【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【キミ戦】シスベルのキャラクター性と能力・今後の展開

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

2020年秋の新作アニメ注目タイトルである「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」(略称は「キミ戦」)もいよいよ後半戦に突入しましたね!
そこで今回は第10話から本格的に動き始めたシスベル・ルゥ・ネビュリス9世のキャラクター性や能力を紹介すると共に今後の展開にも迫りたいと思います。

第10話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

kimisen-10

 

スポンサーリンク

シスベルのキャラクター性を紹介

まずはシスベル・ルゥ・ネビュリス9世(以下は「シスベル」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

「ネビュリス皇庁」の第三王女

「ネビュリス皇庁」第三王女であるシスベルはイリーティアやアリスリーゼにあたるキャラクターです。
以前まではアリスリーゼにも負けぬ程のおてんば少女でしたが、現在では部屋に引きこもりがちで人とあまり関わろうとしておりません。

アリスリーゼの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【キミ戦】アリスリーゼがかわいい!星霊能力や強さについて
...

 

かつてイスカが解放した”魔女”だった!

本作品の主人公であるイスカ第1話の冒頭場面で帝国内で監禁されている“魔女”を解放したことにより「使徒聖」の座を降格された上に彼自身が1年間にわたる監禁生活を送らされていたわけですが、実はこの時に解放した少女こそがシスベル本人だったのです!

イスカ「拘束された君をたまたま見かけて気になってた・・・星霊反応が弱い子まで片っ端から投獄するやり方はどうかと思うから」

始めはそう言ってくれるイスカの言葉も信用できていなかったシスベルは本当に解放してもらえた後に彼が本当に「使徒聖」であると同時に自分を解放した罪を処される形で「終身禁固刑」に処された新聞記事を見たことで真実であったことに気づいたのです。
そうして見るとイスカアリスリーゼよりもシスベルの方と1年も早く出会っていたことになりますね・・・。

第1話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【アニメ】キミ戦の1話ネタバレ感想 | 氷禍の魔女とオペラでばったり会うオチが面白い!
アニメ「キミ戦」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「キミ戦」の1話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

引きこもりや拒絶はイスカへの想いから?

イスカの厚意によって解放されてから「ネビュリス皇庁」に戻ってからは、囚われる前までのおてんばぶりはすっかり消え失せたかのように部屋での引きこもり生活を続けてきたシスベルですが、それ以上に深刻化していたのは人を避けるようになってしまった」点にあるのではないでしょうか。

その様子は第10話での来客だけでなく、実の姉であるアリスリーゼから声をかけられても同じように避けてしまうのです。

アリスリーゼ「あなたもお姉様のお出迎え?なら、一緒に・・・」
シスベル「失礼しますわ」

この時はたまたま部屋から出ていたに過ぎませんでしたが、アリスリーゼにとっても妹の顔を見ること自体が久しぶりだったようです。
他人を拒絶するだけならともかく、自分の家族まで拒絶してしまう様子を見ただけでも心を閉ざしているように見られがちなシスベルですが、その原因には自分が帝国に監禁されたことへの恐怖心よりも、自分を助けて解放してくれた“イスカへの強い想いが大きいと思われます。

 

母親からの遠征任務で動き出す

長い引きこもり生活を送ってきたシスベルですが、そんな彼女にも母親であるミラベア女王から直々に出張任務を言い渡されます。
その任務内容とは「独立国家アルサミラへの遠征」ですが、この国は帝国にもネビュリス皇庁にも属していない上に”中立”すら宣言していない砂漠の国です。

さらに帝国の者を積極的に受け入れている報告を受けたミラベア女王は、このアルサミラが条件次第ではいつ帝国側に属するか分からないことを危惧して「裏切りがあるか否か」を調べる必要があると感じた末、そうしたことを調べるためには「シスベル自身の持つ星霊能力が必要」と判断したためです。

ミラベア女王の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【キミ戦】ミラベア女王のキャラ性と星霊能力・今後の展開
...

 

イスカとの待望の再会!

自分にとって直属の使用人であるシュヴァルツだけを連れる形でアルサミラへと出向きますが、そんな中で仲間たちと共にバカンスとして訪れていたイスカとの再会を果たしたのです。

イスカ「君は、あの時の・・・」

イスカの方もシスベルの顔をまだ覚えていた様子でしたが、音々(ネネ)が戻ってきた瞬間に自分の姿をくらましてしまいます。

シスベル「とうとう見つけたの!私の理想の護衛を!」

自分から逸れていたシュヴァルツに歓喜の声を上げるシスベルですが、彼女はかつて助けてくれたイスカ“自分の護衛”として招き入れようと考えておりました。

音々(ネネ)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【キミ戦】音々(ネネ)・アルカストーネのキャラ性と能力・今後の展開
...

姉のアリスリーゼ第3話で彼を”自分の部下”に引き入れようと勧誘したこともありましたが、やっていることは2人とも似たり寄ったりなんですよね。

ネビュリス皇庁の王女でも、さすがは姉妹・・・血は争えないと言うことですかね。

第3話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

kimisen-3

 

スポンサーリンク

シスベルの使う脅威的な星霊能力

ここからはシスベル・ルゥ・ネビュリス9世が使用する星霊能力について紹介していきます。

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク