【決定版】おすすめアニメ120選

【憂国のモリアーティ】バートン夫妻のキャラ性と能力・意外な共通点

憂国のモリアーティ

2020年秋の新作アニメとして放送および配信中の「憂国のモリアーティ」ですが今回は第4話ウィリアムが赴任する大学がある地域の領主により”大切な家族”を奪われたバートン夫妻のキャラクター性や能力を紹介しながら、ウィリアム兄弟との意外な(?)共通点にも迫りたいと思います。

第4話の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

 

【アニメ】憂国のモリアーティの4話ネタバレ感想 | 犯罪コンサルタントの手始めに庭師の恨みを助ける!
アニメ「憂国のモリアーティ」の4話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「憂国のモリアーティ」の4話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

 

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

バートンのキャラクター性

まずは夫であるバートンのキャラクター性から紹介していきます。

 

雇主である貴族から子供を奪われた庭師

ベルファー子爵のお屋敷で「庭師」として働くバートンは自分の愛する1人息子が病にかかってしまった上に村の医師が娘の結婚式のために不在だったため、自分の雇主であるベルファー子爵にお願いに行きますが・・・

ベルファー子爵「貴様らのような下等種がどうなろうと知ったことではないわ!これ以上煩わせるのなら・・・」

大雨の中で駆けつけた上に医師が不在であることも説明しても全く取り合ってすらもらえなかったのです。
妻であるミシェルも後から苦しむ息子を抱えている状態で必死に叫びながらお願いするものの、それを遮って諦めてしまうのです。
その結果、息子は死亡しますが、彼らにとっては“貴族”により自分たちの愛する1人息子を“見殺し”にされた形で奪われてしまったということです。

ベルファー子爵の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ベルファー子爵のキャラ性・原作との違いと結末
...

 

何も出来なかったことを悔やみながらも働き続ける

それから数日が経過し、ウィリアムたちモリアーティ家の兄弟がベルファー子爵のお屋敷に招待されますが、彼が趣味として開いている“温室の庭園”を案内された時に黙々と働き続けるバートンの姿を発見します。
普通ならば、仕事とはいえ自分たちの大切な1人息子を見殺しにされた恨みでその時点で自ら退職してしまうものなのでしょうが・・・本作品の舞台は産業革命による混乱と発展の中で作られた「大英帝国」であると同時に「完全階級制度」によって理不尽な差別や迫害がますます悪化していた時代です。

ウィリアムやベルファー子爵のような”貴族”にとっては何不自由のない豊かな生活を送れている一方、バートン夫妻のような“平民”の中には仕事どころか住む家すらも失ってしまったことで辛い路上生活を強いられている人々も多く存在しています。
もしもバートンが息子を見殺しにされた時点で退職していたとしても転職先など見つかる宛てもなかったため「主に対する憎しみや悔しさに耐えながら働き続けていた」ということもあるのでしょうね。

しかしバートンの場合は、こうしたこと以上に抱えている“自分の家系”による理由の方が大きかったのです。

バートン「俺たちはここで生まれて、ここで死んでいく・・・そういう生き物なんだよ」

一見はカッコ良い台詞を言っているようにも見えますが、これも結局は自分の“出生”「完全階級制度」による理不尽な境遇に捉われてしまっていると解釈した方が良いのかもしれませんね。

 

ミシェルのキャラクター性

次は妻であるミシェルの方のキャラクター性から紹介していきます。

 

貴族や夫を恨む庭師の奥さん

ベルファー子爵の傲慢さにより愛する息子を奪われて以来、ミシェルは彼だけに限らず“貴族”そのものに対する恨みを抱くようになります。
自分たちの住む村で見かけたウィリアム“貴族”であることを知った途端、少し離れた位置から冷たく鋭い目つきで睨みつけるのです。

そしてベルファー子爵の前で何も出来なかった夫(バートン)さえも憎しみの対象となってしまっております。

 

息子を奪われたことで精神疾患に・・・

息子を失わされたミシェルは”貴族に対する憎しみ”だけでなく、大きなショックと絶望感の果てに“精神疾患”まで患ってしまいます。
それにより自宅内だけでなく、外に買い物に出ている時でも生気を失ったような表情に変わっているのです。

 

バートンの「庭師」としての能力

貴族より下の階級であるためにベルファー子爵から理不尽な差別を受けたバートンですが、雇主である彼からも「庭師としての腕前」だけは高く評価されております。
温室の農園で綺麗に実っている多くのグレープフルーツもバートンの腕によるものだったのです。

ウィリアム「それだけの腕があれば、ロンドンの植物園にだって通用するんじゃありませんか?」

温室で育った見事なグレープフルーツを始めとした多種類の花たちを見たウィリアムからも高い評価を受けるものの、バートンの方は嬉しくもなければ、今更よその貴族の下で働くことへの意欲もなかったのです。

ウィリアム(青年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(青年期)の職業とキャラ性・能力と今後の展開
...

 

バートン夫妻による”復讐”の形

ここからは泣き寝入りを続けてきたバートン夫妻がベルファー子爵への“復讐”を決意するキッカケと、その内容を辿りたいと思います。

 

ウィリアムとの出会いが”復讐”を始めるキッカケに!

夜の酒場でウィリアムから声をかけられて話し始めたことがバートン夫妻による“ベルファー子爵への復讐”のキッカケとなります。

ウィリアム「あなたは何も出来なかったのでは、ありませんよ。何もしなかったのです」

お酒が入ったことにより普段は心の中だけに閉まっている「無力な自分への悔しさと憎しみ」を露わに出すバートンですが、ウィリアムから”犯罪相談役”であることを聞かされます。
それによりバートンの方もまた、ウィリアムたちの能力を借りる形で“復讐”を実行に移します。

 

自分の育て上げた”グレープフルーツ”が復讐の道具に!

ベルファー子爵との約束である「庭園でのお茶会」に招かれたウィリアムたちモリアーティ家が”お土産代わり”と称して持参してきたマーマレードにはバートンが育て上げた“グレープフルーツ”を材料に作られておりました。
その斬新な味わいの虜になったベルファー子爵がひたすら食べ続けますが、バートン夫妻も少し離れた位置でグレープフルーツを切りながら、その様子を見ておりました。

ミシェル「あの子の“仇”を取るためよ!あの子は貴方に“見殺し”にされた!あの“雨の日”に・・・」
ベルファー子爵「バートン、貴様はクビだ!その女(ミシェル)はしっかり捕まえておけよ、儂の手でその報いを受けさせてやる!」

ミシェルの方がこれまでの恨みを爆発させながら、使用していたナイフでベルファー子爵に斬りかかろかろうとしますが、バートンから止められた後に夫婦揃って追い出されます。
しかしベルファー子爵から告げられた”報い”は彼自身に対して降りかかってきます!
そして、ここまでがバートン夫妻の役目であると同時に、ここまでの時点で“ベルファー子爵への復讐”を完了させるまでの作戦と行動は全て済んでいたのです。

バートン「お前はよくやったよ」

夫から優しく包まれながらミシェルの方は地面の上に倒れ込みながら泣き叫びますが、この時にはベルファー子爵の方もグレープフルーツがもたらす血圧の低下による強い目眩を感じながら倒れ始めます。
そして今度は彼の方がウィリアムたちによって“見殺し”にされる形で死亡しますが、これによりウィリアムから下される“罰”とバートン夫妻による“復讐”同時に完了したことになるのです。

ここまで見ると、バートンが育て上げたグレープフルーツこそが”復讐のための道具(武器)“として使われたと言えるでしょう。

 

バートン夫妻が”復讐”を果たした後の展開

ベルファー子爵への復讐を達成しても大切な息子が生き返るはずもなく、雇主である彼自身が他界してしまってはバートンも働き口を失ってしまいました。
しかし、そこは流石のモリアーティ家・・・アルバートによる計らいで新たな勤め先を紹介してもらえたバートン夫妻は夫婦揃って引っ越す形で出発します。

この時のミシェルは少し晴れた気分となり、顔にも少しだけ笑顔が戻っておりました。
それでも大切な息子を失った悲しみまでは完全には癒えないのでしょうが、バートン夫妻には心機一転も兼ねて新たな地でこそ幸せに生き続けてほしいものです。

 

バートン夫妻とウィリアム兄弟の意外な(?)共通点

最後はバートン夫妻とウィリアム兄弟の意外な共通点に触れてみたいと思います。

ウィリアム(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

これは私個人の推測でしかありませんが、第4話で登場したバートン夫妻は形や内容は少し違うものの“理不尽な差別”“病気の家族”という点でウィリアム兄弟(少年期)との共通点も見られました。

ウィリアム(少年期)とバートン夫妻の共通点 “貴族”よりも階級が下の孤児または平民であること。
ルイス(少年期)とバートン夫妻の息子にある共通点 重い病気にかかっておりながら、貧しさや低い身分により治療もマトモに受けられなかった。

もしも少年期の頃のウィリアム兄弟が孤児院でアルバート(少年期)と出会えず、モリアーティ家に引き取られていなかったとしたら・・・ルイス(少年期)も病気を治療できないまま他界していたのではないでしょうか。
(ちなみにルイスが治療を受けられたのはモリアーティ家に引き取られた後になります)

ルイス(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】ルイス(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

仮にウィリアム(少年期)だけで病気で苦しむ弟を連れてモリアーティ家やベルファー子爵の邸宅に訪れてお願いしに行ったとしても、バートン夫妻と同じように拒絶されて相手にすらしてもらえなかったでしょうからね。

そう考えるとバートン夫妻はウィリアム兄弟が辿っていた可能性もある「IF展開」を形にしたキャラクター達であったようにも思えます。

アルバート(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】アルバート(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

 

まとめ

今回はウィリアムが赴任した大学のある地域で領主から息子を見殺しにされたバートン夫妻のキャラクター性や”復讐”の過程や内容を紹介しながら、ウィリアム兄弟との意外な共通点にも迫ってみました。

  1. バートン夫妻は平民である故にベルファー子爵によって息子を見殺しにされる形で奪われた。
  2. それでもバートンは自分の”家系”や”出生”への拘りを捨てられずにベルファー子爵の庭園で「庭師」として働き続けている。
  3. ミシェルの方も息子を失った悲しみにより”貴族”そのものに恨みや憎しみを抱きながら精神疾患も起こし始める。
  4. バートンが庭園で育て上げたグレープフルーツを使用される形でベルファー子爵への”罰”や”復讐”が実行された。
  5. バートン夫妻とウィリアム兄弟(少年期)には意外な共通点もあった。

本作品では、どうしてもウィリアムシャーロック・ホームズなどイケメンな主役級キャラばかりに人気や注目が集まってしまいがちですが、バートン夫妻のような“恵まれない平民“ベルファー子爵のような“悪しき貴族”もいるからこそ、彼らの能力や魅力も光って見えるのではないでしょうか。

シャーロック・ホームズの詳細は以下の記事をご覧ください。

 

【憂国のモリアーティ】シャーロック・ホームズのキャラ性と能力・今後の展開
...

 

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました