【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エヴァンゲリオン】TV・旧劇場版と新劇場の違いや繋がりを解説・考察

エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TV・旧劇場版と新劇場は新たなエヴァンゲリオンの可能性を形にした作品といった感じで、共通点はあるものの「ループ」を抜けるために違う線をたどることで、少年が大人になっていくそんな深いアニメです。

そして、今回『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』の作品は、「さらば、全てのエヴァンゲリオン。」というチャッチコピーで作品化されていることもあり、TV・旧劇場版と新劇場の違いや繋がりを解説・考察していきたいと思います。

 

※ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

アメリア
アメリア

「ありがとう。全てのエヴァンゲリオン。」

スポンサーリンク

キャラ設定の変更によりアスカが改名

TV・旧劇場版と新劇場で一番に気づく違いとしてアスカ・ラングレーのファーストネームが変更されている部分があります。

 

TV・旧劇版

惣流・アスカ・ラングレー

キャラ設定の変更によりアスカが改名

出典:YouTube

新劇場版

式波・アスカ・ラングレー

キャラ設定の変更によりアスカが改名

出典:YouTube

ちなみに式波というファーストネームは、帝国海軍の「敷波」からとっています。

また、惣流から式波への変更は、日本海軍第二航空戦隊の「蒼龍」から帝国海軍の「敷波」にあわせて変更されています。

アメリア
アメリア

まさか海軍の戦隊から名前をとっているとは思わなかった

 

母へのトラウマがない

劇中の惣流・アスカ・ラングレーと式波・アスカ・ラングレーの違いは、昔の生い立ちが語られないところがあります。

式波は惣流に比べて昔を語られるシーンがほとんどありません。

そのため、母に対するトラウマが語られず、式波は誰かに認められたいという強い想いが惣流に比べてなくなっています。

孤独なシーンが多い

惣流は「母に認められない」といった過去があり、周りに認められたいと必死でした。

そのため、エヴァンゲリオン弐号機とのシンクロ率が0になり、自分の存在を否定されたと思ったのかエヴァンゲリオン弐号機に乗れなくなります。

しかし、最後はエヴァンゲリオン弐号機のコアになっている「惣流・キョウコ・ツェッペリン」が、アスカを包み込むように現れ、覚醒してエヴァンゲリオン量産機を次々に破壊します。

 

一方式波は、母に対するトラウマがないせいか生き生きとした感じで劇中では活躍していました。

特に誰かに認められたいとかではなく、自分自身の意思で行動しています。

そのため、同じアスカでも考え方に大きな違いがあります。

 

ちなみに式波は母に対するトラウマがないこともあり、加持に対する恋愛感情も惣流に比べて全くありません。

これは、早く自立し大人になりたいという気持ちが式波にないことが考えられます。

 

「アスカ・ラングレー」の詳しい情報は以下でまとめていますのであわせてお読みください。

【エヴァ】アスカのTV・旧劇と新劇場版の違い | シンジやマリとの関係についても解説
アスカの詳細、TV・旧劇と新劇場版の違いを詳しくまとめています。そして、気になるシンジやマリとの関係も解説
スポンサーリンク

真希波・マリ・イラストリアスが登場

真希波・マリ・イラストリアスが登場

出典:note

「真希波・マリ・イラストリアス」は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から登場する謎の美少女として当時は盛り上がっていました。

そもそもTV・旧劇には存在しておらず正体も不明な状態でした。

 

さらに、劇中では急に上空から飛んできて屋上にいるシンジにぶつかるわ、エヴァンゲリオン2号機の裏コード「ザ・ビースト」を使用するわでなんでもありのキャラクター。

 

ただ、疑問点として年齢に見合わないやや古めの歌謡曲を歌うシーンがあり、もしかしたら誰かのクローンという説も上がりました。

アメリア
アメリア

マリの登場って突然だったよね

 

マリの正体

気になるマリの正体ですが、ある程度予想はついていました。

元情報はエヴァンゲリオンコミック版の最終巻に収録されている「夏色のエデン」で、ゲンドウとユイの大学時代が語られます。

そこで飛び級でマリがエリート学生として、ゲンドウとユイがある大学に入ってきます。

そして、ユイと親密な関係にあり、この時のマリに似た女性がマリの正体でした。

 

ちなみに結論に至ったのは『シン・エヴァンゲリオン劇場版:ll』で冬月がマリに対して「イスカリオテのマリア」といったことで、冬月とマリは関係があるとエヴァファンの中では結論付けました。

前々から「碇ゲンドウ」をゲンドウ君と呼んだりと違和感はあったのですが、冬月ラボのメンバーであるならばしっくりきます。

 

 

世界線を変える特異点として登場していた

TV・旧劇版と新劇場版の違いで挙げられるマリの登場ですが、私が思うに世界線を変えるために存在させたのではと考えています。

今までのシンジだとミサトがある程度背中を押しながら、レイが真実に気付かせるといった役割をしていたのですが、マリは明らかに世界線を変える行動をシンジにしていました。

 

例えばですが、エヴァンゲリオンのパイロットを降りると決めたシンジに対して、逃げてもいいけど、いじけていても何も楽しいことないよ?と意見を受け入れながらもその後の結末も示してくれます。

 

そして、シンジが心の支えとなっているカヲルがいなくなって動けなくなっている状態の時に、責任をとれと強い口調で怒ります。

ちなみにこの時にエヴァンゲリオン第13号機からシンジを引っこ抜いて、「フォース・インパクト」を止めます。

まるで責任を取る母親のようにシンジを支えていました。

 

最後は、シンジが大人の考えになって、父のゲンドウの本当の気持ちと向き合うことができた際には、シンジを認めたのかどこにいても迎えに行くと優しい口調で伝えます。

 

もしですがマリが、今回いなかったら、TV・旧劇のように最後はシンジが「サード・インパクト」を起こしてループを繰り返していた可能性があります。

 

もしかしたら、ユイにシンジのことを頼まれていたのかもしれません。

スポンサーリンク

使徒の名前・数・順番が異なる

TV・旧劇場版と新劇場版には使徒が登場するのですが、実際に比べてみると使徒の名前と数と順番が違うことがわかります。

 

使徒の番号 TV・旧劇に登場した使徒 新劇場版に登場した使徒
第1使徒 アダム 第1の使徒・アダム(アダムス?)
第2使徒 リリス 第2の使徒・リリス
第3使徒 サキエル 第3の使徒
第4使徒 シャムシエル 第4の使徒
第5使徒 ラミエル 第5の使徒
第6使徒 ガギエル 第6の使徒
第7使徒 イスラフェル 第7の使徒
第8使徒 サンダルフォン 第8の使徒
第9使徒 マトリエル 第9の使徒
第10使徒 サハクィエル 第10の使徒
第11使徒 イロウル 第11の使徒
第12使徒 レリエル 第12の使徒
第13使徒 バルディエル 第13の使徒
第14使徒 ゼルエル
第15使徒 アラエル
第16使徒 アルミサエル
第17使徒 ダブリス
第18使徒 リリン

表のとおり、TV・旧劇場版はリリン(人間)を含んで18使徒、新劇場版は13使徒しかいません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
エヴァンゲリオン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク