【決定版】おすすめアニメ120選

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

怪獣8号

『怪獣8号』は松本直也先生により2020年から「少年ジャンプ+」で連載中の人気漫画作品で、連載開始時から多くのコメントが寄せられたことも大きな話題となりました。
また、テレビアニメ化も果たしており、2024年4月から放送中です。

本記事では四ノ宮功(長官)の強さや装備(専用兵器)について解説。
さらに、妻(ヒカリ)や娘(キコル)との過去や家族関係に加えて、怪獣9号に吸収されたことで迎えた死亡や最期についても迫ります。

本作品の人物相関図は「怪獣8号の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事を参照ください。

 

怪獣8号の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

四ノ宮功(しのみや いさお)とは?

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第4巻 松本直也/集英社)

四ノ宮功は、日本防衛隊・本部の長官です。

また、カフカ市川レノたちと一緒に第3部隊に入隊した“四ノ宮キコルの父親であると同時に、元・第2部隊隊長として活躍していた“四ノ宮ヒカリの“でもあった男性です。

市川レノの強さや開放戦力・伊春やカフカとの関係性については「【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について
...

 

スポンサーリンク

四ノ宮功のプロフィール | 防衛隊最強の男として妻(ヒカリ)と共に戦い続けた

誕生日 1月8日
身長 180cm
好きなもの ジャズ、ウイスキー、チェス、
動物の動画

四ノ宮功の出生や両親までは明かされていません。
それでも現役の頃は妻(ヒカリ)と共に戦い続けながら「防衛隊最強の男」と呼ばれてきました。

 

スポンサーリンク

四ノ宮功の性格 | 厳格だけど”夫や父親としての一面”も見せた

“オールバックの髪型”や”長いもみあげ”に加えて、まるでプロレスラーのような体型という見た目に反することなく、四ノ宮功は厳格かつ責任感の強い性格です。
そのような性格は自分の部下たちは勿論、自分や妻(ヒカリ)と同期で親しい関係性にある伊丹啓司に対しても変わりありません。

しかし、妻のヒカリがまだ生きていた頃の回想シーンではお堅いながらも「夫や父親としての顔や反応」も少しだけ見せていました。

created by Rinker
¥502 (2024/06/22 17:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

四ノ宮功を目標に入隊した防衛隊員も多い

現役だった頃の四ノ宮功の強さや活躍に憧れて防衛隊への入隊を志願した者も多く、その筆頭が娘(キコル)鳴海弦です。

さらにカフカたちと一緒に第3部隊に入隊した古橋伊春も実はその1人であり、彼にとっての1番の目標は中学時代に怪獣から救ってもらえた亜白ミナでしたが…
多くの同期たちとの競争で苦悩する中、伊春の心の中にはミナだけでなく、功や鳴海を始めとした歴戦の勇士たちの名前も挙がっていました。

亜白ミナの強さや可愛さ・カフカとの恋愛関係の行方は「【怪獣8号】亜白ミナの強さや専用武器について解説」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】亜白ミナの声優・年齢 | かわいい魅力・伐虎の正体、死亡について
...

古橋伊春の強さや解放戦力、過去や魅力については「【怪獣8号】古橋伊春の過去・人気と魅力 | 強さと解放戦力・レノやミナ達との関係性」の記事を参照ください。

【怪獣8号】古橋伊春の過去・人気と魅力 | 強さと解放戦力・レノやミナ達との関係性
...

 

スポンサーリンク

四ノ宮功の声は声優「玄田哲章さん」が担当

四ノ宮功の声を担当している声優さんは「81プロデュース」に所属する玄田哲章さんです。

玄田さんは芝居への道を志し東宝芸能アカデミーへの入学を経て、劇団薔薇座に入団されました。
テレビアニメでは1972年に放送された『科学忍者隊ガッチャマン』で声優デビューを果たされています。

玄田哲章さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『CITY HUNTER(シティーハンター)』海坊主(ファルコン)役
  2. 『幽遊白書』戸愚呂(弟)役
  3. 『珍遊記』山田太郎役
  4. 『劇場版 幼女戦記』クーデンドルフ役

 

四ノ宮功の過去や家族 | 妻(ヒカリ)や娘(キコル)たちとの関係性

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第6巻 松本直也/集英社)

本編の時代では前線から離れている関係もあり、四ノ宮功の出番はカフカ達と比べると決して多かったわけではありません。
それでも妻(ヒカリ)や娘(キコル)との家族関係における過去など、メインキャラにも負けない“重く悲しい過去”の持ち主でもありました。

 

スポンサーリンク

妻・ヒカリとの約束は果たされなかった?

冒頭でも触れたように、四ノ宮功は元・第2部隊隊長の四ノ宮ヒカリと夫婦であった上、共に怪獣たちを殲滅しながら多くの日本市民を守ってきました。

さらに自分たち夫婦の活躍を見続けてきた娘(キコル)からも「自分も防衛隊員になる」と宣言されたことにより、妻(ヒカリ)の方が心を鬼にしてキコルを鍛えることまで宣言されます。
その代わりに功が“優しいパパ”になって娘(キコル)をめいっぱい甘やかしてあげてね」と頼まれており、功も無言で了承しました。

しかし、夫婦間の約束が果たされぬまま妻(ヒカリ)に先立たれたことに加えて、娘(キコル)が本当に防衛隊を目指して怪獣退治を始めたため、功自身が妻(ヒカリ)の代わりに心を鬼にして、娘(キコル)に厳しく接するようになります。

 

スポンサーリンク

娘・キコルに対する厳しさこそが”父親としての優しさ”だった?

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第1巻 松本直也/集英社)

妻(ヒカリ)に代わって、自分が娘(キコル)に対して厳しく接してきた功でしたが…
そのような厳しさこそが「父親としての優しさ」であり、娘(キコル)を慢心させずに強く成長させ続けたのです。

まだ小学生だった娘(キコル)が中学校への”首席合格”を果たした時も「当たり前だ」の一言で済ませてしまのは厳しすぎる感もありますが、その後に告げた「完璧であり続けること」や「歩みを止めないこと」が、キコルの心を大きく成長させてきた点も事実です。

四ノ宮キコルの強さや開放戦力、過去や父母との死別、鳴海やカフカとの関係性については「【怪獣8号】四ノ宮キコルの声優・父母との死別 | カフカや鳴海との関係性」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】四ノ宮キコルの声優・父母との死別 | カフカや鳴海との関係性
...

 

功とキコルは心では”親子”として通じ合っていた?

幼少期の頃から娘(キコル)に厳しく接し続けてきた父親(功)と一度も褒められずに成長してきた娘(キコル)ですが、それでも一般的な父娘以上にでは“親子の強い絆”で通じ合っていたもの」と思われます。

先の項目で触れた功からの教訓をキコルも迷わずに貫き通してきた上、怪獣8号であったことがバレた“カフカの処分”を実行する功の心境をいち早く見抜いたのも娘であるキコルでした。
一方、功の方も怪獣9号に敗北および吸収される間際に「父親らしいことをしてやれなかった」という後悔の念を出しており、本心では娘(キコル)のことを大切に想い続けていたのです。

 

スポンサーリンク

カフカ(怪獣8号)の処分を率先した理由や心境とは

カフカ(怪獣8号)の処分を自らが手を下す形で実行に移した四ノ宮功は、自身の得意とする戦法(隊式格闘術)で彼に対する攻撃を容赦なく続けました。
しかし、口では”処分”と言いながらも本心では「カフカ(怪獣8号)の可能性を信じていたこと」により、攻撃や戦闘という形で「カフカ(怪獣8号)が“戦力”として防衛隊に残れるチャンスをさりげなく与えてくれていました。

本来はカフカが自身の心や身体を完全に制御できた”人間の状態”で自分(功)にうち勝つことを望んでいたと思われますが、結果的にはカフカに寄生し続ける小型怪獣(ミツケタ)に乗っ取られて変身および暴走したカフカ(怪獣8号)に敗北させられる寸前にまで追い詰められます。
そのような酷い結果に終わったため、多くの隊員たちからカフカ(怪獣8号)を生き続けさせることに反対される状況の中でも「防衛隊の者たちに自分の有用性を示させること」課題に出しながら、第1部隊に転属させる形で生き延びさせてくれました。

このような功の強さと優しさにより与えてもらったチャンスをカフカの方もしっかりと理解しながら受け止めたことにより、これまで以上にキコルや保科との猛特訓にも励むようになったのです。

日比野カフカ(怪獣8号)のキャラクター性や強さ・能力の詳細は「【怪獣8号】日比野カフカ変身後の強さと能力・弱点 | 亜白ミナとの恋愛関係は?」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】日比野カフカの声優・変身後の強さと能力、弱点 | 死亡やラスボス化する結末に?
...

 

四ノ宮功の強さや識別怪獣兵器・弱点について

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第6巻 松本直也/集英社)

四ノ宮功の解放戦力における”正当な数値”までは最期まで明かされずに終わりました。
それでもカフカ(怪獣8号)怪獣9号との戦闘で絶大な強さを誇っていることは証明されています。

ここでは、四ノ宮功の強さを更に増幅させている装備(専用兵器)“隊式格闘術”について解説します。

 

スポンサーリンク

四ノ宮功は識別怪獣兵器2号を専用武器にして戦う

鳴海弦の怪獣1号やレノの怪獣6号と同じく、四ノ宮功も怪獣2号の識別怪獣兵器」を自身の専用武器として利用しています。

怪獣2号をベースに作られたスーツに加えて、両手に装着した“大きめなアーム”が特徴であり、カフカ(怪獣8号)や怪獣9号との死闘で、そのアームから発する絶大な威力を見せました。
さらに攻撃面だけでなく防御面にも優れており、原作36話ではミツケタに洗脳されながら覚醒した怪獣8号の拳を、原作49話では強くなり過ぎた怪獣9号からの攻撃を防いでいます。

怪獣9号の強さやチート級とも言える能力の詳細は「【怪獣8号】人型怪獣9号の強さと能力 | 正体と目的も考察」の記事を参照ください。

 

人型怪獣9号の正体と目的・強さと能力 | 8号(カフカ)を狙う理由とは
...

 

スポンサーリンク

四ノ宮功が使う”隊式格闘術”とは

四ノ宮功は「隊式格闘術」という攻撃技を怪獣2号の識別怪獣兵器と組み合わせる形で使いこなしています。
(四ノ宮功以外にも保科宗四郎とカフカが習得しています)

その隊式格闘術にも4種類の技があります。
「隊式格闘術1式“蓮破”は相手に対して連続で衝撃波を放つ技であり「隊式格闘術2式“発破”で放つソニックブームで打撃範囲の拡張が可能です。
さらに「隊式格闘術3式“双破”では両腕から”大きな波動”を出すことが可能であり「隊式格闘術4式“昇破”アッパーの攻撃で衝撃波を喰らわせます。

ちなみに、四ノ宮功はこの隊式格闘術を駆使する形で”カフカ(怪獣8号)の処分”を実行に移しましたが、技そのものを初見のカフカに防ぐことも避けることもさせないまま強烈な攻撃を連続で喰らわせ続けてました。

保科宗四郎の強さや過去、人気やかっこいい魅力については「【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい | 兄弟間の過去・強さと専用武器」の記事を参照ください。

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい | 兄弟間の過去・強さと専用武器
...
created by Rinker
¥502 (2024/06/22 06:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

四ノ宮功の弱点 | 強さと体力ともに現役時代よりは劣る

現役の頃は「防衛隊最強の男」とまで呼ばれていた程の強さを誇っていた四ノ宮功ですが、長官となって前線を離れた本編の時代では、強さと体力ともに「現役時代より衰えていること」も判明しています。
この辺が“四ノ宮功の弱点であり、怪獣8号や9号との死闘でも垣間見えています。
しかし四ノ宮功自身の衰えはカフカ達が入隊する前の時期から始まっており、それを功自身にも実感させたのが第1部隊の隊長となった鳴海弦の存在です。

入隊および隊長となったばかりの鳴海から何度も挑まれては、功も受けることで全ての勝負に勝利してきました。
しかし、功も内心では”鳴海の強さや成長”と”自身の衰え”を強く実感していたために、鳴海たちから見えない所で黙々とトレーニングに励んでいたのです。

鳴海弦の強さ・専用武器やカッコ良さの詳細は「【怪獣8号】鳴海弦の強さと解放戦力・専用武器 | かっこいい魅力やカフカとの関係性を解説」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】鳴海弦(なるみげん)の強さと解放戦力・専用武器 | かっこいい魅力やカフカとの関係性を解説
...

 

四ノ宮功の死亡 | 怪獣9号の中から復活できる可能性について

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第7巻 松本直也/集英社)

品川区での激戦の末、全ての怪獣たちを殲滅させることに成功したカフカ達の奮闘も空しく、最終的には「四ノ宮功が2号と一緒に怪獣9号に吸収される」という衝撃的な結末を迎えました。

ここでは“四ノ宮功の死亡”および、今後の展開で“復活および再登場できる可能性”について迫ります。

 

スポンサーリンク

吸収された後も怪獣9号の体内で生き延びていた

原作51話で自身の肉体の限界を超えた攻撃で怪獣9号を追い詰めた四ノ宮功ですが、その反動で倒れた上、動けなくなった状態のまま識別怪獣兵器(怪獣2号)と共に吸収されてしまいました。

しかし吸収された直後の時点ではまだ完全に死亡したわけでなく、自身が取り込まれた「怪獣9号の体内で、まだ生き延びていたこと」が判明します。
さらに、取り込まれた中でも己の肉体や生命力を犠牲にしながら、2ヶ月間程にも渡り「怪獣9号の進化や成長を止めてくれていた」のです。

ただ、このような抵抗も長く続けられたわけではなく、原作68話では自身でも限界を悟った上でカフカたちに「娘(キコル)や日本の未来」を託しながら消滅してしまいました。
そのため、この瞬間こそが「四ノ宮功が本当に最期(死亡)を迎えた時だったと捉えるべきですね。

created by Rinker
¥543 (2024/06/22 17:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

己の肉体と”生きる意思”を失ったため、復活や復元は難しい?

【怪獣8号】四ノ宮功(長官)の死亡と家族 | 娘(キコル)達との関係性

(怪獣8号 第9巻 松本直也/集英社)

怪獣9号の体内で消滅するように死亡したため「怪獣9号を倒せば、四ノ宮功が復活できるのでは?」という希望を捨てずに持ち続けている読者も多いはずです。

しかし怪獣9号がカフカたちに倒されたとしても、四ノ宮功の肉体や生命が復活および復元できる可能性は極めて低いと思われます。
その理由として、四ノ宮功の肉体が消滅しただけでなく、消滅する瞬間に「本人(功)が自ら”生きる意思”を捨ててしまったこと」大きな問題です。

自分から生き続けることを放棄してしまった以上、仮に怪獣9号を倒せば復活できる仕組みになっていた場合でも、功自身の意思が魂や肉体の復元を拒んでしまうはずです。
そのため、功の人生は原作68話の時点で本当の終わりを迎えたものと捉える方が賢明かと思います。

 

スポンサーリンク

死亡後も「四ノ宮功の存在」は生き続けている

功本人は怪獣9号の体内で死亡したものの、残された防衛隊の者たちの心の中では「長官や父親としての”四ノ宮功の存在”が今でも強く生き続けています。

特に、鳴海キコルの心にはこれまで以上に「功の存在感」が高まっており、彼らの前に立ちはだかってきた新たな識別怪獣たち(11号と15号)を撃破させることにも大きく貢献しました。
さらに、自分に防衛隊員として戦い続けられるチャンスまで与えてもらえたカフカも「長官を守れなかった悔しさと悲しみ」をバネに更なる鍛錬を続けた結果、怪獣13号を瞬殺することで東雲小隊長たちを見事に救ったのです。

created by Rinker
¥543 (2024/06/22 19:05:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回は四ノ宮功(長官)の性格を始め、強さや装備(専用兵器)について解説しました。
防衛隊の長官という頂点に立つ立場ゆえ、常に厳格な言動や姿勢を崩さなかったものの、それらもひっくるめて娘(キコル)や大勢の隊員たちから慕われる形で”目標にされてきたのでしょう。

怪獣9号に吸収されるという、あまりにも予想外かつ残酷な形で最期を迎える結末を迎えましたが“皆の目標”として慕われてきた功の存在はカフカやキコルを始めとした次世代の隊員たちの心の中では今でも生き続けているはずです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【怪獣8号】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
怪獣8号
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント