【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【ダイの大冒険】バルトスはヒュンケル育ての父親・本当の敵や新旧アニメとの違いを解説

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

2020年秋の新作アニメ「ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-(新作アニメ版)」で魔剣戦士ヒュンケルに続いて育ての父親であるバルトスも第11話の回想シーンの中でついに登場しましたね!
そこで今回はバルトスのキャラクター性や彼を殺害した真犯人を紹介しながら”原作コミック版や旧作アニメからの変更点”についても迫っていきたいと思います。

第11話の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

 

dq-dai-11

 

スポンサーリンク

“地獄の騎士”バルトスとは?

【ダイの大冒険】バルトスはヒュンケル育ての父親・本当の敵や新旧アニメとの違いを解説

出典:あにこ便

まずは”地獄の騎士”バルトスのキャラクター性をヒュンケルとの出会いも交えて紹介していきます。

 

旧魔王軍の中では最強の騎士だった!

“地獄の騎士”という異名どおり、バルトスは元々はゲーム版ドラクエシリーズ(初登場した作品はFC版「ドラクエⅢ」でした)の方で先に登場していた雑魚モンスター「地獄の騎士」のデザインをそのまま流用された形で「ダイの大冒険」にも登場したキャラクターです。

ゲーム版の方でも後半や終盤になってから入れるようになるダンジョンに登場しては6本の腕を駆使しての”2回攻撃”や”やけつく息”などで勇者たちを苦戦させてきましたが、このバルトスにおいてはまだハドラーが”魔王”として君臨していた旧魔王軍の中で“最強の騎士”という立ち位置でした。

その強さ故にハドラーからも”ハドラーの間”へと続く「地獄門」の門番を任されていたのです。

 

ヒュンケルとの出会いによって迎えた大きな転機

魔王ハドラーが拠点としていたホルキア大陸にある町へ他のモンスターたちと共に襲撃を始めたバルトスですが、そんな中で人間の赤ん坊の泣き声に反応すると同時に近づいていきます。

バルトス「親に見捨てられたか・・・哀れな」

自分たちの襲撃により滅んだ町の中で出会った赤ん坊こそが後に“アバンの使徒”と同時に大魔王バーンの指揮する新たな魔王軍の6大軍団長となる魔剣戦士ヒュンケルでした。

“アバンの使徒”メンバーの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【ダイの大冒険】人物相関図!アバンの使徒メンバー紹介と今後の展開
ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-に登場するキャラクター達「アバンの使徒」の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

自分がモンスターである以上、本来は見つけた瞬間に殺してしまうはずですが、バルトスはそのまま拾っては自分たちのアジトである「地底魔城」へと連れて行っては育て始めるのです。

モンスターが”人間の子供を育てる”という点では、デルムリン島に流れ着いたダイを育ててくれたブラスも同じですが、彼の場合はあくまでも旧魔王軍が滅んで世界が一時的に平和に戻っていた頃です。

主人公ダイの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【ダイの大冒険】ダイ(ディーノ)の正体・名前の由来を解説
...

さらにデルムリン島ではハドラーによる監視もない上に自分と同じく邪悪な心から解放された穏やかなモンスター達ばかりで暮らせている環境でした。

しかし、バルトスの場合はまだ自分の上官であるハドラー勇者アバンとの激闘を繰り広げていた戦時中の頃です。
世界征服を目的とする魔王軍のモンスターが”人間の子供を育てる”などということが許されたのは彼がハドラー直属の”最強の部下”であると同時に他の部下モンスターたちからの人望も厚かったからに他なりません。

 

ヒュンケルに初めて”温もり”を与えてくれた男

地底魔城に連れて帰った赤ん坊に対して、バルトスはさっそく名前をつけてくれます。

バルトス「お前を“ヒュンケル”と名付けよう。かつて魔界を牛耳ったという“伝説の剣豪”の名前だ」

バルトスもまた、バランやブラスにも決して負けていない程のネーミングセンスの持ち主でしたが・・・”魔界”や”剣豪”から由来を持ってくるとは、これもまた彼が”地獄の騎士”である由縁だったのでしょう。

ブラスの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【ダイの大冒険】ブラスの能力・新旧アニメとの違いを解説
...

ヒュンケルを城の外に外出させてあげることはできなかったものの、まだ物心つかない彼に“初めての温もり”を与えてくれた男でもあったのです。
そして5歳に成長したヒュンケルが折り紙を使って一生懸命に作ってプレゼントしてくれた”星型の勲章”に大きく喜びます。

バルトス「自分が初めて貰った“勲章”だ!」

それ以降は息子がくれた”星の勲章”を首から下げる形で戦い続けます。
元々は他のモンスターたちよりは比較的、穏やかな性格の持ち主であるものの、バルトス自身の方もヒュンケルから“息子からの温もり”を感じて始めていたのでしょう。

ヒュンケルの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【ダイの大冒険】魔剣戦士ヒュンケルのキャラ性と能力・新旧アニメとの違いを解説
...

 

望まぬ形で訪れた”別れ”

そうした穏やかな日々も長くは続かず、とうとう勇者アバン一行が地底魔城に攻め込んできます!
バルトスも門番である以上は他のモンスター達と一緒に迎撃して彼らの行く手を防げなければなりません。
彼はヒュンケル1人を隠し部屋に入れさせて匿います。
その後、勇者アバンの剣に敗れたハドラーの断末魔による叫びが聞こえたと同時に出て行ったヒュンケルが目にしたのは魔王の魔力ナシでは身体も生命も維持できずに崩れ落ちていくバルトスの姿でした。

バルトス「ヒュンケル、想い出を・・・ありがとう」

何も出来ないまま泣き叫ぶヒュンケルの前で朽ち果てたバルトス・・・2人の親子はこうした望まぬ形で”別れ”を経たのです。

 

スポンサーリンク

バルトス殺害の真犯人はハドラーだった!

望まぬ形で”別れ”を余儀なくさせられたバルトスとヒュンケルですが・・・実はバルトスを本当に殺害した真犯人は勇者アバンや仲間たちではなく、魔王ハドラーだったのです!

スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
ドラゴンクエスト ダイの大冒険
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク