【決定版】おすすめアニメ120選

【ハイキュー】烏野の主将・澤村大地|名言や道宮結との関係を解説

ハイキュー!!

『ハイキュー!!』に登場する澤村大地は、烏野高校の主将です。

守備力に優れ、他のメンバーよりもレシーブを得意としています。

ポジションはウイングスパイカーであり、主将らしいリーダーシップで烏野を支えています。

この記事では、そんな澤村大地の性格や名言、菅原孝支東峰旭といった登場人物との関係について解説していきます。

澤村大地とは

澤村大地

出典:Twitter

澤村大地は烏野バレー部の主将であり、チームの大黒柱的存在です。

守備の要とされており、レシーブに自信を持っています。

条善寺高校の照島からは、日向や影山よりも澤村がいなかったら勝ててたと言われるほど守備力が高いです。

また、白鳥沢の大平獅音からも澤村がいるから烏野の守備には穴が無いと言われていました。

烏野は日向&影山ペアなど、攻撃力や攻撃の多彩さが特徴のチームです。

そのため、守りを得意とする澤村のおかげで烏野は安定したプレイができると言えます。

面倒見の良さから精神的支柱としての役割も担っているため、澤村の存在は烏野にとって大きいと分かります。

created by Rinker
¥460 (2024/07/13 13:16:06時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

澤村大地のプロフィール

クラス 烏野高校3年4組
ポジション ウイングスパイカー
誕生日 12月31日
身長 176.8cm → 176.7cm
体重 70.1kg
最高到達点 310cm
好物 醤油ラーメン
声優 柳田淳一(VOMIC版) / 日野聡 (テレビアニメ版)
スポンサーリンク

澤村大地の性格

澤村は主将だけあってしっかり者、面倒見がよく温厚な性格です。

その一方で、部員を指導する際には厳しさが現れます。

『ハイキュー』の序盤では、喧嘩する日向と影山に対して「互いにチームメイトと自覚するまで練習には参加させない!」と厳しい態度を取りました。

また、他校の生徒と絡む田中や西谷を静止するなど、後輩たちから尊敬と信頼を寄せられています。

その信頼感から、同級生の菅原孝支には「大地ってたまにお父さんみたいだもんな」と言われました。

『烏合の衆』ともいえる烏野をまとめられるのも、厳しさと優しさを持つ澤村だからこそです。

 

ちなみに、温厚な性格の澤村ですが、東峰にだけは対応が違います。

「ヒゲちょこ」といったストレートな物言いでど突いており、割と厳しめな扱いです。

これは、仲が良いだけでなく、東峰がバレーから逃げ出したことがあるからでしょう。

 

また、音駒高校の主将・黒尾鉄朗とは互いに「こいつは食えないタイプ」だと思っています。

試合後には、笑顔なのに手を握りつぶすのではと思うくらい強い握手を交わしていました。

このときの様子は、傍目から見ていた菅原には「怖い!」と叫ばれるほど。

その後、東京遠征を経てからは二人とも仲良くなっていました。

 

黒尾鉄朗については以下の記事で紹介しています。

【ハイキュー】音駒高校キャプテン・黒尾鉄朗|名言やパニーニ事件について紹介
...
スポンサーリンク

アニメ版澤村大地の声優は「日野聡」さん

日野聡さんは、アメリカ合衆国サンフランシスコ出身で東京育ちの声優です。

5歳までサンフランシスコで暮らしていました。

幼いころから劇場の舞台を観に行き、芝居に興味を持ちました。

そうして自分も舞台に立ちたいとグループこまどりに所属したのち、芝居の勉強を始めます。

最初は舞台俳優を目指していたようですが、『ER緊急救命室』の吹き替えに挑戦したことがきっかけで声優として活動するようになったようです。

その後、『一騎当千』のレギュラーを獲得し、『灼眼のシャナ』といったアニメにも出演するようになりました。

日野聡さんの代表作として、以下の作品が挙げられます。

  • 『鬼滅の刃』 (煉獄杏寿郎)
  • 『バクマン。』 (高木秋人)
  • 『灼眼のシャナ』 (坂井悠二)
  • 『オーバーロード』 (アインズ・ウール・ゴウン/モモンガ)

澤村大地の人間関係

澤村大地の人間関係

出典:Twitter

スポンサーリンク

菅原孝支、東峰旭

菅原孝支と東峰旭は、同級生です。

澤村が烏野に入学した際、バレー部は『堕ちた強豪』『飛べない烏』と揶揄されていました。

その状態の烏野で全国を目指していた仲間が、同じ三年生の菅原と東峰です。

指導者が不在の中、澤村の「二度と地に落ちたなんて言わせねぇ」という言葉のもと、衰退した烏野を復活させようと三人で部活の立て直しを目指していました。

澤村たちの努力のおかげで、現在二年生の田中や西谷が入部し、一年生では日向や影山たちが仲間になり、烏野を復活させることに成功します。

 

初期からともに行動していたため、澤村は菅原と東峰と非常に仲が良いです。

そして、一歩引いた立ち振る舞いをする菅原とはふざけ合ったり、メンタルの弱い東峰には遠慮せずに厳しく接したりしています。

これも、烏野を復活させた仲間だからですね。

 

菅原孝支東峰旭について以下の記事で紹介しています。

【ハイキュー】烏野を支えるもう一人のセッター菅原孝支|名言や関係性を紹介
...

 

【ハイキュー】烏野高校のエース・東峰旭|身長や年齢、名言について解説
...
スポンサーリンク

縁下力

縁下力は、二年生の控え選手です。

澤村と似たプレイスタイルで、二年生のまとめ役。

周囲からは次期キャプテンとして期待されています。

縁下が活躍したのは、春高予選の和久谷南戦です。

その試合では、澤村が田中と衝突して怪我を負ってしまいます。

ここで澤村の代わりに登場したのが縁下。

プレッシャーに押しつぶされそうになりますが、澤村のような守備や怪我をさせてしまい動揺する田中に声かけするなどして、窮地を乗り切りました。

 

「最初は早く戻ろうと思ってたんだけど、実際にお前ら見たら、あぁ大丈夫だって思った」

澤村は、コートに立つ縁下を見てそう言いました。

技術的にはまだ澤村に及びませんが、チームを献身的に支えようとする縁下は澤村に認められた立派な仲間です。

スポンサーリンク

道宮結

道宮結は女子バレー部のキャプテンです。

中学時代からの友人であり、非常に親し気なようすです。

道宮はショートカットが特徴で、秘かに澤村へ好意を寄せている描写がありますが、澤村はまったく気づいていません。

せいぜい同じキャプテンとして活動している仲間といった認識なのでしょう。

その割に澤村は「自分には弱音を吐いてもいい」と伝えるなど、無意識に魅力的な一面を見せています。

ちなみに、卒業後はホテルで働きながら東京でセパタクローの選手をしています。

その後の関係は特に描かれているので、澤村が卒業してからも付き合っているとかはないようです。

澤村大地の名言・進路

澤村大地の名言・進路

出典:Twitter

スポンサーリンク

澤村大地の名言

「もう飛べない烏なんて言わせない」

澤村が入部した当初、烏野は『堕ちた強豪』、『飛べない烏』と呼ばれていました。

このセリフは、烏野を復活させようとしたときに出ました。

温厚な性格の澤村ですが、全国の舞台を夢見て誰よりも勝利を渇望しています。

その力強い願望が感じられる澤村らしい名言でした。

「俺達が勝つのは奇跡が起こるからじゃない、最後までコンセプトは変わらない、殴り合いを制す」

春高予選決勝、白鳥沢学園との試合でこのセリフが出ました。

精神的支柱である主将として、完璧な名言だと言えます。

チームメイトはすでに満身創痍に近い状態でしたが、このセリフのおかげで最後の力を振り絞れるようになりました。

まさにチームを支えるかっこいい名言でした。

スポンサーリンク

澤村は卒業後、警察官になる

澤村は烏野高校を卒業後、警察官となり宮城県警の生活安全部に勤めています。

現在、バレーはやっていないようですが。菅原や東峰との交流は続いています。

そして、三人で日向や影山の試合を観戦しに行っている様子が描かれていました。

まとめ

この記事では、澤村大地について解説してきました。

澤村大地は烏野高校の主将であり、みんなから頼られています。

レシーブが得意で、西谷以外に守備が弱めな烏野にとって非常に重要な存在です。

温厚な性格ですが、全国を目指して誰よりも勝利を渇望する貪欲さも持ち合わせています。

名言の「もう飛べない烏なんて言わせない」は澤村の魅力を表す象徴的なセリフで、他にも魅力あふれる場面もあります。

ぜひ、本編も読んでください!

コメント