【決定版】おすすめアニメ120選

【文スト】福沢諭吉の性格や異能力・強さ|過去や声優情報を紹介

文豪ストレイドッグス

『文豪ストレイドッグス』(以下文スト)に出てくる「福沢諭吉」は、武装探偵社の社長です。

一見不愛想で背中で語るタイプの社長に思われますが、寡黙ではありながらも言葉で人を動かす人情派。

本記事では、そんな掌握術に長けている文ストの福沢諭吉について、性格、異能力、強さなど、過去を含めて紹介します。

アメリア
アメリア

単行本21巻までのネタバレを含むから、アニメ派の方は気を付けてね!

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

福沢諭吉とは

誕生日 1月10日
身長 186cm
体重 71kg
血液型 B型
好きな物 猫、牛鍋、酒、平等
嫌いな物 封建制度

武装探偵社の社長である福沢諭吉は、和服を着こなしています。

肩まで伸ばした白髪、着物、言葉遣いも古風で「仮名遣い」です。

社員思いで福沢諭吉みたいな社長、上司がほしいと思う人も多いのではないかと思います。

福沢諭吉についてや、周辺の人間関係については『文豪ストレイドッグス(文スト)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説』でまとめているため、合わせてご覧ください。

文豪ストレイドッグス(文スト)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
文豪ストレイドッグス(文スト)の登場人物・キャラクターを人物相関図とともに一覧にして解説します。武装探偵社、ポートマフィア、組合(ギルド)、内務省異能特務課、天人五衰まで網羅しています。

福沢諭吉の声優は小山力也さん

福沢諭吉の声優は小山力也さん

出典:animate Times

福沢諭吉の声優は、小山力也さんが勤めています。

小山力也さんはたくさんの人気キャラクターを演じている知名度も高い声優さんです。男性らしいエネルギッシュな力を感じる声の持ち主で、『24』のジャック・バウワーなどはまり役でした。

キアヌ・リーブス演じる『マトリックス』のネオ役吹き替えとしても知られています。

小山さんのお父様が力道山の大ファンだったということで「力動」と名付けようと思ったが、母・祖母に反対されたことで力也とつけられたそうです。

小山力也さんの代表作

  • 『名探偵コナン』:毛利小五郎(2代目)
  • 『血界戦線』:クラウス・V・ラインヘルツ
  • 『バキ』:烈海王

福沢諭吉の異能力・強さを紹介

福沢諭吉の異能力は武装探偵社の他の面々とは違い、ちょっと変わっています。

「社員にしか効果がない」そんな異能力です。

福沢諭吉の異能力は「人上人不造(ヒトノウエニヒトヲツクラズ)」

福沢諭吉の異能力は人上人不造(ヒトノウエニヒトヲツクラズ)で、「部下の異能力の出力を調整、制御」できるものです。ただし発動する条件があり、「探偵社の入社試験を突破し正式な部下となる」必要があります。

条件となる入社試験は、入社試験として厳正に行われるものである必要はありません。人を助けるために自分を犠牲にできるかなど、入社できる条件としてみることができれば、条件クリアとなります。

つまり、入社試験として行われたものでなくても、入社試験となるものなら修羅場で人を助けることでも合格です。

泉鏡花がヨコハマに墜落する白鯨からみんなを守りたいと、命をかけて軍曹の小型ヘリを白鯨に向かってぶつけた時、鏡花が死んだと思った敦は泣き崩れました。

しかし、命を懸けたことで福沢諭吉の「部下にしか聞かない異能力」が発揮され、夜叉白雪を制御、そして鏡花は助かりました。こんなとんでもない状況が入社試験となったわけですね。

鏡花については、『【文スト】泉鏡花の性格や異能力・強さ|かわいいところや過去・声優情報を紹介』で解説しているため合わせてご覧ください。

【文スト】泉鏡花の性格や異能力・強さ|かわいいところや過去・声優情報を紹介
...

能力下にいる人物の生存も把握できる

すでに軍警につかまっていた福沢は、武装探偵社の社員の動きを詳しく知りませんでした。そのため、17巻の時点で猟犬の追跡により国木田が落下し自爆してから、生死が不明となっている状態です。

その情報アドバンテージを利用した福地桜痴は、「部下である国木田独歩が如何なったか知りたくはないか?」と問いかけ、部下を自首させるように告げます。

武装探偵社の次期社長である国木田の生死は気になる所だった思いますが、この際に福沢は国木田は生きていると断言し、「若し死んだのなら私にそれが感じ取れぬはずがない」とまで言っています。

部下の生死を異能力の効果で感じ取れるのかは不明ですが、ここまで断言しているのであれば、異能力の効果で「部下の生死が把握できる」と思っていいのではないでしょうか?

福沢諭吉は居合の達人

元々福沢諭吉は、政府直属の暗殺剣使いです。
狐剣士「銀狼」と知られ、特に裏社会では知らないものがいないほどの剣士でした。

また、福沢諭吉は剣術に優れ居合の達人であると共に、体術も達人の域にあるといわれています。

福沢諭吉の弟子「国木田独歩」は、福沢諭吉に対し1本もとることができなかったことも、福沢諭吉の強さを証明しています。

福沢諭吉の過去

政府直属の剣客として名の通った福沢諭吉。

その過去に迫ってみたいと思います。

福沢諭吉は福地桜痴と同門

福沢諭吉は、政府系の武術流派を極めています。

特に体術や剣術の腕前はすさまじいです。
その福沢と同じ技…「一歩一拍子」を20巻で使用しているのが、福地桜痴です。

また、17巻では福沢を好いていたであろう、田舎の「きんちゃん」の存在まで知っているとなると、福地桜痴は古くからの付き合いとみていいでしょう。

武装探偵社を開いた際に、祝いに駆けつけていたことは乱歩さんの口から語られているため、それよりの前の付き合いというのは確定しています。

幼い頃は福地桜痴と同じ道場で武芸を極めたと思っても間違いないでしょう。

created by Rinker
¥634 (2021/12/07 13:57:52時点 Amazon調べ-詳細)

福沢諭吉は護衛の仕事を始める

「狐剣士 銀狼」という二つ名をもっていた福沢諭吉は、複数のマフィアであっても戦闘系異能力者でもそれを圧倒するほどでした。しかし、福沢諭吉は殺しをやめるようになりました。

福沢諭吉が殺しを…剣士をやめたのは、暗殺の依頼が来ることを待ち望むようになった自分に嫌悪したためです。人を斬ることを恐れてはいたものの「正義でありたい」という気持ちは常に持っていました。

その気持ちは、徐々に「誰かを守る正義でありたい」と変わっていきます。

素手であっても音速の抜刀に対応するほどで、その名を轟かしていましたが、暗殺の依頼を待つようになった自分に気が付き暗殺の仕事をやめ、一時期用心棒、護衛の仕事をしています。

過去には森鴎外の警護を務めていました。

武装探偵社を開業する

福沢が武装探偵社を始めたきっかけは、江戸川乱歩と一緒に護衛任務を請け負ったときでした。暗殺者など護衛を襲う凶手を襲われる前に乱歩さんが推理し、事件を未然に防いでくれていたため、護衛の必要がなくなったためです。

次第に依頼人から「乱歩さんだけでいい」とまで言われてしまっため、一時は護衛業も廃業にまで追い込まれたようです。

しかし、福沢の手から離れた乱歩さんのコントロールが効かなくなってしまったため、「やはり福沢も一緒に来てくれ」と言われるようになってしまい、廃業は未然にふさがれます。

この時すでに江戸川乱歩の保護者的存在だった福沢諭吉は、江戸川乱歩を守るためにも自分以外の誰かが必要だと考えます。江戸川乱歩の才能を生かすために武装探偵社設立を決め、自分が人の上に立つことを決意したのです。

アメリア
アメリア

会社を開業して初めて自分の異能力に気が付いたみたい。

福沢諭吉と江戸川乱歩の関係性

殺人を望んでいるという自分の気持ちに気が付いてしまった時に暗殺剣士をやめ一時期護衛の仕事を行っていましたが、その当時であったのがまだ子供だった江戸川乱歩でした。

この頃の乱歩さんもひどく我儘で自分勝手、いわゆる「嫌な子ども」です。

はじめは福沢諭吉も「この子どもと早く離れたい」と思っていましたが、人の過去も見通してしまう頭脳を持つ子どもであり、その頭のよさに昔から振り回されてきたところを見て、危うさを感じます。

福沢は、徐々に乱歩の両親が優秀すぎたため、乱歩が「大人が自分よりも賢い生き物だ」と思い込んでいると気が付きます。さらに乱歩の過去を聞くと、乱歩の両親がすでに自分の子供が自分たちよりも優れていることに気が付き、対策を重ねていっている最中に死亡してしまったのだと、福沢諭吉は察してしまいます。

つまり、福沢諭吉は、乱歩さんが自分の特異性を理解していないがために「大人は自分が分かっていることなどすべてわかっているはずなのに馬鹿なフリをしていると思っている」と、理解したのです。

自分のことを分かってくれる両親は死んでしまったため、誰も乱歩さんと同じ目線で世界を見れません。乱歩さんは「誰も僕の言っていることを判ってくれない!」と嘆いていると知り、福沢諭吉はなんとか江戸川乱歩に自分の力を自覚させる方法をを考え抜きます。

その結果、「乱歩さんの才能の正体は異能力だ」といってしまいます。

本当は江戸川乱歩の頭脳であり異能力ではありませんが、その頭のよさを納得させるために「眼鏡」が力を発揮する道具だと説明し、それに納得したことで江戸川乱歩は頭脳を発揮させるようになります。

しかし、よすぎる頭脳を解放しすぎて、自身の頭脳を過信しすぎて自身の身を危険にさらします。

福沢諭吉は、その頭脳が乱歩の未来に危険を及ぼすものとならないように、福沢諭吉は暴走する乱歩を本気で叱り、これをきっかけとして乱歩は福沢諭吉に全幅の信頼を寄せるようになりました。

乱歩にとって福沢諭吉はなくてはならない人であり、福沢がいるからこそ自分の才能を活かせる、そして乱歩がいたから自分の頭脳は正義のために活かしたいと決意できたのです。

アメリア
アメリア

今では福沢が「褒めてやる」というだけで上機嫌でやる気なるほど慕ってるんだよ。

江戸川乱歩はその自信家かつ天才性から数々の名言を生み出しています。乱歩さんの一面が分かる名言については、『【文スト】江戸川乱歩の名言・名セリフ集 | 天才から生まれる台詞回し』をご覧ください。

【文スト】江戸川乱歩の名言・名セリフ集 | 天才から生まれる台詞回し
【文スト】江戸川乱歩の名言・名セリフ集 | 天才から生まれる台詞回し

まとめ

福沢諭吉がいなければ、武装探偵社は生まれませんでした。

また福沢諭吉は過去の経験が無ければ、武装探偵社は生まれていなかったでしょう。

探偵社に集う人たちはみな福沢諭吉を心から信頼し、正義のために戦う心をもっています。

福沢諭吉率いる探偵社がこの先どうなるのか、さらなる展開が楽しみです。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
文豪ストレイドッグス
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました