【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(青年期)の職業とキャラ性・能力と今後の展開

憂国のモリアーティ

2020年秋の新作アニメとして放送および配信中の「憂国のモリアーティ」ですが、今回は主人公であるウィリアム・ジェームズ・モリアーティのキャラクター性や能力を青年期に絞る形で紹介していきたいと思います。

ウィリアム(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

 

ウィリアムの職業

本作品の第2話第3話にかけて描かれた少年期によるアルバートとの出会いと結託、そしてモリアーティ家で決行した”完全犯罪”を経て青年へと成長したウィリアム(青年期)が就いた職業を“表向き”“本職”に分けて紹介していきます。

第2話の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

表向きは「数学教授」と「私立相談役」

モリアーティ家で決行した”完全犯罪”を経て正式に”アルバートの弟”となったウィリアムですが、少年期から持っていた”博識”は衰えるどころか、実年齢の成長と共に更なる飛躍を遂げてしまいます!
そこで少年期で成功させた”完全犯罪”から現在に至る空白の期間を簡単に辿ってみましょう。

  1. 16歳にして大学への入学を果たす。
  2. そして21歳の若さでダラム市にある大学で数学教授として就任する。

これだけでもウィリアムの講義を受けている生徒たちを大いに驚かせてしまいます。

そして数学教授とはまた別に”副業”として「私立相談役」もしておりますが、彼にとって本当はこちらの方が自分たちの“革命”を起こすために必要な“本職”へと繋がっていくのです。

アルバート(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】アルバート(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

 

スポンサーリンク

本職は「犯罪相談役」

幼い頃から産業革命による混乱と発展の中で発生した「完全階級制度」によって弟ルイスと共に、理不尽な差別迫害を受けてきたウィリアムですが、彼らが青年へと成長した現在においても沈静するどころか悪化の一途を辿る一方の状況が続いています。

ルイス(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ルイス(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

そんな中で悪しき貴族の犠牲となった不幸な平民たちを救うことも兼ねて「犯罪相談役(クライムコンサルタント)」として活動しているのです。
ここでは第4話でのベルファー子爵とバートン夫妻を例に取って、ウィリアム(青年期)が“完全犯罪”を企て始める時から実行までの流れを簡単に辿ってみましょう。

  1. 貴族(ベルファー子爵)の傲慢さにより、平民(バートン夫妻)の息子が治療も受けられないまま見殺しにされた。
  2. 最愛の息子を失わされて傷心から立ち直れない平民(バートン)に声をかけて”貴族への復讐”を持ちかける。
  3. バートン夫妻にも手伝わせる形で悪しき貴族(ベルファー子爵)への復讐を決行する。

こうする方法で決行することにより、ウィリアム(青年期)たちモリアーティ家にとっては悪しき貴族への“罰”を与えることになると同時に虐げられた平民たちにとっては“復讐”を果たせることにもなり、まさに一石二鳥ということなのです。

ウィリアム(青年期)「事件があった“痕跡”を消してしまえば、それは事件として認識されることさえない

彼が計画して実行する悪しき貴族たちへの“罰”や”復讐”とは、まさに実行後の証拠すら残さず消してしまう「完全犯罪」なのです!

こうした”完全犯罪”も標的と選んだ貴族キャラにより、その種類や方法も大きく異なっていきます。
この記事内だけで全て紹介するのは難しいため、また今後にこうした貴族キャラや平民キャラに焦点を絞った記事の中で書いていきたいと思います。

 

ウィリアム(青年期)のキャラクター性

ここからはウィリアム(青年期)のキャラクター性に触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

普段は紳士的に人と接する

ルイスやアルバートと共に革命のための完全犯罪を始めるウィリアム(青年期)ですが、表向きは「数学教授」と「私立相談役」である故に、大学での授業は冷静に話しながら生徒に教えます。
そして生徒だけでなく、自分たちが標的と決めた貴族に対しても始めは紳士的に接して話しております。

確かに標的と決めた相手から自分たちの素性がバレてしまえば、本業である”完全犯罪”など成功させられるわけがありませんからね・・・。

 

スポンサーリンク

笑顔でも怒っていることアリ!

第5話でいつも通りに数学の授業を進めているウィリアム(青年期)ですが、生徒の1人であるルシアンが3日も続けて大学を休んでしまっていることに対して疑念を抱き始めます。

ウィリアム(青年期)「早く話した方が良いですよ!今の僕は君が思っている100倍は怒っていますからね」

寮の部屋に訪れてはルームメイトであるテイトに対して冷たい笑顔を浮かべながら彼の真相を白状させてしまいます。

第5話の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

【アニメ】憂国のモリアーティの5話ネタバレ感想 | 学生のことを心配して依頼人がいなくても動くモリアーティ教授!
アニメ「憂国のモリアーティ」の5話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「憂国のモリアーティ」の5話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

スポンサーリンク

友達を大切に想う気持ちは変わらない

ルシアンの真相をやっと話してくれたテイトは彼のことを強く心配します。

テイト「アイツは俺の友達ですから!」

彼から出た“友達”という言葉に対して、ウィリアム(青年期)が反応します。

ウィリアム(青年期)「友達を想う・・・今の気持ちを大切にね!」

ウィリアム自身もまた、少年期にモリアーティ家で共に”完全犯罪”を決行してくれたルイスやアルバートは現在でも彼らのことは兄弟であると同時に“大切な友達”なのです。

 

ウィリアム(青年期)の能力

ここからはルイスやアルバートと共に起こさんとする”革命”のためにウィリアム(青年期)が実行する”完全犯罪”の中で見せてきた能力にも触れてみましょう。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント