【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【無能なナナ】佐々木ユウカのキャラ性と能力・正体と結末

無能なナナ

2020年秋の新作アニメとして放送および配信中の「無能なナナ」第6話で柊ナナによって殺害された葉多平ツネキチを葬儀中に起き上がらせてしまった風間シンジとは幼馴染の関係にある佐々木ユウカのキャラクター性を紹介します。
彼女にも実は衝撃的な能力と正体が隠されているため、その辺りにも迫りたいと思います。

第6話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

munounanana-6

 

佐々木ユウカのキャラクター性を紹介

まずは佐々木ユウカ(以下は「ユウカ」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

スポンサーリンク

幼馴染への強い好意

第6話の葬儀中で幼馴染の風間シンジがクラスメイトたちの前で「死体操作(ネクロマンシー)」の能力を披露することで葉多平ツネキチ“ゾンビ状態”にして起き上がらせてしまい、皆を大いに驚かせてしまう中、ユウカ自身も前に出てきては彼を庇います。

ユウカ「みんな引いてるみたいだけど、シンジは悪い奴じゃないからね!」

庇われている風間シンジの方からは顰蹙を買うだけで終わってしまいますが、それでもユウカ自身は幼馴染である風間シンジのことを大切に思っていると同時に強い好意も抱いているのです。

葉多平ツネキチの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】葉多平ツネキチのキャラ性と能力・結末と死後の展開
...

 

スポンサーリンク

好意から強い執着心へ

風間シンジへの強い好意を柊ナナたちにもアピールするユウカですが、やがてはその好意が歪んで“狂気”へと変わってしまいます。

 

佐々木ユウカ、真の能力

ここからは佐々木ユウカの「怪力」が偽りであることに加えて、彼女自身の持つ「真の能力」と性能に迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

「怪力」は偽りの能力であった!

クラス内でも「怪力の持ち主」として認知されているユウカですが、実はこれが偽りであったことが第6話の中で判明します。

郡セイヤ「ねぇ、放課後ヒマ?」
ユウカ「キミさ・・・彼女いるんじゃなかったっけ?」

軽くナンパしてくる男子に対しても手加減ナシと言わんばかりに両方の拳を出しながらの威圧感だけで撃退してしまうユウカ・・・そんな様子を見ていた柊ナナも彼女の能力が「怪力」であると判断しますが、これが大きな間違い窮地の原因になってしまいます。

郡セイヤの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】郡セイヤのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

スポンサーリンク

佐々木ユウカこそが真の「死体操作(ネクロマンシー)」

幼馴染である風間シンジは普段から寮の部屋で眠っていることを知った柊ナナは忍び込むと同時に第5話葉多平ツネキチの殺害にも使われた「毒針」を刺します。
そして夜中の時刻にはユウカの部屋にも忍び込んでは同じように殺害しようとした矢先、いつの間にか背後にまで迫っていた風間シンジから絨毯の上に押しつけられてしまいます。

ユウカ「シンジは死なないよ?今までも・・・ずっと、あたしが死なせない
柊ナナ「お前の方だったか!」

この時点で実はユウカの方が真の「死体操作(ネクロマンシー)」であったことが判明します!
そして柊ナナを強い力で押さえつけている風間シンジの方が「怪力」の持ち主だったのです。

第5話の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【アニメ】無能なナナの5話ネタバレ感想 | ツネキチの厄介な能力
アニメ「無能なナナ」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「無能なナナ」の5話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

スポンサーリンク

「死体操作(ネクロマンシー)」の恐ろしさ

ユウカは自分の能力で風間シンジを“ゾンビ化”させて思いのままに操って行動させています。
そして自分が操る死体からその時の状況を把握することも可能であり、柊ナナが日中に風間シンジに対して起こした行動(毒針で刺した)もユウカ自身にも既に筒抜けだったのです。
これによりユウカ自身も「柊ナナに対する警戒心」が一気に上がったため、風間シンジも自分の側に潜ませる形で“待ち伏せ作戦”を決行しておりました。

さらに彼だけでなく“死者”であれば他の複数にわたる人間たちも同時に操れてしまうのが最も恐ろしい点でしょう。

自分たちから逃げていく柊ナナを追いかける時だけでなく、彼女が閉じ籠った廃屋内でも既に複数人もの死体を配置しており今度は数人がかりで柊ナナを取り押さえさせます。
しかし、こうして「一度に複数人分もの死者たちを“ゾンビ化“させて操る」ためには、その者たちの“遺品”が必要となります。

 

スポンサーリンク

「死体操作(ネクロマンシー)」の必需品と弱点

これまでの“無効化”(中島ナナオ)や“時間遡行”(渋沢ヨウヘイ)とは全く異なる傾向を持つユウカの「死体操作(ネクロマンシー)」ですが、この能力を使用するためには”必要なアイテム”があることと“致命的な弱点”があることも判明します。

必需品 操りたい死者の所持していた遺品
弱点 操れるのは夜間のみ(日光が降り注ぐ時間帯や環境の中では”ただの死体”に戻ってしまう)

これらを証明する場面もしっかりと描かれております。

中島ナナオの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】中島ナナオのキャラ性と能力・今後の展開
...

渋沢ヨウヘイの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【無能なナナ】渋沢ヨウヘイのキャラ性と能力の真実と結末
...

ユウカによって操られた風間シンジの「怪力」によって押さえつけられた柊ナナは彼女のベッド下に「死者たちが所持していた遺品が散らばっているかのように置かれている状態を肉眼で確認します。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
無能なナナ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント