【決定版】おすすめアニメ120選

【シンエヴァ】アディショナルインパクトとアナザーインパクトについて解説

エヴァンゲリオン

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で碇ゲンドウの計画により発動したアディショナルインパクト。

本記事ではアディショナルインパクトの内容と発動に必要な条件や材料、さらに劇中で勃発した結果について解説。
さらには同作品内で告げられていた『アナザーインパクト』についても迫ります。

本作品の人物相関図は「シン・エヴァンゲリオン劇場版の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
「ニアサード・インパクト」後のエヴァシリーズに登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

 

アディショナルインパクトとは

アディショナルインパクトとは、碇ゲンドウ自分の目的や願望のために起こした最終インパクトの名称です。

劇中でも実際に起こされており絶望(ロンギヌス)の槍希望(カシウス)の槍が互いにトリガーとなり虚構現実が溶け合うこと」で全てを「同一の情報」に変化させることが可能です。
碇ゲンドウは、この最終インパクトを起こすことで「世界の書き換え」を行ない、自身の目的と願望を果たそうとしていました。

 

スポンサーリンク

碇ゲンドウがアディショナルインパクトを実行した理由と目的

アディショナルインパクトを起こせば、すべての生物を”1つ”に融合させて「新たな生命体」へ進化させることが可能となります。

碇ゲンドウがこれまで数回ものインパクトを起こした挙句、最終作となった『シンエヴァ』ではこれまでを遥かに凌ぐ規模により起こましたが、これらは全てゲンドウ自身の目的と願望を果たすため必要なことでした。

即ちゲンドウの目的とは、最終インパクト後に出来上がった新たな世界の中で妻(碇ユイ)との再会を果たすこと、そして格差や争いの全くない“理想の世界”「ユイと共に永遠に生き続けること」だったのです。

碇ゲンドウの詳細に関しては「碇ゲンドウの正体は渚カヲル? | 真の目的・旧劇と新劇場版の違いも解説」の記事を参照ください。

 

碇ゲンドウの正体は渚カヲル? | 真の目的・旧劇と新劇場版の違いも解説
...

 

碇ゲンドウによる人類補完計画とは

ゲンドウは秘密結社ゼーレと共に人類補完計画を進めてきたものの、途中から彼らの間で「目指すべき結果」“大きな食い違い”が生じました。

ゼーレにとっての補完とは「地球の完全なる浄化」であり、人間も含めた全ての生物を滅亡させた上で「新たな生命体を宿すこと」にありました。
その結果、人類1つの統合体に変えること」を達成させたのです。

一方、碇ゲンドウの目指していた補完とはゼーレとは大きく違っており「ゲンドウ自身がになること」であり、それを成した上で「死別した妻(碇ユイ)との再会」を果たそうとしていたわけです。
旧劇場版では最後にして綾波レイに見限られたため、ゲンドウが計画していた補完計画は実現できずに終わりました。
しかし新劇場版の方では、ネブカドネザルの鍵を使うことによりゲンドウは本当に「神に等しい存在」へ進化したこと、そしてカヲルやシンジも使うことで『エヴァQ』のフォースに続き『シンエヴァ』でもアディショナルインパクトも引き起こせたのです。

 

スポンサーリンク

アディショナルインパクト発動に必要な手順とは

アディショナルインパクトを発動させるためには数々の手順が必要とされていますが、まずはゼーレと共に進めてきた「人類補完計画」を完成させなければなりません。
その補完計画の完成には海と大地、さらに魂と3つもの“浄化”が必要だったのです。

ゲンドウは死海文書を元にしたゼーレの作戦に従う形で、海の浄化(セカンドインパクト)大地の浄化(サードインパクト)、そして魂の浄化(フォースインパクト)を順番に行なっていきます。
特に新劇場版の方では浄化された海や大地が”赤”に染まる形で分かりやすく描かれていました。

 

スポンサーリンク

アディショナルインパクト発動に必要な材料とは

ゼーレの作戦通りに3つのインパクトを起こした後も必要な材料が多くある上、更に複雑な手順も踏まなければなりません。

まず必要となるのが最終インパクトを起こすためのであり、その器にはゲンドウ自ら「人間を捨てた神」という形でなっています。
自身が器となった後もトリガーとなるエヴァ第13号機に加えて、その13号機と融合するための使徒とロンギヌスの槍、ネブカドネザルの鍵も必要となります。
その4つの後にも新たな槍の原料となる「黒き月」NHG(4隻の戦艦)、さらには4機ものアダムスの器(エヴァオップファータイプ)も必要です。

また、アディショナルインパクトを起こすためには虚構の世界(マイナス宇宙)へ行くための「ゴルゴダオブジェクト」、さらにマイナス宇宙に存在している「エヴァンゲリオンイマジナリー」も必要不可欠となります。
ただ、イマジナリーの場合はエヴァの名を冠しているものの、これまでシンジたちが搭乗してきたエヴァシリーズとは大きく異なり、あくまでも「空想上かつ架空のエヴァ」というものでした。

 

アディショナルインパクト発動後の結果とは

『シンエヴァ』終盤で、ゲンドウは確かにアディショナルインパクトを実現させましたが…
自分の息子(碇シンジ)という“最大の誤算”により、ゲンドウが目指していたものとは異なる結果となりました。

ここではゲンドウの手で実際に起こされる直前の状況と、どのように違う結果となったかについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

最後まで葛城艦長(ミサト)やアスカを出し抜いた末に実現した

劇中で最終インパクトが起こされる直前もゲンドウが進めてきた準備には抜かりがありませんでした。
ゲンドウが自らAAAヴンダーに侵入した時点では必要となる”黒き月”や”ネルフ本部”さらにエヴァ第13号機まで南極に移送済みでした。
その第13号機で侵入した中でエヴァ初号機までも奪い去っていきます。

また、葛城艦長率いるヴィレが自分の計画を阻止するために攻め込んでくることも“予想の範囲内”であり、自分たちのエヴァで出撃したマリとアスカに向けて大量のエヴァシリーズを放ち、戦わせて疲弊させます。
さらには第13号機の目前にまで辿り着いたアスカを左目に封印されている”第9の使徒”を覚醒させた上でエヴァ2号機ごと第13号機に吸収させてしまったのです。

ここまでの時点でアディショナルインパクトを起こすために必要なすべての材料と手筈を整えたわけですが…
一度は生きる希望まで失い、エヴァに乗る気力まで無くしていたシンジが「再び初号機に乗る」という行動がゲンドウの計画を大いに狂わせました。

アスカの詳細に関しては「アスカのTV・旧劇と新劇場版の違い | シンジやマリとの関係」の記事を参照ください。

 

【エヴァ】アスカのTV・旧劇と新劇場版の違い | シンジやマリとの関係についても解説
アスカの詳細、TV・旧劇と新劇場版の違いを詳しくまとめています。そして、気になるシンジやマリとの関係も解説

 

スポンサーリンク

ゲンドウが起こした最終インパクトでは碇ユイと再会できなかった

シンジが初号機に搭乗したことにより、アディショナルインパクトは碇シンジの意思も反映された形」で起こされました。

そんな状況の中、絶望の象徴となるロンギヌスの槍を持つエヴァ第13号機(ゲンドウ)と希望の象徴となるカシウスの槍をもつエヴァ初号機(シンジ)による壮絶な親子対決が、自分たちの記憶をベースとした虚構の世界で繰り広げられます。

戦闘面においてはゲンドウの方が圧倒的に優勢だったものの「今の自分たちに必要なのは“話し合い”」であると理解した上で、お互いに向き合いながらの話し合いが始まります。
その中でシンジはゲンドウもまた「孤独だった過去」を持つ者であることを知る中…
ゲンドウは自身が目指していたイマジナリーと接触し、そのエヴァイマジナリーはロンギヌスの槍とカシウスの槍を取り込んだことで具現化(巨大な綾波レイの顔)した上で現実世界へと出現しました。

その結果「すべての魂が入り混じった世界」に入ることができたものの…
その世界ではゲンドウが捜しても碇ユイを見つけられず、妻との再会を果たすことができませんでした。

 

スポンサーリンク

最終インパクトを断念した上で最後はシンジの行動に委ねられた

ユイとの再会を果たせなかったことでゲンドウが落胆する中、リツコたちがヴンダーの部品を流用することで3本目となる“ガイウスの槍(ヴィレの槍)”を完成させており、1人ヴンダーに残ったミサトが特攻をかける形でシンジに渡しました。

ヴィレの槍を受け取ったシンジから「自分の弱さと向き合わなかったこと」を指摘されたゲンドウもまた、自身で起こしたアディショナルインパクトを中断した上で、最後はシンジの行動に委ねます。

葛城ミサトの詳細に関しては「葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い」の記事を参照ください。

 

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い
...

赤木リツコの詳細に関しては「赤木リツコの最後と太鼓シーン・綾波レイや碇ゲンドウとの関係 | 旧作(TV)と新劇の違い」の記事を参照ください。

 

赤木リツコの最後と太鼓シーン・綾波レイや碇ゲンドウとの関係 | 旧作(TV)と新劇の違い
...

 

スポンサーリンク

最終インパクト中断後にシンジが目指した世界とは

【シンエヴァ】アディショナルインパクトとアナザーインパクトについて解説

出典: BiBi

アディショナルインパクト中断後にシンジが起こす「新世紀(ネオンジェネシス)」で目指す世界とは「エヴァのいない世界」でした。

ゼーレやゲンドウの計画とは完全に異なる世界を作るため、シンジはエヴァの呪縛に囚われたままのレイカヲル、アスカと対話することで呪縛から解放します。
その後、全てのエヴァを消し去るためにガイウスの槍を突き刺そうとした中、初号機の中に融合したままの母親(碇ユイ)の魂が止める形で救われます。
この時のシンジのエヴァとのシンクロ率が”∞(無限大)”となっており、ガイウスの槍でエヴァを刺すことは「シンジ自身を刺すこと」だったのです。

それでもシンジが目指すネオンジェネシスが実現された上、第13号機の中にいたゲンドウもユイと共に全てのエヴァを消滅させたのです。
そして、この瞬間こそがゲンドウが「ユイとの再会」を果たせた時であり、自分の計画とは大きく違ったものの、新劇場版では自分の目的と願望を果たせたことになります。

碇シンジの詳細に関しては「【エヴァ】碇シンジのTV・旧劇と新劇場版の違い | レイやカヲルとの関係」の記事を参照ください。

 

【エヴァ】碇シンジのTV・旧劇と新劇場版の違い | レイやカヲルとの関係についても解説
碇シンジの詳細、TV・旧劇と新劇場版の違いを詳しくまとめています。そして、気になるレイやカヲルとの関係も解説

渚カヲルの詳細に関しては「渚カヲルの正体は使徒?ゲンドウ?目的やTV・旧劇と新劇の違いも解説」の記事を参照ください。

 

渚カヲルの正体は使徒?ゲンドウ?目的やTV・旧劇と新劇の違いも解説
...

 

スポンサーリンク

碇親子により「エヴァのいない世界」に書き換えられた

最終的にはシンジに加えてゲンドウとユイも加わる形で実現された「ネオンジェネシス」でしたが…
エヴァ消滅を果たし、マイナス宇宙に取り残されたシンジもエヴァ8号機で迎えに来てくれたマリのおかげで抜け出します。

その結果、シンジが望む「エヴァのいない世界」へと上書きされた世界で大人の姿に成長したシンジたちは本当の意味で「自分たちの人生」を歩み始められたのです。

 

アナザーインパクトとは

【シンエヴァ】アディショナルインパクトとアナザーインパクトについて解説

出典: BiBi

『シンエヴァ』ではアディショナルインパクトとは別に「アナザーインパクト」という用語がミサトとリツコの会話から出ていました。

ゼーレの計画を把握しているミサトたちでしたが、その一方でネルフや碇ゲンドウによる完全に予測不可能なインパクトが起こされるだろうと睨んでおり、そのような計画をミサトたちが「アナザーインパクト」と呼称していたわけですね。

さらに本編やリツコの台詞から「フォース用の槍」や「2本温存していた」という事実が明かされており「フォースインパクトとアディショナルインパクト」を合わせたもの総称して「アナザーインパクト」と呼んでいた説もあります。

また、アディショナルという言葉が「付加的な」「追加の」「さらなる」という意味を持つ一方で、アナザーには「もう1つの」「別の」という意味が込められています。

 

アディショナルインパクトに出た綾波レイは誰?

アディショナルインパクト中にリリスの仮面が外される形で登場した“巨大な綾波レイの顔”は、もちろん本物のレイではありません。

先の項目でも少し触れましたが、あの場面で登場したレイは、あくまでも「エヴァイマジナリー」としての「架空の生命体」に過ぎません。
即ち、ロンギヌスの槍とカシウスの槍を使い、イマジナリーそのものをリアリティ化した結果、怖い程にリアル感のある綾波レイの顔変化したというわけです。

綾波レイの詳細に関しては「綾波レイの正体は使徒?シンジやゲンドウとの関係」の記事を参照ください。

 

【エヴァ】綾波レイの正体は使徒? | シンジとゲンドウとの関係についても解説
綾波レイの正体について詳しくまとめています。そして、気になるシンジやゲンドウとの関係も解説

 

まとめ

今回は『シンエヴァ』終盤で碇ゲンドウによって起こされたアディショナルインパクトの内容と結果などについて解説しました。
しかし、その結果だけではゲンドウの目的や願望が果たされなかったため、最終インパクトを中断してまでもシンジがヴィレの槍を使って起こした「新世紀(ネオンジェネシス)」の内容や結果についても触れています。

また、同じ劇中で告げられていた『アナザーインパクト』の意味合いやアディショナルインパクトとの違いや、インパクト中に出てきた“巨大な綾波レイの顔”についても迫りました。

この辺は本編を一度観ただけで全て理解することは非常に困難であり、公開中の当時はそれらの謎を解明および考察するために何度も映画館へ足を運んだファンも多かったはずです。
また、2023年3月に発売される円盤(Blu-rayやDVD)には本編では見られなかった場面も見られるため、これらの特典映像を元に更なる考察や議論が交わされる中で、また新たな発見とも出会えることに期待したいですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント