【決定版】おすすめアニメ120選

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さと魔法について

ひきこまり吸血鬼の悶々

『ひきこまり吸血鬼の悶々』は、小林湖底先生により執筆されている大人気ラノベ作品です。
コミカライズに続きテレビアニメ化も果たしており、2023年10月から放送および配信中です。

本記事ではミリセントの過去、強さや魔法能力を解説。
さらに、コマリへの復讐がキッカケで起きた”目的の変化”や読者たちから「人間のクズ」と言われてしまう理由についても迫ります。

本作品の人物相関図は「ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

ミリセント・ブルーナイトとは

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

ミリセントはテロリスト集団「逆さ月」の構成員として初登場した女性キャラですが、過去に学院内で起こした苛めによりテラコマリを”ひきこもり生活”へと陥れた張本人でもあります。

 

スポンサーリンク

ミリセントのプロフィール | ムルナイト帝国の政治家の娘として誕生した

種族 吸血鬼(吸血種)
年齢 15歳(初登場時)→16歳

ミリセントはムルナイト帝国の政治家の家系“ブルーナイト家”の娘として生まれてきた少女です。

コマリの家系(ガンデスブラッド家)には及ばないものの、ブルーナイト家も帝国内では強い権力をもつ家系です。
そのため、ミリセントも学院時代まで(帝国から追放されるまで)は“スクールカーストのトップ”に君臨した上で複数の同級生たちをも自分の部下のように従えてきました。

そのような強い権力を振りかざしながらヴィルやコマリへの苛めまで行なってきましたが、そのような行動が原因で一家離散させられる目に遭ったのです。

 

スポンサーリンク

ミリセントが”逆さ月の構成員”になった理由とは

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

(ひきこまり吸血鬼の悶々(コミック版)第1巻 小林湖底・りいちゅ/ビッグガンガンコミックス)

ムルナイト帝国の出身でありながらも、本編の時代では“逆さ月の構成員”として、狐の面のような仮面で顔を隠した姿で登場しました。

ミリセントは3年前にコマリが起こした「学院内での大量殺人」犯人に仕立て上げられたことにより、ミリセント自身も含めた一族全員が帝国から追放されていたのです。
その後、父親たちと逸れて1人きりで彷徨う中をかつての師(天津覺明)に拾われたことで逆さ月に入って、ミリセント自身も構成員として働き始めたのです。

これだけ見れば可哀想と捉えられますが、ミリセントたち一族が追放された根本的な原因とはミリセント自身が行なってきた「コマリへの苛めです。
苛めを続ける中でコマリのペンダント(実は魔核)を奪い取ろうとしたことで「コマリの烈核解放」を発動させたと同時に学院内での”無差別殺人”まで起こさせてしまいました。

そして、この学院内での事件が原因でコマリへの苛めを続けてきたことが宰相かつコマリの父親・アルマンにも知られたことで怒りを買った末に、ミリセントや父親も含めた一族全員が帝国から追放されてしまったわけです。
そのため、ミリセントたち一族が帝国から追放されたのは可哀想などでなく、完全に“自業自得”だったとしか言えません。

テラコマリの本当の強さや魔法、母親や過去、死亡については『テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について
...

 

スポンサーリンク

敗北後は七紅天の将軍となってコマリ達と共闘する立ち位置に

自ら仕掛けた決闘でコマリに倒されたミリセントは一度は牢獄で監禁されますが、すぐ後に皇帝(カレン)が手を回したことで釈放された上、外出まで許可されるようになりました。

その外出期間の中で無人の廃墟と化した自宅(ブルーナイト)で過ごす日々を送っていたのも束の間…
七紅天闘争(原作2巻)が終了した後から解任させられたオディロンの後を引き継ぐ形で、ミリセントが“第五部隊隊長”に就任させられます。

その後の六国大戦(原作3巻)ではコマリたちの見えない区域で戦いますが、吸血動乱(原作5巻)ではコマリやヴィル、サクナの前に再び姿を現した上で、コマリたちと共闘する展開を迎えます。

口が悪い性質は変わっていないものの、それでも戦意を失いかけたコマリを叱咤しながら闘争心を上げたり、戦闘中もフォローしてくれたりと頼れる存在に変わりました。
また、七紅天となる前には自分の素性などで悩むサクナにもアドバイスを送ってくれています。

サクナの正体や過去、強さや魔法については『【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について
...
created by Rinker
¥693 (2024/07/11 05:19:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ミリセントの声は声優「雨宮天さん」が担当

ミリセントの声を担当している声優さんは「ミュージックレイン」に所属する雨宮天さんです。

雨宮さんは高校生の頃に視聴されたアニメ動画で沢城みゆきさんの演技に感銘したことがキッカケで声優への道を志したそうです。
そして、2014年に放送されたテレビアニメ『一週間フレンズ。』の藤宮香織空役初メインヒロイン役を果たされました。

また、歌手や音楽活動も積極的に行なっており、麻倉ももさんや夏川椎菜さんと共に結成された声優音楽ユニット「TrySail」を結成し、これまでに多くのアニメ主題歌をリリースしております。

雨宮天さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『彼女、お借りします』水原千鶴役
  2. 『キミ戦』アリスリーゼ役
  3. 『スパイ教室』リリィ役
  4. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』吉澤かすみ、すみれ(ヴァイオレット)役

 

ミリセントが「人間のクズ」と言われる理由

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

ミリセントは本編や回想シーンで起こした“ヴィルやコマリ達への酷い行い”となり、読者やファンたちから「人間のクズ」と言われることも多いようです。

ここでは、そのような理由をミリセントの性格や行動から分析してみます。

 

スポンサーリンク

コマリたちへの容赦ない苛めに加えて逆恨みでの復讐まで実行してしまう

ミリセントがクズと言われる発端が学院内で繰り返してきた「ヴィルやコマリへの苛めです。

自分の権力を駆使して同級生たち全員に指示した上での”集団無視”や教科書などを破り捨てる”器物損壊”から始まり、しまいには”水をかける”や”集団リンチ”など、ヴィルやコマリ本人への暴行まで起こしてしまいます。
無視や器物破損だけでも卑怯で姑息な手口ですが、暴行においては1人に対して複数人で行う始末です。

しかも、ミリセントがアルマンの手で追放されたのも当然の報いなのですが…
逆さ月の構成員となった上で“コマリへの復讐”まで始めるなんて、完全に「身勝手な逆恨み」でしかありません。

 

スポンサーリンク

目的のためには手段を選ばない狡猾さ

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

(ひきこまり吸血鬼の悶々(コミック版)第2巻 小林湖底・りいちゅ/ビッグガンガンコミックス)

ミリセントには常人離れした狡猾さもあり、自分と同じように”コマリへの憎しみを抱く者(ヨハン)”に近づきながら、巧みな言い回しで協力関係まで結ばせていました。

さらにはコマリの部屋にまで不法侵入した上でヴィルを拉致してしまいます。
この時にミリセントからコマリに対する”正式な決闘”を行う場所(教会)を伝えられますが…
「1人で来ること」「他言を禁止する」など、ヴィルを人質に取った上で“完全に1対1で戦える状況”へと持ち込むことに成功します。

これまでは”ヴィルの協力”や”部下たちに戦わせる”などの方法で何とか勝ち抜いてこれたコマリでしたが、ミリセントはこの時点で「コマリが勝てる要因」全て奪い去ったことになります。
あくまでも1対1でケリをつけたいミリセントの気持ちも少しは分かりますが…
人質まで取る作戦は狡猾を通り越して“卑怯”としか言えませんよね。

 

スポンサーリンク

協力者(ヨハン)にも攻撃する残酷さ

ミリセントは残酷さも際立っており、標的(コマリ)だけでなく自分の目的を邪魔する者たちに対しても無差別に攻撃してしまいます。

パーティー会場でのベリウスを始め“コマリが来るまでのセレモニー”と言いながら、人質に取って磔にしたヴィルヘイズをじわじわと刺して楽しんでいました。
また、その時に使っていたナイフが”神具”であること大問題であり、神具で受けた傷やダメージは魔核の力を使っても回復できません。
しかも、ミリセントもそのことを知っている上で神具を使っていたわけです。

さらに自分から声をかけて協力関係を結んだヨハンに対しても、自分と考え方が食い違っただけで神具で大怪我を負わせてしまう場面からも「ミリセントがもつ恐ろしい残酷さ」が分かるはずです。

ただ、ミリセントがそこまで狡猾かつ残酷な性格に変わったことには、彼女自身が抱える「辛い過去や家族関係」も少なからず影響しています。
それでも苛めや逆恨みによる復讐まで実行した上、複数人もの犠牲者まで出してしまったミリセントが「人間のクズ」と言われても仕方ない話ですよね…。

ヨハンの死亡、魔法や弱い理由については『【ひきこまり吸血鬼】ヨハンの死亡と弱い理由 | ミリセント戦後の役割とは』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】ヨハンの死亡と弱い理由 | ミリセント戦後の役割とは
...

 

ミリセントの過去 | ヴィルやコマリ、父親との関係性

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

先の項目でも少しだけ触れましたが、ミリセントもまた、ヴィルコマリとは違う形で「辛く悲しい過去」を背負っています。
ここでは自分の父親との関係性も含めた上でミリセントの過去、そして「ヴィルやコマリへの苛めを始めた理由」について迫ります。

 

スポンサーリンク

ヴィルやコマリへの苛めは父親や強い嫉妬心が原因

ミリセントがヴィルやコマリへの苛めを始めた理由にも実は深刻な理由があり、それは父親との関係性やコマリ達への強い嫉妬心が大きな原因となっていました。

ミリセントは幼少期から「強くなること」や「学院での優秀な成績」を求められており、ミリセント自身も父親の期待に応えるために頑張ってきました。
しかし、どんなに頑張っても自分が烈核解放をもてないことへの悔しさが肥大化した上、自分よりも下級区の出身(表向きでの)であるヴィルが既にもっていることへの「強い嫉妬心」が引き金となって“苛めでストレスを発散させる行動”を始めてしまったのです。

また、苛めの標的をコマリに変更した理由も単にヴィルへの苛めを邪魔されたからということに加えて、自分の父親がコマリの父親(アルマン)やガンデスブラッド家に対する苛立ちや嫉妬心を悔しそうにこぼす瞬間を見ながら反応してしまったためです。

ヴィルヘイズの正体や過去、強さや能力については『【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について
...

 

スポンサーリンク

父親こそがミリセントの心を歪ませた最大の原因?

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

ミリセントが学院内での苛めに走った直接的な原因はヴィルやコマリへの強い嫉妬心でしたが、そんなミリセントの心を大きく歪ませた最大の原因“父親との関係性”です。

父親が天照楽土から連れてきた”元・五剣帝の1人”である天津覺明「戦闘の先生」となり、ミリセントは全身に傷を負いながらもギブアップすることなく戦闘訓練に励みました。
その甲斐あって戦闘能力の向上を果たせた一方、勉学の方が疎かとなり“学院内での成績が落ちたこと”“いつまでも”烈核解放をもてないこと”責められ続けます。

ミリセント自身も正当な理由や言い分を話しますが、父親からは“言い訳”と捉えられるだけで全く聞いてもらえません。
この時点でミリセントと父親の親子関係における食い違いも決定的なものとなり、そのような辛さや苛立ち学院内での苛めを加速させてしまった原因と解釈できます。

created by Rinker
¥668 (2024/07/10 21:35:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

ミリセントの強さと魔法能力 | 烈核解放を得られなかった理由

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

ここではミリセントの強さや魔法能力を紹介する共に「烈核解放を発現できなかった理由」についても迫ります。

 

スポンサーリンク

神具(ナイフ)と魔弾で近接戦闘と遠距離攻撃を両立させる

ミリセントは持ち前の素早さを活かした“ナイフ捌き”による近接戦闘光撃魔法「魔弾を使っての遠距離攻撃を両立させた戦法で敵を仕留めます。

また、ミリセントのナイフは神具であるため、自分が切り裂いた相手を「魔核での治癒および回復をできない状態にさせられる点」も大きな強みとなっています。
パーティー会場で刺したベリウルを始め、ヨハンやヴィルヘイズまでも、自身の神具で重傷を負わせました。

そのため、教会での決闘でも本来はミリセントの勝利が約束されていたはずでしたが…
ヴィルヘイズの血を飲んだコマリが発動させた烈核解放(孤虹の恤)の絶大な威力には敵わず、形成逆転される形で敗北しました。

 

スポンサーリンク

ミリセントが烈核解放を発現できなかった理由とは

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

出典:テレビアニメ「ひきこまり吸血鬼の悶々」公式サイト

ミリセントが父親により天津覺明からの過酷な授業や特訓を命じられた本当の目的とは「娘(ミリセント)にも烈核解放を発現させること」でした。
烈核解放とは、その者の心の強さや有りようによって発現される能力です。

ミリセントは先生(天津覺明)から彼女自身がもつコマリへの嫉妬心や憎しみを増大させながら特訓に励むこと」を助言されており、彼女自身も先生の指示に従いながら頑張っても最後まで発現できないまま学園や帝国から追放されました。
ちなみに逆さ月の構成員となって帝国へ戻った本編の時代でも烈核解放を発現できていない点は変わっていないようです。

ある意味ではヴィルやコマリ以上に過酷な家族関係を背負いながらも強い心を保って頑張ってきたのにも関わらず、ミリセントが烈核解放を発現できなかった理由とは、嫉妬や憎しみによる負の感情ばかりが強まり過ぎたため」と思われます。

この辺は天津覺明の教え方にも少し問題もあったと思いますが、ミリセントが最も強く抱いてきた思いとは嫉妬や憎しみよりも「父親に認めてもらいたい」という“願望”の方が上回っていた感もあります。

しかし、ミリセントの場合は最も強く抱いていた願望よりも嫉妬や憎しみの心の方を増大させながら特訓に臨んでしまったために、最後まで烈核解放を発現できなかったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ミリセントも今後は烈核解放を得る可能性が高い?

学院時代からストーリー序盤までと違い、今後は「ミリセントも烈核解放を発現できる可能性」も見え始めました。

帰還した上で仕掛けた決闘も空しくコマリへの復讐を果たせなかったミリセントですが、七紅天の将軍となってからは“コマリへの見方”や”自分の目的”に対する変化も起き始めています。
コマリに対する嫉妬や憎しみ自体を完全に失くすことまではできずとも、これらの変化がキッカケとなり今後の戦争や自身の気持ち次第では、ミリセントにも烈核解放を発現できる望みや可能性もまだ残っているとも解釈できます。

 

ミリセントの目的の変化 | 父親との再会について

【ひきこまり吸血鬼】ミリセントは人間のクズ? | 過去や目的・強さや魔法について

(ひきこまり吸血鬼の悶々(コミック版)第2巻 小林湖底・りいちゅ/ビッグガンガンコミックス)

最後はミリセントがもつ「目的の変化」そして「父親や家族との再会」について迫ります。

 

スポンサーリンク

ミリセントの目的が復讐から再興に変化した理由とは

ストーリー序盤(原作1巻)までは”テラコマリへの復讐”だけを目的かつ目標に生きてきたミリセントですが、再びコマリの烈核解放に敗れて再登場してからは「ブルーナイト家の再興」という目的に変化しています。

このような変化の理由も複数あり、カレン皇帝のご厚意で「再び外に出られたこと」さらに二度も敗北させられたことで「本心からコマリの実力を認めたこと」
この2つの待遇や思いの変化がミリセント自身を大きく変えた要因と思われます。

ちなみに正式に七紅天となる前までは自分が暮らしていたブルーナイト家で過ごしており、たまたま訪れたサクナに対しても、自身の新たな目的を語っていました。

created by Rinker
¥673 (2024/07/10 21:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

今後のストーリー展開で父親や家族と再会できる可能性について

再興という新たな目的や目標に向かって再起したミリセントですが、それでも離れ離れにされた父親を始めとした家族のことが気がかりで忘れられないはずです。

しかし、ミリセント自身は現在でも父親たちの死亡という話や情報を聞いていないため、今後の行動やストーリー展開次第では「父親たちとの再会」を果たせる可能性も完全にゼロとは言い切れません。
とはいえ、実際に父親と再会できたとしても決して円満な雰囲気にはなるとは限らず、かなり険悪かつミリセントにとっては再び辛い思いをさせられる事態になることも免れないはずです。

created by Rinker
¥673 (2024/07/10 14:23:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回はミリセントの強さや魔法能力を解説しながら「ヴィルやコマリへの苛めを始めた理由」について迫りました。

確かにミリセントが学院時代からストーリー序盤(原作1感)までに起こした行動の数々により、読者たちから「人間のクズ」と言われてしまっても仕方ありません。
しかし、ミリセントもヴィルコマリとは違う形での”辛い親子関係”を背負っており、それが原因で生じてしまった「心の歪み」を完全に否定することもできないはずです。

今後のストーリー展開によっては「生き別れた父親との再会」という辛い試練に出くわすこともありそうですが、それでも今度は歪まずに頑張ってほしいものですよね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ひきこまり吸血鬼の悶々
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント