【決定版】おすすめアニメ120選

【ハイキュー】烏野を支えるもう一人のセッター菅原孝支|名言や関係性を紹介

ハイキュー!!

『ハイキュー!!』に登場する菅原孝支は、烏野高校所属の三年生セッターです。

副主将としてチームを支えており、影山にセッターの座を譲った後も他のメンバーのために行動しています。

決して突出した才能があるわけではありませんが、堅実で冷静なプレイをすることから「司令塔」として活躍しています。

この記事では菅原孝支の性格や名言、他の選手との関係性を紹介していきます。

菅原孝支とは

菅原孝支とは

出典:Twitter

菅原孝支は烏野バレー部三年の副主将。

泣きぼくろと太めの眉毛が特徴で、温和な性格です。

暴走しがちな部員たちを止めるストッパー的な存在ですが、ノリはいいため一緒にはしゃぐなど茶目っ気があります。

セッターとしての実力は並みくらいであり、他の選手と比べて堅実なプレイが多いです。

影山が入部したことで、烏養コーチは影山と菅原のどちらをセッターにするか迷います。

その際、菅原は勝つために影山を使うべきだと言い、普段の穏やかな雰囲気とは異なり強い覚悟を見せました。

そうしてレギュラーの座を譲った菅原。

ですが、影山と比べてチームメイトをよく見ているため、スパイカーの能力を引き出す能力が高いです。

created by Rinker
¥24,200 (2024/05/18 05:21:56時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

菅原孝支のプロフィール

クラス 烏野高校3年4組
ポジション セッター
誕生日 6月13日
身長 174.3 cm → 174.6 cm
体重 63.5 kg
最高到達点 298 cm
好物 激辛麻婆豆腐
声優 入野自由(テレビアニメ版)/宮永恵太(VOMIC版)
スポンサーリンク

菅原孝支の性格

菅原孝支の性格は温和で優しく、穏やかです。

日向がはじめての試合に出て緊張から失敗したときも優しく接するなど、チームメンバーをなにかと気遣う場面が多く、「スガさん」や「菅原さん」と親しまれています。

このように普段はおとなしめで慕われている菅原ですが、高校生らしくはノリのいい一面も持ち合わせています。

特に、同じ三年生の澤村や東峰の前ではテンションが高いことが多いです。

ちなみに、優しい性格からみんなを甘やかしたり、相手チームとも仲良くなってしまうことから、お母さん的なポジションだと言われています。

 

スポンサーリンク

菅原孝支の声優は「入野自由」さん

入野自由さんは、東京都出身でジャンクションに所属する声優であり、歌手と俳優でもあります。

4歳のころに劇団ひまわりに入団し、少年役で俳優デビュー。

その後はジャンクションに移籍して『逮捕しちゃうぞ』のショウ役で声優としてデビューしました。

代表作として以下の作品が挙げられます。

  • 『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』 (宿海仁太)
  • 『千と千尋の神隠し』 (ハク)
  • 『キングダムハーツ』 (ソラ)

菅原孝支のプレイスタイル

スポンサーリンク

菅原孝支はチームの司令塔!

菅原は影山と比べると、セッターとしての実力は並みくらいです。

ですが、上記で紹介したように温和で優しい性格の持ち主であるため、チームメイトのメンタルを支えたり、スパイカーが打ちやすいボールを上げたりすることが得意です。

また、ピンチサーバーとして投入される際には、相手をサーブで崩してからのアタックで点を狙うなど攻撃的なプレイも見せています。

ここぞというときに上げるトスには光るものがあり、物語終盤では宮侑や影山も認めるほど完璧なトスを上げていました。

影山よりも実力は劣るものの、信頼関係に基づいて繰り出される丁寧なトスや、サーブなどで相手を揺さぶる堅実かつ冷静な戦い方が特徴的ですね。

 

菅原孝支と他の選手の関係性

スポンサーリンク

影山飛雄

菅原にとって影山飛雄は正セッターを譲った相手です。

前述した通り、烏養コーチは公式試合で誰をセッターにするかを迷います。

そのとき、菅原は「自分たち三年生が長くプレイできるチャンスを多くできるのが影山なら、迷わず影山を選ぶべき」だと伝えました。

影山のコンディションが万全ではないときには、代わりに試合へ出場。

実力的には一般的な水準の菅原ですが、チームメイトを信頼して気を配るなど、司令塔としての能力が高く、影山にはない部分を持ち合わせています。

青葉城西戦でチーム全体が落ち込んでいたときには、主将を叱責したり月島をフランクに励ましたり、影山にはできないようなやり方でチームの雰囲気を良くしていました。

さらに、信頼関係を築いていたからこそのシンクロ攻撃を見せていて、チームへの貢献は影山に負けていません。

影山はチームメイトと上手にコミュニケーションを取れる菅原を尊敬しており、時としてライバル心を燃やしています。

互いに持っていない部分を持っていて、非常に良い関係性ですね。

スポンサーリンク

日向翔陽

菅原は影山飛雄とは正セッターを巡るライバルのような存在です。

日向翔陽にとって菅原は面倒見のいい先輩です。

日向がはじめて試合をするとき、緊張し過ぎて普段のプレイができませんでしたが、気を遣って緊張を和らげようとするなど、頼りになる先輩として接しています。

また、セッターであるため、日向にボールを上げて練習に付き合ってあげたり、アタックの時のサインを教えたりと烏野1年生組の中ではかなり仲がいいです。

スポンサーリンク

澤村大地

澤村大地は同じ烏野高校3年生であり、バレー部の主将です。

普段は菅原と同じくらい温厚で面倒見がいいです。

ずっと同じ烏野で一緒に練習をしてきたため、仲が良く互いを信頼しています。

東峰は「大地に説教できるのはスガさんだけ」と言っており、それくらい信頼関係があります。

スポンサーリンク

東峰旭

東峰旭は同じ烏野高校の3年生。

1年生から一緒に練習をしており、澤村や東峰の前ではテンションが上がるなど仲が非常にいいです。

東峰は気の弱いところがあり、ヘタレな場面があります。

そんなときは、菅原が喝を入れて東峰を上手にコントロールしています。

3年生の前ではふざけたり辛辣になったりしており、親しい相手には素が出るのだと思います。

菅原孝支の名言

菅原孝支の名言

出典:Twitter

スポンサーリンク

『俺の仲間はちゃんと強いよ』

漫画の7巻。これは、インターハイ予選の烏野vs青葉城西の試合中に出た名言です。

影山は及川に勝とうと意識しすぎるあまり、スパイカーとの息が合わなくなってしまいます。

そこで菅原はピンチヒッターとしてコートに立ちました。

このとき、菅原は心の中で

「俺は影山と比べたら技術も身体能力も劣るけど、チームのことは少しだけ長く見てきた」

「俺vs青葉城西だったら絶対敵わないけど、俺の仲間はちゃんと強いよ」

という独白がありました。

影山よりもチームメイトのことを気づかい支える菅原らしい名言だと思います!

スポンサーリンク

「次もやるから」

烏野高校vs白鳥沢学園高校の名言。

全員でのシンクロ攻撃に参加した菅原は、スパイクをするも天童にブロックされてしまいます。

天童が得意とする先読みのゲス・ブロックで完全に防がれるも、ここで菅原から「次もやるから」という言葉が飛び出ます。

普段はおとなしい菅原ですが、次は決めてやると強い意志を見せつけました。

それにより、相手のブロックを惑わせることに成功。

日向のように本気で飛ぶことで囮としての役割が持てることを知っている菅原だからこそ出た名言だと思います。

菅原孝支の進路

スポンサーリンク

菅原孝支は小学校教諭になる

菅原は烏野高校を卒業すると、大学へ進学します。

その後は小学校教諭として宮城に勤務しました。

他人と打ち解けるのが苦手な影山や月島相手にも上手にコミュニケーションが取れる菅原。

司令塔のように冷静でチームをまとめることが得意な菅原ですから、とても頼りになりそうですね。

まとめ

この記事では、菅原孝支の名言や他の登場人物との関係性について紹介してきました。

菅原は烏野バレー部の副主将であり、温和な性格です。

普段は暴走しがちなチームメイトを止める役割ですが、同じ三年生の澤村や東峰の前では一緒にはしゃぐ茶目っ気もあります。

ポジションはセッターで、実力としては並みくらいだと言われています。

ただし、仲間との信頼関係から来る完璧なトスは、影山や宮侑でさえ認めるほどです。

紹介した菅原の名言は、仲間を信頼しているからこそ出てきた名言という感じで、彼の性格を顕著に表していますね。

そんな菅原の活躍は紹介した以外の場面にもたくさんあるので、ぜひ本編を読んでみてください。

コメント