを見つけることを選ぶきっかけを作ったのだと思います。

 

ちなみにシンジのキャラクターデザインは、貞本義行が手掛けている『不思議な海のナディア』に登場するナディアをベースにしています。

アメリア
アメリア

シンジは冒頭にてエヴァンゲリオン初号機でいきなり使徒を暴走して撃墜したよね

「碇シンジ」の詳しい情報は以下でまとめていますのであわせてお読みください。

【エヴァ】碇シンジのTV・旧劇と新劇場版の違い | レイやカヲルとの関係についても解説
碇シンジの詳細、TV・旧劇と新劇場版の違いを詳しくまとめています。そして、気になるレイやカヲルとの関係も解説

 

スポンサーリンク

綾波レイ CV:林原めぐみ

出典:BiBi

『新世紀エヴァンゲリオン』のヒロインでエヴァンゲリオン零号機のパイロット。

父と母おらず、「碇ユイ」のクローンという設定。

「碇ユイ」の身体データもとにリリスとの魂とアダムの遺伝子で作られた人型の複製体で、劇中では1人〜3人の「綾波レイ」が登場しています。

そして、「綾波レイ」に似た人型の複製体は何体も存在しており、現在の「綾波レイ」が亡くなっても次々と新しい体に乗り移り復活します。

ちなみに、新しい肉体にうつる際、記憶は維持しますが、感情(経験)は全て0の状態になります。

 

性格は感情を表に出すことがすくなく、何を考えているかわからない状態です。

しかし、庵野秀明氏が仰るには感情の表現を知らないだけで、教えていくことで人間と同じような反応をするようになるとのことです。

当時はゲンドウのみについていくという感じでしたが、シンジと触れ合ううちに彼を選ぶようになります。

 

そして、劇中ではファーストチルドレン(1人目の適格者)として扱われており、エヴァンゲリオンに乗るために生まれたきたと本人は認識しており、命を軽く見ているところが見られます。

エヴァンゲリオンに乗ることがレイが他人と繋がるための唯一の手段と考えていたこともあり、自身の存在理由を見出しています。

 

住んでいるところですが、古い集合団地の402号室です。

部屋の中は殺風景で女の子の部屋とは思えないくらい何もありません。

レイは自身が寝て起きる場所という考えがあるみたいで、最低限度の物しか置いていません。

ちなみに、劇中では私服で登場することは少なく、いつも制服です。

 

アメリア
アメリア

レイはあまり人と関わらないようにしているよね

 

 

「綾波レイ」の詳しい情報は以下でまとめていますのであわせてお読みください。

【エヴァ】綾波レイの正体は使徒? | シンジとゲンドウとの関係についても解説
綾波レイの正体について詳しくまとめています。そして、気になるシンジやゲンドウとの関係も解説
スポンサーリンク

惣流・アスカ・ラングレー CV:宮村優子

出典:BiBi

『新世紀エヴァンゲリオン』のヒロインでエヴァンゲリオン弐号機のパイロット。

母は精神崩壊を起こしてアスカを子供と見ることはなく、アスカがエヴァンゲリオン弐号機のパイロットに選ばれた日にアスカと見ていた人形と共に首つり自殺をしています。

そのため、幼いころから親に愛されることがなく、誰かに必要とされたという想いが誰よりも強いです。

ちなみに父親は、母の死後別の人と再婚しています。

 

性格は、勝ち気でとにかく自分が一番優秀といった感じで「あんた、バカぁ?」と発言しています。

4歳のころから英才教育を受けていたということもあり、エリート感を出したいのかもしれません。

そして、母に愛されたことがない幼少期のトラウマもあるせいか、早く大人になりたいとリョウジにアピールしている姿を見かけます。

 

ドイツから日本に来てからは、シンジと同じくミサトの家に住むようになり、楽しい毎日を送っていましたが物語後半になると使徒に精神汚染をうけ、エヴァンゲリオン量産機にエヴァンゲリオン2号機ごとボロボロにされるなど報われない最後を迎えています。

アメリア
アメリア
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント