【決定版】おすすめアニメ120選

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い

エヴァンゲリオン

エヴァシリーズでシンジやアスカの上官および保護者役として登場した葛城ミサト。

本記事では、葛城ミサトの性格や過去、加持リョウジとの恋愛関係について紹介。
さらに新劇場版で起こした大きな変化について解説しながら、旧劇場版と新劇場版ともに死亡および復元されなかった理由についても考察してみます。

本作品の人物相関図は「シン・エヴァンゲリオン劇場版の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
「ニアサード・インパクト」後のエヴァシリーズに登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

 

葛城ミサト(かつらぎ みさと)とは

葛城ミサトはTV版の第1話から登場したメイン級キャラクターの1人です。

主人公の碇シンジに加えて後に登場する惣流(式波)アスカ保護者役となった上で引き取り同棲するなど、エヴァ搭乗者(チルドレン)とも深い関わりをもってきました。

created by Rinker
¥14,991 (2024/05/18 10:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

葛城ミサトのプロフィール | TVや旧劇場版と新劇場版の違い

年齢 29歳(TVと旧劇場版、『新劇場版:破』まで)
43歳(『新劇場版:Q』と『シンエヴァ』)
誕生日 12月8日
血液型 A型(本来はAO型)
身長 163cm
体重 47cm
所属と地位 ネルフ戦術作戦部作戦局の課長
(TVと旧劇場版、『新劇場版:破』まで)
空中戦艦ヴンダーの艦長
(『新劇場版:Q』と『シンエヴァ』)
階級 一尉→三佐(TVと旧劇場版)
一佐→二佐(『新劇場版:序』から『新劇場版:序』まで)
大佐(『新劇場版:Q』と『シンエヴァ』)
愛車 アルピーヌ・ルノー A310
コスモスポーツ(NERV官用車)

ミサトのキャラ設定は、基本的には旧作から『エヴァ破』にかけて大きな変更点はありませんでした。
しかし、物語の大きな転換期となった『エヴァQ』からは空中戦艦(ヴンダー)の艦長となってリツコや多くのクルーたちを指揮しながら、かつての上官たち(碇ゲンドウや冬月コウゾウ)と敵対関係となって戦うなど、旧作(TV版や旧劇)とは大きく違う展開や行動も見せてくれました。

また、エヴァに登場するキャラクターたちの苗字には日本で実在した軍艦の名称から取られており、ミサトの苗字も「葛城」という有名な軍艦からつけられています。

 

スポンサーリンク

葛城ミサトの性格 | 私生活と戦闘(仕事)中の大きなギャップが魅力

私生活では散らかり放題な部屋に住みながら分担性にしたはずの家事もシンジに任せきりと、だらしなさを全開に見せていました。
(さらに新劇場版の方ではお弁当までシンジに作ってもらっていた始末です)

しかし使徒が襲来した時には、まるで別人に変わったかのように颯爽と動きながら、オペレーターやエヴァ搭乗者たちに対してテキパキと指示を与えます。
とはいえ、仕事中や戦闘中に見せる性格こそが“ミサトの本質”であり、私生活でシンジやアスカに見せるだらしなさは「自分の過去なども踏まえた辛さや悲しみを隠すための仮面にしか過ぎません。
(ミサトの過去や生い立ちについては、後の項目で解説します)

さらにはシンジに対して大袈裟に振る舞っていたことも「見透かされているだろう」自覚している描写もあった上、旧劇場版のパンフレットにも声優さん方にもコメント欄で「自分の気持ちをなかなか表に出さない人」とまで言わせる程でしたからね…。

碇シンジの詳細に関しては「【エヴァ】碇シンジのTV・旧劇と新劇場版の違い | レイやカヲルとの関係」の記事を参照ください。

 

【エヴァ】碇シンジのTV・旧劇と新劇場版の違い | レイやカヲルとの関係についても解説
碇シンジの詳細、TV・旧劇と新劇場版の違いを詳しくまとめています。そして、気になるレイやカヲルとの関係も解説

 

スポンサーリンク

葛城ミサトの声は声優「三石琴乃さん」が担当

葛城ミサトの声を担当している声優さんは三石琴乃さんです。

三石さんは小学生の頃に入っていた放送委員会の活動がキッカケで、声優を志したそうです。
そして、北海道電力泊発電所の安全PRビデオのレポーターとしてプロデビューされました。
アニメ作品では『エースをねらえ!ファイナルステージ』友代役でデビューを果たされました。

三石琴乃さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『美少女戦士セーラームーン』月野うさぎ役
  2. 『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』菅生あすか役
  3. 『機動戦士ガンダムSEED』マリュー役
  4. 『ドラえもん』のび太のママ(二代目)役

 

葛城ミサトの過去と生い立ち | 父親やセカンドインパクトとの深い関係性

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い

出典: BiBi

葛木ミサトの過去や生い立ちには自分の父親「セカンドインパクト」が重要な関係性として繋がっています。
また、本編では既に親しい仲である赤木リツコや加持リョウジとの出会いも、ミサトの人生を変える大きな分岐点にもなりました。

 

スポンサーリンク

父親から愛されなかった生い立ちでシンジに共感する

ミサトもシンジと同じく「父親から愛されずに育ってきた子供時代」を送っており、車でシンジをネルフ本部へ連れていく中、それを見抜き共感しながら「私と同じね」と言っています。

ミサトの父親の氏名は「葛城ヒデアキ」で、本編では“葛城博士”と呼ばれながら「葛城調査隊のリーダー」としてアダムの調査に勤しんでいました。
しかし本編の時代(2015年)では既に故人という関係もあり、その素顔や容姿まではハッキリ描かれていません。

加持がシンジに話していた内容では、ミサトの父親は“仕事一筋”家庭を顧みない人だったこと」が判明しています。
そのような父親のせいで、ミサトが幼少期の頃は「母親が泣いてばかりいた姿」ばかり見せられたため「せめて自分は母親にとっての”良い子”でいなければいけないこと」を心に無理やり押し込めながら生きてきたようです。

 

スポンサーリンク

セカンドインパクト時に父親の犠牲で助けられた

ミサトはまだ12歳の頃(2000年)に父親や隊員たちと共に南極に同行する中、セカンドインパクトが勃発した現場に立ち会っています。

その時に起きた大爆発に巻き込まれて大怪我を負った中、内心では憎んできた父親から自分の命を犠牲にしてまで助けられたため「唯一の生き残り」とされています。

 

スポンサーリンク

数年間も失語症を患ってしまう

セカンドインパクトによる大爆発から1人だけ生還したミサトでしたが、その時の現象や父親との死別が原因で“重度の失語症にかかります。
この時のミサトの姿はTV版21話で描かれましたが、まるで魂を抜き取られたかのように生気を失った抜け殻のような状態でした。

ちなみに、この時のミサトの姿を冬月も目撃しています。

 

スポンサーリンク

大学で赤木リツコや加持リョウジと出会う

数年後には失語症から立ち直り、入学した大学で赤木リツコや加持リョウジと出会います。
(しかし、セカンドインパクトに巻き込まれて負った”胸の傷”は消えることなく残っています)

出会ったばかりのリツコに対しても何の遠慮もしないどころか、本人から呆れられる程に話し続けています。
リツコからは「失語症で数年間も人と話せなかったブランクを取り戻すかのように…」と思われていましたが、そのような行動が逆にリツコとの距離を縮めたはずです。

そして、リツコの後には加持リョウジとも出会っており、ミサトが加持を紹介した時点で既に“恋人同士”の関係となっていました。

 

ミサトと加持リョウジの恋愛関係 | 旧作(TV版)と新劇場版の大きな違い

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い

(新世紀エヴァンゲリオン第8巻 カラー・GAINAX・貞本義行/カドカワコミックエース)

ミサトと加持が元恋人同士という設定も旧作(TV版)と新劇場版で共通しています。
しかし、新劇場版の方では旧作の頃には成し得なかった“大きな変化”も起こしています。

 

スポンサーリンク

ミサトと加持の出会いは大学での飲み会

ミサトと加持の出会いについてはアニメ本編でなく後の漫画版(貞本版)の中で、加持がシンジに語る形で判明しました。

2人の出会いの形は“同じ大学生たちによる飲み会”であり、居酒屋で少し離れた席に座っていた2人でしたが…
ふと目が合った瞬間に意気投合した上、そのうちよ晩に肉体関係までもつようになりました。

 

スポンサーリンク

ミサトが加持に惹かれた理由は父親が原因

飲み会で出会った瞬間から惹かれあって付き合い始めた2人ですが、ミサトの中では加持に対して「死別した父親の面影」が見えていました。

その面影は良い面だけでなく悪い面まで含まれていたものの、だからこそ加持と離れられない、または離れたくない想いが強くなっていったのでしょう。
しかし、そのような好意や愛情がいつしか“恐怖心”に変わっていき、その怖さに気づいたため、ミサトの方から離れる形で加持との恋愛に終止符をうちました。

ただ、本編で再会してからはTV版と新劇場版とでは少し違っていたものの、再びヨリを戻しており、密会までするようになります。

加持リョウジの詳細に関しては「加持リョウジは誰に殺された?TV・旧劇と新劇の違いやミサトとの関係・息子について」の記事を参照ください。

 

加持リョウジは誰に殺された?TV・旧劇と新劇の違いやミサトとの関係・息子について
...

 

スポンサーリンク

新劇場版では加持との子供も授かった

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い

出典:RENOTE

ミサトが新劇場版で迎えた”旧作や旧劇場版との違い”において最も大きかったのが、やはり「加持との子供(加持少年)を授かったこと」ではないでしょうか?
おそらく、多くのファンたちにとっては『エヴァQ』で起こしていた”ネルフへの敵対”や”空中戦艦の艦長”になっていたこと以上に大きな衝撃だったはずです。

加持少年は最終作の『シンエヴァ』でしか見られなかったものの、シンジやケンスケの前に現れた時には、確かに加持の面影がありました。
とはいえ、加持少年が生まれて物心ついた時には、ミサトの方がネルフとの対立や戦闘に忙しく、母親らしいことをしてあげられなかったことへの罪悪感を抱いていた様子も見せています。

 

ミサトが加持少年を身籠った時期とは

加持少年が加持との間に生まれた子供であることは紛れもない事実ですが…
ここで疑問となるのが「ミサトが加持との子供を身籠り始めた時期」です。

新劇場版の方では『エヴァ破』で加持も初登場しながらよりを戻しますが、この後に2人きりで入った沖縄料理店での食事デートの直後だと思われます。

この時点で”ダミープラグ投入”や”松代でのエヴァ3号機起動実験”が控えていたものの、松代での爆発事故以降からはアスカの一時的な離脱に加え、シンジが引き起こしたニアサードにより、急展開かつ緊迫した状況ばかり続いたはずです。
さらに加持もその後にミサトに対して別れを告げた上、ミサトを置いてネルフの爆心地まで行った末に死亡したわけですから…
このように逆算しながら考えると、やはり食事の後しか該当しませんからね。

 

ミサトの死亡 | 旧劇場版と新劇場版で復元されなかった理由

葛城ミサトは最後に死亡する?加持との関係 | 子供時代やTV・旧劇と新劇の違い

出典: BiBi

ミサトは旧劇場版と新劇場版共に死亡する結末を迎えてしまった上、結末で起きた大ドンデン返しな展開の後も復活することなく終わりました。

ここでは、それぞれの作品での死亡を振り返りながら、どちらの作品でも補完などで復元されなかった理由について考察してみます。

 

スポンサーリンク

旧劇場版では死亡した後にサード勃発したため補完されなかった

TV版では最終話まで生き延びたミサトですが、旧劇場版(Air)ではネルフ本部にて戦自の銃弾をシンジを庇う形で受けた後に死亡しました。
また、その次のエピソード『まごころを、君に』終盤でゼーレにより起こされた「サードインパクト」により冬月や伊吹マヤを始め、この時点でまだ生き延びていた者たちが次々とLCL化(液体化)させられる形で補完されました。

ただし、補完の対象とされるのはあくまでもサードが起きた時点で”生きている者たち”であり、その前の段階で死亡していたミサトやリツコ「補完の対象外」とされてしまったわけですね。

ちなみに漫画版の方の終盤もTV版でなく旧劇場版の展開で描かれていたものの、これまでと同じくアニメ版とは違う展開や内容に差し替えられており、この点はミサトも例外ではありません。

ネルフ本部内にてシンジを庇って重傷を負ったことや”大人のキス”でシンジを送り出すまではアニメ版と同じでしたが、自分たちを追ってきた戦自の前で手榴弾を使い自爆する形で死亡しました。

 

スポンサーリンク

新劇場版ではシンジに”ヴィレの槍”を渡した後に死亡した

新劇場版の方では最終作『シンエヴァ』終盤の中で、人類の希望となる「ヴィレの槍」をシンジに渡すため、自分1人だけ残ったヴンダーごと特攻した末に死亡しました。

そしてシンジもまた、ミサトから託されたヴィレの槍を使って「エヴァのない平和な世界」に書き換えることに成功しましたが…
レイやカヲル、マリ達と違って新たに書き換えられた世界でもミサトの姿はなかったため、新劇場版でも復元されないまま結末を迎えたものと思われます。

新劇場版でも復元されなかった理由には「シンジが最後に行った世界の書き換え大きな原因として挙げられます。
確かにラストでは平和な世界に変わっていたものの、シンジが行っていたのはあくまでも「書き換え」でしかなく、時間までを皆がまだ生きていた頃の過去や時代(『エヴァ破』までの世界)に戻したわけではありません。

そのためヴィレの槍による書き換えもまた、この時期より前に死亡していたミサトや加持もまた対象外とされていたと捉えるべきですね。

 

まとめ

今回は葛城ミサトの性格や過去を始め、加持リョウジとの恋愛関係、新劇場版で起こした大きな変化について紹介してみました。

ミサトは旧劇場版と新劇場版ともに死亡および復元されずに終わる形で結末を迎えましたが、それでも新劇場版の方では完全なバッドエンドとは言い切れません。
自分の愛する男性(加持)との子供を残せたことや、シンジに対してヴィレの槍を渡すことで”償いのチャンス”を自身の手で与えられたため「旧劇場版よりは報われた結末」を迎えられたように感じます。

生まれた家庭や両親などの関係でミサトの過去や人生も波瀾万丈であり、使徒を倒せるエヴァへの搭乗制限があったとはいえ、シンジアスカを危険な任務や戦闘に巻き込んでしまったことへの罪悪感もあり「償いたい」という思いはシンジとも共通していたはずです。

そして、ミサトにとっての償いこそが“ヴィレの槍”であり、最後の希望となる鍵をシンジに渡せた直後に死亡するミサトの微笑みが「自分の役割を果たせた」という満足感に満ちていたように感じられますよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント