【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【憂国のモリアーティ】ジャック先生の強さや能力・役割 | 声優情報も紹介

憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「憂国のモリアーティ」は2020年秋の新作アニメとして、1クール目が放送されていた人気テレビアニメです。
そして、2021年春から放送されていた2クール目も「最後の事件編」で壮絶な結末を迎えました!

本記事では、第15話で初登場を果たしたジャック・レンフィールドのキャラクター性や強さ・役割を紹介。
記事の後半では、過去や「ウィリアムの生存」を知って喜ぶ展開についても迫ります。

スポンサーリンク

ジャック・レンフィールドとは?

まずは、本作品の中におけるジャック・レンフィールド(以下は「ジャック」と表記します)のキャラクター性から紹介していきます。

 

本物の「ジャック・ザ・リッパー」

ジャックが実際に登場する前から、貧民街での”切り裂きジャック事件”が発生しており、ウィリアムも新聞記事でその事件を知ります。

「ホワイトチャペルの亡霊編」開始と共にモリアーティ家を訪れてきたジャック・レンフィールドこそが“本物の切り裂きジャック”こと「ジャック・ザ・リッパー」であることが判明します。

本編で初登場した現在では既に年老いているものの、若き頃には第一次アフガン戦争の中で“英軍にジャックあり”と恐れられていた凄腕の傭兵だったのです!

アメリア
アメリア

原作コミック版では、単行本の第7巻から登場したよ!

ジャックには2通りの”呼び方”が存在する

ウィリアム達とは既に顔馴染みであるジャックですが、まだ「MI6」に加入したばかりのボンドには、ジャックのことを全く知らないことで戸惑います。

そんな彼に対して、ルイスやモラン大佐から説明からジャックこそがウィリアムたちに“戦う術”を教えてくれた先生(師匠)であったことが判明します。ウィリアム達よりも年上であるジャックは彼に対しては、親しみも込める形で「ウィル坊」と呼んでいます。

ちなみに、ウィリアム達3兄弟は「先生」と、フレッドモラン大佐では「師匠」と、ジャックを呼ぶ時の呼び方がが少しだけ違っているのです。

これにより、ジャックへの呼び方に若干の違いがありますが、5人共ジャックから”護身術”ならびに“殺人術”を伝授してもらった点は、変わりません。

女好きな一面も

これはアニメ版の方では完全にカットされてしまいましたが、実は「大の女好き」という一面もありました!

ジャック「アイリーン・アドラーという“絶世の美女”が組織に加わったと聞いたが、何処にいるんだ?」

本当の目的は、先に紹介した「偽者の切り裂きジャック事件」ですが、ジャック自身は“女性(アイリーン)に会うこと”も楽しみにしながら、モリアーティ家を訪れていたわけです。

首をキョロキョロさせながら熱心に探しますが、この時のアイリーンは既に“ジェームズ・ボンド”として男装の姿に変わった後でした。もう少し早い時期(「大英帝国の醜聞編」の時期)に訪れていれば、まだ”絶世の美女”だった頃のアイリーンの方に会えていたかもしれないのに…ちょっと可哀想でしたね。

そんな彼に対して、ボンドの方から”自分の変化”についての説明を簡単にされますが、ジャックの方はガッカリする様子も見せないどころか「夜の訓練」などという話に切り替えてしまいます。

ジャックのこうした言動により“モラン大佐の女遊び好き”な性格も、実は「師匠譲り」であることが判明したのです。

アイリーン・アドラーやジェームズ・ボンド、セバスチャン・モラン大佐の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】アイリーン・アドラーの能力や過去|写真についての考察も
...
【憂国のモリアーティ】ジェームズ・ボンドに変化した理由や変更点|能力や性別、声優を紹介
...
【憂国のモリアーティ】セバスチャン・モラン大佐のキャラ性と能力・過去と今後の展開
...
アメリア
アメリア

ジャックによる”女好きな一面”もまた、原作コミックの第7巻で見られるよ!

女性からの人気や知名度は高い

ウィリアム達とは違い、1人だけ年老いたルックスのジャックは、女性たちからの“人気”や”知名度”は高いです!

自身がウィリアム達に依頼していた”偽物の切り裂きジャック事件”が解決した後にも、全く違う内容による問題が起きてしまいます。それこそが「モリアーティ家での社交会」です。

当日は皆して”自分たちや邸宅での秘密”を隠すため、懸命に動きます。
メンバーそれぞれに役割や配置場所が振られますが、ジャックは「受付場所での出席者たちの応対にかかります。

出席した大勢の女性客たちは、やはり若いイケメンたちに寄っていくものの、それでもジャックの顔を見た女性客たちが大いに驚くのです。

女性客「あの”ロマンスグレー”のお方は…確かロックウェル伯爵家の執事だったレンフィールドさんね!」

貴族階級の男性たちに詳しく敏感な女性客たちの間でもジャックの顔や名前は既にご存知だったようです。
さらには、最近になってモリアーティ家に移っていた情報も何気にキャッチしていた様子。
確かに見た目だけの人気や注目度では、若いウィリアムたちには敵うべくはないものの…まだ若い彼らには持ち得ないダンディーなカッコ良さ”に惹かれてしまうのかもしれませんね。

アメリア
アメリア

このエピソードはアニメ版でカットされているので、気になった人は原作コミック第9巻を読もう!

スポンサーリンク

ジャックの強さや能力とは?

ここからは、ジャックの強さや能力を紹介していきます。

過去は間違いなく”達人”だった!

第一次アフガン戦争の頃は、間違いなく達人でした!
戦時中は、敵味方を問わずに兵士たちからは「英軍にジャックあり」と恐れられては“白兵戦の達人”として知らぬ者などいなかったです。

まだ”MI6″に加入したばかりのボンドが、ルイスウィリアムからジャックのことで説明を受けている中、回想シーンとして“戦時中の頃のジャック”も少しだけ映されていました。

それはジャックにより倒された大勢の敵兵たちの死体が集まっている中、彼だけが余裕で立っている壮絶な光景でした。

さらにジャックが持っているナイフからは、自身で切り裂くことで倒した敵兵たちの“血”が滴り落ちているのです。

欲を言えば”倒した後”だけでなく、まだ若き日のジャックが1人で果敢に闘いながら敵兵たちを一斉に切り倒していく場面も見たかったものですが…それを見れなかったのは、少しばかり残念な気もしましたね!

切り裂きジャックとしての”威圧感”は今でも健在

戦時中で自身のナイフと”殺人術”を駆使して「ジャック・ザ・リッパー」として恐れられてきたジャックは、傭兵を引退してから現在は“執事”として働いています。執事としての期間の方が圧倒的に長い状態です。

それでもウィリアムからは、この時期に貧民街を脅かしていた”偽物の切り裂きジャック”を誘き出すために協力を求められます。この事件においては、本物(ジャック自身)の方から”犯罪卿”のウィリアムに対して「解決してほしい」と希望してきたこともあり、断りきれなかったようですね。

それでも現場(貧民街)の高い建物の屋根上から現れては、大勢の市警や住人たちの前 で“見事なパフォーマンス”も披露してくれました!

ジャック「お前らが探している悪魔…泣く子も黙る“ジャック・ザ・リッパー”とは、のことよ!」

この時のジャックは“銀髪ロング”のカツラを被り、“黒いロングコート”を着用した姿で現れました。
さらには、叫びながら自分のナイフを使って、左腕に抱える娼婦(実は既に”死体”)を刺し殺す行動まで見せたことで、市警や住人たちを引きつけるには、充分すぎるであろう“演技”までして見せたのです。

本来ならば、本物であるジャック自身がそのまま出てくるだけでも良かったのかもしれません。
しかし余程の戦争マニアにしか覚えられていない現在において、自身が「本物の切り裂きジャック」であることを市警や住人たちに認知してもらうには、これ位に大袈裟な姿や行動を見せる必要もあったんですよね!

加齢による”体力の衰え”には逆らえない

ウィリアムからも頼まれた形で「本物の”切り裂きジャック”」を、市警や住人たちの前で大袈裟に演じて見せたジャックでしたが、彼による“本当の難関”とは、この後からが本番となります。

それは「自身を追ってくる者たち(市警や住人)を1人も殺さずに”走りながら逃げ続けること”」でした!
さらに、微妙なペース配分を求められる形で走り続けていたため、半時間程で“疲労”を感じ始めてしまいます。

本人も自覚している通り、これは明らかに“加齢”による“体力の衰え”でした。

さらに彼が”切り裂きジャック”と扮して着ている「コートの重さ」も大きな負担となっていたのです。(そのコートは特別製として作られており、市警や住人たちが発砲してきた銃弾を弾く性能がある分、金属を着ているような”重さ”もありました)

モラン大佐ボンドが絶妙なコンビプレイによって、離れた位置(高い建物の上)から援護してくれるものの、1時間ほど走り続けた時にはジャック自身の体力や気力も尽きようとしてきます。そんな彼の前にフレッドが彼と同じ”銀髪ロング”のカツラを被った姿で現れます。

ここからは、フレッドが代わりに走ってくれることを告げられたため、ジャックの方も”重いコート”を渡しながら、潔く後を託します。

ジャック「ワシもだな…だが、1時間は稼いだぞ!」

早すぎず遅すぎない”微妙なペース配分”による逃走により、ジャック自身も「加齢による衰え」を痛感したのです。

そんな辛い状態の中でも、ウィリアムから頼まれた通りの任務を完遂してくれたジャックに対しては、心から「お疲れ様!」と言うべきですよね。

フレッドの詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】フレッドの性格や能力|任務・今後の展開を解説
...
スポンサーリンク

ジャックとウィリアム(少年期)との出会い

ジャックがウィリアム(少年期)たちと出会ったのは、彼自身が傭兵を引退して“ロックウェル伯爵家”執事に転職した後の時期でした。

出会った場所も伯爵家でしたが、まだ少年期だった頃のウィリアム(少年期)達がモリアーティ家を放火した後の時期(第3話)、一時的に後見人である“ロックウェル伯爵家”身を寄せた時だったのです。

第3話の詳細に関しては以下の記事をご覧ください。

【アニメ】憂国のモリアーティの3話ネタバレ感想 | モリアーティ家をのっとった!
アニメ「憂国のモリアーティ」の3話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて「憂国のモリアーティ」の3話を振り返ってみましょう。あらすじ・Twitterの評判・口コミ・実際に見た感想を述べています。

ウィリアム(少年期)の強い”観察力”に敬服するジャック

ジャックがウィリアム(少年期)から声をかけられた形で出会ったわけですが、その時には既に“自身の過去(素性)”を知られていました。

ウィリアム(少年期)「あなたが元・英軍…アフガン帰りの“凄腕の兵士”だと言うのは、観察して分かりました!

それだけでなく、ジャックの“二つ名”まで調べ尽くしていたのです!

ジャック「どうして、そのことを…」

ジャック自身は、このロックウェル伯爵家に執事として在住し始めてからも、自身の過去(素性)については”主”にしか教えていなかったのです。

内心では少し驚いたものの、ウィリアム(少年期)の持つ並外れた”観察力”敬服させられたことで、ジャックの方も潔く素性を話します。

しかし、ジャックの方が”素性”を話しただけで彼らとの会話が終わるはずがありません。
ジャック自身もまた、ウィリアム(少年期)たちが「何かのお願い」をするために訪れてきたことを察していたのです。

ウィリアム(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】ウィリアム(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...

ウィリアム(少年期)たちから頼まれる形で”殺人術”を伝授した!

ウィリアム(少年期)たちからの“お願い”とは、「自身で身を守れるための“護身術”を教えてほしい」というものでした。

ジャックは、まだ少年である彼らから聞かされた意外な”お願い”に対して疑問を抱きます。
ジャックから見ても”モリアーティ家の火災”は災難だったものの、この”ロックウェル伯爵家”でも何不自由なく過ごせるはずです。(“モリアーティ家の火災”を起こした張本人はウィリアム達でしたが、ジャックの方はそこまで気づかなかったようです)

そんなジャックからの言い分に対して、アルバート(少年期)が返答します。

アルバート(少年期)「貴族として、ただ日々を安寧と生きるだけならば、そうでしょうね」

そこまで話してくる中、ウィリアム(少年期)アルバート(少年期)に加えて、ルイス(少年期)“目”を見たことで、ジャックの方もこの3人が「ただ利発そうな貴族の子供たちではないこと」を実感しました。

これにより、ジャックから望み通りに”護身術”を教えてもらうことになりますが、彼はそれ以上のものを授けてくれることになります。

ジャック「より正確に言うなら“殺人術”を…ですかな?」

ジャックの方もまた、教えるからには“自身の持ちうる全て”を叩き込むことを宣言します。

ジャック「ただし、私の教えはちと厳しいですぞ!」
ウィリアム(少年期)「望むところです!」

こうしてウィリアム(少年期)たちに、自身の持つ「殺人術」を伝授してくれたわけです。
さらに、その数年後には後になってから出会ったフレッドモラン大佐にも伝授してくれたのです。

アルバート(少年期)やルイス(少年期)の詳細は以下の記事をご覧ください。

【憂国のモリアーティ】アルバート(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...
【憂国のモリアーティ】ルイス(少年期)のキャラ性と能力・成長後の展開
...
アメリア
アメリア

ウィリアム(少年期)たちが起こした”モリアーティ家の放火と火災”は、原作コミック版の第1話で描かれているよ!

ジャックがモリアーティ家を訪れた理由とは?

ジャックがモリアーティ家に訪れたのは、ボンドルイス達がウィリアムから頼まれた”依頼”により銀行へ出かけている最中でした。

その依頼を果たしてから戻ってきた4人の中で最も驚いていたのがモラン大佐でしたが、実はジャックから数日前にウィリアム“依頼”をしていたのです。

それこそが、「ホワイトチャペルの亡霊編」の要となる“偽物の切り裂きジャック事件”でした。
本物(ジャック)にとっては、”自分の偽物”が殺人まで犯しながら暴れ回っている事態を放っておくことなどできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
憂国のモリアーティ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク