【ダイの大冒険】ブラスの能力・新旧アニメとの違いを解説

ドラゴンクエスト ダイの大冒険
出典:アニメイトタイムズ
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

2020年秋の新作アニメの中でも特に注目度の高かった「ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-(新作アニメ版)」がついに放送開始されましたね!
今回は主人公ダイの育ての親として登場するブラスのキャラクター性と能力、そして今後の展開を紹介していきます。

 

ブラスのキャラクター性

まずはブラスのキャラクター性から紹介していきます。

 

デルムリン島を守る鬼面道士

15年前に世界を支配していた魔王ハドラーが勇者アバンによって倒されたことにより、世界に平和が戻っただけでなく、その魔王の手下だったモンスターたちも邪悪な意思から解放されます。
こうして穏やかな性格に戻ったモンスターたちは南海の孤島である“デルムリン島”でひっそりと暮らすようになり、この島の中心人物となっているキャラクターこそが鬼面道士のブラスなのです。

 

漂流してきたダイの育ての親

他のモンスターと一緒にデルムリン島で暮している中、海辺に流れ着いた難破船に気がつきますが、その船の上に乗っている赤ん坊と出会います。
その時に乗っていた“ゆりかご”の側面に取り付けられているプレートがキッカケで、その赤ん坊に「ダイ」と名付けて育て始めるのです。

ブラス自身はダイを一人前の魔法使いにするべく、魔法の特訓中には厳しく指導しますが、それ以外の時には“優しいお爺ちゃん”のような一面も見せてくれます。
こうした”アメとムチ”を程よく使い分けられることは、まさに「理想的な育ての親」のお手本なのではないでしょうか。

 

実はおだてに弱い一面も・・・

物語の初期ではデルムリン島にも外部からの人間が訪問してくることも数回あります。
ゴメちゃんを拉致するためにやってきたニセ勇者ご一行様の次には、後にダイたちと同じ「アバンの使徒」となるパプニカ王国の王女・レオナ姫が魔法の儀式を行うために訪れてきます。

この時に彼女と共にやってきたテムジンから「ブラス老」と呼ばれただけで嬉しさのあまりに浮かれてしまうのです。

 

モンスターの中で唯一、人間との会話が可能

この辺は意外と見落とされがちかもしれませんが、ブラスはデルムリン島に住むモンスターの中で、唯一人間との会話が可能なキャラクターです。
人間の言葉を話せなければ、自分が見つけて拾ったダイを育てることすら出来なかったでしょうし、魔法を教えることも不可能だったことでしょう。

ダイの方もまた、ゴメちゃんを始めとして他のモンスターたちと仲良く暮らしているものの彼らはブラスとは違って人間の言葉を話すことが出来ません。
ダイもまた、モンスターたちの言葉が直接分かるわけではなく、長い年月にかけて一緒に暮してきたうちに泣き声や仕草などによって”何を言いたいのか”を感覚的に理解できるようになってきたのでしょう。

 

ブラスの魔法能力

ここからはブラスの魔法能力や、鬼面道士ならではこそ使用できる呪文に迫ってみたいと思います。

 

デルムリン島で唯一の魔法の使い手

デルムリン島には数多くの種類によるモンスターが住んでいるものの、ダイの育ての親であるブラスは島の中では唯一の魔法の使い手と言えるのではないでしょうか。

同じ島で暮しているモンスターたちは確かに多くの種類がおりますが(新作アニメ版では旧作の頃にはまだ登場していなかったキラーパンサーまでおりました)、マトモに魔法を使えるのはブラスだけと思われます。

そうして見ることによって、ブラスがダイに対して懸命に魔法を習得させようとする気持ちも何となく分かる気がしますね。

 

全身から電撃を放つことも可能!

魔法の儀式のため、パプニカからデルムリン島に訪れたレオナ姫でしたが、それは同行してきたテムジンとバロンによって仕組まれた罠だったのです。
儀式を行うとための場所に着いた途端にダイとレオナ姫の窮地をゴメちゃんから聞かされたブラスはすぐに駆けつけようとした途端に足止めされると同時にテムジンから自分たちの企みを聞かされます。

ブラス「神に仕える身でありながら、己の欲望のために主君が命を奪おうとは・・・許せんわい!」

怒りが頂点に達した時、全身から電撃のような物質を放って自分を取り囲んでいるテムジンや部下たちを退けてしまうのです!
こうした表現を見て「ダイ」本編だけでなく、ドラクエシリーズのゲーム作品にも触れてきたファンには勇者だけが使用できるとされている「電撃呪文(ライデイン)」を彷彿される人も多いかもしれませんが、ブラスの放った電撃はあくまでも別物と考えた方が良いでしょう。

 

新作アニメ版だけで披露した攻撃魔法も!

新作アニメ版ではブラスもダイたちと同行して、ゴメちゃんを拐ったニセ勇者たちと船上で戦います!この戦いの中で「真空呪文(バギ)」を唱える場面もありました。
ちなみにブラスが「真空呪文(バギ)」を使用したのはこの新作アニメ版が初となります。

 

中級の攻撃呪文も使いこなす!

ブラスが自分の能力でテムジンたちを退けられたのも束の間・・・バロンが搭乗したキラーマシンが海辺から現れて襲いかかってきます!
他のモンスターたちを退かせたブラスがメラ系の中級呪文である「メラミ」で応戦しますが、魔法攻撃を寄せつけないキラーマシンのボディにはダメを与えることすら出来なかったのです。

 

レオナ姫を最終的に救う役割を果たす

バロン操るキラーマシンを倒したのは”竜の紋章”の力に覚醒したダイですが、強力な攻撃魔法を使えるようになっても回復呪文までは使用できません。
魔のサソリから受けた猛毒により、死の危機に瀕しているレオナ姫を「解毒呪文(キアリー)」によって治療します。

こうして見ると最終的にレオナ姫を救ってくれたのはダイというよりもブラスという解釈もできますよね。

 

ブラス新旧アニメとの違い

ブラスもまた、旧作から新作アニメにかけて幾つかの変更点が加えられております。

 

身体の色が原作版カラーに!

新作アニメ第1話の放送や配信を既に視聴されたファンには、ひと目見ただけでも気づかれたと思いますが、旧作から新作アニメにかけてブラスの色変更されているのです!
せっかくなので、原作版→旧作アニメ→新作アニメの順番でブラスの色の変更を振り返ってみましょう。

原作コミック版 淡いグレー色
旧作アニメ版 赤色
新作アニメ版 淡いグレー色

ブラスの場合、元々はゲーム版のドラクエシリーズの中で雑魚モンスタとして登場した「鬼面道士」(初登場したのはファミコン版「ドラクエⅢ」です)に意思を持たせて“ダイの育ての親“という位置づけで作られたキャラクターです。
ゲーム版では赤い身体で登場していたために、旧作アニメ版でもそれに乗っ取る形で赤に変更されたと言われています。

旧作アニメをリアルタイムで観ていた世代のファンからは色の変更に対して残念な思いをされた方々も多いようですが、ブラスの色は原作の淡いグレー色が元祖であると言えるのです。
ブラスの色を見ただけでも新作アニメのキャラクターの配色は旧作よりも原作版寄りに変更されていることが分かりますよね。

 

第1話から大活躍!

新作アニメ第1話での変更点として最も印象深いのは、やはりニセ勇者たちとの戦闘がロモス城から船上バトルに変わった点を挙げる人が多いと思いますが、この戦いではダイによって無理やり連れてこられたブラスも攻撃呪文で果敢に応戦している展開に変わった点も見逃せません!
ある意味、第1話だけの時点ではダイやゴメちゃん以上に変更点に恵まれていたと言っても過言ではないでしょう。

さらに、自分に挑んできたまぞっほにも「真空呪文(バギ)」を喰らわせることで見事に倒しましたからね!

 

ブラスに襲いかかる今後の展開

ここからは、魔王ハドラーの復活で世界に再び滅亡の危機が訪れてからブラスに襲いかかってくる展開を紹介していきます。

 

島のモンスターたちと一緒に再び邪悪化?

ニセ勇者ご一行様との戦いやレオナ姫の魔法の儀式を経た後に、かつて世界を支配していた魔王ハドラーの復活により世界に再び滅亡の危機が訪れます。
魔王復活の影響でデルムリン島に住んでいるモンスターたちの中にも邪悪な心が入り込み暴れ始めてしまい、それはブラスとて例外ではありません

このままでは自分の手でダイを殺してしまうかもしれない危機感を抱き、彼だけでも島から脱出させようとした矢先に勇者の家庭教師アバンと弟子のポップが訪れます。
島の中で起きている危機をすぐに察知したアバンが魔法陣を作った後に唱えてくれた「破邪呪文(マホカトール)」のおかげで、ブラスたちは島の中だけでは平和だった頃の意思や生活を維持できるようになれたのです。

 

復活したハドラーによる襲撃!

ダイがアバンの特訓を受け始めてから3日目に、復活したハドラーがデルムリン島に襲撃してきます!
アバンが応戦するものの、数分前にダイの特訓のために使用した「火竜変化呪文(ドラゴラム)」で半分以上もの魔法力を消費していることに加えて大魔王バーンの力によって復活したハドラーは15年前とは比べものにならない強さを得ていたのです!

もはやアバンにとって残された手段は1つしかなくなり、側にいるダイやブラスたちに「鋼鉄変化呪文(アストロン)」を唱えることで、どんな攻撃も受けつけないようにしてくれます。
そしてブラスたち全員に魔法がかかったことを確認し、皆を守るために出た最後の手段とは「自己犠牲呪文(メガンテ)」により自分の命ともども、ハドラーを消し去ることでした・・・。

 

不本意ながらも魔王の手下に逆戻り!

ハドラーからの襲撃も何とか退けた後、ダイとポップが大冒険バーンを倒すために旅立ちます。
2人が旅立った後にも彼らを心配し続けるブラスの前に妖魔士団の軍団長ザボエラが現れます。
そのまま拐われて島の外へ出されたブラスは完全に邪悪の心に支配され、不本意ながらも魔王の手下に逆戻りしてしまうのです!

そしてロモス城を襲撃したクロコダインの部下として、ダイの前に立ちはだかります。
ロモス王の危機にかけつけた兵士の1人に対して「混乱呪文(メダパニ)」をかけて同士討ちさせてしまいます。
さらにダイのことも完全に忘れてしまったブラスにはダイからの必死の説得も届きません。
しかし、ポップが決死の思いで作り出した、小さな「破邪呪文(マホカトール)」のおかげでダイの育ての親としての心を取り戻して正気に戻るのです。

 

クロコダイン戦以降は穏やかな生活の日々

ダイが紋章の力を解放したことによってクロコダインを倒した後、ブラスは再びデルムリン島に帰還します。
これまでと異なるのは、ロモス王からの好意と計らいによって王国の兵士たち数名が一緒に島に住む形でブラスの警護をしてくれるようになるのです。

そうした新しい生活の中でダイが無事に帰ってきてくれることを願いながら、穏やかに暮していきます。

 

まとめ

今回はダイの育ての親である鬼面道士ブラスのキャラ性を紹介しながら今後に襲いかかってくる展開にも迫ってみました。

  1. デルムリン島に漂流してきた赤ん坊(ダイ)の育ての親となる。
  2. 赤ん坊を乗せていた”ゆりかご”についている欠けたプレートの頭文字にちなんで「ダイ」と名付けた。
  3. 魔法の訓練中は厳しいものの、基本的には優しい性格の持ち主である。
  4. 魔王が復活してからもアバンやポップが作ってくれた「マホカトール」の結界の中に居れば、邪悪な心に支配されず、優しい鬼面道士のままでいられる。

全編とおして振り返ってみると、物語の後半からはかなり出番が減らされてしまうものの、初期からクロコダイン編までにかけては、かなり出番や見せ場に恵まれていたキャラクターであると言えるでしょう。

コメント