【決定版】おすすめアニメ120選

【ハイキュー】孤爪研磨がかわいい!性格や研磨の将来について解説

ハイキュー!!

孤爪研磨は『ハイキュー』に登場するセッターです。

音駒高校の2年生であり、プリンのように頭頂部が黒い金髪が特徴。

物語の序盤ではクールで脱力系といった研磨ですが、日向翔陽との出会いで徐々に変わっていきます。

この記事では、孤爪研磨の性格や強さ、黒尾や日向との関係性などを紹介していきます。

孤爪研磨とは

孤爪研磨とは

出典:Twitter

孤爪研磨は音駒高校のセッターです。

ゲームが趣味で、空き時間にはよくゲーム機やスマートフォンを操作しています。

時には黒尾から「夜遅くまでゲームをすると睡眠の質が落ちるでしょ」と母親のような諭し方で注意されていました。

黒尾たちからは「音駒の背骨で脳で心臓」として扱われており、チーム内で重要視されています。

プリン頭と猫のような目が特徴で、人付き合いが苦手な性格。

その性格故に人を良く観察しており、監督からは鋭い観察眼があると評価されています。

また、相手がどのように動くかを予測して対処する能力が優れています。

バレーは好きというわけでは無く、辞めると友達の黒尾が困るからという理由で続けているそうです。

その黒尾とは小学生のころからの付き合いで、バレーを始めるきっかけになった人物です。

ちなみに、バレーが大好きな日向翔陽とは正反対の性格ですが仲が良いです。

スポンサーリンク

孤爪研磨のプロフィール

クラス 音駒高校2年3組
ポジション セッター
誕生日 10月16日
身長 189.2cm
体重 58.3kg
最高到達点 295cm
好物 アップルパイ
声優 梶裕貴
スポンサーリンク

孤爪研磨の性格

孤爪研磨は内向的で人とかかわることが苦手な性格です。

普段からローテンションであり、目立つことを嫌います。

ちなみに、目立つことが嫌いなのに金髪なのは、山本から「黒髪で顔を隠す前髪の方が目立つ」と言われたからです。

目立たなくする方向性が少しずれており、天然っぽいところがあります。

そして染めなおすのが面倒と考えた結果、現在のプリン頭になりました。

バレーはそこまで好きではなく、部活で上下関係に悩んでいた時に黒尾から「辞めんなよ?」と諭されたためバレーを続けています。

その考えは日向と出会ってから変わり始めます。

後の「ゴミ捨て場の決戦」では、烏野との試合中にバレーが楽しいと感じるようになり、その試合後に黒尾へ「おれにバレーボールを教えてくれてありがとう」とまで言いました。

スポンサーリンク

孤爪研磨の声優は「梶裕貴」さん

梶裕貴さんは、東京都出身で声優兼歌手です。

以前まではアーツビジョンに所属していましたが、現在はヴィムスに所属しています。

中学生のころ、「声優という仕事は何について学んでも、どんなことを頑張っても、全部自分の力になる」という言葉をきっかけに声優を目指したようです。

梶さんは2003年、ポニーキャニオン主催の『VSオーディション2003』ファイナリストに選出され、2004年に発売されたゲーム『帝国千戦記』で声優デビューしました。

代表作として、以下の作品が挙げられます。

  • 『マギ』 (アリリバ・サル―ジャ)
  • 『七つの大罪』 (メリオダス)
  • 『進撃の巨人』 (エレン・イェーガー)

孤爪研磨の名言

孤爪研磨の名言

出典:Twitter

スポンサーリンク

『最初クリアできそうにないゲームでも繰り返すうちに慣れるんだよ』

烏野と音駒がはじめて練習試合をした際に出たセリフ。

烏野の日向&影山は初っ端から『変人速攻』が飛び出ます。

音駒のメンバーはそれに驚きつつ、研磨は対処法を考えていました。

そうして研磨は数回見ただけで『変人速攻』を止める術を思いつきます。

研磨のゲーム好きな性格と、観察力の高さが伺える名台詞です。

スポンサーリンク

『仲間のためにがんばるはオカシイこと?おれがやったらオカシイの?』

これは、原作漫画30巻の第269話で出た名言です。

春高2回戦の音駒vs早流川が終了した後、研磨が上記のセリフを言いました。

常に冷静で根性を嫌い、「頑張る」からほど遠いところにいる研磨が、自分から「仲間のために頑張った」と言いました。

黒尾にとって、研磨は内向的で協調性もあまりないため、研磨の口から「仲間」という言葉を聞き驚いたそうです。

研磨の成長を感じられる名言でした。

スポンサーリンク

『おれにバレーボールを教えてくれてありがとう』

この名言は、研磨を語るうえで欠かせないものです。

小学生の研磨はまだバレーボールをそこまで好きではありませんでした。

それは高校生になっても変わらず、黒尾の「辞めんなよ」という言葉を聞いたから部活を続けていました。

日向からバレーボールは好きかと問われた際には別にと答え、「別に以外の言葉を言わせてやるからな!」と宣言されるほどでした。

ですが、『ゴミ捨て場の決戦』が実現した試合を迎えて、研磨は「たーのしー」とつぶやきます。

長いラリーの末、試合に敗れてしまう音駒高校。

しかし、研磨は満足した表情で「はぁ~楽しかった!」と笑いました。

そうして黒尾に「おれにバレーボールを教えてくれてありがとう」と伝えます。

研磨にこれまでバレーを続けさせたことに少なからず罪悪感を抱いていた黒尾は、この言葉に救われるのでした。

孤爪研磨の関係性

スポンサーリンク

黒尾鉄朗との関係

研磨と黒尾鉄朗は幼馴染です。

小学生のころ、家が隣ということで遊ぶようになりました。

当時はふたりとも人見知りでしたが、あるとき研磨は黒尾からバレーに誘われます。

それから中学時代も高校に入学してからもバレーを続けます。

研磨にとっては黒尾から「辞めんなよ」と言われて続けていましたが、少しずつ仲間のため頑張るようになる研磨。

日向というライバルに出会い、徐々にバレーに熱中していきます。

そうして『ゴミ捨て場の決戦』が終わった後、研磨は黒尾に「おれにバレーボールを教えてくれてありがとう」と言いました。

バレーボールによってふたりは絆を深め、唯一無二の親友になったのでした。

 

黒尾鉄朗については以下の記事で紹介しています。

【ハイキュー】音駒高校キャプテン・黒尾鉄朗|名言やパニーニ事件について紹介
...

孤爪研磨の進路は?

スポンサーリンク

孤爪研磨はプロゲーマーで起業家に!

『ハイキュー』はVリーグ編まで描かれ、登場人物たちの進路が明かされました。

その中でも、研磨は驚くべき肩書を持っていました。

43巻において、孤爪研磨は大学生にして「株主トレーダー」「プロゲーマー」「Youtuber」「株式会社Bouncing Ball代表取締役」になっていました。

内向的でおとなしい研磨ですが、起業家になっていたのです。

しかもかなりの額を稼いでいるようで、一人暮らしをしながらゲーム部屋も完備。

また、日向のブラジル修行のスポンサーも研磨がなりました。

このとき、「なんでスポンサーになってくれたの?」と問う日向に対して、研磨は「なんとなく、でもつまんなくなったらやめる」と彼らしい理由を語りました。

もともとバレーに愛着が無かった彼ですが、日向や黒尾との出会いを経てバレーをしている人の力になりたいと考えたのかもしれませんね。

 

created by Rinker
¥460 (2024/02/25 13:11:06時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

この記事では、孤爪研磨の性格や強さなどを紹介してきました。

『ハイキュー』の中では、バレーボールがそこまで好きではないキャラは珍しいです。

ただ、試合になると持ち前の観察力や冷静さにより才能を発揮。

チームを勝利へと導いてきました。

日向と出会ったことでバレーにハマるようになり、『ゴミ捨て場の決戦』ではバレーを楽しいと言うようになりました。

このバレーに熱中するようになる姿は研磨を語る上で欠かせない出来事です。

他にも、早流川戦や戸美学園戦など研磨の見どころはたくさんあるので、ぜひ『ハイキュー』を読んでみてください。

コメント