【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】フレッドの性格や能力|任務・今後の展開を解説

憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「憂国のモリアーティ」は2020年秋の新作アニメとして、1クール目が放送されていた人気テレビアニメです。
そして2021年春からは待望の第2クール目が放送中です。

本記事では第5話で初登場したフレッド・ポーロックのキャラクター性や能力を紹介。
記事の後半では、アニメ2クールに入ってからの活躍や今後の立ち位置についても迫ります。

 

スポンサーリンク

フレッド・ポーロックとは?

まずは、本作品の中におけるフレッド・ポーロック(以下は「フレッド」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

寡黙で無表情な少年

モリアーティ家の使用人として働いている少年です。
黒い短髪ヘアと、ウィリアム達よりも小柄な体型が特徴です。

そして何より寡黙無表情であり、第5話で再会した兄貴分(モラン大佐)からも「相変わらず愛想がないと言われてしまいます。

心の中には”熱い想い”を秘めている!

普段は”寡黙で無表情”なフレッドですが、ストーリー展開が進行していく度に、実は「の中には“熱い想い”を秘めていること」が明かされていきます。
そんな姿を見られるのが、アニメ版の方では見事に飛ばされて映像化されずに終わってしまった「バスカヴィル家の狩り編」でした…。

イケメンが故に女性からモテモテ

アニメ2クール目に入ってからは、ジェームズ・ボンドやジャックなど更に心強い味方も加入したことで大きな戦力アップも果たしたモリアーティ家ですが、そんな中でアルバートが最も恐れていた事態が勃発します!

それこそが「モリアーティ家で“お茶会”が開催される」というものでした。
普通の貴族家庭とは違い、モリアーティ家には他者には知られてはマズイ物が多くあるため、隠すだけでも一苦労なのです。

更に”お茶会”の出席者は、やはり若い女性ばかりであり、イケメン揃いのモリアーティ家の面々を放っておくはずもなく、彼らは休む間もなく言い寄られてしまいます。
その中でも特に人気が高かったのは、やはりウィリアムとアルバートでしたが…庭園に配置されたフレッドにも多くの女性たちから「可愛い!」とベタ惚れされては、次々と言い寄られることで冷や汗をかく始末でした。

この「モリアーティ家の休日」はコミックス第9巻に収録されています。
あくまでも本筋とは少し離れた”閑話”としてのお話ですが、普段のストーリー中ではなかなかお目にかかれない”モリアーティ家の少し面白い一面”を見られます。

読者からの人気が高い

原作コミック版の掲載誌(ジャンプSQ)の中で行われた「キャラクター人気投票」の中でも、モリアーティ兄弟やモラン大佐に続く“第5位”に選ばれていました。
こうして見ると、作中の女性たちだけでなく”読者人気もかなり高いキャラクター”であると言えるでしょう。

この「キャラクター人気投票」の結果は、コミックス第8巻の巻末ページに掲載されています。

スポンサーリンク

フレッドが持つ能力

フレッドは変装以外にも、いくつかの能力を持ち合わせています。
ここからは、そうした“変装以外”の能力に迫りたいと思います。

【フレッドの能力①】変装

フレッドの能力を語る上で最も外せないのが、やはり“変装”でしょう!

変装状態であっても戦闘ができるので、かなり強い能力と言えますね。

ここからは、彼の変装能力の特徴や、そのバリエーションにも迫りたいと思います。

①女装

フレッドの変装で最も印象深いのは、やはり第5話での“女装”ではないでしょうか。

ダドリーの悪事によって殺害されてしまった女性“フリーダ”に変装して彼の前に現れた時には彼でなくても“本物”と見間違えてしまう程でした!

ダドリー「こんな馬鹿なことがあるか!この娘は私がちゃんと殺したんだ!最後には河へ…」

当事者であるダドリー自身にも、フリーダが本当に死の淵から蘇ってきたと思わせるように演じたところも大きなポイントです。
これによって驚かせたと同時に、その恐怖心によって“自分の犯行”をアッサリと白状させてしまいました!

“女装”においては、ウィリアムたちとは違って小柄なフレッドだからこそ演じられた」と言っても過言ではないでしょう!
長身かつガタイも良いモラン大佐に女装させるのは、さすがに厳しいですからね…。

②男装

細身の女性(女装)を完璧にこなせてしまうフレッドですが、それとは対照的な“大柄な男性”になりきることも、もちろん可能です。

第7話での海上オペラの席では、ブリッツ伯爵が殺害した男性に変装して観客として座っていただけで、彼を欺くと同時にウィリアムの計画どおりに殺人の舞台に立たせること」に成功しました!

 

③老婆

ウィリアムシャーロックの”資質”を試すために仕組んだ「ドレッパー伯爵”殺害容疑”」の濡れ衣を晴らすために奔走する2人の前では「老婆」の姿に”変装”して現れます。

ちなみにアニメ版の2クール目から突入した「大英帝国の醜聞編」でも、アイリーン・アドラーの前で同じ”老婆”の姿に変装した状態で現れます。

シャーロック・ホームズの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】シャーロック・ホームズのキャラ性と能力・今後の展開
...

【フレッドの能力②】高い運動能力

フレッドの能力において”変装”ばかりを意識してしまいがちですが「飛び抜けた高い”運動能力”も忘れてはなりません!

アニメ版の第9話で”老婆”の姿に変装したままの状態でシャーロックとの肉弾戦を繰り広げた後、建物の隙間を使って、颯爽と屋根の上にまで上がってしまったのです。
基本的には緊急時の退却として利用されることが多いものの、これ程までに高い運動能力を持っていたからこそ、シャーロックからも上手く逃げられたのでしょう。

 

【フレッドの能力③】殺人術

アニメ版のOP映像では、兄貴分であるモラン大佐と共に戦っている姿が映されているフレッドですが、ライフルを持つ彼とは対照的にナイフ(近接戦闘用の武器)を持って構えています。

フレッドはその”小柄な身体”と”高い運動能力”を駆使することで「ナイフを使った“殺人術”」においても超一流の強さを持っています!

そんな彼やモラン大佐、さらにモリアーティ兄弟に対して、こうした”殺人術”を伝授してくれた師匠こそが、アニメ2クール目から登場する「ジャック・レンフィールド」なのです。

スポンサーリンク

フレッドには”昼の顔”と”夜の顔”がある

ここからはフレッドが行なっている“日常の任務”を介して、彼が持つ“昼の顔”“夜の顔”の違いについて迫ります。

フレッドの「昼の顔」の役割

ウィリアムからの呼び出しや作戦がない日常では「モリアーティ家の“花のお世話”を役割として働いています。
ちなみにモラン大佐の方にも「煙突の掃除」を役割として与えられてますが…彼の場合、そうした仕事に対しては、かなり”サボり気味”だったりします。

そのため、自分の日常の仕事をこなしている時にもルイスから”モラン大佐の居場所”を聞かれることも、何気に多かったりするのです。
(ちなみにモラン大佐のサボり場所を知ってはいるものの、本人から”口止め”されています)

フレッドの「夜の顔」の役割

昼とはうって変わり、夜になるとロンドンの闇に紛れては“犯罪相談役の窓口となります。

数名もの男性たちから”強盗”や”殺人”などの相談を受けつけますが、彼はあくまでも「相談を受ける係」にしか過ぎません。
(この時に受けた相談内容を持ち帰り、最終的な審査はウィリアムが行う流れとなっています)

しかし”犯罪卿”の存在を詳しく知らない者たちからはフレッドの存在自体”犯罪ネットワーク”とまで言われている程です!

スポンサーリンク

フレッドが迎えるアニメ2クール目からの展開

ここからは「大英帝国の醜聞編」と「ホワイトチャペルの亡霊編」を中心に、フレッドがアニメ版の2クール目で迎えることになる展開について触れていきます。

「大英帝国の醜聞編」でも役割をこなしていく

アニメ2クール目の突入と同時に開始された本シリーズの中でも、フレッドは自分の特技を活かして、死体発掘や案内などの役割を着々とこなしていきます。

ちなみに原作コミック版の方では、上記2つ以外にも、アルバートからの命を受けて“アドラーの監視役”を務めてました。
しかしアニメ版(第12話)の方では、彼でなくモリアーティ兄弟の3人が直接監視して「アドラーとシャーロックの接触」を目撃する流れに変更されてしまいましたね…。

 

「ホワイトチャペルの亡霊編」では”切り裂きジャック”のサポート役に!

「大英帝国の醜聞編」の後には、この「ホワイトチャペルの亡霊編」に突入しますが、この中ではウィリアム達の師匠である「ジャック・レンフィールド」も初登場して、彼らとの“協同作戦”を実行します。
(アニメ2クール目のOP映像の中にも少しだけ登場しています)

このジャック師匠はまだ少年期だった頃のウィリアム達に”殺人術”を教えたキャラクターであると同時に、本作品の中においての本物の”切り裂きジャック”です。

このシリーズの中で”偽物の切り裂きジャック”を誘き寄せると同時に抹殺する作戦となりますが、フレッドはモラン大佐やジェームズ・ボンドと共に「ジャック師匠のサポート役を務めます。

モラン大佐やボンドとは完全に別の場所や行動でジャック師匠をサポートしてくれますが、フレッドの役割は以下の通りとなります。

  • ”切り裂きジャック”に変装してジャックを安全な場所に導く
  • ジャックと交代する形で走って、体力を回復させる

これもまた、フレッドの特技や能力である”変装”と”運動能力”が活かされた任務ですね。

フレッド「師匠はここで一旦離脱を…ここからは僕が”逃げます”ので、その破れたコートを貸して下さい」

師匠から託されたコートを纏って走り始めるフレッドですが、第9話でも見せた”壁を使っての上昇ジャンプ”まで披露しては、地面でなく”屋根の上”をひたすら走っていくのでした。

スポンサーリンク

フレッドが迎える今後の展開

先に挙げた2つのシリーズの中でも大いに活躍したフレッドですが、そこから更に後から始まるシリーズ「最後の事件編」やそれ以降の時期に迎える展開にも触れていきます。

「最後の事件編」ではウィリアムの”死”を止めるために奔走

シャーロックの銃によって脅迫王ミルヴァートンが死亡した後、ウィリアムは自分が進めてきた計画の“最終段階”に入ります。

ウィリアム「これより“最後の事件”を始める!」

ここから「最後の事件編」が本格的に始まりますが、彼は兄弟や仲間たちを避難させて1人で”これまでの責任”を取ろうと動き始めるのです。

その責任の果てにあるのは「ウィリアム自身のであり、アルバートやモラン大佐が肯定する一方でフレッドはどうしても納得できません。

フレッド「あなたまで死ななければならないなんて、おかしな話です!ウィリアムさんが実際に”死ぬ必要”なんて、無いんですよ!

ここで、フレッドからの視点から見えてきた”ウィリアム像”を挙げていきましょう。

  • ウィリアムは誰にも執行できていない”裁き”を実行している。
  • そのため、フレッドにとっては「正義の執行者」である。
  • ウィリアムは殺人でなく、あくまでも「罪をおかした者たち(貴族たち)に”罰”を下しているだけ」である。

フレッド自身は、ウィリアムのこうした人柄や行動力に惹かれたことで、彼について共に行動してきたのです。
そしてウィリアムの頭脳ならば同じ効果を得られるため“別の方法”も簡単に思いつくはず…」と必死に説得します。

しかし、そんなフレッドの必死の説得も空しく、ウィリアムには聞き入れてはもらえませんでした。

ウィリアム「僕はもう死にたいんだよ…」

最後にさりげなくお礼を告げられて、去ってしまいますが、やはりフレッドの中では納得できません。
自分の力ではウィリアムを止めることが出来ないことを思い知ったフレッドは、あのシャーロック協力を求めようと思い立ちます!

ウィリアム(青年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(青年期)の職業とキャラ性・能力と今後の展開
...

ルイスと共にシャーロックとの再会

自分がいつも手入れをしている温室の花壇で“シャーロック宛て”の手紙を書くフレッドですが、その現場をルイスに発見されてしまいます。
発見されたルイスからは”兄への裏切り行為”と見られてしまいますが、フレッドが必死に「ウィリアムを死なせたくない気持ち」を話すことで共感してもらえます。

ルイス「共感してくれるのは、フレッド…君しかいないだろうと思っていました。”説得する手間”が省けましたね!」

彼もまた悔しい気持ちを押し殺しながら「今はシャーロックに頼るしかない」と心から実感していたのです。
これは「ウィリアムへの尊敬という、お互いが持つ想いによる共感だけでなく、先に挙げた「バスカヴィル家の狩り編」で経た衝突(の一歩手前)によってお互いのことを知れた効果」もあったのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク