【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【無能なナナ】石井リュウジのキャラクター性と能力・結末の真相

無能なナナ

2020年秋の新作アニメとして放送開始中である「無能なナナ」も最終話まであと少しとなりましたね!
そこで今回は第10話ラストで殺害された形で初登場を飾ることになってしまった石井リュウジのキャラクター性や能力を紹介すると共に、彼を殺害した真犯人や迎えた結末の真相に迫りたいと思います。

第10話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

munounanana-10

 

スポンサーリンク

石井リュウジのキャラクター性を紹介

まずは石井リュウジ(以下は「リュウジ」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

殺害された後に初登場を飾る不遇なキャラ?

寮の自室の窓で既に殺害されて死亡している状態で初登場を飾ることとなってしまった石井リュウジですが、これまでの能力者とは違って本作品の中で初めて柊ナナが関わっていない中で殺害されたキャラクターと言えるでしょう。

柊ナナの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】柊ナナのキャラクター性と過去・能力と今後の展開
...

 

郡セイヤ以上のモテ男だった!

彼の死体が発見されたため、小野寺キョウヤによる生徒たちへの尋問がさっそく始まります。
しかし、この時の尋問で最初に事情聴取されたのは柊ナナでなく、隣の部屋で「モグオリサイタル」を夜遅くまで開いていた飯島モグオ子分たちでした。

子分3人が自分たちの能力を披露した後、リュウジが「教室ではどんな生徒(能力者)だったのかも聞かされます。
飯島モグオと同じ程にメタボ体型で決して”イケメン”とは言えないリュウジですが「持ち前の関西弁から出す笑えるギャグ」が大受けしていたことでクラス内では男女問わず人気者だったのです。
さらに、本人の“おおらかな性格”もクラスメイトたちからの好感度も上げており、あの郡セイヤをも超えるモテ男であったことも判明します!

郡セイヤの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】郡セイヤのキャラ性と能力・今後の展開
...

特に飯島モグオの子分たちを始めとした男子生徒たちに対しては見返りなしで“コンパ”もセッティングしてくれる一面もあったのです。
この話を鶴見川レンタロウから聞かされた小野寺キョウヤは「リュウジにはフウコとは別の女性とも深い関係があったのでは・・・」と疑念を抱きますが、それに関しては強く否定されます。

レンタロウ「いや、とんでもない!石井くんは“超硬派”っすよ!」

このコンパに関してもリュウジの方はあくまでも”セッティングしてくれた”だけであり、本人は参加しなかったのです。

リュウジ「俺はええわ。お前らだけで楽しんどき」
レンタロウ「そんな!石井くんも来てくださいよ!」
リュウジ「フウコいじっとる方がオモロいからのう・・・」

自分がセッティングしたコンパは”クラスメイトたちのため”であり、リュウジ自身はあくまでも空野フウコ一筋超硬派な男だったのです。

飯島モグオ子分3人の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】飯島モグオ子分3人の本名と能力・衝撃の真実と今後の展開
...

 

恋人とは疎遠な関係となっていた

先にも少しだけ触れた空野フウコとは幼馴染であると同時に“恋人同士”でもありました。
基本的には仲良しなカップルであったものの、ここ最近では”疎遠な関係が続いていたことも彼女の口から明かされます。
それでも空野フウコの方は“いつもの習慣”が働いてしまったために疎遠状態が続いている現状でも朝の登校時間になると、リュウジの部屋にまで来てしまうのです。

空野フウコの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】空野フウコのキャラ性と能力・無実の証明と今後の展開
...

ちなみに彼は今時の中高生としては珍しく“早寝早起き”という規則正しい生活も続けておりました。
朝5時に起床すると同時にダイエットのための”ジョギング”を欠かさない上、夜11時にはベッドに入って就寝するという、あまりにも健康的すぎる生活を送っていたことも空野フウコの証言の中で判明しました。

しかし隣の部屋の住人が飯島モグオであり、子分たちを集めての「モグオリサイタル」もこれまで何度にもわたって開催されてきたと言います。
始めはなかなか就寝できずにいた時期もあったのでしょうが、リュウジの方にとっては迷惑行為でしかないリサイタルや飯島モグオから発せられる大声も何度も聞かされていくうちに慣れてしまっていたのかもしれませんね。

飯島モグオの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】飯島モグオのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

スポンサーリンク

石井リュウジの隠された能力

ここからは石井リュウジに持たされていた能力について紹介します。

 

自分の身体サイズを小さく出来る能力

リュウジ殺害の真犯人がなかなか定まらない中、小野寺キョウヤは自分が聞いた”彼の能力”を一緒に過ごしていた柊ナナに話し始めます。
石井リュウジは「自身の身体サイズをどこまでも小さく出来る能力」を持っていました。
さらに本人がやろうと思えば「人間の毛穴の中に入れるサイズにまで小さくなることも出来た」と言います。

 

自分の能力の使い道とは?

柊ナナの手によってこれまでに殺害されてきた能力者たちとは、また異なる傾向を持つリュウジの能力ですが・・・本人は自分の能力をどんな時、そして何のために使っていたのかも気になりますよね。

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無能なナナ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク