【決定版】おすすめアニメ120選

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

推しの子

『推しの子』は2020年4月から週刊ヤングジャンプで連載開始され、現在では少年ジャンプ+でも連載中の、人気マンガ作品です。
『かぐや様』の赤坂アカ先生と『クズの本懐』の横槍メンゴ先生がタッグを組んで描かれている点も大きな話題となり、2023年4月からはTVアニメも放送中です。

本記事ではMEMちょの声優、過去や家族関係、配信者およびアイドルとしての能力について紹介。
さらに今後のストーリー展開であり得る”ユニット脱退”や死亡する可能性にも迫ります。

本作品の人物相関図は「推しの子の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

推しの子の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...
まんが王国

MEMちょ(めむちょ)とは

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第3巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

MEMちょ人気YouTuberにしてインフルエンサーとして活躍する女性で、現在は星野ルビーや有馬かなと共に“新生B小町”のメンバーとしてアイドル活動もこなしている女性です。

頭の角はもちろん本物でなく、あくまでも“カチューシャ”です。

 

スポンサーリンク

MEMちょはフリーかつ業務提携として活動してきた

MEMちょの初登場は原作21話で「今ガチ」という恋愛リアルティーショー番組への出演という形でした。
その番組内で星野アクアや黒川あかねとも共演した縁で、番組が終了した後も彼らとの付き合いや関係性が続いています。

また、新生B小町へ加入する時に苺プロの現社長(斎藤ミヤコ)から活動の仕方について質問されています。
MEMちょは事務所に所属しておらず、あくまでも“個人事業主”として配信を続けていました。
その一方で「FARM(ファーム)」という事務所業務提携していますが「自分で自由に仕事を取ってきても問題ない」という契約内容だったことが幸いして新生B小町への加入も果たせたわけです。

黒川あかねの性格や魅力、星野アクアや有馬かなとの関係性の詳細は「【推しの子】黒川あかねがかわいい!アクアと有馬かなとの関係性について解説」の記事を参照ください。

 

【推しの子】黒川あかねはアイの生まれ変わり? | 星野アクアと別れた理由・死亡フラグを考察
...
created by Rinker
¥659 (2024/06/22 06:02:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

アクアからのスカウトでアイドルデビューを果たした

本編で初登場する前から大人気ユーチューバーとして活躍してきたMEMちょですが、実は大のアイドルオタクである上“星野アイのファン”でもありました。
そのため、配信業を始めるまでは「アイドル志望」であり、高校生の頃までは母親の協力も受けながらオーディションを受け続けていたのです。

そのような自身の過去をアクアに話した途端「新生B小町のメンバー募集中」の話を聞かされながらスカウトされる形で“3人目のメンバー”として加入しました。
MEMちょもまた、アクア達とは違う形で辛く複雑な過去や生い立ちを経ていたものの…
それでもアクアとの出会いがキッカケで思いがけぬ形で、自分が諦めていた「アイドルデビュー」を果たしてしまったわけですね。

星野アクアの性格や前世、役者としての才能や目的の詳細は「【推しの子】星野アクアがかっこいい!役者としての才能、目的や彼女は?」の記事を参照ください。

 

【推しの子】星野アクアの魅力と声優 | 役者としての才能と目的・本当の父親や彼女について
...

 

スポンサーリンク

MEMちょ(めむちょ)の声は声優「大久保瑠美さん」が担当

MEMちょ(めむちょ)の声を担当している声優さんは「81プロデュース」に所属する大久保瑠美さんです。

大久保さんは高校卒業後の進路として、自身の好きな漫画やアニメ、ゲーム全般に携われる声優を志したそうです。
2009年に放送された『ささめきこと』で声優デビューされ、2011年に放送された『フリージング』のヒイラギ=カホ役初レギュラーを獲得しました。

高橋李依さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『はっぴ〜カッピ』木下役
  2. 『スイートプリキュア♪』調辺アコ(キュアミューズ)役
  3. 『無能なナナ』柊ナナ役
  4. 『Engage Kiss』シャロン役
アメリア
アメリア

ちなみに、公式側から正式に発表されるまでは井澤詩織さんと予想されていたファンも多かったようです。

まんが王国

MEMちょ(めむちょ)の過去と生い立ち | 実年齢を隠していた理由

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第4巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

ここからはMEMちょの辛い過去や生い立ちに加えて実年齢を隠しながら配信活動を続けてきた理由」について解説します。

 

スポンサーリンク

MEMちょの生い立ちや家族構成について

MEMちょの家庭は“母子家庭”な上に2人の弟もいることで、経済的にはかなり厳しい環境で育ってきました。
(父親の存在や生死、離婚した理由については明かされていません)

ちなみにMEMちょは幼少期の頃から”アイドルへの強い憧れ”を抱いており、その憧れの対象こそが星野アイでした。

それでも自分の家庭環境のため、高校卒業後の進路を普通に”就職”する方向で考えていましたが、母親からの強い応援と協力のおかげで「自分の夢」を果たすためにオーディションを受け続けてきたのです。
この時点ではまだデビューすらできていなかったものの…
それでも大手の事務所での最終審査にまで残りました。

星野アイの性格、過去生い立ち、交際相手(夫)の詳細は「【推しの子】星野アイはなぜ殺された?死亡した理由や交際相手(夫)について」の記事を参照ください。

 

【推しの子】星野アイはなぜ殺された?死亡した理由や交際相手(夫)について
...

 

スポンサーリンク

MEMちょは母親や家庭の事情によりアイドルを辞退していた

オーディションの最終審査まで勝ち残ったのも束の間…
MEMちょが高校3年生に進級した時、娘のために頑張り過ぎた母親が倒れて入院してしまいました。

家族の中で唯一稼げる母親が倒れたことと、それでも弟2人を大学に行かせたいMEMちょはオーディションを辞退したのです。
さらに高校も休学した上でガールズバーを始め複数のアルバイトをかけ持ちする形でひたすら働き続けました。

 

スポンサーリンク

MEMちょの実年齢と隠しながら活動してきた理由

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第4巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

MEMちょは自身の配信など周囲や表向きでは“18歳”で通してきましたが、原作32話で「実は25歳であること」が判明しました。

自分の年齢を7つも偽っていたことでアクアや斎藤ミヤコから強いツッコミを受けますが、そのようなサバ読みにもまた、先まで紹介してした“辛く大変な過去”が大きく関係していたのです。

複数のアルバイトで頑張った結果、弟2人を大学へ行かせられた上、倒れた母親も元気を取り戻してくれました。
しかし、その時のMEMちょは既に23歳になっていました。
実年齢そのものはまだ若い方ですが、アイドルの業界では「20歳を越えてる時点で絶望的な年齢であり、MEMちょ自身も強く実感していたのです。

弟や母親を優先した結果、夢を追えなくなった情熱を“動画配信”の方へ注ぎました。
しかし、この時点でもMEMちょはまだ”高校休学中”の身だったことにより「現役JK」として自己紹介してしまったのです。
(配信開始時から登録者数が増えたのは「現役JK」という年齢やワードが大きな勝因だったわけですね)

そのような出だしの結果でMEMちょ自身も引っ込みがつかなくなったため、現在までの2年ほど18歳のままで配信業を続けてきたようです。

MEMちょの本名を予想

初登場時から原作110話までの時点で、MEMちょの本名までは明かされていません。
しかし、ストーリー前半の頃からルビーやアクアたちと共に行動してきた重要なメインキャラへ昇格したため、今後の展開で判明することにも期待がもてます。

ここでは、そんなMEMちょの本名を簡単に予想してみたいと思います。
“MEMちょ”という配信者名から逆算することで「Mのイニシャルの名前」である可能性が高いと思います。

 

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

MEMちょ(めむちょ)の能力と人気の高さについて

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第3巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

ここではMEMちょの配信者およびアイドルとしての能力や人気について解説していきます。

 

スポンサーリンク

MEMちょ最大の能力は”バズらせのプロ”

初登場の時点でMEMちょが運営する動画チャンネル登録者数は37万人の上、Tiktokのフォロワー数も638kとかなりの人気ぶりを見せていました。

自身でも「バズらせのプロ」と自称している通り、MEMちょの配信における最大の能力は「バズり」および「バズらせ方」を充分に理解した上で続けてきたからこそ、人気を維持しながら増加させられているはずです。

確かに配信開始時には先に紹介した”偽りの年齢”によって大ヒットしましたが、それさえも実は「MEMちょの策略」によるものでした。

年齢のサバ読みも本心では不本意であったものの、その年齢における表現や伝え方も巧みに考えていたのではないでしょうか?
例えば”18歳”と数値でハッキリ言ってしまうよりは「現役JK」と抽象的に表現した方が視聴者たちからも「あと2〜3年はJKなんだな」と思ってもらえると同時に、それ以降に配信してきた新しい動画も見続けてもらえる可能性も高いです。

本編ではMEMちょ自身の動画をハッキリ観ることはできずにきたものの「いかにバズらせるか?」という戦略を緻密に考えながら配信を続けてきたことで多くのファンや視聴者を獲得してこれたのです。

created by Rinker
¥659 (2024/06/22 11:34:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

新生B小町のMV動画のヒットに最も貢献したのはMEMちょだった?

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第9巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

宮崎県・高千穂で収録したMVの大ヒットにおいては「MEMちょの長時間に渡る作業や入念な立ち回り」こそが最も大きな勝因だったのではないでしょうか?
確かにMV動画で視聴者を最も惹きつけたのは「ルビーの”何かを訴える強い視線”」であり、それにより2000万もの再生数を獲得しました。

しかし、その裏ではMEMちょの尋常とは言えない努力や仕事量もあったのです。
ルビー達がMV動画のヒットで浮かれている間もMEMちょだけは数日間に渡る徹夜作業により「企画動画やショート動画の投稿」もひたすら続けた上、動画編集者や制作者を始めとした「動画関係者たちへのオファーや取引」も抜かりなく行なっていました。

2000万もの莫大な再生数や支持を得るためには”出演アイドルの魅力”や”動画の高い完成度”に加えてより多くの人達に伝わる宣伝力も必要だったわけですね。

created by Rinker
¥659 (2024/06/21 19:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

歌とダンスの実力はルビーや有馬かなよりも劣る?

オーディションの最終審査まで勝ち残っただけあり、MEMちょは歌やダンスの実力も高いです。
その証拠として新生B小町に加入したばかりの頃から練習でもライブ本番でも上手い具合に2人と合わせられています。

とはいえ歌では有馬かなに、ダンスではルビーより一歩劣る印象です。
本編でもMEMちょの歌唱力はあくまでも「ヘタウマレベル」と言われており、飛び抜けて上手いというわけではありません。

それでもルビーやかなと遜色なく合わせられているのは「高校時代に積み上げた努力の賜物」であり、MEMちょは才能家というよりは努力家なタイプといえるでしょう。

星野ルビーの性格や前世、かわいい魅力の詳細については「【推しの子】星野ルビーは国民的アイドルになれる?前世や兄アクアとの関係を解説」の記事を参照ください。

 

【推しの子】星野ルビーの前世・父親への復讐と目的 | ゴロー(アクア)との結婚について
...

有馬かなの性格や過去、歌や演技の能力については「【推しの子】有馬かなが重曹ちゃんと呼ばれる理由やアクアとの関係について解説
」の記事を参照ください。

 

【推しの子】有馬かなの過去・重曹ちゃんの理由 | 最終話でアクアと結ばれる?
...

 

まんが王国

 

MEMちょ(めむちょ)のアイドル引退や死亡する可能性を予想

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第4巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

最後はMEMちょが今後のストーリー展開や最終話付近で迎えそうな予感が高い“ユニット脱退”や”死亡”の可能性について、簡単に予想してみます。

 

スポンサーリンク

MEMちょがユニットを脱退する可能性について

宮崎県で撮影したMV動画の大ヒットで浮かれたルビーが「新メンバー加入」などと言ってましたが…
その新メンバー加入が実現した場合、それは「MEMちょ脱退の時期」にもつながると思います。

アクアからの勧誘で念願のアイドルデビューを果たせたMEMちょですが、歌とダンスの実力がルビーやかなに及ばないことは本人も実感しています。
さらにMV動画の編集や拡散作業などを続ける中、ルビーに対して「自分にはない“特別なもの”をもっていること」を肌で実感する場面もありました。

これまで活動やライブを続けてきた中でMEMちょ自身が「やはり自分には歌やダンスよりも動画や配信業の方が向いている」と改めて実感しているようにも見えます。
原作110話までの時点で新生B小町の新メンバーの想像などできないものの…
MEMちょは内心ではアクアが新メンバーをスカウトする等の方法などで「自分が脱退して再び配信業専門に戻るタイミングを見計らっているようにも感じられます。

 

スポンサーリンク

MEMちょもカミキヒカルに殺される可能性がある?

【推しの子】MEMちょ(めむちょ)の声優 | 実年齢や本名と過去・能力と人気の高さ

(推しの子第11巻 赤坂アカ・横槍メンゴ/集英社)

アクアやルビーとは違い、MEMちょにはカミキヒカルとの因縁や関係性まではありません。
それでも人気ユーチューバーとして有名である以上、カミキからもMEMちょの顔や存在を知られているはずです。
ましてやカミキの娘である可能性が高いルビーと同じアイドルユニットで活動している以上、今後の展開次第では「MEMちょもカミキから狙われる可能性」も決してゼロとは言い切れません

もしも本当に狙われた場合…
あまり考えたくはないことですが、MEMちょもアイや片寄ゆらと同じように、カミキの手や差し金で殺される可能性も充分にあり得ます。

カミキヒカルの過去や生い立ち、死亡させた真犯人については「【推しの子】カミキヒカルの正体と過去 | 星野アクアとルビーの本当の父親である理由」の記事を参照ください。

 

【推しの子】カミキヒカルの正体と過去 | 星野アクアとルビーの本当の父親である理由
...

 

まんが王国

まとめ

今回はMEMちょの過去や家族関係、配信者およびアイドルとしての能力について解説しました。
ステージではルビーかなと一緒に歌もダンスもこなせているものの、それでもMEMちょはやはり配信業の方が向いている印象が高いです。

仮に今後の展開で実際にユニットを脱退した場合も完全な別れというわけでなく、PVや動画専門として新生B小町の人気を支え続けてくれる存在として心強い存在として活躍し続けてくれることに期待したいですよね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【推しの子】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?」の記事を参照ください。

 

【推しの子】原作の全巻ネタバレ解説 | 最後の結末はどうなる?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
推しの子
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント

  1. 匿名 より:

    うん