【決定版】おすすめアニメ120選

【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について

怪獣8号

『怪獣8号』は松本直也先生により2020年から「少年ジャンプ+」で連載中の人気漫画作品で、連載開始時から多くのコメントが寄せられたことも大きな話題となりました。
また、テレビアニメ化も果たしており、2024年4月から放送中です。

本記事では市川レノの性格や強さ、解放戦力を紹介。
また、レノが本作品の「ヒロイン」と呼ばれる理由や今後の戦闘で「死亡する可能性」についても迫ります。

本作品の人物相関図は「怪獣8号の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事を参照ください。

 

怪獣8号の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

市川レノ(いちかわ れの)とは

【怪獣8号】市川レノはヒロイン? | 強さや解放能力・専用武器を紹介

(怪獣8号第1巻 松本直也/集英社)

市川レノ主人公(日比野カフカ)や四ノ宮キコルと共に防衛隊に入隊した青年であり、ストーリー初期では第三部隊に配属される形でカフカ達と共に怪獣たちと戦い続けています。

スポンサーリンク

市川レノのプロフィール | 初登場時は”日比野カフカの後輩”だった

年齢 18歳
誕生日 4月12日
身長 174cm
好きなもの 音楽、料理、少年漫画

レノは第1話で「モンスタースイーパー」へ“清掃業者”のバイトとして入ってきたため、始めは“カフカの後輩”という立ち位置でした。
しかし一緒に第3部隊の隊員になってからは同じ部隊の“同期”かつ“仲間”という関係性に変わっていきます。

それはカフカも承知であるものの…
レノの方は短い期間とはいえバイトの先輩だったことや、怪獣に殺されかけた自分を助けてもらえた恩義や尊敬の気持ちも芽生えたために、入隊後も「先輩」と呼び続けて慕っています。

ちなみに、感情で動くカフカとは正反対に、レノの方は“冷静に考えるタイプ”の性格です。そのため、カフカの「抑え役」および「ツッコミ役」となってくれています。

レノ「先輩、通りました!一次試験…って、何で(怪獣の顔を)丸出しなんだよ!」

年齢も性格も大きく違うため、一見はあべこべに見られがちですが、ここまで正反対なタイプ同士だからこそ、ファンや読者たちにも強く印象に残る程の「名コンビぶり」を発揮できているわけですね。

<a h 日比野カフカ(怪獣8号)のキャラクター性や強さ・能力の詳細は「【怪獣8号】日比野カフカ変身後の強さと能力・弱点 | 亜白ミナとの恋愛関係は?」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】日比野カフカの声優・変身後の強さと能力、弱点 | 死亡やラスボス化する結末に?
...
スポンサーリンク

怪獣清掃業者のバイトを経て防衛隊に入隊

レノがカフカと同じ清掃会社のバイトを選んできたのは、大きな理由がありました。

防衛隊員を目指す彼は、入隊試験の中に「怪獣の死骸処理」が含まれていることを聞いたため、その勉強や対策のために入ってきたのです。

こうして見ていると、一見は冷め切った青年のような印象だったレノですが、実はかなり勤勉かつ計画性も併せ持っていることが分かりますね。

さらに、夢を諦めてしまったカフカに対して「防衛隊に入るべきだ」と背中を押してくれる面や”制限年齢が引き上げられたこと”まで教えてくれるなど、「周囲に対する気配りもできています。

created by Rinker
¥502 (2024/02/24 22:40:34時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/
スポンサーリンク

市川レノの声は声優「加藤渉さん」が担当

市川レノの声を担当している声優さんは「アイムエンタープライズ」に所属する加藤渉さんです。

加藤さんは日本ナレーション演技研究所を卒業した後、2016年に放送されたテレビアニメ『ステラのまほう』や『ろんぐらいだぁす!』で声優デビューされました。
そして、2023年に放送されたテレビアニメ『勇者が死んだ!』のトウカ役初主演を獲得された上、同作品のラジオ番組でのMCも務められています。

加藤渉さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『君のことが大大大大大好きな100人の彼女』愛城恋太郎役
  2. 『アオアシ』朝利マーチス淳役
  3. 『ID:INVADED』国府司郎役
  4. 『ルチアーノ同盟』スリー役

市川レノの強さや能力 | 怪獣6号の装着で解放戦力も上昇

【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について

(怪獣8号 第8巻 松本直也/集英社)

初登場時では強さも解放戦力もベテランのキコル達には遠く及ばなかったレノですが、入隊後からの訓練や実戦を重ねながらめざましい成長を遂げてきました。
さらに「怪獣6号の適合者」になれたことにより、当初は低かった解放戦力もめきめき上昇させたのです。

スポンサーリンク

“怪獣6号の適合者”として解放戦力を43%にまで上げた

レノたちが訓練や戦闘中に着用する”防衛隊スーツ”により、各自のもつ「解放戦力」を測定できるシステムとなっていますが、レノの場合は全キャラクター達の中で最も早いスピードで「最大の解放戦力」を底上げできました。

カフカやキコル達と一緒に受けた入隊試験で初めて装着した時にはわずか8%に留まっていたにも関わらず、入隊後の日々の訓練を積むだけで18%にまで上がっています。
さらに識別怪獣兵器6号を装着しての試験中では43%にまで上昇させたのです。

もちろん、数値だけにおいては鳴海ミナなどの隊長格の者たちには、まだまだ遠く及びません。
それでも入隊時からの短期間で解放戦力を30%程も上げられる者は非常に珍しく、レノの才能や日頃の鍛錬と6号の能力や強度が上手い形でシンクロしていたものと考えられます。

鳴海弦の強さ・専用武器やカッコ良さの詳細は「【怪獣8号】鳴海弦の強さと解放戦力・専用武器 | かっこいい魅力やカフカとの関係性を解説」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】鳴海弦(なるみげん)の強さと解放戦力・専用武器 | かっこいい魅力やカフカとの関係性を解説
...
スポンサーリンク

向上心が強く戦闘センスが良い

【怪獣8号】市川レノはヒロイン? | 強さや解放能力・専用武器を紹介

(怪獣8号第2巻 松本直也/集英社)

本作品での個々の強さは確かに”解放戦力”での数値によって解り易く示されていますが、決してその数値だけが全てではありません。それを読者たちに最も強く示してくれている存在こそ、市川レノのように思えます。

確かに、他の隊員たちよりも解放戦力においてが劣っているものの、その分持ち前の“向上心”“戦闘センス”で大いにカバーされており、劇中での訓練や実戦でも実力を証明しています。

銃の訓練では、自分が教えられたことを”実戦に活かそう”と考えながら、そうした状況を思い浮かべながら訓練に臨む目標意識の高さ」を持っています。

さらに、実戦の中では怪獣に対して投げる炸裂弾を“凍結弾”に変えることによって、戦闘スタイルの研究までしてしまうような向上心の高さ」まであります。

これらの“目標意識”や”向上心”こそが、レノ自身を早いスピードで成長させている要因と思えます。

初任務として出撃した相模原で遭遇した怪獣9号から攻撃された時にも、恐怖心を噛み殺しながらキコルから受けていたアドバイスを思い出し、すぐに実行に移せる「対応力の早さ」も見落とせません。

スポンサーリンク

伊春や保科副隊長からも高い評価を受ける

入隊試験の時こそ、カフカに次ぐ”解放能力の低さ”だったものの、たった2ヶ月間の訓練だけで「18%」にまで上げました。

保科「ほほー、この短期間の中でこれだけの伸びとは…ちょっと驚異的やな」

“短期間での上昇”には、副隊長(保科宗四郎)から内心で高い評価を受けていました。

ちなみに一般隊員の解放能力は、どんなに過酷な訓練を積んでも20%〜30%が止まりとなり、30%の壁までは越えられないままキャリアを終えてしまうのが一般的とされています。

しかし、レノの上昇の早さは目を見張るものがあり、このまま訓練や実戦を積み重ねていくことによって30%の壁を越える兆しがあること」を保科からも告げられていました。

今後の成長次第では、隊長(亜白ミナ)や副隊長(保科宗四郎)にすら匹敵する解放能力に成長する可能性も大いにあり得るということです。

また、カフカや隊長たち以上にレノの高い実力を認めてくれているのが同じ第三部隊で戦い続ける古橋伊春です。
初任務として出撃した怪獣9号との戦闘で敵に敵わずとも必死に伊春を守るために戦い抜いたこと、さらに6号適正試験中でのレノの戦いぶりを間近で伊春からも「すげー奴」と認められながら「いつか隊長になるだろう」とまで見込まれています。

保科宗四郎の強さやカッコ良さ・カフカとの恋愛関係性の行方は「【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説」の記事を参照ください。

【怪獣8号】保科宗四郎がかっこいい| 強さや専用武器について解説
...
スポンサーリンク

今後も古橋伊春との名コンビプレイで活躍を続ける?

ストーリー序盤でこそ”カフカとの名コンビぶり”を見せてくれたレノですが…
“カフカの転属”や”6号の適合試験”での影響により、古橋伊春こそが「レノの最高のパートナーとなりました。

原作コミック2巻での9号戦ではレノが身体を張って負傷した伊春を守りましたが、8巻では真逆に6号装着の負荷で重傷を負ったレノを伊春が救い出した上、レノを合格させるため必死にサポートしてくれたのです。

まさにお互いに助け合う関係性となれたことで“厚い信頼関係”も結べた以上、亜白隊長や緒方隊長も「レノと伊春の名コンビプレイに期待しているはずです。
今は2人とも療養中のため、新たに襲撃してきた5体の識別怪獣たち(11〜15号)との激戦には間に合わないでしょうが…
それ以降の新たな識別怪獣や9号との最終戦などではカフカやキコル達を驚かせる上、鳴海隊長からも認められる程の名コンビプレイで活躍し続けるはずです。

市川レノの性格 | カフカや伊春との関係性で精神的にも成長する

【怪獣8号】市川レノはヒロイン? | 強さや解放能力・専用武器を紹介

(怪獣8号第1巻 松本直也/集英社)

初登場時はぶっきらぼうな青年というイメージが強いレノでしたが、心には熱い想いを秘めていました。
さらに防衛隊に入隊してからはカフカや伊春との訓練や共闘を経て、精神的にも大きく成長していきます。

スポンサーリンク

「怪獣から人々を守りたい」という意思の持ち主

外見は”今時の気弱そうな若者”という印象で見られがちなレノですが、「絶対に防衛隊に入る」という決意「怪獣から人々を守りたい」という意思の強さは、カフカやキコルを超えていると言っても過言ではありません。

そんなレノの意思の強さは、第2巻で怪獣9号に襲われた場面で見られました。

レノ「俺のなりたい隊員は…こんな時、仲間のために“体張れる男”だ!」

自分では絶対に勝てない相手(怪獣9号)を前にしても決して怯むことなく、強い眼差しで睨み返してやります。
さらには、本当に自分の体を張って負傷した古橋伊春を守り続けたのです。

スポンサーリンク

日比野カフカ(怪獣8号)に対する尊敬から”守りたい仲間”に変化

レノもまた、鳴海キコル達とは少し違う形で「カフカへの感情や見方」大きく変化してきたキャラクターの1人です。

初登場時に働き始めた清掃会社で怪獣から身体を張ってまで自分(レノ)を守ってくれた先輩(カフカ)に対する「尊敬」や「憧れ」の感情を抱き始めたまま入隊したレノですが、怪獣10号戦での一件(カフカが自分の正体を明かしてまでも自分たちを守ってくれたこと)がキッカケで更なる見方や感情の変化を起こしました。

正体(怪獣8号であること)がバレたことにより本部へ連行されるカフカに対して、戻ってくることを「信じている」とハッキリ告げたレノですが、カフカと離れ離れにされた後からは更に過酷な訓練を積み重ねていたのです。
そして緒方隊長から6号の適正についての話を聞かされたことや辞退することを勧められながらも最後までやり通せたのには、伊春の協力だけでなく「自分(レノ)こそが強くなって先輩(カフカ)を守るという断固たる決意を固めていた“意思の強さ”もありました。

そのような流れや経緯により、もはや尊敬や憧れ等を通り越してレノにとってのカフカは「絶対に守りたい大切な仲間」という認識へと変化していたのです。
その証拠として、本部へ連行されてからのカフカの端末に500件近くものメッセージや留守電通知がきていましたが…
その件数の中の8〜9割ほどはレノが送っていたのでしょう。

created by Rinker
¥543 (2024/02/25 13:10:34時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/
スポンサーリンク

意外と素直な性格もレノを大きく成長させた

レノは意外と素直な性格をしており、訓練中にキコルから教えられたアドバイスを受け入れた上で怪獣9号との戦闘で早くも実践していました。
そのように行動したことにより、9号から放たれてきた早いスピードの弾丸も連続で避け続けることができたのです。

さらに、6号適合試験も兼ねた実戦では伊春からの頭突きや協力のおかげ「仲間に頼ること」を覚えた点もまた、レノの心を大きく成長させたはずです。

四ノ宮キコルの強さや可愛さ・カフカとの関係性における詳細は「【怪獣8号】四ノ宮キコルが可愛くて強い | カフカに惚れてる?」の記事を参照ください。

【怪獣8号】四ノ宮キコルが可愛くて強い | カフカに惚れてる?
...

市川レノが怪獣8号のヒロインと呼ばれる理由

【怪獣8号】市川レノはヒロイン? | 強さや解放能力・専用武器を紹介

(怪獣8号第2巻 松本直也/集英社)

普通であれば、女性キャラである亜白ミナや四ノ宮キコルこそがヒロイン枠におさまるはずですが…
本作品の場合は男性キャラのレノが本作品の“ヒロイン枠”まで獲得してしまっています。

そのような理由には本編での戦闘で見せた「カフカ(怪獣8号や古橋伊春との関係性や場面」が大きく関わっていました。

スポンサーリンク

作中で唯一カフカにお姫様抱っこされている

自分たちが入隊してからの初任務で意気込むものの、皆と離れた場所で行動していた市川レノと古橋伊春の前に不運にも怪獣9号が現れます。

入隊試験の時では、彼らよりも高い解放戦力を誇っている四ノ宮キコルでさえ歯が立たなかった強敵であり、この2人が束になっても勝てるはずがありません。

怪獣9号が放つ”衝撃波”を必死に避け続けるものの、2人して倒されてしまいます。

しかし、怪獣9号からトドメの一撃が放たれそうになった瞬間、彼らのピンチを察して駆けつけてくれた”怪獣8号”の形態に変化したカフカが、間一髪で間に合いました。

怪獣9号「死んでいイよ」
怪獣8号(カフカ)「死ぬのはてめぇだ、クソヤロー!」

怒りに満ちた表情で怪獣9号の現れては、渾身の力を込めた拳1つで彼の頭部をふっ飛ばしてしまいます。こうした「仲間を救出した場面」は、最終試験後の四ノ宮キコルの時と似ています。

しかし、レノの時は、カフカの“怒りに満ちた表情”と本人の中で湧き上がる「怒りの度合い」が明らかに“段違い”でした。さらに、この直後には倒れてしまったレノが「カフカ(怪獣8号)により“お姫様抱っこ”」までされていたのです。

普通ならこのシチュエーションは女性キャラである亜白ミナ四ノ宮キコルがされるものですが、彼女たちはまだ(第4巻までの時点で)一度もされていないんですよね…。

こうした比較も伴い、市川レノが本作品のヒロインとまで呼ばれるようになりました。

もしも今後の展開でカフカとミナが結ばれないまま、物語が完結してしまったとしたら…この市川レノが女性キャラたちを出し抜いて、このまま「本作品のヒロイン」の座に君臨し続けてしまう可能性も高いというわけです。

亜白ミナの強さや可愛さ・カフカとの恋愛関係の行方は「【怪獣8号】亜白ミナの強さや専用武器について解説」の記事を参照ください。

【怪獣8号】亜白ミナの強さや専用武器について解説
...
スポンサーリンク

お互い意識している

怪獣9号により殺されかけた所をカフカ(怪獣8号)に助けられたレノは、自分が助かった安堵感よりも「またもやカフカに“変身”させてしまった」という不甲斐なさに苦悩します。

カフカ(怪獣8号)「遅くなって、すまねぇ」
レノ「結局また…この人に“変身”させてしまった」

レノを絶対に死なせまいと必死に守ろうとするカフカと、自分のためにカフカを変身させまいと奮闘していたレノ。

この時の思いや結果そのものはお互いに空回りしていた感も強いですが、それでもお互いのことを「“大切な存在”として意識している点においては確実に通じ合っていますよね。

created by Rinker
¥502 (2024/02/25 13:10:21時点 Amazon調べ-詳細)
\無料登録は1分でサクッと終わります/
スポンサーリンク

怪獣6号の装着で重傷を負いながら伊春におんぶされていた

【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について

(怪獣8号 第8巻 松本直也/集英社)

カフカとの共闘や名コンビぶりは怪獣10号との戦闘まででひとまずお預け状態となったレノですが…
カフカといられない分、今では伊春がしっかりと“レノのパートナー役”を務めてくれています。

6号適合試験も兼ねた実戦中、解放戦力を自分が出せる最大値まで上げながら張り切ったものの左足の骨折により試験や戦闘の続行はもはや不可能と思われた矢先、伊春がおんぶしてくれたおかげで、怪獣たちからひとまず離れることができました。
「カフカ(怪獣8号)のお姫様抱っこ」に続き「伊春のおんぶ」までしてもらえたレノは今後どんなに強くなろうとも「ヒロイン枠」のポジションは誰にも譲らないと考えられます。

市川レノが死亡する可能性を考察

【怪獣8号】市川レノがヒロインの理由・強さと解放戦力 | 死亡する可能性について

(怪獣8号 第8巻 松本直也/集英社)

伊春の協力も得られた結果、晴れて正式に「怪獣6号の適合者と認められたレノですが…
だからこそ、これまで以上に「市川レノが劇中で死亡する可能性」更に高まってしまった感もあります。

ここでは、その理由について”レノの性格”なども含めながら考察してみます。

スポンサーリンク

レノは今後の戦闘で識別兵器6号に飲み込まれる?

レノも今後の実戦の中でカフカとは少し違う形で「識別兵器6号に飲み込まれてしまう可能性」が考えられます。

レノの場合はあくまでも兵器化された6号を装着しているだけに過ぎませんが、カフカの体内に寄生したミツケタや保科が装着した怪獣10号のように「兵器化された後も意思をもち会話までしてくる者」もいます。

ミツケタや10号のケースもあり、これまで兵器化された識別怪獣たち(1〜7号)も実は今でも何かしらの意思をもっており、やがて装着した者たち(鳴海やキコル達)の意思や精神侵食する形で少しずつ蝕んでくる可能性もあり得ます。
ましてや、試験の時点でのレノは6号でかかってくる負荷に対して、まだ完全には耐えきれていない関係もあり、そのような面では6号の適合者に認定されたレノが最も危険な印象もあります。

ミツケタの正体と目的・カフカを探していた詳細については「【怪獣8号】ミツケタの正体は?カフカを探していた理由を考察」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】ミツケタの正体は?カフカを探していた理由を考察
...
スポンサーリンク

レノ自身が精神崩壊を起こして暴走する可能性も高い?

怪獣との戦闘や識別怪獣兵器の装着において、キコルやカフカが体験したような“精神攻撃”“精神崩壊”という要素も加わり始めています。
こうした流れを見る限り、2人ともまだ入隊したばかりの隊員であり、次に精神的な攻撃や侵食を受けるのは2人と一緒に入隊したレノになる可能性も高いです。

レノにおいては自身の性格による“責任感の強さ”により、6号を装着した時点で己の身体の負傷に加えて精神の崩壊まで起こしかけていました。
この時は試験も踏まえた実戦ということもあり、緒方隊長や伊春のおかげで何とか生き延びましたが…
今後はレノも6号を装着した上で「9号との最終戦」や「新たな識別怪獣たち(16号以降)との死闘」に出撃すると考えられます。
それらの激戦の中で解放戦力を底上げし過ぎたことや、自分の身体に耐えきれない程の動きや戦いをする中「6号と共にレノの精神も暴走状態となる危険性も充分に考えられます。

これらのケースでも伊春やカフカが身を挺してレノを止めに入ると思われますが…
理性や意識が戻ってもレノ自身の身体まで保てずに死亡する可能性もあり得るわけです。

怪獣9号の強さやチート級とも言える能力の詳細は「【怪獣8号】人型怪獣9号の強さと能力 | 正体と目的も考察」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】人型怪獣9号の強さと能力 | 正体と目的も考察
...

まとめ

今回は市川レノの性格や強さ、解放戦力について紹介しながら、成長の過程も辿ってみました。
初登場時から防衛隊へ入るための目標に向けて頑張っていたレノですが、入隊後は持ち前の努力や性格、そしてカフカ達との固い絆によって成長スピードも更に早まった感もあります。

また、6号の適合者に選ばれたこともレノ自身にとって嬉しいことなのでしょうが…
彼も保科キコルと同様に識別怪獣兵器を装着したということは更なるパワーアップ以上に「死亡のリスク」も大きく上がってしまった印象も否めません。
それでもレノも今では第三部隊だけでなく防衛隊そのものになくてはならない存在です。
だからこそ、今後も伊春やカフカとの名コンビプレイも見せながら何とか最終話まで生き残ってほしいものです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【怪獣8号】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【怪獣8号】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
怪獣8号
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント