【決定版】おすすめアニメ120選

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

怪獣8号

「怪獣8号」は、2020年夏から「少年ジャンプ+」で連載中の人気漫画作品です。

「怪獣と戦う」という王道テーマながらも、多くのコメントが寄せられるほどの大人気ぶりを見せています。

本記事では、第3部隊の副隊長を務める保科宗四郎のキャラクター性や強さ、主人公カフカとの”関係性”について迫ります。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

保科宗四郎(ほしな そうしろう)とは

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

(怪獣8号第2巻 松本直也/集英社)

まずは、保科宗四郎の簡単なプロフィールやキャラクター性から紹介していきます。

保科宗四郎のプロフィール

保科宗四郎のプロフィールは以下の通りです。

年齢 不詳
誕生日 11月21日
身長 171cm
好きなもの 読書、コーヒー、モンブラン、単純な奴

年齢は”不詳”とされていますが、亜白ミナより遅く入隊した事を考えると、彼女よりも少し年下であることは間違いないでしょう。

そのため「25歳程」と考えられますね。

日本防衛隊の第三部隊の副隊長

保科宗四郎は「第三部隊の副隊長」として登場しました。

他のキャラクター達とは大きく違い「糸目」「関西弁に近い言葉で話すところ」が印象的です。

普段は飄々としながら話しますが、怪獣との戦闘で本気になった時には、その糸目を開くと同時に「凛々しい表情」に変わるギャップの大きさも見逃せません。

アメリア
アメリア

保科宗四郎の初登場シーンは、カフカ達の一次試験終了後だよ!

亜白ミナからのスカウトを受ける

保科は、隊長である亜白ミナからの“スカウト”を受ける形で防衛隊に入隊しました。

生まれつき”刀”を使う戦法に長けている保科ですが”家族関係”や”時代の流れ”に対して、大きく悩まされていました。そんな中で亜白ミナの方から訪れてきては「入隊してほしい」と頼まれます。

ミナ「君の力が必要だ!私の部隊に来ないか?」

誘われた理由が、かなり個人的なものでした。

ミナは狙撃に特化している一方で「接近戦の方は大の苦手」であることを話してきます。さらには”刃物そのものを苦手”としており「包丁すら持ちたくない」とまで言ってくる始末です。

ミナ「私が敵を射抜く時、君が“その道”を開いてくれないか?」

狙撃き長けているミナと、刀による”接近戦”に長けた保科。
完全に真逆なタイプの2人ですが、だからこそ、これまでの戦闘でお互いの短所をサポートし合う形で乗り越えてこられたのです。

亜白ミナの強さや可愛さ・カフカとの恋愛関係性の行方は「【怪獣8号】亜白ミナの強さや専用武器について解説」の記事を参照ください。

【怪獣8号】亜白ミナの強さや専用武器について解説
...

保科宗四郎の強さについて

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

(怪獣8号第3巻 松本直也/集英社)

ここからは、保科宗四郎が本編の中で見せてくれた”絶大な強さ”について紹介していきます。

解放戦力は最大92%

防衛隊で”隊長”や”副隊長”の地位に上がるためには、己の強さを認められなければなりません。

本作品では専用の戦闘用スーツを着た時に出される“解放能力測定値”という数値でキャラクター毎の強さが判断されます。

基本的に、受験者や新人たちが出せる”解放能力測定値”は、良いところ10%代。入隊後に訓練を積み重ねて数値を引き上げられたとしても、一般的な隊員では20%〜30%代が頭打ちとされています。

しかし保科の場合は、その”解放能力測定値”を最高で「92%」にまで打ち出しており、これはミナ(96%)に次ぐ高さです。

そこまで高い実力を持つ保科が“副隊長”を任されることは必然ですね。

専用武器は2本の刀

副隊長である保科宗四郎の専用武器は、刀の形状をした「50cm前後双短剣です。

ミナの巨大機関砲と同じく、保科の双短剣の名称も現時点(第4巻まで)ではまだ明かされていませんが、型番は「SW-2033」とされています。

隊長(ミナ)の巨大機関砲や四ノ宮キコルの巨大斧と違い、かなり控えめな大きさです。

小型・中型の相手を得意としている

保科は、自身の専用武器である双短剣を使って、中型や小型怪獣を閃光の如き速さで切り裂く戦法を得意としています。その代わり、狙撃武器による解放戦力の方は低いことを、カフカに対しても話しています。

保科「その代わり、小型から中型にかけては僕の方に分があるかな」

彼らの背後から襲ってきた中型怪獣の気配に気づくと同時に、一瞬で切り裂いてしまいます。一緒にいたカフカの目では、保科の剣閃すら全く見えませんでした。

保科の誇る刀捌きの速さは、”目にも止まらぬ速さ”をも超えて「目にも写らぬ程の速さ」を誇っているのです。

実は、保科の家系は室町時代から続く「怪獣討伐隊の一族」でした。

宗四郎自身もその家系からの才能を受け継いでおり、家族や師匠からもその“天賦の才”を認められていました。

そのため、本人も言っていた通り、保科の強さと双短剣は中型や小型怪獣との戦闘に向いているというわけです。

手数とスピードで勝負

同じ接近戦向きでも、保科の双短剣による戦い方は四ノ宮キコルの「隊式斧術」とは“似て非なるもの”です。

キコルの巨大斧が絶大な破壊力により一撃で怪獣たちを仕留めるのに対し、保科の双短剣は持ち前の「高スピード」による動きと合わせるように「数回に渡って切り裂いて倒す」というものです。

先に挙げた中型怪獣においても、一見は隊長(ミナ)やキコルと同じように一撃で倒したかのように見えますが、倒された怪獣は実は3回に渡って斬っていました。

この辺もまた、ミナやキコルとは大きく違う戦法や倒し方と言えますね。

四ノ宮キコルの強さや可愛さ・カフカとの関係性における詳細は「【怪獣8号】四ノ宮キコルが可愛くて強い | カフカに惚れてる?」の記事を参照ください。

【怪獣8号】四ノ宮キコルが可愛くて強い | カフカに惚れてる?
...

保科流刀伐術の使い手

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

(怪獣8号第4巻 松本直也/集英社)

保科は、幼少期から磨いてきた「保科流刀伐術」を駆使して戦っています。

ここで彼が、これまで劇中で見せてきた「保科流刀伐術」の種類を紹介していきます。

1式「空討ち」 高スピードで敵(怪獣)を翻弄させてながら”斬撃”を放つ技。
2式「交差討ち」 双刀を用いて、敵を”クロス状”に斬りつける技。
3式「返し討ち」 双刀を交差させることで”二連斬撃”を繰り出す技。
4式「乱討ち」 目にも見えない速さで、バラバラに斬りつける。
5式「霞討ち」 交差討ちで陽動しながら近づいた後に”最後の一撃”を放つ技。
6式「八重討ち」 目にも見えない速さで”八裂き”にする技。

保科が披露する技はどれもが洗練されており、目にも見えない程の高スピードで撹乱しながら気づかぬ間に怪獣を切り裂いていること」が特徴的です。

怪獣8号の”強硬な皮膚”さえも切り裂いてしまう

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

(怪獣8号第3巻 松本直也/集英社)

怪獣9号に襲われて殺されかけた市川レノと古橋伊春を間一髪で助けた事実も知らぬまま、怪獣8号(カフカ)を完全に“敵”と見做した保科は、彼に対しても「保科流刀伐術」を使って容赦なく攻撃を放ちます。(この時点ではまだ、怪獣8号の正体がカフカであることを知りません)

実際に攻撃されたカフカ(怪獣8号)の視点で見てみると…人間(カフカ)だった時には剣閃すら見えず「怪獣8号」の形態に変化した後でも「やっと剣閃が見える程度」にしかならず、彼の方は完全に避けるだけでも精一杯だったのです。

それでも実際には2〜3発は当たっており、本来ならば他の中型や小型怪獣たちと同じように切り裂かれていたわけですが「怪獣8号特有の”強硬な皮膚”」のおかげで守られていました。

しかし、それはあくまでも保科がまだ本気でなかったためです。

保科「“本気”でいかな、あかんな!」

いつもはニコニコ顔の保科が“本気の顔”となった上に“最大解放戦力”を引き出した状態で放った「空討ち」や「霞討ち」で怪獣8号の強硬な皮膚をも切り裂いてしまいました。

アメリア
アメリア

怪獣8号(カフカ)をも切り裂いてしまう保科の強さは、第3巻で見られるよ!

created by Rinker
¥502 (2021/10/26 16:35:24時点 Amazon調べ-詳細)

甲殻の隙間を切り裂ける”正確さ”

「保科流刀伐術」を語る上で”手数”や”スピード”だけでなく、立川基地に襲来してきた人型怪獣を相手に見せた「正確さ」も忘れてはなりません。

この人型怪獣も”怪獣9号”に続いて「人間の言葉や知恵」を身につけていた上に、保科すら恐れる程の高スピードで猛攻撃と怪獣8号をも上回る“硬い皮膚”まで併せ持っていたのです。

こんな相手に対して、保科の方が完全に不利な戦況に追い込まれる中でも、人型怪獣にある「甲殻の隙間」を見抜いて“正確に切り裂くこと”もできます。

「保科流刀伐術」に対してはさほど恐れなかった人型怪獣ですが、保科が見せた「正確な斬撃」には驚いていました。

created by Rinker
¥502 (2021/10/26 07:23:19時点 Amazon調べ-詳細)

保科宗四郎に秘められた”強さの源”とは?

先まで紹介したように、保科の強さは「保科流刀伐術」によって発揮されています。

しかし彼の中に秘められている“本当の強さ”とは、自身をどんなに否定されても、またはどんな窮地に陥らされても、決して曲げることのない「強い“信念”にあるのではないでしょうか。

幼少期から「保科流刀伐術」の鍛錬を積んできた保科は「江戸の世なら”天才”と崇められただろう」と褒められる一方で、「防衛隊は諦めろ」と父親から言われてしまいます。師匠からも、「現場から退くこと」を命じられてしまいます。

昔と違い、大型怪獣の増加に伴い”銃器”の方が重視されるようになった現代では「刀では戦えないこと」を指摘されてしまったわけです。

そのことは人型怪獣からも言われてしまいます。

保科「るっさい!そんなん、とうに分かっとるわ!」

刀だけでは戦えないことは、本人も頭で分かっているのです。
それでも、隊長(ミナ)から任された留守を絶対に守ろうと戦い続けます。

この場面では「隊長(ミナ)の信頼を守る」という思いが強く描写されていましたが、それにも負けない程に、自分を否定した父親や師匠に対して現代の怪獣戦でも“刀の使い手は必要”であることを証明したい」という思いもまた、強かったように感じられます。

お茶目な一面で実は切れ物

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説

(怪獣8号第2巻 松本直也/集英社)

ここでは、カフカとの関係性から見ての「状況把握能力の高さ」について紹介します。

カフカを早い段階から怪しんでいた

副隊長でありながら、普段は飄々としながら“お茶目な一面”まで見せる保科。そうした一面はカフカ達が入隊試験を受けた時にも多く見られます。

入隊試験では”監督官”という責任の重い役割を担っていながらも、とても楽しんでいたように見えましたね。

その極めつけと言えるのが、カフカが”解放能力測定値”で、まさかの「0%」を打ち出してしまった場面です。0%を出した受験者はカフカが”初めて”だったこともあり、なおさら保科にとっては笑いのツボにハマったのでしょう。

しかし、最終試験中に起きたアクシデント(怪獣9号の襲来)によって起きた異変により、カフカのことを怪しむようになります。

殺されそうになったキコルを助けた功績が認められたものの、試験成績が散々な結果で終わり不合格とされそうになったカフカを、保科が”候補生”として採用してくれたのです。

保科「“お笑い要員”として、素晴らしい働きを見せた!」

この時に隊長(ミナ)たちの前で告げた採用理由は半分は建て前であり、本心は大きく違っていました。

保科「側に置いて“違和感の正体”を突き止める」

保科がカフカを採用してくれた理由とは「最終試験中に感じた“違和感の正体”を暴くためであり、真っ先にカフカのことを怪しみ始めていました。

カフカが「怪獣8号」に変化した瞬間を目撃した市川レノや四ノ宮キコルはともかく…そうした現場を見ていない中で、カフカの異変に気づいていたのは保科だけだったのです。

created by Rinker
¥502 (2021/10/26 15:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

状況把握能力が高い

表面上では飄々としていながらも、保科の「状況把握能力の高さ」は刀伐術にも負けない程に侮れないものがあります。

実は本編の物語開始よりも3ヶ月前の時期にも、最終試験と同じような出来事が起きていたのです。

一緒に出撃した隊長(ミナ)が「怪獣たちが蘇ったこと」の方に疑念を抱く中、保科の思考は全く違う方向に働きかけていました。保科は、3ヶ月前“怪獣8号が現れた日”に起きた「討伐者不明の怪獣死骸の有り様」に似ていることに気づきます。

この時の”怪獣8号”とは、あくまでも「カフカとは別人」であるものの、彼が”怪獣化”したキッカケはあまりにも特殊な形でしたからね。

ハッキリとした事実はまだ明かされていないものの、おそらくは”3ヶ月前の事件”と”最終試験中のアクシデント”には何か共通点があり、何者かの企みによって起きているのだろうと推測していたものと思われます。

その根拠として、人間の言葉を話せる怪獣9号が現れてからは、他の怪獣たちも進化の一途を辿っています。

もちろん、襲来する毎に自分たちで殲滅することも大切ですが、保科自身は戦闘だけでなく「怪獣たちのに迫ろう」と考えている節もありますよね。

ちなみに、こうした正体や目的を始めとした「怪獣たちの謎」に迫ろうとしているキャラクターが、現時点では“保科だけ”。彼は副隊長として戦う傍ら物語の真相に迫る“探偵”のような役割」も果たしており、この辺に対しては原作者さん(松本直也先生)にとっても、かなり頼れる存在らしいです。

さらに保科の持つ「状況把握能力」自身の戦闘中でも役立っています。

カフカ達が正式に入隊してから、立川基地に大量の怪獣たちが襲来した時、彼は手強すぎる”人型怪獣”を迎撃していました。

あまりにも強敵なため、自身も本気を出さなければ勝てないと感じたと同時に「この場所(演習場)なら、隊員たちを巻き込まずに済むだろう」と咄嗟に判断しながら、「全戦力の解放」を行なったわけです。

まとめ

今回は、「第3部隊の副隊長」を務める、保科宗四郎のキャラクター性や保科流刀伐術の強さ、状況把握能力の高さについて紹介しました。

本作品はバトル系漫画ゆえに”刀伐術”による強さにばかり目が行ってしまいがちですが、保科の真の強さは「どんな窮地に立たされても決して揺るがない”信念の強さ”」にあるように感じられます。

怪獣たちも大きく進化していき、さらに過酷な戦いが待ち受けているであろう今後は、単なる強さだけでなく、保科の持つ「状況把握能力」もまた、今以上に必要となってくるはずです。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
怪獣8号
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました