【決定版】おすすめアニメ120選

【ひきこまり吸血鬼】デルピュネーの正体と素顔・強さと能力 | 死亡した理由や回数

ひきこまり吸血鬼の悶々

『ひきこまり吸血鬼の悶々』は、小林湖底先生により執筆されている大人気ラノベ作品です。
コミカライズに続きテレビアニメ化も果たしており、2023年10月から放送および配信中です。

本記事ではデルピュネーの強さや魔法能力および、本編で死亡させられてきた理由や回数について解説。
さらに、未だ明かされていない「仮面の下の素顔」を含めた正体にも迫ります。

本作品の人物相関図は「ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

デルピュネーとは

【ひきこまり吸血鬼】デルピュネーの正体・強さと能力 | 死亡した理由や回数

出典:You Tube

デルピュネーは異国風な“白い仮面”で素顔を隠した女性です。
ムルナイト帝国軍の七紅天であり“第四部隊隊長”を務める女性でもあります。

 

スポンサーリンク

フレーテと共に学園を卒業して七紅天となった

デルピュネーは同じ七紅天の”第三部隊隊長”であるフレーテとは学園時代からの同期です。

普段は物静かな性格で口数が少ない女性ですが、初登場した時点からフレーテオディロンと同様にコネで七紅天となった(本当は父親やカレン皇帝の策略で勝手にさせられた)テラコマリのことを快く思っていませんでした。

オディロンの正体や最期、サクナとの関係性については『【ひきこまり吸血鬼】オディロンの正体 | サクナとの関係性・死亡後の後任は誰?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】オディロンの正体 | サクナとの関係性・死亡後の後任は誰?
...

 

スポンサーリンク

普段は冷静だけど激情的になる一面も

普段は冷静で物静かな話し方も1つの特徴であるデルピュネーですが…
自分にとって許せないことに対する怒りを露わに出しながら激情的に変わる一面もあります。

七紅天闘争中にそのような“怒りの感情”をコマリにぶつけており、それが実力もないコマリが(本当は強いものの) 七紅天になった不当さと、ヴィルの毒により自分が殺されたことです。
毒の方はヴィルがやったことですが…
コマリやフレーテの言うように「部下たちの罪は隊長の責任」であり、その辺はデルピュネーもコマリたちと同じ考え方なのでしょう。

created by Rinker
¥733 (2024/05/18 21:48:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

七紅天闘争からはコマリの強さを認め始める?

七紅天闘争で戦う(一方的に襲いかかる)まではコマリのことを完全に邪険にしていたデルピュネーですが、それ以降からは完全でないながらも少しずつコマリの強さを認め始めるようになります。

逆さ月のスピカやトリフォン率いる大勢の部下たちからの襲撃を受けた吸血動乱(原作5巻)ではコマリ達のことで愚痴るフレーテを宥めるように「コマリが本当は強いことを、デルピュネーの方から諭していました。

フレーテの強さや魔法、テラコマリを嫌う理由などについては『フレーテは悪役令嬢な吸血鬼?強さと弱点・恋愛 | テラコマリを嫌う理由』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フレーテは悪役令嬢な吸血鬼?強さと弱点・恋愛 | テラコマリを嫌う理由
...

 

スポンサーリンク

デルピュネーの声は声優「藤原夏海さん」が担当

デルピュネーの声を担当している声優さんは「アーツビジョン」に所属する藤原夏海さんです。

藤原さんは日本ナレーション演技研究所を卒業後、デビュー2年目にして2016年放送されたテレビアニメ『少年メイド』の小宮千尋役初主演を果たされました。

藤原夏海さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『ガンダムビルドダイバーズ』ヒダカ役
  2. 『スパイファミリー』ダミアン役
  3. 『86-エイティシックス-』セオト役
  4. 『るろうに剣心(2023年版)』相楽左之助(少年期)役

 

デルピュネーの魔法能力 | 本当の強さとは

【ひきこまり吸血鬼】デルピュネーの正体と素顔・強さと能力 | 死亡した理由や回数

出典:You Tube

デルピュネーも七紅天だけあり、フレーテやヘルデウスにも負けない強さや魔法能力を誇ります。
ここでは、デルピュネーの“本当の強さ”魔法について迫ります。

 

スポンサーリンク

血液を操る”凝血魔法”でヴィルやコマリを追い詰めた

初登場した時点から死亡させられていたデルピュネーでしたが、会議後は”魔核”のおかげで復活しており、オディロンの提案で開催された「七紅天闘争」他の七紅天たちと一緒に参戦します。

デルピュネーは血液を操る凝血魔法の使い手であり、自分の血液を“ナイフ状”に変えた上で投げ飛ばすことがメインの戦法となります。
一度に製造および投げられる本数も半端なく、ヴィルから投げられたクナイを弾き飛ばせる上、命中させたヴィルの身体も負傷させられる程の強度誇ります。

また、自身の血液量を一点に集中させることで“大剣”などの超重兵器も作り出せます。
(ちなみに、ナイフでも大剣でも投げた後に避けられた後は地面などに当たると同時に”元の血液”の形状に戻ります)

ヴィルヘイズの正体や過去、強さや能力については『【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について
...

 

スポンサーリンク

デルピュネーの本当の強さとは脚力?

先に解説した凝血魔法ばかりが注目されがちなデルピュネーですが…
本当の強さとは魔法ではなく「高い”速さ”と”耐久力”による脚力ではないでしょうか?

コマリの騎獣(ブーケファロス)の速さに対しても、デルピュネーは騎獣などに乗らず自分の足で走りながら余裕で追いかけていました。
しかも、七紅天闘争の中で繰り広げられたコマリ達とデルピュネーの追いかけっこはそれなりに長い時間続いていた点も踏まえると“耐久力の高さ”もかなりのものであり、自身の両脚も相当に鍛え続けているものと解釈できます。

 

スポンサーリンク

デルピュネーの意外と抜けている一面とは?

戦闘中でも常に冷静なデルピュネーは、コマリやヴィルから「変●仮面」などと呼ばれながら挑発されても全く動じず、平常心を保ちながら戦える点1つの強みと言えます。

しかし、ヴィルが会議前に盛っていた“毒”に気づけず殺された上、七紅天闘争中も追い詰めたと実感できたはずのコマリが発動した烈核解放による強大な攻撃魔法倒されました。
確かに烈核解放を発動したコマリに勝てる者などいないことや、この時点ではデルピュネーもフレーテ達と同様に”コマリの本当の強さ”を知らなかった点は仕方ないとしても…
実はこの戦闘でコマリに烈核解放を発動させたのはデルピュネー自身が発した魔法で飛び散っていたでした。

少し間抜けな結果ですが、デルピュネー自身が自分の魔法のために使っていた血液が原因で“己の敗北”を招いてしまったわけです。
そのため、一見は冷静沈着のように見えるデルピュネーにも意外と抜けている面もあったのです。

テラコマリの本当の強さや魔法、母親や過去、死亡については『テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について
...

 

デルピュネーが死亡させられた理由と回数

【ひきこまり吸血鬼】デルピュネーの正体と素顔・強さと能力 | 死亡した理由や回数

出典:You Tube

本編での初登場時から死亡させられていたデルピュネーでしたが、復活後も複数にわたって殺され続けるという不遇なキャラクターでもありました。
ここでは、そんなデルピュネーが死亡させられてきた理由や回数に迫ります。

 

スポンサーリンク

テラコマリを否定していたために毒殺された

デルピュネーが一度目に殺された場面は七紅天会議の最中であり、ヴィルヘイズの“毒盛り”にかかったためです。

このような毒殺を仕掛けられた理由とは、デルピュネーもフレーテオディロンと同じくテラコマリの七紅天入り否認していたため」でした。
その結果、本来ならば会議中にフレーテが提案した“多数決”の中でデルピュネーもコマリの解任に同意したことで「コマリが解任させられていた展開」を迎えさせていたわけです。

そのため、真逆な考え方をしてみると…
デルピュネーもサクナやヘルデウスと同じようにコマリに賛同して会議前から優しく接してくれていた場合はヴィルヘイズに狙われず、この時はまだ殺されずに済んでいたと解釈できます。

サクナの正体や過去、強さや魔法については『【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について
...

 

スポンサーリンク

二度目はテラコマリの烈核解放に敗れて死亡した

会議後には吸血鬼特有の“魔核”のおかげで復活できたのも空しく、その後に参加した七紅天闘争で“二度目の死亡”を迎えさせられました。

先に触れた会議中に殺された恨みをコマリにぶつけ続けた末に追い詰めたデルピュネーでしたが、自身の能力の元である“血”を飛び散らした時点で命運が尽き…
自分(デルピュネー)の血を飲んだコマリの烈核解放により発動された攻撃魔法の一撃でアッサリ倒されてしまいました。

 

スポンサーリンク

他国との戦争でも死亡させられる立ち位置に…

デルピュネーは七紅天闘争以降の他国との戦争でも殺され続ける不遇なキャラクターと言えます。

七紅天闘争以降からはフレーテと同じく出番が少なめとなりながらも常世から帰還してきたコマリと共に参戦します。
しかし、この戦争でもリオーナが仕掛けていた卑怯な罠にかかり、フレーテと共に殺されて敗北させられました…。
この時点で三度目の死亡を迎えたデルピュネーは、フレーテと同じく“かませ犬”のような立ち位置にされてしまったわけです。

それでも本作品の設定における「戦争自体がエンタメ」であることや「魔核のおかげで何度も復活できる」という設定のおかげで何度も復活できている点唯一の救いと言えるかもしれません。

created by Rinker
¥733 (2024/05/18 21:48:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

デルピュネーの正体・仮面の下の素顔は?

【ひきこまり吸血鬼】デルピュネーの正体と素顔・強さと能力 | 死亡した理由や回数

出典:You Tube

最後は読者やファンたちが最も気になる点であろう、デルピュネーの正体および「仮面の下の素顔に迫ります。

原作12巻までの時点でデルピュネーが仮面を外すことなく「素顔が見られる展開」は未だありません。
また、デルピュネー自身が七紅天でありながらもコマリ達と違って完全に“モブ扱い”とされているため、今後も最終話までにかけて仮面の下の素顔が判明する可能性極めて低いと思われます。

ただ、少なくともコマリの母親(ユーリン)というオチでないことだけ確定しています。
(死別したと思われていたユーリンは現在でも常世で生き続けていることが判明しましたからね)

 

まとめ

今回はデルピュネーの強さや魔法能力および、本編で死亡させられてきた理由や回数について解説しました。
七紅天だけあり、本来は主役級やメイン級の活躍や見せ場に恵まれていてもおかしくないデルピュネーですが…
本作品ではコマリヴィルを始め、ネリアやアマツ・カルラなど10代の少女たちを中心に戦争やストーリー進行している影響により、フレーテと同じく“かませ犬”のような立ち位置にされてしまっている点が不遇なキャラクターと言えますよね。

それでも、可能性は低いものの…
今後のストーリー中にデルピュネーが自ら仮面を取って「仮面の下の素顔」を含めた正体を明かす展開などに期待したいですね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ひきこまり吸血鬼の悶々
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント