【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【推しの子】有馬かなの過去やアクアとの関係性 | 重曹ちゃんと呼ばれる理由

推しの子
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『推しの子』は2020年4月から週刊ヤングジャンプで連載開始され、現在では少年ジャンプ+でも連載中の、人気マンガ作品です。

『かぐや様』の赤坂アカ先生と『クズの本懐』の横槍メンゴ先生がタッグを組んで描かれている点も大きな話題とされています。

本記事では、そんな推しの子に登場する有馬かなの経歴や「重曹ちゃん」と呼ばれる理由を紹介。

さらに母親との関係性も含めた過去や、演技方法が変わった理由、星野アクアとの関係性に迫ります。

 

\期間限定!1巻が丸々無料で読める!!/

1巻を今すぐ立ち読みする

無料で読めるのは5月15日までです!

推しの子のマンガを買うなら今がお得(横にスクロール)↓
推しの子の原作漫画が半額以下で読む方法があります。
ebookjapanでは初回登録時に50%OFFのクーポンが最大6冊分もらえます。それを利用すれば漫画を半額以下で購入できるので推しの子を安く読みたい人は使わない手はありません。
PayPayのキャッシュバックにも対応しており、定期的なクーポンを利用すれば普通に漫画を買うより賢く節約して漫画を楽しめます。※ キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があるのでお早めに
\無料登録は1分でサクッと終わります/
初回登録時の半額クーポンは今だけ

推しの子のネタバレの詳細「【推しの子】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

人物相関図は「推しの子の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

推しの子の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...
スポンサーリンク

有馬かな(ありま かな)とは

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第2巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

有馬かな「10秒で泣ける天才子役」と呼ばれている女の子で、6話から登場しています。

五反田監督の映画に出演する中でも、天才的な演技を発揮していました。

有馬かなのプロフィール|天才子役からアイドル歌手に

本名 有馬かな
通称(呼ばれ方) 重曹ちゃん、オワコン子役
職業 役者・アイドル(新生B小町)
所属 苺プロダクション
年齢 4歳(初登場時)→17歳(陽東高校2年)

有馬かなはアクアが子役デビューした6話で初登場しました。

この時点で既に多くの子役をこなしており、完全にベテランの域に達していました。

しかし、ピークが過ぎてからは成長と反比例するかのように、役者としての仕事も減り続ける一方でした。そのため、高校生となった現在では世間から「オワコン子役」と呼ばれるようになってしまいます。

それでも諦めず、陽東高校の芸能科に通いながら役者や演技の仕事は続けており、ドラマ「今日あま」ではヒロイン役を務めてきました。(このドラマ作品でアクアと再共演を果たし、鳴嶋メルトとも出会っています)

その後、さらに大きな転機が訪れます。

アクアからの頼みを断り切れず、ルビーやMEMちょと一緒に結成した新生B小町アイドル活動も始めていきます。しかも、歌唱力の高さをルビーとMEMちょから高評価されたため、かな自身の意思とは逆に“センター”の座につかされてしまったのです。

星野ルビーの性格や前世、一緒にアイドル活動を始めた詳細については「【推しの子】星野ルビーは国民的アイドルになれる?前世や兄アクアとの関係を解説」の記事を参照ください。

【推しの子】星野ルビーは国民的アイドルになれる?前世や兄アクアとの関係を解説
...
スポンサーリンク

有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第2巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

有馬かなが「重曹ちゃん」と呼ばれる理由は、自身の異名をアクアやルビーから間違った呼び方をされたためです。

正しくは”10秒で泣ける天才子役”なのに、アクアやルビーと出会った時や陽東高校で再会した時に重曹を舐める天才子役」と呼ばれたことがキッカケで、間違った呼び名が読者たちに定着しました。

そのためファンや読者たちの間では、この“重曹ちゃん”愛称となってしまい、本名ではなく愛称で呼ぶ人が増えてしまったわけですね。

しかし、この愛称はあくまでも作者や読者たちによる呼び方であり、本編では基本的には「かな」や「かなちゃん」など、ちゃんと名前で呼んでもらえています。

スポンサーリンク

有馬かなの過去|本気の演技ができない理由は母親たちの影響

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第7巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

これまではイマイチ曖昧にしか語られてこなかった有馬かなの過去が、舞台編の中でついに明かされました。

有馬かなが役者を始めたのは母親のためだった

有馬かなの母親は芸能人を目指していたものの、芸能人になれなかったため、自分の夢を娘のかなに託していたそうです。

かな自身もそんな母親の思いを子供ながらに理解しており、自分の好きなように演技しただけで周囲からは”天才子役”と呼ばれて持ち上げられていました。

自分の人気が上がることで母親も笑顔になり、かなにとってもそれが本当に嬉しく、人生で1番幸せな時期だったのです。

かなの人気停滞と母親の行動が家庭崩壊につながった

かなが天才子役として持ち上げられていた期間は決して長くは続かず、成長していく中で子役としての仕事を減らされてしまいます。

しかし、その状況により大きく変わってしまったのは、本人でなく母親の方でした。

娘の仕事を減らされたことに納得できない母親が勝手に営業活動を始めた上、事務所や現場などに対して娘の出番を増やすように要求することで関係者たちを困らせるなともあったようです。そのような焦りの末、しまいには自分の娘にまであたり散らすこともありました。

さらに、そんな母親の行動に嫌気がさした父親もまた、他の女性との不倫関係を始めてしまっていたのです。

これらの経緯や出来事の末、一家は離散してしまいます。父親が他の女性との関係を持ち始めており、両親もこの時点で離婚したものと思われます。

さらに母親が田舎へと引っ越したため、陽東高校でアクア達と再会した時には、かなだけが都内に残って一人暮らししている状態でした。

本気の演技をできなくなったのは周りの大人たちの影響

かなは一家が離散してからも都内に残って何とか役者を続けてきた中でも、五反田から言われていたことがあります。

それは「周りと上手くやっていかないと、この業務では生き残れない」ということです。

自分は天才ではないと決めつけては大人たちは演技力よりも“使いやすさ”を求めていること」も知らされたことで、次第に「共演者たちに合わせる演技」へと変わってしまいました。

自分の演技の変化に対して、かな自身も完全に納得できているわけでないものの、「自分が役者として生き残るためにはこれしか方法がない」と決めつけていたのです。

スポンサーリンク

有馬かなと星野アクアとの関係性について|アクアと付き合える可能性は?

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第7巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

かなとアクアは単に役者としての共演だけでなく、ルビーも挟んでの新生B小町とも大きな繋がりを持っています。

ここでは、かなの視点から分析した形で”アクアとの関係性”を紹介していきます。

アクアへのライバル心が恋心に変化

子役時代の共演で敗北させられたと思い込んでからは、一方的にアクアのことをライバル視し続けてきました。

しかし陽東高校での再会がキッカケで再び共演することができた「今日あま」撮影中、アクアの独特な演技力に魅せられながら、その想いは次第に恋心へと変化したのです。

星野アクアの性格や前世、役者としての才能や演技の能力については「【推しの子】星野アクアがかっこいい!役者としての才能、目的や彼女は?」の記事を参照ください。

【推しの子】星野アクアがかっこいい!役者としての才能、目的や彼女は?
...

アクアのおかげで本当の演技を引き出せた

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第7巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

「東京ブレイド」の舞台で共演中、アクアから受けたアドバイスのおかげで、かな自身のもつ“本当の演技”を取り戻し、観客たちの前で引き出すことに成功しました。

舞台上でのアクアとかなの対決シーンの中で、かなが演じる”つるぎ”は天真爛漫な戦闘狂キャラのため、縮こまった演技では役やキャラクターとして映えないと言われます。

そのアドバイスに対して始めは否定的に返しますが、アクアから「やりたいように演技しろ」の台詞と「かな自身がやりたい演技を見たい」とまで言われたことがトリガーになる形で、かなが舞台上で覚醒を果たします。

そして覚醒後には、天真爛漫に輝きながら演技していました。

その姿は”本物のつるぎ”にも負けずに輝いており、観客たちを瞬時に見惚れさせてしまったのです。

恋人関係へ発展するにはルビーとのアイドル活動が不可欠

現時点ではまだ、かなだけが一方的に好意を寄せているだけであり、アクアの方は恋愛感情までは抱いていない様子ですが、アクアにとってもかなは「自分の妹(ルビー)と一緒にアイドル活動をしてくれている大切な存在」であることは確かです。

そのため、かながアクアとの距離を縮めていくには役者としての共演だけでなく、ルビーを親身にフォローしながらアイドル活動も頑張り続ける必要があるというわけです。

舞台編が終了したあと、再びルビーたち新生B小町にスポットを当てたシリーズ(九州旅行編)が開始されたため、皆で訪れた宮崎県の中で、アクアとの距離が急速に縮まる展開にも期待できそうですよね。

スポンサーリンク

有馬かながかわいい!魅力を紹介

【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説

(推しの子第2巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

アイルビーとは一味違うかわいさで、読者たちからも人気の高い有馬かなの魅力を紹介します。

子供顔と年齢のギャップがかわいい

初登場した4歳の頃はその子供顔が見事にマッチしており、普通に「かわいい女の子」という印象でした。

しかし、高校生に成長してからも幼そうな顔つきはあまり変わっていなく、身長が伸びたこととの大きなギャップを感じさせられますね。

特に大人びた顔に成長したアクアたちと一緒に並んでいる場面では、かなの方が年下にさえ見えてしまいます。実際は、かなの方がアクアルビーよりも1歳上です。

舞台編でアクアがメルトへのアドバイスとして告げていた「人間はギャップが好き」であることは決して演技だけに限られたものでなく、かなのような幼い顔と高校生の身長によるギャップもまた、読者たちから好かれる要因とも思えます。

表情豊かなところもかわいい

映画撮影で出会ったばかりの頃はアクアルビーに対して、キツい表情ばかり浮かべていました。しかし、高校生に成長してアクアと再会してからは非常に個性的かつ豊かな表情を見せてくれるようになりました。

再びアクアと共演することになったドラマ「今日あま」の撮影中(17話)では、アクアを見ながら“恋する乙女”の表情で見つめてしまいます。さらに、38話で新生B小町のファーストライブで歌いながら客席にいるアクアに対して「あんたの推しの子になってやる」と心の中で叫んでいた時の表情も生き生きとしており、魅力的でしたね。

そして、かなのかわいい表情を語る上で欠かせないのが、やはり本編中でよく描かれている“ギャグ顔”です。特に13話ラストでアクア達の前で見せてくれた「驚きと疑念に溢れた表情(ギャグ顔)」は今でも忘れられないですよね。

本作品に登場するキャラクターたちは基本的に表情豊かに描かれていますが、本編中で”ギャグ顔”を最も多く描かれているのが、有馬かなのように感じます。

押しに弱い性格がかわいい|アクアからの頼みを断れない

有馬かなのかわいい魅力とは、性格面にも表れています。

表面上では強気で振るまっているものの、押しに弱い一面を持っており、特にアクアからのお願いはなかなか断れません。

20話でルビーから「一緒にアイドルやらない?」と誘われた時には、速攻で断ってしまいます。

しかし、その直後にアクアから「そこらのアイドルよりずっとかわいい」と言われながら頼まれると、まるで本心とは逆走するかのように、すぐ苺プロに行っては契約書にサインと印鑑まで押して契約を交わしてしまったのです。

ツンデレで面倒な一面もかわいい

かなのかわいさはツンデレ面倒な一面にも表れています。

30話での「今ガチ」撮影中に、アクアから黒川あかねに仕掛けたキスシーンを画面越しに見たあと、アクアに対する態度が冷たくなってしまいます。

これは明らかに嫉妬ですが、アクアがあかねにキスした理由は本人しか知りません。そのため、アクアを好きなかなにとっては辛い出来事でしょうし、怖い顔で冷たくあたる気持ちも分かりますよね。

ただ、かなは自分の性格を自覚しており、自分のことを「面倒で捻くれた女」とまで言い切ってしまっているところに切なさも感じてしまいます。

男性ファンにとっては守ってあげたいかわいさがあります。

諦めず努力家であるところもかわいい

子役としてのピークを過ぎた後からは仕事量を大きく減らされていましたが、それでも諦めずに努力し続ける性格や姿勢にも共感してしまいます。

子役時代から見せてきた天才的な演技力も決して才能だけでなく、まだ子供ながらに必死な努力を積み重ねてきた賜物と言えます。

さらに、かなの努力の成果は、演技以上に「高い歌唱力」が分かりやすく表現されています。

新生B小町を結成後に判明した”かなの高い歌唱力”ですが、実はまだ歌を始めたばかりの頃はルビーやMEMちょと同じくらいに下手だったそうです。その下手さが子役時代にリリースした「ピーマン体操」での歌い方でハッキリと出ており、これには本人も“黒歴史”として封印しています。

それでも歌を諦めず、必死に練習しながら新曲を出していき、2枚目や3枚目と発売していく度に歌が上達していったそうです。

かなのような諦めることなく、必死で努力し続ける女の子を見ると、やはり応援してあげたくなりますよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は有馬かなのプロフィールやかわいい魅力、母親との関係性も含めた過去を紹介しました。さらに、アクアとの関係性や2人が恋人同士の関係になれるか否かを考察しました。

皆から天才子役として持ち上げられていた幼女期から一転し、母親との関係性や仕事の減少など、普通の子供とは違う苦労や辛さを味あわされてきたため、かなの人生は本当に大変なものだったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
推しの子
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク