【決定版】おすすめアニメ120選

【ひきこまり吸血鬼】ガートルードの正体と目的・強さと能力 | ネリアを裏切った理由

ひきこまり吸血鬼の悶々

『ひきこまり吸血鬼の悶々』は、小林湖底先生により執筆されている大人気ラノベ作品です。
コミカライズに続きテレビアニメ化も果たしており、2023年10月から放送および配信中です。

本記事ではガートルードの正体、強さや能力を解説しながら「自分のご主人様(ネリア)を裏切った理由」について迫ります。

本作品の人物相関図は「ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ひきこまり吸血鬼の悶々の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

ガートルード・レインズワースとは

【ひきこまり吸血鬼】ガートルードの正体と目的・強さと能力 | ネリアを裏切った理由

出典:You Tube

ガートルード“ネリア直属のメイド”として初登場した少女です。
茶髪のツインテールにかなりのアレンジを加えられた個性的な髪型も大きな特徴です。

 

スポンサーリンク

ガートルードのプロフィール | ネリアのメイドと同時に八英将も兼任している

種族 翦劉種
誕生日 6月3日
年齢 15歳(初登場時)

ガートルードは“ネリアのメイドと同時に、ネリアや兄(パスカル)と同じゲラ=アルカ共和国を守る八英将の1人として共和国軍の“第八部隊隊長”も兼任しています。

ネリアの強さや能力、テラコマリ達との関係性については『ネリア将軍の血と能力 | テラコマリや母親との関係性・ヴィルやサクナとの違い』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ネリア将軍の血と能力 | テラコマリや母親との関係性・ヴィルやサクナとの違い
...

 

スポンサーリンク

ガートルードが”コマリへの嫉妬心”を燃やす理由

基本的には真面目でお淑やかな性格なガートルードは、メイドや八英将としての自分の仕事を卒なくこなします。

しかし、六国大戦を経てネリアがテラコマリを自分の妹のように溺愛するようになってからは密かに“コマリへの嫉妬心を燃やし始めるようになります。
長年にわたりネリアに仕えるガートルードはネリアのことを強く慕っており、大好きなご主人様(ネリア)が自分以外の者を溺愛している姿や様子が気にいらないようです。

テラコマリの本当の強さや魔法、母親や過去、死亡については『テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

テラコマリの強さと能力・過去 | 血が嫌いで弱い理由・母親や死亡について
...

 

スポンサーリンク

ガートルードの声は声優「日高里菜さん」が担当

ガートルードの声を担当している声優さんは「StarCrew」に所属する日高里菜さんです。

日高さんは幼少期の頃に視聴されていたテレビ番組の影響で芸能界入りを果たしており、小学生の頃から本格的に女優としての活動を開始されました。
さらにテアトルアカデミー開講された声優選抜レッスンがキッカケとなり、2008年に配信されたWebアニメ『ペンギン娘はぁと』の南極かえで役で声優デビューを果たされました。

日高里菜さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』プレラーティ役
  2. 『盾の勇者の成り上がり』フィーロ役
  3. 『シャングリラ・フロンティア』エムル役
  4. 『悪役令嬢レベル99』エレノーラ役

 

スポンサーリンク

ガートルードの正体は監視役 | ネリアを裏切った理由とは

【ひきこまり吸血鬼】ガートルードの正体と目的・強さと能力 | ネリアを裏切った理由

出典:You Tube

表面上ではネリアに忠実なメイドとして振る舞うガートルードも思いがけぬ正体を隠していました。
しかも、ガートルード自身が初登場した六国大戦編(原作3巻)の中で「ネリアへの裏切り行為」まで起こした理由やその後について解説します。

 

スポンサーリンク

ガートルードがネリアの監視役を続けていた理由

ガートルードの正体が実は“ネリアの監視役であることが早い段階で明かされますが、本心ではネリアのことを慕っています。
ガートルードは自分やネリアと同じ八英将の1人である「パスカルのであり、その兄(パスカル)からの命令で”ネリアの監視役”を強要されながらやらされていました。

ガートルードは幼少期から“兄(パスカル)からの虐待”を受け続けており「兄(パスカル)への恐怖心が現在でも根づいているため、どうしても逆らえなかったのです。

created by Rinker
¥733 (2024/04/23 11:34:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

裏切り行為を実行しながらもネリアに再び寝返った理由

ネリアがムルナイト帝国内で自分が起こした転移からコマリアマツ・カルラ達と共に夢想楽園に戻ってきた時点で「ガートルードの裏切り行為」が実行されました。
ネリアの腹部に自分のレイピアを刺すことで重症を負わせたガートルードでしたが…
六国大戦が大詰めに入ろうとする中で再びネリアに寝返っては自分の兄(パスカル)への攻撃を仕掛けて倒します。

長年にわたり”ネリアのメイド”として働いてきたガートルードのは虐待ばかり繰り返してきた兄などではなく、自分に優しく接してくれてきたネリアの方に惹かれながら傾いていたのです。

 

スポンサーリンク

六国大戦以降もネリアと共にコマリ達への加勢をしてくれる

六国大戦が終わった後に、自分の裏切り行為をネリアから許してもらえたガートルードはそれ以降からも“ネリアのメイド”として働き続けます

さらに、その後に勃発した吸血動乱(原作5巻)ではパスカルと共にネリアにつきながら、コマリやムルナイト帝国の危機に駆けつけてくれました。
その時にはネリアたちと共に逆さ月のテロリスト達と戦うことで、帝国を死守することに貢献してくれたのです。

また、吸血動乱が終わり年明けを迎えた時期にはフレジール温泉街にある”紅雪庵(エステルの実家)”にもメイドとしてネリアに同行しながら彼女やカルラ、プロへリヤ達と一緒に「コマリの誕生日祝いまでしてくれました。

created by Rinker
¥693 (2024/04/23 21:45:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ガートルードの強さや能力について

【ひきこまり吸血鬼】ガートルードの正体と目的・強さと能力 | ネリアを裏切った理由

出典:You Tube

読者やファンたちからも“ドジっ子メイド”という印象が強く根づいてしまったガートルードですが、その強さや能力は本物です。
ここでは、地味ながらも侮れないガートルードの強さや能力について迫ります。

 

スポンサーリンク

レイピアによる剣術の強さは兄(パスカル)をも超える?

ガートルードはレイピア専用武器として剣術をメインの戦法として戦います。
剣術メインで戦う点はネリアやパスカルとも共通していますね。

ネリアとは違い、ユーリン(コマリの母親)からの教育を受けていないため、剣術の強さではネリアより劣ります。
それでも裏切り行為による不意打ちとはいえ、ガートルードの剣が一度はネリアに重症を負わせたこともまた事実です。

また、八英将も任されているだけあり並の兵士はもちろんのこと、同じ八英将の兄(パスカル)にもうち勝っているため、ガートルードの剣術がパスカルよりも強いことが分かります。
そのため、アニメ10話でパスカルにアッサリ斬り倒されたコマリの部下たち(カオステルやベリウス等)が束になってかかっても、ガートルードには敵わないということになりますね。

 

スポンサーリンク

ネリアと同じく、魔法の扱いは苦手?

ネリアを始めとした翦劉種は剣術に長けている一方で「魔法の扱いを苦手とする種族」とされています。

そのような特徴や短所は同じ翦劉種であるガートルードも例外ではありません。
コマリやサクナカルラと違ってネリアやガートルードが自分で魔法を唱える場面が少ないのも、彼女たち自身が「自分たちが魔法を苦手とする種族(翦劉種)であることを自覚しているため」とも考えられます。

サクナの正体や過去、強さや魔法については『【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】サクナ隊長の正体と過去・強さと魔法能力 | かわいい魅力について
...

アマツ・カルラの強さと能力、未来と死亡(消滅)、テラコマリとの関係性については『アマツ・カルラの未来と死亡(消滅) | 血と能力・テラコマリとの共通点』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

アマツ・カルラの未来と死亡(消滅) | 血と能力・テラコマリとの共通点
...

 

スポンサーリンク

ドジだけどヴィルとは違う真面目なメイド?

ガートルードがコマリやヴィルの前で初めて現れたのはネリアがアルカ共和国で開催した翦劉茶会の席ですが、初登場した途端から豪快にコケるなど、かなりの“ドジっ子ぶり”を見せてくれました。

しかし、メイドとしての能力はヴィルにも負けない程に一級品であり、自分の主(ネリア)へのお世話は卒なくこなしています。
また、ヴィルヘイズのように主(コマリ)に向かっていきなり迫るような変態気質もないため、至って「真面目なメイド」と言える点もガートルードの長所と言えます。

とはいえ、ネリアがコマリを溺愛し始めてからは心の中で”強い嫉妬心”を燃やし始めているため、今後の展開次第ではガートルードもネリアに向かって執拗に迫る可能性も…
決してゼロとも言い切れません。

ヴィルヘイズの正体や過去、強さや能力については『【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】ヴィルヘイズの正体と家族 | 強さや能力・過去について
...

 

まとめ

今回はガートルードの正体、強さや能力について解説しました。

原作でもアニメでもガートルードがいきなり起こした「ネリアへの裏切り行為」に対して驚いた読者や視聴者も多かったことでしょう。
それでも六国大戦が終わった後にはネリアや兄(パスカル)とも和解した上で再び”ネリアのメイド”として働き続けられたことがガートルード自身にとっても大きな救いとなったはずです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【ひきこまり吸血鬼】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ひきこまり吸血鬼の悶々
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント