【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【魔王学院の不適合者】エミリアのキャラクター性と転生後の展開

魔王学院の不適合者

夏の新作アニメとして放送および配信開始中の「魔王学院の不適合者」でアノス達のクラスの担任教師を務めるエミリア・ボードウェルのキャラクター性と転生後の展開について考察していきます。

 

 

 

エミリア・ボードウェルのキャラクター性を紹介

まずはエミリア・ボードウェル(以下は「エミリア」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

スポンサーリンク

皇族一家の長女

魔王学院に入学したアノスやミーシャが入った3回生2組の担任教師として登場したエミリアは皇族至上主義者という考えの持ち主であり、白服(混血)のアノスやミーシャを見た時点で嫌っています。

これには深い理由や事情があるかのように見えたものの、魔皇エリオを父親に持つエミリアの一家は全員が皇族派である故に、混血なのに自身を「魔王の始祖」と語るアノスのことを許せなくなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

強まるアノスへの敵視感

ちなみにボードウェル家の長女であるエミリアにはディルヘイド最強の剣士と呼ばれている兄・クルトがおり、魔剣大会にも出場します。
彼は第1回戦目から出たものの、対戦相手としてアノスと当たってしまったのが運の尽き・・・最強とは呼ばれてもアノスの敵にすらならず、アッサリ倒されてしまうことにより、エミリアによるアノスへの嫌悪感は完全に憎しみへと変わっていってしまうのです。

 

魔剣大会編までのアノス(混血)への嫌がらせを振り返る

ここからは、どんどんエスカレートしていくアノスへの嫌がらせの数々を振り返っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アノスの班リーダー候補を拒否

生徒たちの前で班リーダー候補者の話をした途端に挙手して立候補するアノスに対して、速攻で拒否してしまいます。

エミリア「残念ですが、あなたは立候補できません」
アノス「何故だ?」
エミリア「あなたが白服混血だからです」

いくら本作品が皇族(純血)至上主義な世界が舞台とはいえ、とても教師とは思えぬような差別ぶりを早くも発揮してくれました。

 

スポンサーリンク

ミーシャの名前を呼ばない

結局は「魔法陣の書き換え」により、アノスを班リーダーを認めますが、それ以降もエミリアによる差別行為は続きます。
ダンジョン試験を目前に控えたアノスに対してミーシャの落とし物を手渡して本人に返すように頼むのですが・・・

エミリア先生「あなたの班員の落とし物です」
アノス「(ミーシャの物かサーシャの物か)どっちだ?」
エミリア先生「サーシャさんではない方です」

そう答えられたアノスも”妙な言い回し”と感じますが、そのミーシャもまた自分と同じ白服であるが故のものであり、この時点でアノスだけでなく白服(混血)の生徒全員を嫌っていることがお分かりになるかと思います。

 

スポンサーリンク

王笏を自分の生徒に盗ませる

ダンジョン試験の中で王笏を見事に持ち帰ってきたアノスたちですが、エミリアから発表された特典は70点であることを告げられてしまいます。
その結果に抗議してくるサーシャに対し、「何者かによって盗まれた」などと答えますが、それはもちろんアノスを陥れるための言い訳に過ぎません。

さらにその犯人が同じクラスにいたわけですが、彼も決して故意に盗んだ訳でなく、エミリアからの命令によって仕方なく隠し持っていたのです。
しかし、アノスの方もまた学院側に提出する前に王笏そのものに「痕跡」の魔法をかけていたため、すぐに見破られてしまいます。

アノス「わざと盗ませるなら、もっと上手くやれ」

自分にとって嫌いな生徒を追い出そうと考えるだけでも問題なのに、教師たる者が自分のクラスの生徒に盗みを命じるなんて・・・エミリアの混血嫌いはまさに常軌を逸してますよね!

 

スポンサーリンク

母親までもターゲットに!

エミリアによる憎しみの対象は、とうとう母親にまで及んでしまいます。
魔剣大会の決勝戦前夜、アノスの剣を持ちながら帰宅中の母親イザベラの前に現れては偽りの規定を話すと同時に剣を取り上げようとしますが、アッサリと拒否されてしまいます。

エミリア「そうですか・・・では、剣もろとも死んでいただきましょう」

交渉が決裂したと同時に間髪入れずに強力な魔法を放ってきます。
この時は一緒に歩いていたファンユニオンのメンバー8人による防御魔法でイザベラだけは致命傷を逃れたものの、彼女以外の8人は自分たちがかけた防御魔法すら破られて倒されてしまいます。

イザベラ「何てことを!大事な教え子でしょう」
エミリア「混血は授業に聞き耳を立てる盗っ人です」

ここからエミリアの本心が本格的に出始めてきますが、この時点で彼女自身がアノスだけでなく混血の魔族全員を嫌っていることを改めて実感してしまう瞬間でしたね・・・。

エミリア「純血たるルードウェル家に恥をかかせて許されるわけがないでしょう、混血の分際で!」

エミリアによる魔法攻撃が更に続いた末、ファンユニオンのメンバーたちが大火傷による重傷を負わされてしまい、イザベラも絶体絶命と思われた時にアノスが到着します。

 

アノスの呪いにより混血に転生

自分の母親やファンユニオンのメンバーたちに怪我を負わせたエミリアに対して、アノスの怒りも頂点に達します。

アノス「エミリア、お前は許さん!」

怒りを露わに出したアノスに首を掴まれると同時に転移魔法で魔剣大会の会場として使用されている闘技場へと移ります。
その直後に、剣で背中を刺されたことにより致命傷を負わされたエミリアは容赦なく殺されます。
しかし彼女にとっての地獄はこの後から始まるのです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
魔王学院の不適合者
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント