【決定版】おすすめアニメ120選

【魔王学院の不適合者】レイの正体・アノスとの関係やキャラ性を考察!

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
スポンサーリンク

『映画 鬼滅の刃 無限列車編』を無料視聴&動画配信サイトまとめ

2020年夏の新作アニメとして放送および配信開始中の「魔王学院の不適合者」は第5話から新章突入と同時に2人の新キャラが登場します。
今回はその中の1人である美剣士レイキャラクター性と過去の因縁について考察していきます。

 

魔王学院の不適合者をもう一度観たい方は動画配信サービスで全話一気見するのがおすすめ。魔王学院の不適合者のアニメを無料視聴する方法は以下から確認できます(見逃し配信)↓
魔王学院の不適合者 | 全話ネタバレ感想まとめ
【アニメ】魔王学院の不適合者の全話ネタバレ・感想・あらすじ・キャスト(声優)・スタッフ・OPED・作品の口コミ評判を掲載。魔王学院の不適合者の各話ネタバレ感想・あらすじを詳しく知りたい時は是非参考にしてください。

 

転入生「レイ・グランズドリィ」のキャラ性を紹介

【魔王学院の不適合者】アニメ第5話から登場したレイとの因縁とキャラ性を考察!

出典:テレビアニメ「魔王学院の不適合者」公式サイト

第4話でミーシャ救出やアイヴィスの記憶を取り戻すと同時にダンジョン試験も見事に乗り越えたアノスたちのクラスに転入生が現れます。

【アニメ】魔王学院の不適合者の4話ネタバレ感想 | アノスを信じるミーシャとサーシャ!
アニメ「魔王学院の不適合者」の4話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「魔王学院の不適合者」の4話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

美剣士レイの強大な実力

第5話でアノスたちのクラスに転入してきたレイ・グランズドリィ(以下は「レイ」と表記します)は、あの七魔皇老をも打ち負かすほどの強さを誇り、“錬魔の剣聖”という異名まで持つほどの実力者です。
コミック版では生徒たちの間で彼の名や存在は既に有名であり魔剣だけでなく、本来は魔族には扱えないはずの霊剣や神剣まで扱えてしまうほどの”化け物”とまで呼ばれているのです。
しかしアニメ版ではストーリーの順番が少し変えられており、クラスの教室に入ってくる前の時点で初登場しました。
こちらでは他の生徒たちに引き抜けなかった魔剣をアノスに続いてレイも軽く引き抜いたことでファンや視聴者に対しても彼の凄さを一目で実感させるためによる演出でもあったのでしょう。

【アニメ】魔王学院の不適合者の5話ネタバレ感想 | 戦いと友情
アニメ「魔王学院の不適合者」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「魔王学院の不適合者」の5話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

アノスの強すぎる魔力を早急に感知!

レイほどの実力者であれば、すぐに班のリーダーにもなれることをエミリア先生から教えられるものの、本人はそれを拒否して「有能なリーダーの下に就きたい」と希望してアノスの目前に迫ります。
2人は近い距離感でお互いに簡単な自己紹介をしますが、レイ自身は大勢いる生徒たちの中でアノスから最も高い魔力を察知しただけでなく、自分よりも強いことを感じ取っていたのです。

レイ「やっぱり君の班に入りたいな、面白そうだ」

アノスの方は真っ先に拒否したものの、ある条件を出してチャンスを与えます。
それは「自分の班に入りたいのであれば、相応の実力を示すこと」でした。

アノス「力を合わせ、班別対抗試験で俺に挑め!上手くやれば配下に加えてやる」

相変わらず上から目線で話してくるアノスですが、レイはそんな彼に対して更なる興味を抱きます。

レイ「なんだか、アノス君とは上手くやっていけそうな気がするんだ」
アノス「俺もちょうどそう思っていた」

まるで初対面とは思えぬかのように親しげに話す2人ですが、実は彼らはこれが本当の初対面というわけではなく、過去に深い縁と因縁があったのです!

 

レイの正体は勇者カノンだった!

【魔王学院の不適合者】レイの正体・アノスとの関係やキャラ性を考察!

出典:テレビアニメ「魔王学院の不適合者」公式サイト

 
転入生でありながらもアノスと親しげに話すレイ・・・アノスの方はそんな彼の姿を見て二千年前に自分の”右腕”として共に戦ってくれていたシンである可能性も感じたものの実は違っていたのです!

 

レイは勇者カノンの転生後の姿だった!

時は二千年前・・・転生する前のアノスが魔王として君臨していた時代に遡ります。
この時はアノス自身も城から出て、森林地帯で大精霊リニヨンと対峙しています。
さらに隣には”アノスの右腕”として戦っていた頃のシン・シグリアも一緒に立っております。

シンはレイや勇者カノンにも負けぬほどの見事な剣捌きで自分たちの前に立ちはだかる大聖霊リニヨンをアッサリと斬り倒してしまうのです!
アノスでさえも一目置くほどの剣技を誇るシンは、正に彼の“右腕”として相応しい人物だったのです。
そして翌日の班別対抗試験では、その見事な剣の腕前を前にして「彼こそがシンの転生者では?」とアノスに認められたことで班に入ってからは共に行動するようになりますが、勇者学院編で衝撃な事実が判明します。

学院別対抗試験でジェルガカノンを打ち倒し、神殿に入ってミーシャやエレオノールを助けた後に、自らを暴虐の魔王と名乗るアヴォス・ディルヘヴィアが3人の七魔皇老を連れて「霊神人剣エヴァンスマナ」を抜いて自分の物とした後に宣戦布告したことで人間VS魔族による戦争が勃発してしまいます。
アノスの配下(仲間)たちもそれぞれの持ち場について応戦する中、ミサと共に戦っていたはずのレイとの通信が途絶えた上に本人も姿を消してしまうのです。

そのことに気づいたアノスもトーラの森にある国境付近に転移して仮面をつけたアヴォスに声をかけます。

アノス「二千年ぶりだな、勇者カノン

そう言われたアヴォスもまた、仮面を外すのですが・・・

レイ「どうして分かったのかな?」

アヴォスの仮面の素顔はレイであったと同時にアノスから言われるが如く、レイはシンではなく、勇者カノンの転生者だったのです!

 

レイとして転生した勇者カノンの目的とは?

二千年の時を経て”錬魔の剣聖レイ”として転生してきた勇者カノンの目的に関しても少し触れたいと思います。
レイが仮面まで被って”暴虐の魔王アヴォス・ディルヘヴィア”を演じていた目的はこの現代の世界の中で「人間と魔族の争いを止める」ことなのです。

2,000年前の戦いでアノスから提案された和睦に対して勇者カノンも応じます。
お互いに同意した中でアノスによって作られた4つの世界とそれらを隔てる壁(1,000年は消えません)で人間の抱く”魔族への恨み”は消え去るはずでした。
しかし勇者カノンの師匠であったジェルガがそうはさせてくれなかったのです!
アノスがひとまずの眠りについている中でジェルガに反論する勇者カノンは彼の手下により殺害されてしまう形で生涯を閉じてしまいます。

レイ「人間は弱かったよ・・・」

ジェルガが残した”聖域”によって二千年の時が流れても人間の中にある憎しみが消えなかったことへの絶望感も少しだけ露わに出します。
それでもレイとして転生してからも自分が”暴虐の魔王”を演じて人間に倒されることで「人間の中にある魔族への憎しみ」を断とうと考えていたのです。

 

アノスをも認めさせた剣の腕前!

早くも翌日になり、班別対抗試験が始まります。
魔力の効いた森で向き合う2人・・・レイが自分の剣を抜いたことに対して、アノスの方は「ハンデだ」と言いながらその辺に落ちている木の枝を拾って武器として持ちます。
そして、レイのアノス班への入団をかけた一騎討ち開幕です。

 

これまでの対戦相手を超えた実力者!

さっそく始まった勝負ですが、レイがひたすら剣で斬りかかりながら攻め続けて、アノスの方は防戦一方です。
確かにハンデを与えてはいるもののレイの実力は本物であり、第4話のダンジョン試験中に戦ったアイヴィスやラヴィアスを軽く凌駕する相手であることは間違いありません!
さらにレイはアノスとの斬り合いの中で力が増してきており、これにはアノスも感嘆します。

アノス「こんなにも早く対応するとはな・・・大した奴だ!」
レイ「楽しそうだね、アノス君は」
アノス「これほど力を叩きつけられる相手は久しぶりだ」

アノスもまた、久しぶりに手応えある相手と剣を交えられることに楽しさを感じます。
お互いの気持ちを解かり合った直後に最後の打ち合いとなりますが・・・アノスが木の枝でレイの剣を折ったことにより決着がつきます。

 

実力が認められて晴れてアノス班に入団

素直に負けを認めたレイが座り込みながら口を開きます。

レイ「君とは初めて会った気がしない」
アノス「ならば二千年前に会っていたのかもしれんな。お前に似た男を俺は知っている」

アノスもまた、レイの姿にかつて自分の右腕として戦ってくれていたシンを重ねていたのです。

レイ「僕は負けたから、やっぱりアノス君の班には入れないのかな?」
アノス「“アノス”だ、呼び捨てで構わん」

優しく手を差し伸べるアノスと彼の手を握るレイ・・・これはまさにレイのアノス班への入団が認められた瞬間でした!

 

今後は仲間であると同時にアノスの良きライバル的な存在に!

お互いの手を取り合ったことにより、レイも見事にアノス班に入団しました。
勝負では敗れましたが、アノスもまた勝敗を条件に出したわけではありません。
彼が教室内で入る希望を出した場面を見返してみれば分かることですが、アノスはあくまでも「覚悟」や「上手くやる」ことを求めていただけであり、勝敗までを条件には出していなかったのです。

レイ「次は勝つよ」
アノス「次は剣すら折らせるつもりはないぞ」

レイの場合、今後はミーシャやサーシャとは少し異なり仲間(配下)であると同時に良きライバルとなっていきそうですね。

 

まとめ

今回は第5話でアノスをも認めさせる実力を披露してくれたシンについて考察してみました。

  1. アノスをも認めさせる剣の実力者!
  2. 二千年前にアノスの右腕として戦っていたシンの転生後の姿である可能性が極めて高い。
  3. 今後は仲間(配下)でありながらも剣の腕を磨いて、アノスに再戦を申し出る可能性も高い。

班別対抗試験での勝負によって解かり合った2人ですが、お互いに二千年前の関係を完全に思い出すには、もう少し時間が必要なのかもしれませんね。

 

魔王学院の不適合者を無料でフル視聴するならこちら↓

魔王学院の不適合者 | 全話ネタバレ感想まとめ
【アニメ】魔王学院の不適合者の全話ネタバレ・感想・あらすじ・キャスト(声優)・スタッフ・OPED・作品の口コミ評判を掲載。魔王学院の不適合者の各話ネタバレ感想・あらすじを詳しく知りたい時は是非参考にしてください。
おすすめ記事
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

  1. シンレガリア より:

    レイの正体は私ではなく勇者カノンです。私はまた別の機会に出てきます

タイトルとURLをコピーしました