【決定版】おすすめアニメ120選

【文スト】織田作之助の性格や異能力・強さ|過去や死亡経緯・声優情報を紹介

文豪ストレイドッグス

「文スト」に登場する織田作之助は、太宰の親友。

原作開始時点で死亡しているキャラクターのため、死亡するきっかけとなった事件の他に登場シーンが集中しており、他はキャラクター回想が主です。

そんな文ストの中では登場シーンが少ない織田作ですが、非常に重要な位置にいるキャラクターです。

今回は、織田作之助の性格・異能力・強さの他に、過去や死亡経緯や声優情報も紹介していきます。

アメリア
アメリア

漫画版・アニメだけでなく、小説版の話も入ってくるからネタバレ注意だよ!

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 無料

織田作之助とは

織田作之助とは

出典:Twitter

織田作之助は、太宰から「織田作」と呼ばれています。

名前が登場す当初からマフィアとして活動しており、その頃にはすでに「絶対に人を殺さないマフィア」として名をはせていました。

織田作之助のプロフィール

年齢 享年23歳
身長 185cm
体重 77kg
好きな食べ物 カレー
嫌いな食べ物 肩の凝る食事会の食事
好きなタイプ 機転の利く女性
自分が思う長所 特になし
自分が思う短所 友人に比べて才能がないところ

織田作之助は、基本的に覇気のない目をしていますが、仕事熱心な青年です。

孤児を引き取って育てており、その子供たちからの人望も厚く、友人からの信頼もあります。基本的に無表情ではあるのの、子供と遊べるユーモアまで持ちあわせています。

性格はまじめで几帳面ですが、かなりの天然です。

自己肯定感が低い一方で、他人からの言葉にあまり左右されません。友人の言葉は信じやすく、太宰の嘘交じりの軽口もそのまま信じるほどのお人よしです。

少年期は、福沢から「手練れ」と称されるほどの暗殺者として殺しをしており、たとえ牢屋に入れらえても飄々としている、肝が据わった少年でした。

将来の夢は「海の見える部屋で小説を書く」

将来の夢は「海の見える部屋で小説を書く」

出典:Twitter

織田作之助の将来の夢は、「海が見える部屋で小説を書く」ことです。

夢を志したきっかけは、壮年時代に暗殺者として活動していた際に、夏目漱石の小説を読んだことが始まりです。

織田作は小説の上中下巻すべてを読みましたが、下巻の一部ページが破れていたため、「本に登場する殺し屋が殺しをやめた大切な理由」を知らずにいました。

下巻を譲ってくれた夏目漱石から、「小説を書くということは人間を書くということだ」と言われます。破られた物語の結末に煩悶した織田作は、結末を自分で書くことにしました。

織田作は、小説家になるために人間が生きるという事を真摯に知る必要があると判断し、殺しをやめることとなります。

夢半ばで倒れてしまった織田作ですが、映画特典の小説版「白の芥川、黒の敦」では毎晩キッチンで小説を書き続け、新人賞に入賞した実績を持ちます。

経緯としては、小説の練習に書いた文章が出版関係者の目に留まり、きちんと一本の小説を書いてみないか?と勧誘を受けている最中とのことです。書きたい小説の構想は頭にあるようですが、実行に移す自信がないことで保留になっているようです。

小説版では、織田作が執筆したのかどうかまで書かれていませんが、夢が叶う位置にはいたようですね。

織田作之助の声優は「諏訪部順一」さん

少年時代は、中島敦役の上村祐翔さんが演じていますが、アニメでは諏訪部順一さんが演じています。

諏訪部順一さんと言えば、色気のある声音が特徴的。
イケメンの青年役やダンディな男性役を演じることの多い声優さんです。

キャラソンを担当することも多く、セクシーな歌声でファンを魅了しています。

代表作は、以下です。

キャラクター名(作品名)
・跡部景吾 (テニスの王子様)
・的場静司 (夏目友人帳)
・グリード (鋼の錬金術師)
・グリムジョー・ジャガージャック (BLEACH)

織田作之助の異能力・強さを紹介

織田作之助の異能力・強さを紹介

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

織田作は非常に強力な異能力を持っています。

しかし、その異能力を生かすために鍛えられた対人戦術が織田作の強さと言えるでしょう。

ここでは、織田作之助の異能力・強さを紹介していきます。

織田作之助の異能力は「天衣無縫」

異能力名 天衣無縫(てんいむほう)
能力の詳細 5秒以上6秒未満の未来を予知できる
異能力の元ネタ 織田作之助の短編小説「天衣無縫」

織田作の異能力は「天衣無縫」です。
短い時間ですが、未来予知を可能にする能力であり、接近戦ではほぼ負けない能力です。即死ともいえる攻撃を避けらるのはもちろん、逆に敵に反撃できる便利な能力です。

一方で、未来に起こる危機を察知した時、すでに罠に嵌まっている場合は回避できないという欠点があります。

異能力の元ネタは、織田作之助の短編小説である「天衣無縫」です。

織田作之助の短編小説である「天衣無縫」は、まさに天衣無縫な性格をした夫(軽部清正)を妻(政子)の視点から語られた作品です。

清正は、誰かかまわずに人にお金を貸したり、タイムカードを押し忘れたために出勤した際に無断欠勤扱いをされて給料が減らされていたりする、頼りない人物です。実際に、妻である政子からは頼りないと思われていました。

作品では終始、清正の素直で人が困っているとみたら助けずにはいられない性格が、妻の視点で清正を非難するように表現されています。しかし、清正の飾らない内面を政子も憎からず思っていたのだとしっかりと伝わる、心温まる作品です。

アメリア
アメリア

元ネタの本もおすすめだから、ぜひ読んでみてね♪「天衣無縫な人=軽部清正=織田作」という作者の意図が伝わってくるような、素敵な作品だよ。

created by Rinker
KADOKAWA
¥704 (2021/11/28 21:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

織田作之助は一級の暗殺者

織田作の強さは異能力にありますが、異能力に頼らなくてもいいだけの暗殺者としてのスキルや身体能力を落ち合わせています。

異能力は5秒後の未来を予知するだけであるため、攻撃を回避する術や反撃をするのは、すべて己の身体能力によって行わなくてはなりません。

織田作は少年時代から一流の暗殺者として、活動しています。

幼年時代の織田作は、視界が奪われた状態で福沢の殺意がこもった攻撃をかわし、殺意がない攻撃は一切動かないほどの武術の読み合いが可能でした。また、視界を封じられた状態で、手を後ろで縛られているにもかかわらず、銃弾を2発標的に命中させるほどの実力を持ちます。

青年期になるとさらに動きが洗練され、単身で傭兵部隊を全滅させるほどの実力を誇ります。同じ異能を持った敵を相手に銃撃戦・肉弾戦で戦うシーンがアニメでみられるため、必見です。

太宰からは、「本気の織田作は、どんなマフィアより恐ろしい。」と言われるほどで、太宰がポートマフィアの首領をしていた世界戦では、同じ技量を持つミミックのボスを倒すためにかなりの労力を使ったようです。

アメリア
アメリア

肉弾戦が強いっていうのが動きの素早さで分かるよ!

織田作之助の死亡経緯

織田作之助の死亡経緯

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

織田作は23歳の若さで死亡しいています。

織田作が死亡した経緯を解説してきます。

織田作之助は悠仁の安吾の捜索を命じられる

織田作は、最年少幹部である太宰と金庫番である安吾の友人です。

3人でバー「Lupin(ルパン)」で飲む習慣がありましたが、ある日、坂口安吾が行方不明になったことで日常は崩れてしまいます。

安吾は、実は内務省異能特務課のエージェントであり、異能力者が複数所属するポートマフィアのスパイとして潜入していました。

その活動の中で、安吾は森首領の思惑通りに動き、ミミックという世界を巻きこんだ十四年前の大戦の敗残兵で形成され欧州で権威を誇った異能犯罪組織を、ヨコハマに招き入れてしまいます。

その結果、安吾はミミックに捕まり、織田作は失踪した安吾の捜索を森首領命令で請け負います。安吾は織田作の助けで何とか生還するも、織田作は重傷を負い、安吾は内務省異能特務課に戻っていきました。

織田作之助はミミックの首領「アンドレ・ジイド」と相打ちで死亡

織田作之助はミミックの首領「アンドレ・ジイド」と相打ちで死亡

出典:文豪ストレイドッグス公式サイト

ミミックがヨコハマに来た理由は、織田作の異能力「天衣無縫」と同じ異能力をで殺してもらうためです。

ミミックの首領であるアンドレは死に場所を探しており、自分と同じ異能を持つ織田作と戦いの果てで殺してもらうのが目的でした。

もともと、ミミックは「死ぬために戦うのが天命」と信じ戦った者たちで構成されており、大戦の終盤で裏切者にされた彼らは軍人として死ぬため、死に場所を求めてさまよっていました。

織田作に殺してもらうために、殺しをやめていた織田作を怒らせるべく、「森首領によって存在をリークされた」織田作が大切にしていた孤児をさらって目の前で殺します。

目論み通り、アンドレは織田作を誘い込み、組織を織田作に全滅させられます。しかし、その際に織田作はアンドレと相打ちとなり、死亡しています。

織田作之助が太宰治にこれからの道を示す

織田作之助が太宰治にこれからの道を示す

出典:Twitter

織田作は太宰の親友です。

バー「Lupin(ルパン)」で飲んでいた3人が親友同士でしたが、安吾の裏切りにより太宰は唯一親友となった織田作を失います。織田作の死に際に、太宰に思いを伝えることで太宰に探偵社入社を決意させるきっかけを与えます。

織田作は、太宰のことを「あまりに頭の切れるただの子供。私たちがみている世界よりもはるかに何もない虚無の政界でひとり取り残され、泣いている子供」と称しており、太宰の味方で、同じ目線になって太宰を理解できる唯一の人物と言えるでしょう。

太宰は、死に際に織田作に「私はどうすればいい?」と問い、「人を救う側になる」と助言を与え、かつて自分が通った道を太宰に示しました。

太宰は、探偵社に入り、人を救うために尽力しています。しかし、織田作を殺しめるきっかけとなった安吾に瀕死の重傷を負わせるほどの恨みを持っており、織田作は死んでなお太宰の親友であり続けています。

アメリア
アメリア

安吾も織田作に報いるために一度太宰を助けているから…、2人にとって織田作は大切な親友だったことに違いはないかもね。太宰と安吾は親友には戻れないだろうけど。

まとめ

文ストに登場する織田作を紹介していきました。

織田作は小説版の主人公的な位置にいますが、最後は死亡しています。好きになってすぐに死亡してしまう罪深いキャラクターです。

しかし、文ストの物語の中で指導者のような立ち位置にいる太宰に道を指示した存在として、太宰の回想の中で存在がほのめかされています。

これからも、回想の中で織田作が登場する可能性もありますので、楽しみにまちましょう!

鬼滅の刃 漫画 全巻無料

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
文豪ストレイドッグス
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました