【決定版】おすすめアニメ120選

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

血界戦線

『血界戦線』は内藤泰弘先生により第1部(無印)と第2部『血界戦線 Back 2 Back』が連載されていた大人気漫画作品です。
さらに第三部となる『血界戦線 Beat 3 Peat』も2022年の秋からジャンプSQ.RISEで連載開始されます。

テレビアニメ化も果たしており、アニメ1期が2015年に、アニメ2期『血界戦線 & BEYOND』が放送されました。

本記事では、タイクーンブラザーズの強さや能力、死亡した理由を紹介。
さらに本編ではハッキリ明かされずに終わった正体や過去についても迫ります。

本作品の第二部『血界戦線 Back 2 Back』の全巻ネタバレの詳細は「【血界戦線 Back 2 Back】原作の全巻ネタバレ解説 | 最終話の結末も紹介」の記事を参照ください。

 

【血界戦線 Back 2 Back】原作の全巻ネタバレ解説 | 最終話の結末も紹介
...

 

タイクーンブラザーズとは

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

(血界戦線 Back 2 Back第10巻 内藤泰弘/集英社)

タイクーンブラザーズは原作コミック第二部(B2B)の最終章「災蟲競売編」に登場した高位の血界の眷属(ブラッドブリード)です。
常に2人組で行動しており、世界崩壊幇助器具の1つとなる「カロプス人蟲」が出品されるオークションにて、支配人(デナルド・バートラー)の護衛として雇われていました。

 

スポンサーリンク

兄弟の性格とそれぞれの特徴

タイクーンブラザーズの2人組は、それぞれ自身の名を「イングウェイ」「マクシミリアン」と名乗っていました。

イングウェイ赤いスーツをラフに着こなしている黒髪の青年で、マクシミリアンの方は黒いスーツを着た茶髪の青年です。

護衛としてはあまりにも絶大な強さと能力を誇る一方、2人揃って自分たちが受けた仕事や任務に対する忠実心が強く、無用な戦闘や殺戮は好まない冷静な性格です。
しかし、自分達の仕事を邪魔する者や立ち塞がる者たちに対しては完全に”敵”とみなしては、容赦なく殺しにかかります。

 

兄弟でありながら実は血のつながりはない?

2人で”ブラザーズ”と名乗ってはいたものの、実は兄弟や家族としての血のつながりはなかったと思います。

本編の中でどちらが兄で弟なのか判明しないまま倒された点からもそのように考えられますし、実の兄弟でない可能性に関しては彼らの過去や正体にも深く関係しているように感じられます。
(タイクーンブラザーズの過去や正体に関しては、後の項目で考察してみます)

 

タイクーンブラザーズの強さと能力

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

(血界戦線 Back 2 Back第9巻 内藤泰弘/集英社)

クラウスからも“最強”および“最恐”とまで言わせた程に、タイクーンブラザーズは絶大な強さとチート過ぎる能力を見せつけていました。

クラウスの必殺技や能力、過去に関しては、「【血界戦線】クラウスの必殺技と能力・名言 | 過去と強さの関係性も解説」の記事を参照ください。

 

【血界戦線】クラウスの必殺技と能力・名言 | 過去と強さの関係性も解説
...

 

スポンサーリンク

ライブラでも倒せぬ絶大な強さと戦闘能力を誇る

タイクーンブラザーズは高位の眷属だけあり、これまでにライブラが戦ってきた強敵たちをも遥かに超える絶大な強さを誇っていました。

スティーブンやK•Kからの攻撃を受け止めると同時に跳ね返したことでアッサリ倒した上、世界崩壊幇助器具「終点圧縮時計」の能力をもつキュリアスにも負傷を負わせた程です。
さらに現時点で最強キャラと思われるザップとツェッドの師匠(裸獣汁外衛賤厳)をも、彼がザップたちに解放して使わせた外法の力(刃身の獣)の能力や威力をそのまま放つ形で倒してしまいました。
そのため、師匠からも「初めて会う次元の存在」とまで言わせていました。

 

スポンサーリンク

兄弟でも専用武器は異なる

兄弟とはいえ、戦闘で使用する武器はそれぞれ大きく違っています。

イングウェイの方は血液で作り出した「針状の暗器」を用いて戦っており“攻防一体の剣”として手に持って戦うだけでなく、敵に向けて放つ時には“無数の針”となって飛んでいき、刺さった者の肉体に激痛を与えながら人体そのものを破壊してしまいます。
オークション会場で政府により手配された「EX-G.I.」と戦闘中、一度は上半身を吹き飛ばされたものの、復元後には無数の暗器を投げる攻撃で圧倒してしまいました。

また、マクシミリアンの方は「単分子で結合させた斬殺ワイヤー」を使って敵を全身バラバラにする形で容赦なく切り裂いてしまいます。
しかし、このワイヤーの本当の恐ろしさとは少し触れただけで切られてしまう程の切れ味でなく、ワイヤーそのものが“見えない状態”で張り巡らされる点です。
そのため、キュリアスの配下(ディム)が気づかぬまま少し近づいただけで顔面に深い傷を負わされました。

オークション会場での戦闘ではキュリアスだけがワイヤーの存在に気づくと同時に絡め取ってくれたおかげでディムは顔面の傷だけで済みましたが、もしもそうでなく不注意に近づこうと進んでいた場合にはディムの頭部は頭蓋骨ごと四等分に切り裂かれていたであろうほどの切れ味をもっています。

キュリアス(アサフ)の強さや能力、正体・過去に関しては、「【血界戦線】キュリアス(アサフ)の強さと能力 | 正体と過去・死亡について」の記事を参照ください。

 

【血界戦線】キュリアス(アサフ)の強さと能力 | 正体と過去・死亡について
...

 

スポンサーリンク

“永遠を生きる能力”で何度も復元可能な上に相手の能力も習得してしまう

タイクーンブラザーズの本当の強さとは絶大な戦闘能力や使用武器の恐ろしさ以上に「永遠を生きる能力」により、何度倒されても一瞬で肉体を復元させながら復活できる点にあります。

しかも単に復元するだけでなく、自分達が喰らった敵の必殺技や能力も吸収してしまうかのように即座に習得および利用できてしまうのです。

習得できる能力の数や強さにおける制限もなく、ザップとツェッドが3分間限定で解放されていた外法の力「刃身の獣」をも、変わらぬ強さで使いこなせてしまいます。
ただ、同じ強さや威力の技や能力でも使い手自身の強さが上がっていくものであり、それは即ち絶大な強さをもつ兄弟が使った時の方威力や性能も倍増されることにつながります。

ザップの必殺技や能力、娘(子供)と未来に関しては、「【血界戦線】ザップの強さと能力・名言 | 娘(子供)と10年後の未来も解説」の記事を参照ください。

 

【血界戦線】ザップの強さと能力・名言 | 娘(子供)と10年後の未来も解説
...
created by Rinker
¥502 (2024/05/19 09:58:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

兄弟を確実に倒す方法 | 唯一の急所は頭部?

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

(血界戦線 Back 2 Back第9巻 内藤泰弘/集英社)

何度倒しても一瞬で肉体を復元させるため、一見は完全に不死身と思われるタイクーンブラザーズですが、本編の中で自分たちから弱点を暴露していました。

リチャードを護衛するためにキュリアスたちの迎撃に入ったマクシミリアンがディムの放つ「四次元殺法体」で全身を切り刻ますが、その直前に彼の攻撃を読みながら“頭の一部”腹部に移していたために助かったことを話しています。

さらにクラウスとの最終決戦中もイングウェイの口から「我々を倒すなら“2人同時”にだ」と叫んでいました。

本人たちの台詞から、タイクーンブラザーズの唯一の弱点「頭部および脳内の組織」と考えられますが、その頭部を複数に分けながら体内で移動させられる点が厄介です。
さらに頭部を完全に破壊できた場合でも、イングウェイの言っていた通り「兄弟2人同時に倒さなければ確実に倒すことはできないこと」も含めて正当な戦法で倒せる者などいないはずです。

 

タイクーンブラザーズの正体を考察

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

(血界戦線 Back 2 Back第8巻 内藤泰弘/集英社)

「災蟲競売編」では、あくまでも”高位の血界の眷属”としか紹介されず、絶大な強さや能力でライブラやキュリアス達との戦闘シーンばかり続いたため、タイクーンブラザーズの正体や過去が具体的に明かされることなく終了しました。

しかし本編の中でも完全に正体が明かされなかったとも言い切れず、正体や過去を解き明かすためのヒントも少しだけ隠されていたと思います。
これらの場面をヒントにしながら、タイクーンブラザーズの正体過去について簡単に考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

兄弟の正体は「カロプス人蟲」に入れられた子供たち(厄種の一部)であった可能性が高い

タイクーンブラザーズの正体「”カロプス人蟲”に入れられた子供たち(厄種の一部)だった可能性が高いと思います。

オークション中にヴェネランダの次元刀により壺を斬られた瞬間、壺の中に入っていた多くの厄種たちが出てきては街中で暴れ回っていました。
そして壺の中には100人の人間(子供たち)が入れられていたはずですが、リチャードが3人足りないこと」を兄弟に指摘していた場面が大きく引っかかります。

リチャードが言っていた3人のうち1人は逃走中のレオ達がたまたま捕まえてしまった厄種であったことは確実です。
しかし、タイクーンブラザーズが執拗に取り戻そうとしたのは、レオ達が病院にまで連れていった1人でしかなく、残り2人については触れられることなく終了してしまいました。

このような流れと“2人”という人数をかけ合わせてみた結果、その2人とは実はタイクーンブラザーズだったとも考えられないでしょうか?

レオナルドが”神々の義眼”で厄種の過去を探った時、遥か昔の時代に貧しい国の子供たちが壺から出てきた眷属(悪魔のような姿)から一斉に喰われる形で壺の中に封じ込められた場面が描かれていました。
その場面で喰われた子供たちの中にイングウェイとマクシミリアンもおり、壺の中で厄種に変えられた後に保管中(または何者かにより盗み出された後)に、現代のオークション時と同じような事件が起きた中で、壺から現世へと脱出していたものと思われます。

レオナルドの必殺技や能力、娘(子供)と未来に関しては、「【血界戦線】レオナルドの義眼能力こそが最強 | 名言・真の主人公と言われる理由」の記事を参照ください。

 

【血界戦線】レオナルドの義眼能力こそが最強 | 名言・真の主人公と言われる理由
...
created by Rinker
¥502 (2024/05/18 19:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

壺から出た後、長い年月をかけて現在の姿や強さを獲得したと考えられる

タイクーンブラザーズの正体が厄種である可能性が高いという理由には、本編でレオが捕まえた厄種の行動再生能力からも考えられます。

この厄種はレオナルドクラウスに向けられた攻撃を自分が庇う形で身代わりとなって受けていましたが、そのダメージをすぐに回復するように肉体を再生させていました。

この再生能力タイクーンブラザーズが見せていた復元能力とも通じているものがあり、兄弟の方は壺から脱出した後、長い年月をかけて強さや復元能力を上げていったことで本編で見せた絶大な強さや復元能力を獲得したとも考えられます。

 

タイクーンブラザーズが死亡した理由

【血界戦線】タイクーンブラザーズの強さと能力 | 正体と死亡した理由

(血界戦線 Back 2 Back第10巻 内藤泰弘/集英社)

レオナルドの”神々の義眼”を共有した上、キュリアスからの助太刀も得たクラウスの血闘術でも倒せなかったタイクーンブラザーズでしたが、最終的には2人揃って自滅させられる形で死亡しました。

兄弟が自滅させられた理由は「外法の力(刃身の獣)を時間制限なし安易に使い続けていたため」でした。

斗流血法の修行を終えたザップとツェッドでさえも、師匠からやむを得ず「刃身の獣」を解放してもらえた時間はわずか3分間だけです。
しかし兄弟の方は外法の力を使うことにおける危険性を全く考えようともせずに使い続けていたため、最後になって肉体が耐えきれず、まるで風船のように膨張した末、全身を破裂させられながら死亡してしまったのです。

created by Rinker
¥564 (2024/05/18 19:34:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回はタイクーンブラザーズの強さや能力に加えて死亡した理由を紹介しました。
さらに多くの読者が気になっているであろう正体や過去についても迫ってみました。

彼らが登場した「災蟲競売編」の黒幕はバートナーとリチャードでしたが、コミック第二部(B2B)のラスボス的存在となったのは紛れもなくタイクーンブラザーズだったはずであり、第二部(B2B)完結後も強く印象に残っている人達も多かったはずです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
血界戦線
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント

  1. 匿名 より:

    3人足りない→普通にレオが見つけた犠牲者だと思いますよ。病院のシーンで頭が3つあるので。
    頭が弱点→そもそもB Bに弱点はない。基本的にクラウスの技で封印するしかない。あるならザップの師匠の攻撃で2人同時にプラズマ化された時点で死んでる。
    頭の移動は飽和攻撃で反撃出来なかったので四次元殺法を利用し、脱出して反撃しただけ。
    2人同時→クラウスの封印術は本人の心臓に打ち込む必要がある。2人が糸みたいなので繋がっていたので糸を介して互いの心臓を入れ替えてるか心臓を混ぜているからでは?

    • 匿名 より:

      殆どは同意ですが「3人足りない」に関しては考察の余地があるかと。
      最後のところで、あの2人と一緒にいた犬が崩壊後の人蠱から出てきた「人」を2人咥えてるんですよね。
      あと内側から爆発した2人の血が人蠱にかかって所有者への侵食が活性化したようにも見えるので
      犬と一緒にいた糸目の人(7巻で首切られてるけどしれっと再登場してるので多分吸血鬼)がなんらかの手段で人蠱を手に入れ、その上で2人取り出し吸血鬼に真化、と考えれば一応筋は通るかと。

  2. 匿名 より:

    8巻78ページを見ると
    逃げた1人と思われるものの根元に
    2つ、小さな頭が付いてる様に見えます

    考察の内容はアツいですが、
    2人について言及されていないと
    言うよりは、3人まとまったものを
    レオくんが抱えて逃げてたんじゃないかなーと思ったり

  3. 匿名 より:

    弟妹とくっついてるって作中で言われてるし…

  4. 匿名 より:

    レオが抱えていた人蠱には3つの頭部があるので足りない3人はそのままの意味では。
    BBは頭部が破壊されようが再生する(BBの格によっては再生の失敗が見られるが、少なくともタイクーンブラザーズはエルダーズではないにしろ格上)
    心臓と諱名が合致していないと密封ができない為、心臓を入れ替えていた二人を密封できなかった。
    しかし、再生に時間が掛かる状態となる程のダメージを負った為に離脱。死んでいない。
    間違った説明と考察。