【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

エヴァンゲリオンの使徒アダムの正体・目的 | エヴァやリリスとの関係性について

エヴァンゲリオン

エヴァシリーズで重要な役割や位置づけとされてきた「アダム」。

アダムもまたTV版・旧劇・新劇場版、それぞれで立ち位置が大きく変化していきましたが、その辺りも把握しておくと更に面白くなります。

本記事では、使徒アダムの正体や目的を紹介。
さらにエヴァや第2使徒リリスとの関係性にも迫っていきます。

本作品の人物相関図は「シン・エヴァンゲリオン劇場版の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
「ニアサード・インパクト」後のエヴァシリーズに登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

 

使徒アダムとは | 使徒を生み出した神そのもの

エヴァンゲリオンの使徒アダムの正体・目的 | エヴァやリリスとの関係性について

(新世紀エヴァンゲリオン第10巻 カラー・GAINAX・貞本義行/カドカワコミックエース)

アダムとは、まだ人類が存在しなかった地球に落ちてきた“白き月”から生まれてきた存在です。

地球上に初めて誕生した生命体であり、このアダムこそが『エヴァンゲリオン』という壮大な物語の始まりでもあったわけですね。

 

使徒アダムの正体や目的

ここでは使徒の正体や目的について解説していきます。

 

スポンサーリンク

アダムの正体は使徒を生み出した神そのもの

さっそく結論に入りますが、エヴァ本編で襲来してきた第3〜17の使徒たちはアダムから生み出されていたため、まさにアダムこそが「使徒を生み出したそのもの」だったのです。

旧作では碇ゲンドウを始めとした人類からも“最初の使徒”と呼ばれては「第1使徒」とされました。

劇中ではハッキリした姿までは見られなかったものの、TV版のOP映像や21話(ビデオフォーマット版)で少しだけ登場していた「光の巨人」こそがアダムだったのです。

 

スポンサーリンク

生命の実を宿す不老不死の存在 | 使徒にも受け継がれた

アダムの体内には“生命の実”が宿されています。

この生命の実は「寿命を持たず死なないとされている上、その特質はアダムから生まれた使徒たちにも受け継がれていました。

使徒の場合、この生命の実を受け継いだことで「S2機関」という永久動力源が備えられており、これを破壊されない限り、死ぬことはありません。

第3使徒サキエルを始めとした、ほとんどの使徒には胴体の中央にある“コア”と呼ばれる赤い球体があり、その中にS2機関を宿していました。
このことはネルフ側も把握しており、エヴァで戦闘するシンジたちに「コアを狙うこと」を教えてきたのも、そのためでした。

 

スポンサーリンク

使徒がサードインパクトで人類の滅亡を目的とした理由とは

劇中で加持やミサトから語られていた通り、使徒の目的とはサードインパクトを起こすことで人類を滅亡させること」でした。

TV版の放送時には「なぜ人類の滅亡を計ったのか?」という疑問も多く挙げられてきましたが、その理由が24話で登場した渚カヲルからシンジへ告げられたこの星(地球)で生き残れる生命体1つだけという台詞で判明しています。

本来、1つの星で残れる月は”1つだけ”とされていたにも関わらず、月および全く異なる種族の生命体が2つも生息してしまうこと自体がイレギュラーな事態とされていたわけですね。

ヒト(人類)から見れば、完全に人間離れした姿の使徒が恐ろしく見えてしまうものの、その気持ちは使徒にとっても同じだったのです。
さらに、先に地球に降りて自分たちだけの星を築き上げた後に別の種族が大量に生み出されたならば、使徒から見れば人類こそが「自分たちの星(地球)を脅かす存在」にも見えていたはずであり、このまま野放しにしていては「自分たちが人類から地球を奪われるかもしれない」危惧するのも当たり前な話なんですよね。

そのため、使徒はネルフ本部の地下で補完されているアダム(実際はリリスだった)との接触を果たすことでサードインパクトを起こそうとしていたのです。
この方法で人類を滅亡させた後に、再び使徒だけの世界を作ろうと考えていたわけです。

渚カヲルの詳細に関しては「渚カヲルの正体は使徒?ゲンドウ?目的やTV・旧劇と新劇の違いも解説」の記事を参照ください。

 

渚カヲルの正体は使徒?ゲンドウ?目的やTV・旧劇と新劇の違いも解説
...

 

使徒アダムとエヴァやリリスとの関係について

エヴァンゲリオンの使徒アダムの正体・目的 | エヴァやリリスとの関係性について

(新世紀エヴァンゲリオン第10巻 カラー・GAINAX・貞本義行/カドカワコミックエース)

最初の生命体として地球に降り立ったアダムは、エヴァやリリス、さらにリリン(人類)とも深い関係性で結ばれていました。

 

スポンサーリンク

アダムとリリスの違い

地球の南極に落ちた白き月からアダムが誕生した後、箱根(後の第三新東京市)には黒き月も落ちてきます。
その黒き月から生まれたのが第2使徒リリスであり、劇中でネルフ地下に保管されていた“白い巨人”だったのです。

さらに、アダムから使徒が生み出されたのに対し、リリスからはリリン(人類)が誕生しました。

それぞれ違う神から生まれた使徒とリリン(人類)において、姿や形だけでなく「授かった能力」も違っています。
アダムから生まれた使徒には「生命の実」を、そしてリリスから生まれたリリン(人類)には「知恵の実」を与えられていたのです。

 

スポンサーリンク

ファーストインパクトもアダムや使徒でなくリリスにより起こされた

セカンドインパクトより遥か昔に起こされたファーストインパクトですが、これはアダムや使徒でなく、リリスのいる黒き月が原因でした。

リリスのいる黒き月と地球による衝突で起きた大爆発こそが”ジャイアントインパクト”とも呼ばれるファーストインパクトの真相です。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント