【ダイの大冒険】新作アニメ版ゴメちゃんの能力によって起こされる奇跡

ドラゴンクエスト ダイの大冒険
出典:ポンポコにゅーす
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

2020年秋の新作アニメの中でも特に注目度の高かった「ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-(新作アニメ版)」がついに放送開始されましたね!
今回はダイたちの旅立ちに一緒についてくる仲良しな友達・ゴメちゃんのキャラクター性を紹介しながら、未知数とも言える能力によって起こされた”奇跡”の数々に迫りたいと思います。

 

ゴメちゃんは世界に1匹しかいないレアモンスター

【ダイの大冒険】新作アニメ版ゴメちゃんの能力によって起こされた奇跡

出典:あにこ便

まずはゴメちゃんのキャラクター性から紹介していきます。

 

正式名称は「ゴールデンメタルスライム」

スライムの体型に両翼が生えたゴールド色のボディを持つメタルスライムであり、正式な名称は「ゴールデンメタルスライム」と呼ばれております。

主人公ダイがデルムリン島に流れついて住み始めてからの1番仲良しなお友達という立ち位置で登場するものの、ダイにとってはその正式名称が長すぎて呼びにくいために「ゴメちゃん」と略した形によって名付けた”あだ名”で呼んでおり、今後登場する仲間キャラたちからも同じように呼ばれます。

ちなみに、ゴメちゃんを知る人間も少なからずおり、そうした人間たちの間では「世界に1匹しかいないレアなモンスター」とされており、1匹だけでも100万ゴールドほどの価値を持っていると認識されているのです。

それ故にゴメちゃんを捕まえて売り飛ばすことで大儲けしてやろう企む人間たちから狙われることもあり、第1話でダイの記念すべき(?)最初の敵として登場したニセ勇者ご一行様の手にかかり拐われてしまったこともあります。

 

色々な形で仲間たちをサポート

最初はダイとばかり親しく接している印象の強いゴメちゃんですが、ダイの冒険についていく中で次第にポップたちのような仲間キャラたちとも親しくなっていきます。

そして普段は完全にマスコット的な存在であるものの、仲間の危機には敏感であり、自分の出来る範囲の中でサポートしてくれることもあります。
そうした中で印象に残りやすいのが、ヒュンケルに拐われたマァムに敵からは気づかれないように付き添ってくれた場面やベンガーナのデパート内で開催されている”ドラゴンキラー”のオークションの中で、レオナがとんでもない金額を言ってしまうのを防ぐために自ら盾になって彼女の口を塞いでくれた場面ではないでしょうか。

 

ゴメちゃん新旧アニメとの違いを解説

既に放送や配信開始された新作アニメの第1話を視聴された人には、いくつかの部分が旧作アニメ版と大きく違っている部分に気づいているかと思いますが・・・
ゴメちゃんもまた、新作アニメならではの美麗な映像美の中で描かれていることによって、美しいゴールドボディの輝き具合がレベルアップしていましたね!

自分を標的にデルムリン島を訪れてきたニセ勇者ご一行様の手によって捕まってしまったり、ダイたちに助けられるまではミニサイズの檻の中で監禁されたりと境遇や展開自体には大きな変化はありませんでしたね。
(強いて言うなら、原作や旧作アニメ版ではオオクワガタが自分の持つハサミで檻を切って解放してくれたことに対し、新作アニメではダイと共にニセ勇者たちと戦ってくれたブラスが解放してくれたところ辺りでしょうか・・・)

しかし新作アニメ版では旧作の頃とは違い、原作の最終話まで制作してくれる可能性も大きいため、今後は旧作アニメ版では観られずに終わってしまったポップやチウ、そしてレオナの危機の中で起こしてくれる“奇跡“の数々もアニメで再現されることに期待したいですね!

 

ゴメちゃんの能力で起きる奇跡や強さ

物語の初期から終盤にかけて、ダイたち以上に多くの謎を持ち続けていたゴメちゃんですが、その謎の能力によって起こしてくれた奇跡の数々に迫ってみたいと思います。

 

ダイが瀕死からの復活!

クロコダイン戦で彼が放つ大技「獣王痛恨撃」をマトモに喰らったダイは倒れてしまいますが、クロコダインの斧が倒れたポップの上に振り下ろされようとしている中でゴメちゃんの必死の叫びと涙を浴びたダイが黄金の光を纏って復活し、立ち上がるのです!

その時には育ての親であるブラスも拐われて手下にさせられたことへの怒りも手伝い、”竜の紋章”による力も解放されたダイが放った「アバンストラッシュ」で見事にクロコダインを倒しました。

 

ポップが奇跡の生還

バラン編の中で記憶を消されたダイを守るべく、ポップが「自己犠牲呪文(メガンテ)」を唱えることで自分の命を犠牲にします。
この時点でポップは死亡したものと思われていたのですが、その後に記憶を取り戻したダイがテラン城の上空でバランとの壮絶な空中戦を繰り広げている間でも完全に死んだわけでなく、まだ生死の境を彷徨っている状況でした。

そんな状態のポップに普段は「ピィー!」としか喋れないはずのゴメちゃんが人間の言葉を使って話しかけてくるのです。

ゴメちゃん「ポップ、そっちへ行っちゃダメだよ!それ以上進んだら本当の死の世界へ行って帰れなくなっちゃうよ!」

人間の言葉を使いながら、両脚が勝手に歩き出して”死の世界”へ進んでしまうポップを必死に呼び止めようとします。
その結果・・・

バラン「バカな!死人が呪文をー!?」

死亡して動くことなどあり得ないはずであるポップの本体が勝手に動き出して上空でダイと戦っているバランの背後に向けて攻撃呪文を放ったのです!

 

主を救うための猛反撃

チウがクロコダインからもらった笛を使ってゴメちゃんや子分たちを連れて”死の大地”へと勝手に潜入した時に“鋼の親衛隊”の1人である僧正フェンブレンに見つかってしまいます。
あまりの実力差により、チウが徹底的に痛めつけられながらもゴメちゃんや子分たちを守ろうと決して諦めない勇姿に心をうたれます。

そして自分の身体を“オリハルコン”と化して叫びながら突進してフェンブレンの顔面にぶつかっていくことで大ダメージを与えてしまったのです!

 

大魔宮の心臓部では魔法力の放出でレオナを守る

アバンの使徒5人による「大破邪呪文(ミナカトール)」が発動したことで「大魔宮(バーンパレス)への潜入に成功したダイたちは、そこで待ち受けていたハドラーや鋼の親衛隊たちとの決着をつけますが、さらに奥に進んだ先には魔影軍団の軍団長のミストバーンが立ち塞がります。

ミストバーンをポップやマァム、そして途中から駆けつけて来てくれた竜騎衆ラーハルトに任せて、ダイとレオナ、そしてゴメちゃんは大魔王バーンのいる場所まで先に進んでいきます。
そんな最中にレオナが心臓部の中へと吸い込まれてしまいます。

その心臓部にある魔力炉は強い魔法力を持つ者に強く反応すると同時に、その相手(この時はレオナ)をそのまま吸収してしまう性質も併せ持っており、ダイが追いかけてきたと同時に破壊しようとした時には既に遅く、レオナの全身を完全に吸収されてしまいました。

それでもダイがバランからの遺言を受けたことによって解放させた「双竜紋」の力で魔力炉を破壊したと同時にレオナ救出にも成功したのです。
完全に包まれていた状態から解放された時のレオナですが、服は所々破けているものの身体そのものには傷などなく至って無事だったのです。
自分が助かった直後、レオナはあることに気づきます。

レオナ「もしかしたら、ゴメちゃんがずっと魔法力を放出してくれたんじゃないのかしら・・・」

レオナの推測は決して間違っているわけではありません。
ゴメちゃんがレオナの服の中に入りながら自分の魔法力を放出し続けてくれたおかげで、彼女は魔力炉に吸収されずに済んだのです。
その証拠としてレオナが助かった直後に服の中にいるゴメちゃんを出してみると、ゴメちゃん自身の身体が縮んでしまっていたのです。

これもおそらくはレオナを守るために自分の魔法力を放出し続けていたために起きてしまった現象であると言えるでしょう。

 

最終決戦の中で紐解かれる”奇跡”の答え

ゴメちゃんは真の姿となった大魔王バーンとの最終決戦の中でも奇跡を起こしてくれます!
バーンは「自分と戦う資格すらナシ!」とみなした仲間たちを次々と瞳の姿に変えて動けなくさせてしまいます。
それにより、最終的にダイとポップの2人だけで戦っていく中、皆と同じように瞳の姿に変えられたレオナが心の底から願います。

レオナ「動いて!ダイ君たちを助けるために・・・お願い、動いてえ!!」

レオナの服の中に入り続けているゴメちゃんが彼女の強い願いに呼応して光ると同時に全ての瞳たちが動き始めて、バーンにぶつかっていく形で攻撃を仕掛け始めるのです!

そんな状況に流石のバーンですら恐れを抱き始めます。
その光景を見ているポップも「奇跡だ!」と言い切りますが、奇跡そのものを否定するバーンはその力の源がレオナの服の中で眠り続けているゴメちゃんであることに気づきます。

レオナだけが元の姿に戻された後、彼女の服の中で光り続けているゴメちゃんを見たバーンが驚愕しながら叫びます!

バーン「か、神の涙!そんな大それた物を持っていたのか!!」

ダイたちにはバーンが言う「神の涙」という言葉自体を初めて聞かされ、彼からの説明を聞かされた後でも、その真実への実感がイマイチ湧きません。
しかし終盤になって、ゴメちゃんのことでダイたちにも分かったことが1つだけありました。

  1. クロコダイン戦ではポップとマァムが倒れたダイの完全回復を願う思いに反応して、復活させてくれた。
  2. チウがフェンブレンに痛めつけられている時には、チウ自身が「自分にも敵と同じような強い身体が欲しい」と願った。
  3. そして瞳の姿に変えられた仲間たちが一斉に動き出して、バーンに攻撃してくれたのはレオナの「動いて!」という強い願いに反応してのものだった。

鋭いファンの中には、ここまで挙げた時点で既に理解されてしまった人もいるかと思います。
結論として言うと・・・

「ゴメちゃんがダイや仲間たちが大きな危機に瀕している中において心の中で必死に助けを願う気持ちに反応したことによって、これまでの“奇跡”を起こしてくれた」ということです。

物語の初期からダイたちの”マスコット役”な印象が強く残りやすいゴメちゃんですが、ここまで凄い奇跡を起こし続けてきた時点で、もはやマスコットの域を完全に超えてしまったキャラクターと言えるでしょう!

 

まとめ

今回はダイと仲良しの友達であるゴメちゃんのキャラクター性を紹介すると同時に仲間たちの危機を救ってくれた数々の”奇跡”に迫ってみました。

  1. 世界に1匹しかいないとされている「ゴールデンメタルスライム」と呼ばれるレアなモンスターである。
  2. ダイを始めとして、数々の”奇跡”を起こすことで仲間たちの危機を助けてくれる存在になっていく。
  3. 仲間たちの心の中にある「強い願い」に反応することで奇跡を起こし始めてくれる。

ちなみにゴメちゃんには”奇跡”すら上回るような衝撃的な正体も隠されております!
今後は、その正体についても書いてみたいと思っております。

コメント